メリケンパークオリエンタルホテルの眺望

神戸メリケンパークオリエンタルホテルに朝食付きプランで宿泊しました。

今回泊まった客室は、対岸の神戸ハーバーランド モザイクのイルミネーションを楽しめる「夜景ビュー(イルミネーションビュー)ルーム」です。

このページでは、メリケンパークオリエンタルホテルの眺望と客室のアメニティについて紹介します。

レストラン「サンタモニカの風」朝食ビュッフェを食べた感想は、次のページをご覧ください。

【スポンサーリンク】

シンプルで開放的な客室

メリケンパークオリエンタルホテルの客室

イルミネーションビュールームのインテリアは、ベージュとクリーム色がベースで、開放感がある雰囲気にまとめられています。

アクセントのバーガンディカラーが上品さをプラス。

シンプルなデザインのソファは座りやすく、テレビを見たり窓の外の風景を楽しめるように配置されています。

メリケンパークオリエンタルホテル

ヘッドボードやベッドスローはワインカラーで落ち着いた雰囲気。

夫はベッドスローを見て「変な柄」と言っていましたが、私はクラシカルな雰囲気でステキだなと思いました。

こういうところで夫と趣味が逆なことを実感。

メリケンパークオリエンタルホテル

造り付けのテレビ台を兼ねたデスクは、デスク下に広い空間があって部屋が広く見えます。

デスク下に置いてある加湿空気清浄機はパナソニック製でした。

メリケンパークオリエンタルホテルのアメニティ

デスクの引き出しに入っている備品は、ランドリーバッグ・宅急便の伝票・ホテルのパンフレットなど。

デスクの上には、レストランやマッサージの案内・ホテルインフォメーション・ルームサービス・メニューなどが並んでいました。

メリケンパークオリエンタルホテル

部屋の中から入口を見ると、上の画像のようになります。

画像の正面が入口ドア、向かって左側がバスルームのドア、左側の手前は大きなミラー、右側がクローゼットの扉です。

メリケンパークオリエンタルホテル

部屋の入口から撮影したのが上の画像。

ハーバーランド側に大きな窓があります。

客室のアメニティ

メリケンパークオリエンタルホテル

カップやグラスと一緒にセットしてあるドリンクは、オリジナルブレンドのドリップコーヒーと煎茶のティーバッグ。

メリケンパークオリエンタルホテル

冷蔵庫の中に入っている有料のドリンクは、ミネラルウォーター・スポーツドリンク・お茶・アルコール類が入っています。

メリケンパークオリエンタルホテル

備え付けの収納庫の引き出しには、ナイトウエアとセーフティボックスが入っています。

メリケンパークオリエンタルホテルのアメニティ

クローゼット内の備品は、木製ハンガー7本・使い捨てスリッパ・靴べら・衣類用ブラシ・掛け布団・消臭スプレー。

クローゼットは横幅があり、たくさんの荷物を入れることができます。

自販機とコインランドリー

ホテル内には自販機がなく、周辺にコンビニもありません。

三宮駅から無料シャトルバスでホテルに行く場合は、三宮駅でドリンクが買っておくと良いと思いました。

なお、最寄りの自販機は、歩いて4~5分の神戸ポートタワーになります。

ナイトウエアのデザイン

メリケンパークオリエンタルホテルのナイトウエア

メリケンパークオリエンタルホテルのナイトウエアは、ワンピース(ガウン)でした。

ナイトウエアはしっかりしたワッフル生地で作られ、サイズはフリーサイズ。

私が着るとふくらはぎの下くらいの長さですが、夫が着ると膝より少し下になりました。

ガウンのナイトウエアが苦手な場合は、パジャマやルームウエアを持って行ったほうが良さそうです。

バスルームとトイレはセパレート?

