メリケンパークオリエンタルホテル神戸の眺望

メリケンパークオリエンタルホテルに、朝食バイキングつきプランで宿泊してきました。

今回宿泊した部屋は、対岸のハーバーランド モザイクの夜景を正面から鑑賞できる、高層階イルミネーションビューのツインルーム。

このページでは、メリケンパークオリエンタルホテルに宿泊した感想を、部屋とアメニティを中心に紹介します。

[スポンサーリンク]

なお、レストラン サンタモニカの風の朝食バイキングを食べた感想は、前のページで紹介しています。

前のページは、下のリンクをタップしてご覧ください。

>>メリケンパークオリエンタルホテルの宿泊記【レストランの朝食バイキング編】

シンプルにまとめられたインテリア

メリケンパークオリエンタルホテルのインテリア

客室のインテリアは、ベージュとクリーム色が基調で、大人っぽいバーガンディカラーがアクセントになっています。

シンプルなインテリアは使いやすく、ほっとくつろげる雰囲気の部屋だと思いました。

メリケンパークオリエンタルホテルの旅行記

照明と窓からの逆光で、室内が暗く写っていますが、椅子とソファはベージュで柔らかな雰囲気。

メリケンパークオリエンタルホテルの宿泊記

ベッドの周りは、ワインレッドのベッドスローや枕元のレッドが大人っぽい感じ。

夫はベッドスローを見て「変な柄」と言っていましたが、雅美的にはクラシックな雰囲気で良いなと思いました。

すごく細かいところで、夫とは好みがまったく違うことを実感。

メリケンパークオリエンタルホテルに宿泊した感想

テレビ台を兼ねたデスクは壁に取り付けられていて、デスクの下にできた空間が部屋を広く見せています。

メリケンパークオリエンタルホテルのアメニティ

デスクの引き出しの中に入っているのは、クリーニングバッグ・宅急便の伝票・ホテルのパンフレットなど。

デスクの上には、レストランやマッサージの案内・ホテルインフォメーション・ルームサービスのメニューなどが置いてありました。

メリケンパークオリエンタルホテルのハリウッドツインルーム

上の画像は、部屋の中から入口を撮影したもの。

正面が出入り口のドア、向かって左側の奥がバスルームのドア、左側の手前は全身が映るミラー、右側がクローゼットの扉です。

メリケンパークオリエンタルホテルのイルミネーションビュールームに泊まった感想

部屋の入口から部屋を見ると、上の画像のようになります。

部屋番号のプレート

上の画像は、ルームナンバープレート。

波をイメージシアデザインとゴールドカラーが、背面のブラックに映えて良い感じ。

客室階の廊下は幅が広くとられているので、圧迫感がなくシンプルで落ち着いた印象です。

部屋のアメニティや設備はどんな感じ?

メリケンパークオリエンタルホテルのアメニティ

客室のホットドリンクは、オリジナルブレンドのドリップコーヒーと煎茶。

食器はコーヒーカップ&ソーサーとグラスがセットしてありました。

メリケンパークオリエンタルホテルのアメニティ

冷蔵庫の中には、アサヒスーパードライ・キリン一番搾り・チューハイなどのアルコール類と、ミネラルウォーターのボルビック・生茶・アクエリアスなどが入っていて、すべて有料になります。

ホテル内に自販機はなく、周辺にコンビニはありません。

無料シャトルバスでホテルに行くのなら、三宮駅でバスに乗る前に買っておくと良いですよ。

なお、最寄りの自動販売機の場所は、歩いて4~5分のポートタワーになります。

メリケンパークオリエンタルホテルの口コミ

備え付けの家具の引き出しを開けると、ナイトウェアと金庫が入っています。

メリケンパークオリエンタルホテルのナイトウェアはパジャマ?

ナイトウェアは、ワッフル地のワンピース(ガウン)タイプ。

雅美はパジャマ派なので、着ることができずちょっと残念。

メリケンパークオリエンタルホテルのアメニティ

クローゼットの中に入っているのは、木製ハンガー7本・使い捨てスリッパ・靴べら・衣類用ブラシ・掛け布団・消臭スプレー。

デスクの下に置いてある加湿空気清浄機は、パナソニック製でした。

バスルームとトイレは独立している?

