国内旅行の荷造り

国内旅行に行くとき、どんな荷物を入れればいいか、荷物リストはどうやって作るか悩むことはありませんか?

このページでは、年間100日前後は出張や旅行をしている管理人の雅美が、普段行っている国内旅行の荷造り方法と荷物リストの作り方を紹介します。

[スポンサーリンク]

荷物リストを作る時に注意する点

荷物リストを作る前に考えることは、どの場所に何をしに行くかです。

京都・神戸・東京などの大都市に観光に行くのであれば、ちょっとしたものは現地調達できるし、荷物はできるだけ少なくしたいもの。

反対に、沖縄にダイビングに行ったり、北海道の雪まつりに行くのであれば、専用の道具やスノーブーツなど、特殊な用意が必要になります。

通常とは違う環境に行く場合は、自分に合った道具や衣類を事前に準備。

大都市圏や地方の大きな都市に行くのであれば、できるだけ荷物を少なくするようにすれば失敗は少なくなると思います。

1泊2日の基本の荷物リスト

  • 財布
  • スマホとデジカメ
  • 筆記用具
  • 毎日飲む薬
  • 紙に印刷した(書いた)ホテルなどの連絡先と予定表
  • 替えの下着1組
  • 基礎化粧品
  • 小分けにしたシャンプー類
  • ヘアブラシ
  • ホテルにパジャマがない時はパジャマ兼部屋着
  • スマホやデジカメなどのバッテリー類
  • 季節によっては、ストールやブランケットを1枚
  • 季節によっては雨天兼用傘

1泊2日の旅行は、シンプルに考えれば1回泊まって帰ってくるだけ

汗をかきやすい夏などは、シワになりにくく乾きやすいワンピースで旅行に行って、パジャマに着替えたら服を洗って乾かせば、着替えも必要ありません。

汗をかかない冬なら、1日くらい着替えなくても大丈夫。

シャンプー類が荷物に入っているのは、アレルギーがひどく、かぶれてしまうシャンプー類が多いから。

アレルギーがなくて、とくにブランドにこだわりがなければ、ホテルのものを使えば荷物が少なくなります。

このくらいアバウトな感覚でいれば、荷物は必要最低限になり、荷物がかさばって困ることはありません。

2泊3日と3泊4日の基本の荷物リスト

  • 財布
  • スマホとデジカメ
  • 筆記用具
  • 毎日飲む薬
  • 紙に印刷した(書いた)ホテルなどの連絡先と予定表
  • 替えの下着1組
  • 着替え1回分
  • 基礎化粧品
  • 小分けにしたシャンプー類
  • ヘアブラシ
  • マスク
  • ホテル内を歩けるような部屋着兼パジャマ
  • スマホやデジカメなどのバッテリー類
  • 季節によっては、ストールやブランケットを1枚
  • 季節によっては雨天兼用傘

2泊3日と3泊4日の旅行は、シンプルに考えれば2回か3回泊まって帰ってくるだけ

観光であちこち周るのであれば、できるだけ荷物を小さくしたほうが動き回りやすくなります。

着替えと下着は1日分あれば、ホテルで洗って乾かせば困ることはありません。

洗うのが面倒なときは、泊まる回数分の着替えと下着類を入れるようにしましょう。

宿泊先で洗濯をしない場合は、ボトムスはできるだけ枚数を少なくして、トップスだけ枚数を多くすれば荷物が少なくなります。

なお、近くのコンビニに飲物を買いに行ったり、ホテルのコインランドリーに行ったりする時に着る、トップスとパンツを持っていくと便利。

締めつけ感がないトップスとパンツなどを持っていけば、ホテルにパジャマがないときは、パジャマ代わりにもなって重宝します。

4泊5日以上の荷物リスト

4泊5日以上になると、旅行に持っていくと便利なものを荷物に加えた方が困ることがありません。

私の場合、旅行や出張前には必ず爪を切るようにしていますが、泊数が多くなると爪切りも必要に。

なお、私の場合は九州・関西・関東・北海道など気候が違う地域を周ることも多いので、こういうときは気候に合わせた温度調節しやすい着替えを入れるようにしています。

1泊2日から3泊4日までの荷物に加えて持って行くことが多いのは、以下の荷物リストになります。

  • 爪切り
  • S字フック
  • 洗剤類
  • 綿棒
  • バンドエイド
  • 生理用品を少し
  • カーディガン
  • 折りたためる携帯用ボストンバッグ
  • その他、行き先によって必要だと思うもの

なお、女性の国内旅行に持っていくと便利な荷物リストは、別のページで紹介しています。よかったらご覧ください。

>>【決定版】女性の国内旅行に必ず持って行きたい24の持ち物リスト

旅行に持っていくと便利な予定表の作り方

女子旅の予定表

私の場合は、ホテルを予約した旅行サイトやチェックイン時間、料金などを入力してエクセルで作っています。

(上の予定表の連絡先や料金などは、適当に入れてあります。)

グーグルスプレッドシートでも保存しておけば、出先でもパソコンやスマホからでも見ることができるし、紙に印刷をしておけば、万が一スマホやパソコンの電池切れでも安心。

料金はカード決済分と現金支払分を分けておけば、旅行中にいくら必要かなども一目瞭然です。

自分が使いやすいようにいじっていたら、最終型が上の予定表になりました。

出張も多いため、確定申告のときの経費計上のチェックにも便利なように作ってあります。

自分が見やすくて使いやすい形で、予定表を作ってみてくださいね。

なお、エクセルなどの表計算ソフトを使うのが面倒なときは、旅行の予定表を作れるアプリを使うと便利です。

出張や旅行が多いと荷物を入れっぱなしに

スケジュールが重なる時期は、家に帰ってきたと思うと1週間しないうちに家を開けることもあります。

そうなってくると、いちいち荷造りをするのが面倒になり、ケーブルとバッテリー類やノートパソコンなど、出張や旅行に持っていくものは、すべてスーツケースに入れっぱなしという結果に。

爪切りやヘアブラシなどの小物を入れたポーチ、ケーブルや携帯用バッテリーなどを入れたポーチ、ソフトケースに入れたノートパソコンなど、すべてスーツケースに入れっぱなしになっています。汗

最近では、1週間以上の荷造りでも30分もかからずにできるようになりました。

東京に住んでいたころには考えられないスピードで、慣れって怖いなって思います。