メリケンパークオリエンタルホテルのバスルーム

客室のバスルームはトイレと一緒になっています。

面積は広いのですが、独立したお風呂ではないので洗い場はありません。

メリケンパークオリエンタルホテルのバスルーム

バスルームの入り口から見ると、トイレは洗面台の後ろ側に設置されています。

室内は清掃が行き届いて古さを感じませんが、建物自体は昔のものなので、設計が古いのは仕方がないのかもしれません。

バスルームのアメニティ

メリケンパークオリエンタルホテルのバスアメニティ

上の画像は、洗面台の上にセットしてあったアメニティグッズです。

  • 歯磨きセット
  • シャワーキャップ
  • 折りたたみブラシ
  • カミソリ
  • コットン&綿棒

私が必要だと思うアメニティは揃っていました。

メリケンパークオリエンタルホテルのバスアメニティ

タオルの上には、オリエンタルホテルのオリジナルブレンド「ORIENTALIST」のパンフレット。

日本の植物や原料を使ったシャンプー類は、優しくさりげない華やかさがある香りで女性に人気です。

オリエンタルホテルのオリジナルブランド

オリエンタルホテルのシャンプー類

オリエンタルホテルのオリジナルブランド「ORIENTALIST」のシャンプー類は、植物由来の成分や身体に優しい成分で作られています。

ORIENTALISTはシャンプー・トリートメント・ボディソープなどのラインナップで、洗面台の上には「ハンド&フェイスウォッシュ」が置いてありました。

オリエンタルホテルのシャンプー類

バスタブのふちには、大きなボトルに入ったORIENTALISTのシャンプー・トリートメント・ボディソープが並んでいます。

アミノ酸洗浄剤で洗い上げるシャンプーは、髪がきしまず優しい使い心地。トリートメントはサラサラの仕上がりでした。

ボディーソープも強すぎない洗浄力で肌に優しく、どこかオリエンタルな雰囲気の香りに癒やされます。

また、フロント階にあるホテルショップで全シリーズを販売しているので、ORIENTALISTが気に入ったら購入するのもオススメ。

私も購入しようと思いましたが、このあと北海道や東京に移動するので、今回は見送りました。

イルミネーションビュールームの眺望

メリケンパークオリエンタルホテルの眺望

今回予約をしたイルミネーションビュールームはハーバーランド側の客室で、モザイクの観覧車のイルミネーションや行き交う船を眺めることができます。

のんびりと外を眺めていたら、神戸港をクルーズする帆船の「神戸ベイクルーズ」、日本最大のレストラン船「ルミナス2」、美味しい料理を食べながら生演奏を楽しめる「コンチェルト」などが神戸港を行き交っていました。

宿泊した日は、あいにくの大雨で対岸が霞んで見えましたが、神戸らしいハーバーランドの風景は見ているだけで癒やされます。

この日、ホテルの目の前に停泊していた客船は「ぱしふぃっくびいなす」。

メリケンパークオリエンタルホテルの眺望

「ぱしふぃっくびいなす」は、日本一周の船旅やショートクリーニングを手軽な価格で楽しめると評判の客船。

上から客船を間近に見ることができるので、船が好きな人は楽しいかもしれませんが、12階の客室から見ても煙突が視界の一部を遮っています。

夜景を楽しむ部屋なので、夜になっても停泊したままの「ぱしふぃっくびいなす」が眺望の妨げになっている気がしました。

ハーバーランド側の客室に泊まっても、低層階だと船しか見えない状態になってしまうので、夜景を楽しみたい方は高層階に限定された「イルミネーションビュールーム」を予約することをオススメします。

ハーバーランドの観覧車

メリケンパークオリエンタルホテルの眺望

ハーバーランドの夜景の中で、ひときわ目立つのが観覧車です。

観覧車のイルミネーションは何種類ものデザインパターンがあり、デザインパターンを全て見るのには10分以上かかります。

時折、神戸のシンボルや文字などが現れる場面も。

  • ポートタワー
  • クルーズ船ルミナス2
  • 神戸ベイクルーズの帆船
  • 異人館の風見鶏
  • 神戸空港の飛行機
  • 山に灯るイカリマーク
  • メリケンパークオリエンタルホテル
  • モザイクの観覧車

これらのモチーフが次々に現れるのが、見ていてとても楽しかったです。

観覧車のイルミネーションには、有料で指定の文字やデザインを表示されることもできるとか。

イルミネーションビュールームに泊まるときに、プロポーズの言葉や誕生日のお祝いメッセージを表示してもらって、サプライズ演出をするのもいいのかも?

メリケンパークオリエンタルホテルの客室は4方向の眺望が楽しめます。

眺望を指定できるプランがあるので、客室から見える風景の違いや客室タイプについては、旅行サイトなどでご確認ください。


>>神戸メリケンパークオリエンタルホテルの客室タイプ一覧と眺望の違いはこちらで確認

新神戸駅と三宮駅からのアクセス

神戸の中心地となる三宮駅からは無料シャトルバスが運行されています。

三宮駅からメリケンパークオリエンタルホテルまで歩くと25分前後かかるので、アクセスは無料シャトルバスかタクシーが便利。

歩く場合は、地下鉄海岸線の「みなと元町駅」から12分くらいの距離になります。

また、シャトルバスの一部は新神戸駅からも発着しています。

メリケンパークオリエンタルホテルの詳細


>>神戸メリケンパークオリエンタルホテルの詳細と予約はこちらから

  • 住所:兵庫県神戸市中央区波止場町5-6
  • 電話番号:078-325-8111
  • 最寄駅:
    ・三宮駅・新神戸駅から無料シャトルバス
    ・地下鉄 みなと元町駅から徒歩約12分
  • 駐車場:あり(290台・一泊1,800円)
  • チェックイン:15:00 ~24:00
    チェックアウト:12:00
  • 朝食の時間:07:00 ~11:00(最終入店 10:30)
  • 自動販売機:なし
  • 大浴場:なし
  • コインランドリー:なし

※このページの情報は宿泊時のものです。現在はアメニティの種類や仕様が変更になっている場合もあります。

【スポンサーリンク】