三井ガーデンホテル京橋のスーペリアダブルルーム

三井ガーデンホテル京橋に朝食ビュッフェ付きプランで宿泊しました。

三井ガーデンホテル京橋は、東京駅八重洲口から徒歩5分というアクセスが便利な、2016年9月に新築オープンしたビジネスホテルです。

このページでは、スーペリアダブルルームの間取りとアメニティ、朝食ビュッフェを食べた感想を中心に紹介します。

スーペリアダブルルームの間取り

スーペリアダブルルームの広さは25.7平米。

私が予約をしたのは新規オープン直後で、公式サイトを見ても部屋の間取り図が見当たらないので、どんな部屋分からず予約をしました。

三井ガーデンホテル京橋のスーペリアダブルルーム

アサインされた部屋の簡単な間取図を作ってみました(縮尺はいい加減です)。

宿泊予約の段階では、スーペリアダブルルームの広さは25.7平米ということだけが分かっていたので、デスクがあって仕事もしやすそうだと思って予約。

実際に部屋に入ってみると、1人掛けのイス2脚と小さなテーブルがあるのみで、ライティングデスクはありませんでした。

三井ガーデンホテル京橋のスーペリアダブルルーム

コンパクトで上品なカラーの椅子とテーブルは、何かを食べたり読書したりするのには問題ないサイズ。

小さなサイズのテーブルセットは、無駄にスペースを取らないのがメリットだと思います。

しかし、出張でパソコンを広げて仕事をしてみましたが、小さすぎるテーブルでした。

三井ガーデンホテル京橋のスーペリアダブルルーム

ヘッドボードの上には、亀のイラストがデザインされた壁紙が。

可愛い亀の和風イラストに癒やされました。

客室のアメニティ

三井ガーデンホテル京橋のスーペリアダブルルーム

ベッドの前の壁には造り付けの奥行きのない棚があり、テレビやティッシュなどが並んでいます。

棚の下には、加湿空気清浄機とゴミ箱が。

三井ガーデンホテル京橋のアメニティ

上の画像は、入口近くに設置されている折りたたみ式バゲージラックとクローゼット。

奥の収納庫の上部は食器棚になっていて、扉の中にはセーフティボックスや冷蔵庫が収納されていました。

三井ガーデンホテル京橋のアメニティ

収納されている食器類は、アイスペールセット・コーヒーカップ・グラス・小皿が揃っていました。

食器の他に、電気ケトルとコーヒーメーカー「ドリップポッド」専用のコーヒーカプセルが。

ドリップポッド用のカプセルは、炭焼きコーヒー・深蒸し静岡煎茶・セイロンブレンド紅茶の3種類が3個ずつ並んでいました。

コーヒーが苦手な人でも、紅茶や日本茶を楽しめるよう配慮されています。

三井ガーデンホテル京橋のアメニティ

クローゼットの中には、使い捨てスリッパやタニタのヘルスメーターも入っています。

ホテルに泊まると朝からいっぱい食べすぎて身体が重いから、体重計には怖くて乗れませんでした。

三井ガーデンホテル京橋のアメニティ

冷蔵庫の中には、無料のミネラルウォーターが2本。

冷蔵庫にはミネラルウォーター以外は何も入っていないので、買ってきたドリンクや食品を入れることができます。

三井ガーデンホテル京橋のアメニティ

上の画像は、部屋の入口からベッドスペースの方向を撮影したもの。

ユニットバスの入口の横には小さな棚があり、コーヒーメーカー「ドリップポッド」が置いてあります。

三井ガーデンホテル京橋のアメニティ

コーヒーを淹れようと思い、ドリップポッドが置いてある棚の周りを探したらコンセントがありません。

仕方がないので、食器棚までドリップポッドを移動してコーヒーを入れました。

水を入れたドリップポッドは、けっこう重くてを移動させるのが面倒。

せっかくアメニティが充実しているのに、印象が悪くなってもったいないなと思いました。

私は新規オープン直後に宿泊したので、現在は配置などが改善されているかもしれません。

客室からの眺望

三井ガーデンホテル京橋の眺望

今回アサインされたのは3階のスーペリアダブルルームで、上の画像は部屋の窓から見た風景です。

前日に予約をしたせいもあるのか3階の低層階にアサインされ、カーテンを開けてみると目の前のビルの事務所の中が丸見え。

ということは、こちらの中も丸見えということなので、カーテンを開けっ放しにできませんでした。

高層階指定の宿泊プランはありませんでしたが、もし高層階に泊まることができれば、東京のビル群の夜景を楽しむことができるかと思います。

客室のお風呂とトイレ

三井ガーデンホテル京橋のバスルーム

スーペリアダブルルームのお風呂とトイレはユニットバスで、セパレート設計ではありませんでした。

高級ビジネスホテルでは、数年前くらいからお風呂とトイレがセパレートになった部屋が増えています。

開業したばかりのホテルで広めの部屋なのに、ユニットバスタイプなのは残念。

三井ガーデンホテル京橋のバスルーム

バスルームは、淡いベージュ・ホワイト・ブラックカラーのモダンなデザインです。

バスタブは縦に長さがあり、まあまあ大きめのサイズ。

平均的な身長の女性なら足を伸ばして入れますが、男性だと少し狭く感じるかもしれません。

【スポンサーリンク】

バスアメニティの種類

三井ガーデンホテル京橋のアメニティ

洗面台の上にあるアクリルの棚には、アメニティが並んでいます。

並んでいたアメニティは、ハンドウォッシュ・シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・コップ・アメニティグッズが入ったケース。

