ジェットスターの手荷物の重さチェックは厳しい?

ネットの口コミを見ると、ジェットスターの機内持ち込み手荷物のサイズと重量チェックや、受託手荷物の重量オーバーのチェックが特に厳しくなっています。

ジェットスターはあまり使いたくないなと思っていたところに、急に7月に北海道に行くことが決まりました。

ANAやJALの7月の運賃はハイシーズンで高し、スカイマークも予想以上に高い。

そこで、手荷物の重さや数のチェックが厳しくなったかを確かめてみたいこともあり、ジェットスターを久しぶりに利用することにしました。

関西空港と新千歳空港からジェットスターを利用して分かったことと、ジェットスターやピーチなど、LCCを利用するときに注意すべき点を紹介します。

機内に持ち込む手荷物の重さは何キロまで?

ジェットスターに乗った人のブログ

ジェットスターの国内線では、機内に持ち込める手荷物の重さは合計7キロまで(記事を書いた時点の規定です)。

なお、手荷物が7キロを超えてしまうと超過した分は廃棄するか、追加料金を払って受託手荷物として預けることになります。

また、持ち込める手荷物の数は2個までとなっていて、1個はキャリーケースやボストンバッグなどの手荷物1個と、ハンドバッグなどサイズが小さな手回り品1個のみ。

大きなバッグ2個や、空港で買ったお土産が入った紙袋が3袋目となる場合は、荷物を2個にまとめないと機内に持ち込めないので注意が必要です。

空港で買い物をして紙袋などが増えてしまった場合は、手荷物検査の前に荷物を2個にまとめるようにしましょう。

なお、手荷物検査場を通ったあとに買い物をして荷物が増えて、搭乗口で注意されている人を見たので、搭乗口を通る前に荷物をまとめるようにしてくださいね。

機内持込手荷物のサイズ制限

機内に持ち込める荷物にはサイズ制限があり、制限より大きな荷物は機内に持ち込むことができません。


【機内に持ち込める手荷物のサイズ】
高さ:56cm
幅:36cm
奥行き:23cm


また、スーツケース売り場で「国内線機内持込可能」と表記されていても、航空会社ごとに基準が違うため機内に持ち込めない可能性があります。

スーツケースを購入するときには、必ずサイズをチェックするようにしましょう。

なお、チェックインカウンターの近くや手荷物検査ゲートの手前に、荷物サイズのチェックスケールが置いてあります。

サイズオーバーが気になるときは、検査を受ける前にサイズのチェックをすると安心です。

手荷物用の「はかり」の場所はチェックインカウンター前

LCCは手荷物や受託荷物の重量制限が厳しいです

ジェットスターのチェックインカウンターの前には、機内持ち込み手荷物の重さをチェックできる「はかり」が置いてあります。

検査ゲートを通過するときに、必ず手荷物の重さをチェックされるわけではありませんが、大きめの荷物を持っていると荷物の重さをチェックされる場合も。

搭乗口で重さの超過が分かった場合、荷物を預けることになります。

また、搭乗口で荷物を預けると、カウンターで料金を支払うよりも高額になるため注意が必要。

機内持ち込み予定の荷物がサイズ・重量制限を超えている場合、荷物の重さが15キロ以内の料金は、カウンターで預けると2,600円。搭乗ゲートで預けると3,000円と高額になります。

大きな荷物を持ち込むときは、7キロを超えていないかチェックしておいた方が良いでしょう。

受託手荷物の料金は予約時に申し込むのが一番安い

ジェットスターの受託手荷物料金はいくら?
【受託手荷物料金・関西から新千歳】

ジェットスターの手荷物料金は、チケット購入と同時に申し込むのが一番安くなります。

また、往復でチケットを購入する場合、荷物が少ない往路は受託手荷物をなしにして、おみやげなどで荷物が増える復路は、受託手荷物を申し込む方法も。

ジェットスターの受託手荷物料金は、路線によって異なります。

2017年8月のセール時に関空から新千歳までの手荷物料金は、下記のようになっていました。


【航空券と同時申込の受託手荷物料金】

15kg:1,550円
20kg:1,700円
25kg:2,100円
30kg:2,500円
35kg:2,700円
40kg:3,200円

※関西空港から新千歳空港までの料金で、路線によって異なります。


チケットを購入したあとに、ウェブやコールセンターで予約に受託手荷物を追加することもできますが、予約時に申し込むよりも料金が高くなります。

航空券を予約するときに荷物の重さをある程度予想して、受託手荷物を追加するようにしましょう。

また、申込をした荷物の重さを超過した場合、国内線では1キロにつき800円の追加料金で預けることができます。

ジェットスターのオプション料金

また、受託荷物の重さが10kg以内で座席指定もしたいときは、オプションの「ちゃっかりPlus」がオススメ。

ジェットスターに乗ってみた

ちゃっかりPlusは、10キロまでの受託手荷物とスタンダードシートの座席指定、温かい飲物などがセットになっています。

なお、ちