ホテルオークラ神戸

ホテルオークラ神戸に一人旅で宿泊しました。

ホテルオークラ神戸は、メリケンパークに位置する客室から神戸の夜景を楽しめるホテルです。

このページでは、ホテルオークラ神戸の客室のアメニティや神戸の夜景、朝食ビュッフェを食べた感想を紹介します。

【スポンサーリンク】

ホテルオークラ神戸の客室フロア

ホテルオークラ神戸の客室は、階数によって4つのフロアに分かれています。

  • スーペリアフロア(30~33階)
  • プレシャスフロア(28~29階)
  • オーセンティックフロア(16~27階)
  • メインフロア(6~15階)

高層階のスーペリアフロアは、モダンなインテリアと上質なアメニティが揃う客室になります。

プレシャスフロアは、木のぬくもりや水のゆらぎをイメージしたインテリアの明るい客室が特徴。

オーセンティックフロアの客室は、落ち着いた色調のインテリアでまとめられています。

低層階に位置するメインフロアの客室は、シンプルなインテリアでまとめられ、リーズナブルな料金で泊まることができます。

オーセンティックフロアのインテリア

ホテルオークラ神戸の客室

今回は、オーセンティックフロア(16~27階)のスタンダードダブルルームを予約しました。

アサインされたのは、オーセンティックフロアの中では高層階になる25階の部屋になります。

ホテルオークラ神戸の客室

スタンダードダブルルームの面積は約27平米。幅160センチのダブルベッドが1台設置されています。

デラックスダブルルームは面積が約39平米と広くなり、ベッドは幅180センチになるので、2人で泊まる場合はデラックスダブルがお薦めです。

私は1人で泊まったので、スタンダードダブルルームを選びました。

ホテルオークラ神戸の客室

ベッドの足側の壁にそって、幅が広く使いやすいデスクとキャスター付きチェア、冷蔵庫と食器類の収納庫が並んでいます。

ホテルオークラ神戸の客室

窓の横には、一人がけソファと小さめのラウンドテーブルが。

テーブルの上には、ボトルウォーター2本が置いてありました。

客室のアメニティ

ホテルオークラ神戸のアメニティ

ナイトテーブルの上には、アラームクロック・照明のスイッチ類・電話機・コンセントなどが並んでます。

ホテルオークラ神戸のアメニティ

デスク横の棚に並んでいた備品は、カップアンドソーサー・使用済みティーバッグ入れ・グラス・電気ケトル・コーヒー類。

ドリンクは、紅茶・ほうじ茶・緑茶のティーバッグと、顆粒のコーヒーセットが揃っていました。

冷蔵庫の中にはドリンクとおつまみが入っていますが、これらは有料になります。

ホテルオークラ神戸

クローゼット内の備品は、ハンガー・消臭スプレー・貸し出し傘・靴べら・靴用クロス・洋服ブラシ・使い捨てスリッパなど。

横幅があるクローゼットなので、大きな荷物を入れても余裕のスペースがあります。

客室のトイレとお風呂

ホテルオークラ神戸

スタンダードダブルルームのお風呂とトイレはセパレート設計ではありません。

昔のシティホテルによくあるバスルームで、長さと深さがあるバスタブが設置されています。

ホテルオークラ神戸にお風呂とトイレがセパレートの部屋があったら、そちらを予約しようと思いましたが、セパレートになっている部屋はありませんでした。

バスルームのアメニティ

ホテルオークラ神戸のアメニティ

上の画像は、洗面台に置いてあったアメニティグッズです。

洗面台の上には、下のリストのアメニティグッズが並んでいました。

  • 歯磨きセット
  • カミソリ
  • シャワーキャップ
  • ミニボトル入りシャンプー
  • ミニボトル入りコンディショナー
  • ミニボトル入りボディソープ
  • ボディタオル
  • 折りたたみブラシ
  • 固形石鹸
  • レディースキット

シャンプー類のブランドは、ペリカン石鹸のトリプルC。

トリプルCは、オーガニック緑茶葉エキスをメインに、カテキン・コラーゲン・ビタミンCを配合したシリーズです。

レディースキットには下のリストのアメニティグッズが入っていました。

  • クラシエ ピュアマージュ 洗顔料
  • クラシエ ピュアマージュ ジェル状化粧水
  • クラシエ ピュアマージュ クリーム
  • ヘアゴム
  • ヘアクリップ
  • コットン
  • 綿棒
  • 絆創膏

