淡路浜離宮の特別フロア露天風呂付客室に宿泊した人のブログ

ホテルニューアワジ別邸あわじ浜離宮の、特別フロアに泊まってきました。

淡路島にある「うずしお温泉」は、肌がキレイになる「美肌の湯」として、口コミで女性に大人気。

このページでは、あわじ浜離宮の露天風呂付客室Cタイプに泊まった感想とアメニティについて紹介します。

>>ホテルニューアワジ別邸あわじ浜離宮の宿泊記-夕食と朝食バイキング編

なお、淡路島で水揚げされた鱧(はも)と、淡路牛を楽しめるディナーコースや朝食バイキングを食べた感想は、前の投稿をご覧ください。

[スポンサーリンク]

特別フロアの間取りとインテリア

特別フロアの客室専用入口

今回泊まった特別フロアの露天風呂付き客室は、2人用のお部屋となっているCタイプ。

Cタイプのお部屋は階段とエレベーターに近く、部屋のドアの手前に格子戸が設置されています。

あわじ浜離宮の露天風呂付客室の滞在記

格子戸の中に入ると、お部屋の専用スペースが。

上の画像の奥に写っているのが部屋に入るドアですが、画像だとちょっと分かりにくいかも?

あわじ浜離宮 露天風呂付き客室の玄関

玄関スペースはゆったりとしていて、館内用のスリッパや靴べらなどが置いてあります。

あわじ浜離宮の特別フロア露天風呂付き客室に泊まりました

Cタイプのお部屋は、シングルサイズの2台のベッドがくっついて設置してあるハリウッドツインルーム。

お部屋の入口は上の画像の右奥にあり、部屋に入ってベッドの後ろをまっすぐ進んだ突き当りがトイレスペースです。

あわじ浜離宮の特別フロアCタイプの間取はどんな感じ?