メリケンパークオリエンタルホテルの洗面所

バスルームは、トイレとバスタブが一緒で、独立したお風呂はありません。

トイレと一緒なのは残念ですが、バスルームの空間が広いのは良いと思いました。

空間は広いけれど、バスタブが洗面台の後ろ側にあるため、シャワーカーテンをひいて周囲が濡れないようにする必要があります。

メリケンパークオリエンタルホテルのトイレ

トイレから洗面台を見ると、上の画像のような感じに見えます。

プチ独立タイプのトイレといったところでしょうか。

メリケンパークオリエンタルホテルの評判を調べると、じゃらんや楽天トラベルなどの口コミが良いです。

ところが、お風呂に関してだけ、評価が低いのに納得でした。

建物はそれなりに年季がはいっているため、バスルームの古いのは仕方がないのかも。

バスルームは清掃が行き届いた広い空間で、気持ちよくお風呂に入ることができたので、それほど不満はありません。

バスルームのアメニティ

メリケンパークオリエンタルホテルのアメニティグッズ

洗面台の上に置いてあるアメニティグッズは、歯ブラシセット・シャワーキャップ・折りたたみブラシ・カミソリ・コットン&綿棒が2個ずつ。

最低限必要なアメニティが、置いてあるという印象です。

メリケンパークオリエンタルホテルのオリジナルシャンプー

タオルの上に置いてあったのは、オリエンタルホテルオリジナルブランド「ORIENTALIST」のパンフレット。

オリジナルブランドのシャンプー類は、女性に人気があるようです。

オリエンタルホテルのオリジナルグッズ

メリケンパークオリエンタルホテルのアメニティ

オリエンタルホテルのオリジナルブランド「ORIENTALIST」は、植物由来の成分や身体に優しい成分で作られています。

シャンプー・トリートメント・ボディーソープなどがあり、自然な香りに癒やされるブランドです。

洗面台の上に置いてあるのは、ORIENTALISTのハンド&フェイスウォッシュ。

メリケンパークオリエンタルホテルのオリジナルシャンプー

バスタブのふちに置いてあるのは、ORIENTALISTのシャンプー・トリートメント・ボディーソープ。

アミノ酸洗浄剤で洗い上げるシャンプーは優しい泡立ちで、トリートメントは髪に潤いを与えてくれて、サラサラの仕上がりに。

ボディーソープも優しい泡立ちで、どの製品を使っても、華やかでどこかオリエンタルな感じがする香りに癒やされます。

フロント階にあるホテルショップでは、ORIENTALIST全シリーズを購入することも可能。

自分へのご褒美土産や、女性へのプレゼントにするのも良さそうです。

イルミネーションビュールームの眺望

メリケンパークオリエンタルホテルの部屋からの眺望

イルミネーションビュールームは、対岸のハーバーランドの夜景を楽しめる部屋です。

モザイクの観覧車・アンパンマンミュージアムの夜景は、海面にイルミネーションの光が写り込んでとてもキレイ。

神戸港をクルーズする帆船の神戸ベイクルーズ・日本最大のレストラン船 ルミナス2・美味しい料理を食べながら生演奏を楽しめるコンチェルトなどが、神戸港を行き交う様子を見ることができます。

この日、ホテルの目の前に停泊していた客船は「ぱしふぃっくびいなす」。

宿泊した日はあいにくの大雨で、対岸が霞んで見えていますが、客船の向こうに見えるハーバーランドの風景が神戸らしさを醸し出しています。

メリケンパークオリエンタルホテルの部屋からは客船ぱしふぃっくびいなすが見えました

ぱしふぃっくびいなすは、日本1周の船旅やショートクルージングを、お手頃な価格で楽しめると評判の客船。

ところが、ぱしふぃっくびいなすの煙突が高くて、12階の部屋から見ても視界の一部を遮っています。

ホテルの宿泊客にとっては、夜景を見にくくする邪魔者になるのかも。

この日は、ぱしふぃっくびいなすは夜になっても停泊したまま。

ハーバーランド側の低層階に宿泊すると、ぱしふぃっくびいなすが巨大な壁となって、船の側面しか見えないという状態になりそうです。

ハーバーランドのイルミネーションを部屋で楽しみたい方は、必ずイルミネーションViewの高層階確約プランで予約をして下さいね。

>>神戸メリケンパークオリエンタルホテル・イルミネーションビュールームの詳細はこちら

ハーバーランドの観覧車

ハーバーランド モザイクの観覧車

ハーバーランドの夜景の中でも、ひときわ目立つのが観覧車。

観覧車のイルミネーションは、何種類ものデザインパターンがあり、長い時間見ていても楽しむことができます。

すごくキレイだと思い、部屋からモザイクの観覧車を動画で撮影しました。

いろいろなモチーフが登場する、観覧車の動画はとても楽しいです。

【動画:神戸モザイクの観覧車】

神戸の街並みをデザインした、観覧車のイルミネーションに登場するシンボルマークは、

  • ポートタワー
  • クルーズ船ルミナス2
  • 神戸ベイクルーズの帆船
  • 異人館の風見鶏
  • 神戸空港の飛行機
  • 夜になると山に灯るイカリマーク
  • メリケンパークオリエンタルホテル
  • モザイクの観覧車

これらのモチーフが次々と現れるのが楽しくて、雨が降る中バルコニーからずっと見てました。

夫は全く興味がないようで、ベッドの上に寝転がってテレビに夢中。笑

私はやっぱり神戸が好きなんだなと、実感した夜でした。

宿泊日:2016年8月

ホテルへのアクセスは無料シャトルバスが便利

ハーバーランドから見たメリケンパークオリエンタルホテル
【ハーバーランドから見たメリケンパークオリエンタルホテル】

メリケンパークオリエンタルホテルは、無料のシャトルバスで送迎してもらえます(ホテルオークラ神戸を経由します)。

シャトルバスは、JR・阪神・阪急・地下鉄各線の三宮駅前にある、バスターミナルから発着しているので、駅からバス停まで移動しやすくて便利。

また、一部のシャトルバスは新幹線停車駅の新神戸から発着となるので、新幹線を降りて直接ホテルに行くこともできます。

メリケンパークは駅からは少し離れた距離にあり、ホテルは突堤の一番先端にあるため、無料シャトルバスの利用がオススメです。

メリケンパークオリエンタルホテルの詳細情報

>>神戸メリケンパークオリエンタルホテル・プラン一覧と客室とアメニティなどの詳細はこちら

住所:兵庫県神戸市中央区波止場町5-6

電話番号:078-325-8111

最寄駅:
三宮駅:送迎バスあり
新幹線(新神戸駅):送迎バスあり
JR元町駅:徒歩約15分
地下鉄海岸線 みなと元町:2番出口より徒歩約8分

駐車場:335台 1泊1,600円(税込)

チェックイン: 15:00 ~29:30
チェックアウト: 12:00

朝食の提供時間: 6:30~11:00(L.O.10:30)

総客室数:319室

自動販売機;なし

コインランドリー:なし

大浴場:なし