三井ガーデンホテル京橋のアメニティ

アクリルケースに入っているアメニティグッズは、ボディタオル・ひげそり・ヘアブラシ・シャワーキャップ・歯ブラシセット・綿棒・ヘアゴム。

すべてに「mitsui garden hotels」のロゴが入っています。

三井ガーデンホテル京橋のスーペリアダブルルーム

スーペリアルームのお風呂には、資生堂エリクシールシュペリエルのトライアルセットと、ジョンマスターのシャンプーセットも揃っています。

エリクシールシュペリエルのセットは、メーク落とし・洗顔フォーム・化粧水・美容液の4点入り。

また、ニューヨークのサロンで誕生した実力派オーガニックケアブランドのジョンマスターは、地球と身体に優しいヘアケア用品や化粧品などを作る人気ブランドです。

ミニボトルに入ったシャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュが2セット揃っていました。

ナイトウェアのデザイン

三井ガーデンホテル京橋のナイトウェア

ナイトウェアはセパレートのパジャマタイプ。サイズはフリーサイズです。

サラッとした綿素材で作られていて、着てみると心地よい感触に癒やされます。

東京駅 八重洲地下街からのアクセス

三井ガーデンホテル京橋のアメニティ
【東京駅八重洲地下街の27番出口】

三井ガーデンホテル京橋は東京駅八重洲中央口から徒歩5分、または東京メトロ 京橋駅から徒歩2分というアクセスの良さが魅力。

JR東京駅からホテルまでのアクセスは、八重洲地下街を通って24番出入口から地上に出ると、徒歩1分でホテルに到着します。

ところが、24番出入口にはエレベーターやエスカレーターがありません。

荷物が多い時は27番出入口を使えば、エスカレーターで地上に出ることができます。

エスカレーターを使って地上に出たら東京駅を背にしてまっすぐ進み、日本橋三丁目の交差点を右に曲がればホテルに到着。

また、ホテルに一番近い東京メトロ京橋駅の7番出口も、エレベーターがなく階段のみになります。

荷物が多い状態で京橋駅を利用するときは、ホテルと逆の方向へ向かいましょう。

京橋駅の3番出入口を使えば、エレベーターで地上へ出ることができます。

【スポンサーリンク】

朝食ビュッフェのメニュー

三井ガーデンホテル京橋の朝食は、ハーフビュッフェスタイルになっています。

素泊まりの場合は、朝食料金は2,160円で朝食を食べることが可能でした(宿泊時の朝食料金で現在は変更されています)。

朝食を提供している6時30分から9時30分の間に2階のカフェに行けば、予約なしで朝食を食べることができます。

三井ガーデンホテル京橋の朝食ビュッフェ

メインの卵料理は、オムレツかフレンチトーストの2種類から選択するシステム。

サラダ・スープ・パン・デザートなどは、好きなものを好きなだけ食べられるバイキング形式となっています。

三井ガーデンホテル京橋の朝食ビュッフェ

パンコーナーには、クロワッサン・白パン・テーブルロールが3種類。

私が泊まった時のパンの製造元は分かりませんでしたが、しばらく後からはメゾンカイザーのクロワッサンが並ぶようになりました。

三井ガーデンホテル京橋の朝食ビュッフェ

温かな料理のコーナーには、ミネストローネスープ・ペンネ(ショートバスタ)のトマトソース・ハムとパイナップルのスパイシーソース。

三井ガーデンホテル京橋の朝食ビュッフェ

上の画像は、サラダとフレッシュフルーツコーナー。

サラダは、グリーンサラダ・アーモンドカボチャ・赤かぶの3種類。

フレッシュフルーツは、ピンクグレープフルーツとパイナップルが並んでいました。

三井ガーデンホテル京橋の朝食ビュッフェ

デザートコーナーには、甘さ控えめのパンプキンタルトとヨーグルト。

朝食を食べた感想

三井ガーデンホテル京橋の朝食ビュッフェ

メインの卵料理は、フレンチトーストを注文しました。