トイレスペースはゆったりとしていて、落ち着けるイエローの光の照明が良い感じ。

あわじ浜離宮の特別フロア客室の旅行記

少しアジアンテイストが入ったソファは、柔らかすぎないクッションで長い時間座っていても腰が痛くなりません。

悲しいことに年齢が上がってくると、身体のあちこち痛みだすので、部屋でゆっくり過ごすときはソファの座り心地は重要です。

あわじ浜離宮の特別フロア客室タイプCに泊まった感想

47平米ある広々とした部屋専用のテラス。

1階レストラン新淡-ARATAN-の明かり窓を囲うように設計され、テラスから見える松原と海がとってもキレイ。

あわじ浜離宮の特別フロア客室の洗面所

上の画像は、部屋の一番奥にある休憩スペースから撮影しました。

右側のガラスで囲まれているスペースは、シャワーブースになります。

露天風呂付客室で温泉ざんまい

あわじ浜離宮の露天風呂付き客室の画像

露天風呂付客室の一番よいところは、部屋から大浴場まで移動しなくても、いつでも気兼ねなく温泉に入れるところ。

あわじ浜離宮の温泉は、淡路島の潮崎温泉(南あわじ温泉郷)に属し、ぬるっとした感触で肌がスベスベになる美肌の湯として女性に人気です。

ぬるっとした感触なのは、温泉に重曹分が含まれているため。

初めて入ると、石けんが落ちていないような感覚になりますが、温泉の成分によるものなので安心してくださいね。

あわじ浜離宮の特別フロア客室の滞在記

休憩スペースにはべたつかない素材のイスが置いてあるので、エアコンがきいた室内で休憩してもOK。

露天風呂に入りたいときは、写真の左側に写っているシャワーブースを通ってテラスに出ます。

ただし、このお部屋は2階にあるので注意が必要です。

ホテルの前の砂浜では、学生がビーチバレーの練習をしていたり、イヌの散歩をしている人もいました。

客室の露天風呂に入るときに、何も身に着けずにテラスに出ると砂浜から見えてしまうため、バスローブを着てテラスに出た方が良いと思います。

あわじ浜離宮の特別フロア客室の露天風呂と休憩用チェア

露天風呂はぬるめに設定されていて、ついつい長湯をしてしまいがち。

温泉に入りすぎてぼせてしまったときは、湯船の横に設置してある大きなチェアにゴロン。

湖風を受けながら、のぼせた身体を冷やすのがとても気持ちよかったです。

あわじ浜離宮の特別フロア客室のアメニティにはバスローブもあります

シャワーブースの横には、しっかりとした厚手のタオル地で作られたバスローブが2着。

バスローブを着れば、湯上がりに汗が止まらなくても、気持ちよく過ごすことができますね♪

>>あわじ浜離宮の特別フロア客室の画像と詳細はこちらでチェック

アメニティは何が揃っている?

あわじ浜離宮の特別フロアの口コミ

ここでは、特別フロアの客室にどんなアメニティがあるか紹介します。

上の画像は入口のすぐ横にあるクローゼット。

1.5メートルくらいの幅があって、たくさん荷物や服があっても収納可能。

あわじ浜離宮の館内着は浴衣になります

クローゼットの中に設置されている棚には、浴衣・帯・羽織・足袋タイプのソックス・巾着袋・タオル・小物入れなどが置いてあります。

浴衣のサイズは中サイズが2着。

夫が着るには、中サイズでは丈が短かすぎるため、大サイズに変えてもらいました。

なお、室内用の使い捨てスリッパは玄関スペースに置いてありますが、ゴミを増やしたくないからスリッパは履かずに過ごしました。

あわじ浜離宮の特別フロア客室のブルーレイ・プレーヤーとステレオセット

テレビ台の棚には、ホテルの案内・ミシュランガイド・ブルーレイプレーヤーなどが置いてあり、ヒーリングミュージックのCDもありました。

あわじ浜離宮のアメニティ

食器棚に揃っているのは、無料のミネラルウォーターやコーヒー・お茶・食器類。

ミネラルウォーターは2リットルボトルなので、温泉に入りすぎて水分が欲しいときでもゴクゴク飲めちゃいます。

ドリンクは、無料のドリップコーヒー・梅昆布茶・日本茶・フレーバーティーが置いてありました。

あわじ浜離宮の客室には日本茶セットも置いてあります

食器棚に入っていた急須と湯飲み茶碗。

茶筒の中には、ティーバッグタイプの日本茶が入っています。

特別フロアのコーヒーカップとグラス

ゴールドのカップアンドソーサーとグラス。

どの食器もシンプルなデザインで、使いやすいものがセレクトされています。

お風呂と洗面所のアメニティ

ホテルニューアワジグループのシャンプー

ホテルに泊まるときに気になるのが、シャンプーや化粧品類のアメニティという女性も多いのではないでしょうか。

ここでは、お風呂と洗面所のアメニティを紹介します。

上の画像は、シャワーブースの壁に作られた収納スペースに置いてあるシャンプー類。

ボトルを見ると、テルニューアワジグループブランドのawaji incense(アワジ インセンス)の文字がデザインされています。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープのブランドは「アワジインセンス」で、クレンジングウォッシュはポーラ製でした。

あわじ浜離宮の客室にある洗面台

広々とした洗面台には、ドライヤー・メイク用ミラー・コットン・アフターシェイブローション・化粧品などが置いてあります。

あわじ浜離のアメニティはポーラのエステロワイエ化粧水セット

女性用の基礎化粧品は、ポーラのエステロワイエ(ESTHE ROYER)シリーズ。

エステロワイエのクレンジング・化粧水・乳液の3点が揃っているので、アレルギーや特に化粧品のブランドにこだわりがなければ、基礎化粧品を持たずに泊まっても大丈夫です。