ナイトウエアのデザイン

ホテルオークラ神戸

オーセンティックフロアのナイトウエア(ルームウェア)のデザインは、ガウン(ワンピース)タイプです。

ツーピース(パジャマ)やバスローブはありませんでした。

なお、客室のグレードによってアメニティが異なるので、スーペリアフロアやプレシャスフロアのナイトウエア等は異なるかもしれません。

フロアごとのアメニティや客室の違いは、公式サイトなどでご確認下さい。

>>ホテルオークラ神戸の客室とアメニティの違いはこちらで確認

客室の眺望

ホテルオークラ神戸

今回アサインされた部屋は、高速道路や大阪方面側が見える東側に窓がありました。

上の画像は、部屋の窓から左側(市街地と六甲方面)を向いて撮影したもの。

すぐ近くに高速道路と神戸の街並み、街の向こう側に摩耶山や六甲山などが見えます。

ホテルオークラ神戸の眺望

上の画像は、窓の正面を撮影したもの。

高速道路と海の向こう側に見える大阪の夜景を楽しめます。

ホテルオークラ神戸の眺望

少し右側には、第一突堤にある「神戸みなと温泉蓮」や神戸港中央突堤旅客ターミナル、神戸大橋も見えます。

西側の、神戸ハーバーランドからモザイク、ポートタワーの華やかな夜景ではありませんが、港と街の夜景を楽しむことができました。

ホテルオークラ神戸の眺望

朝になると、夜とは全く雰囲気が違う風景が広がります。

神戸港を行き交う小さな船を見ながら、チェックアウトまでのんびり過ごしました。

夫と泊まる機会があったら、ポートタワー側の客室に泊まってみたいと思います。

ポートタワー側の客室は指定が可能

今回は眺望指定ができないプランで予約しましたが、2人で宿泊する場合はポートタワー側客室を指定したプランを予約することができます。

これぞ神戸の夜景!とも言える、ポートタワーとモザイクの観覧車のイルミネーションを楽しめる部屋は、恋人へのサプライズとしても人気のプラン。

二人で神戸の夜景を楽しみたいときは、ポートタワー側客室指定プランを予約してはいかがでしょうか。

>>ホテルオークラ神戸・ポートタワー側客室の指定プランはこちらで確認

朝食ビュッフェのメニュー

ホテルオークラ神戸の朝食

私が泊まった日の朝食会場は、ロビー階のレストランもしくは1階の宴会場から選ぶことができました。

どちらの会場で食べても朝食ビュッフェの料理は同じという説明だったので、客席数が多い1回の宴会場で朝食を食べました。

ホテルオークラ神戸の朝食

パンコーナーには20種類くらいのパンが並んでいました。

  • パン・オ・レ
  • ライブレッド
  • レーズンブレッド
  • ホールウィートブレッド
  • イングリッシュブレッド
  • イングリッシュマフィン
  • キャラメルディプロマット
  • 淡路成井さんちの完熟玉葱パン
  • 黒豆パン
  • ヨーグルトフォンデュ
  • シュネイク
  • ブリオッシュ
  • シナモンロール
  • 季節のデニッシュパン
  • クロワッサン
  • バゲット

上のリストの他にも数種類のパンが並んでいて、パン好きにはたまらないラインナップです。

和食は、焼き魚や煮物、漬物、出汁巻き玉子、納豆などが並び、洋食はパスタやカレーなどが並んでいました。

朝食を食べた感想

ホテルオークラ神戸の朝食

上の画像は、最初に取り分けた料理です。

ホテルオークラ神戸の朝食

ホテルオークラ伝統のフレンチトーストのほか、煮物などの和のお惣菜、オニオンスープ、明石焼きを取り分けました。

出汁でいただく明石焼きは、好きな数をお皿に取り分けて、ポットに入った出汁をかけていただきます。

フワフワの食感であっさりとした味なので、たこ焼きより明石焼きの方が好きかも。

ホテルオークラ神戸の朝食

こちらは、2回目に取り分けた料理です。

パンはバターをたっぷり使ったブリオッシュとクロワッサン。

焼き立てのパンを食べると幸せな気分になります。

ホテルオークラ神戸の朝食

取り分けたデザートは、巨峰・紅芋タルト・抹茶ムース・カスタードプリンです。

ガッツリ系の料理は食べませんでしたが、満足できる内容の朝食ビュッフェでした。

ホテルオークラ神戸の詳細


>>ホテルオークラ神戸の詳細と予約はこちらから

  • 住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2-1 メリケンパーク内
  • 最寄駅:
    ・元町駅から徒歩約10分
    ・三宮駅からシャトルバスあり
  • 駐車場:あり(1泊1,000円・出発日13時まで出入庫自由)
  • チェックイン: 15:00~24:00
    チェックイン: 12:00
  • 自動販売機:あり
  • 大浴場:なし
  • コインランドリー:なし
  • 電子レンジ:なし

※このページの内容は宿泊時および執筆時のものです。現在はサービス内容や仕様が異なっている場合もあります。