フレンチトーストは、玉子液がパンの表面にしか染み込んでいなくて甘さがあまりない味付け。

私は甘いフレンチトーストを期待していたので、好みの味じゃなかったのが少し残念。

添えられているホイップクリームも、甘さがほとんどなくて植物性乳脂肪を使ったクリームの味。

牛乳から作る生クリームではないみたいで、クリームは味見だけをして残しました。

味は好みではありませんでしたが、パンの食感はフワフワで良い感じでした。

三井ガーデンホテル京橋の朝食ビュッフェ

パンプキンタルトは砂糖の甘さをほとんど感じず、カボチャの味が生きた味でヘルシー。

ヨーグルトには最初からアロエが混ぜてありました。

ハーフビュッフェは料理の種類が少なく、なんだか物足りないなと思いましたが、洋食なら最低限の料理は揃っています。

和食派の人は他で朝食を食べたほうが良いと思いました。

三井ガーデンホテル京橋の朝食ビュッフェ

朝食会場となる2階のカフェは、大きなガラス張りになっていて、たっぷりと光が入る明るい空間です。

三井ガーデンホテル京橋の朝食ビュッフェ

大きなテーブル席やソファ席、普通のテーブル席などがあって客席はバリエーション豊か。

広々とした開放感があり、のんびりと朝食を食べるのにはピッタリのレストランだと思いました。

電子レンジとコインランドリー

三井ガーデンホテル京橋

三井ガーデンホテル京橋には、コインランドリーや電子レンジがあります。

大浴場はありませんが、コインランドリーと電子レンジがあると、連泊する時にとても便利。

三井ガーデンホテル京橋のコインランドリー

ランドリーコーナーには、ドラム式の洗濯乾燥機が2台並んでいました。

シャープ製の全自動ドラム式洗濯乾燥機で、洗剤は自動投入されるタイプ。

コースは、洗濯から乾燥までの全自動コース・洗濯のみコース・乾燥のみコースと、用途に合わせて選べます。

部屋で少量の洗濯物を手洗いして乾燥機で乾かすこともできるし、洗濯だけをして湿った洗濯物を部屋に干して、空気の乾燥を防ぐのも良いかも。

三井ガーデンホテル京橋の電子レンジ

ベンダーコーナーには製氷機と電子レンジも完備。

電子レンジがあると、外で買ってきた食品をを温める時に重宝します。

電子レンジと洗濯乾燥機があるのは3Fのみで、ドリンクの自動販売機は4F~15Fの各階にあります。

まとめ

2016年9月1日に開業したばかりの、三井ガーデンホテル京橋。

開業した直後に宿泊したので、どこもキレイで気持ちよく過ごすことができました。

三井ガーデンホテル京橋の電子レンジ

ホテル入口や共用部は和を意識したデザインになっています。

上の画像は和モダンな印象の1階エレベーターホール。

三井ガーデンホテル京橋

3回のエレベーターホールの壁紙も和風で、エレベーター前のスペースも広く落ち着ける空間でした。

客室にデスクがないので出張には不向きですが、東京駅からのアクセスも良く部屋も広めなので、ゆったりと過ごすには良いホテルだと思います。

三井ガーデンホテルの詳細


>>三井ガーデンホテル京橋の詳細と予約はこちらから

  • 住所:東京都中央区京橋1-3-6
  • 電話番号:03-3231-3131
  • チェックイン: 15:00-26:00
    チェックアウト: 11:00
  • 最寄駅:
    ・各線 東京駅 八重洲中央口より徒歩5分
    ・東京メトロ 京橋駅 7番出口より徒歩2分
    ・都営地下鉄 宝町 A5出口より徒歩5分
  • 朝食の提供時間: 06:30?10:00(L.O.9:30)
  • 駐車場:なし
  • 大浴場:なし
  • コインランドリー:あり
  • 電子レンジ:あり
  • 自動販売機:あり

※このページの内容は宿泊時および修正時のものです。また、このページは過去に投稿したものを一部修正して再掲載しました。

【スポンサーリンク】