淡路浜離宮のアメニティグッズ

棚の上にはボディタオルが2枚と、フェイスシートマスクが1枚。

美肌を保つためには、とにかく保湿が大切。フェイスマスクがあると嬉しいです。

トレイには、ブラシ・カミソリ・ヘアバンドが1個ずつと、歯ブラシセットが2つ置いてありました。

>>あわじ浜離宮のアメニティと客室の詳細はこちらでチェック

1時間遅いチェックアウトで滞在を楽しむ

あわじ浜離宮のチェックアウト時間

あわじ浜離宮のチェックイン時刻は15時から24時で、チェックアウトは10時となっています。

リゾートホテルにしてはチェックアウト時刻が早いですよね。

お部屋にあったパンフレットをよく見たら、特別フロアのチェックアウトは11時で、モデレートフロアより1時間長く滞在できることが分かりました。

出発する日は、神戸空港13時発の飛行機の予約をしていたため、10時前にはチェックアウトしましたが、次に宿泊するときは11時まで滞在を楽しみたいと思います。

無料ドリンクも楽しめるロビー

淡路浜離宮のロビーラウンジには無料ドリンクコーナーもあります

あわじ浜離宮では、1階のロビーラウンジと3階のライブラリーラウンジで無料ドリンクを飲むことができます。

上の画像は1階のロビー。広い空間にソファとテーブルがあり、トーンを落とした照明が寛ぎの空間を演出。

あわじ浜離宮のテラス

1階ロビーを抜けると、松原と海を楽しめるテラス席もあります。

ここでドリンクをいただくのもステキですね☆

なお、無料ドリンクサービスの内容については、食事の内容といっしょに次の投稿で紹介しています。

三宮からあわじ浜離宮へのアクセス

淡路島へ行く神姫バス

淡路島は電車がないため、レンタカーを利用するか三宮から高速バスを利用するのが便利です。

雅美は、三ノ宮駅の高架下にある、神姫バスの三宮バスターミナルから高速バスに乗りました。

淡路浜離宮へのアクセスは神姫バスが便利

三ノ宮から福良行きのバスに乗り、「陸の港西淡」で下車。

高速バスに乗る前にホテルに電話すれば、バスの到着時刻にあわせて迎えに来てもらえます。

陸の港西淡バス停は待合所や乗車券の販売所もあるので、雨が降っていても濡れずに座って待つことができます。

陸の港西淡バス停からホテルまでは、送迎車に乗って約7分で到着。

三ノ宮から陸の港西淡までの運賃は、片道2,050円・往復3,690円です。(2017年6月現在)

チェックアウト後も「陸の港西淡」まで送ってもらえるので、チェックインの手続きをするついでに送迎車の予約をするようにしましょう。

まとめ・滞在した感想

淡路浜離宮の口コミ

クチコミで評判が良い、ホテルニューアワジグループ。

淡路島にはホテルニューアワジのホテルが何軒かあり、色々な口コミを調べて自分たちに合うと思ったのが、あわじ浜離宮でした。

クラシカルな建物が落ち着いた雰囲気で、総部屋数29室と少なく、静かに過ごせそうな点が気に入りました。

今回の滞在では大浴場にも入らず、お部屋の露天風呂を堪能し、美味しいお食事を味わうことができて大満足。

次は滞在した特別フロアの別のタイプの部屋や、ホテルニューアワジグループの他のホテルにも泊まってみたいと思いました。

あわじ浜離宮の詳細情報

>>あわじ浜離宮の宿泊プラン一覧と予約はこちらから

住所:兵庫県南あわじ市松帆古津路970-81

電話番号:0799-36-3111

最寄駅:
三宮駅より高速バスに乗り、陸の港西淡で下車。
陸の港西淡より無料送迎車で約7分

駐車場:あり(無料)

チェックイン: 15:00-24:00
チェックアウト: 10:00(特別フロアは11:00)

総部屋数:29室

wifi:無料Wi-Fiあり

自動販売機:なし

コインランドリー:なし

大浴場:あり(天然温泉)

温泉:南あわじ温泉郷 「潮崎温泉」

泉質:ナトリウム炭酸水素塩温

効能:関節痛・筋肉痛・五十肩・神経痛・婦人病・冷え性・打ち身・火傷・慢性消化器病

自転車:自転車の無料貸し出しサービスあり

日帰り入浴・デイユースプラン:
温泉入浴+夕食プランで利用可能(客室の利用は不可)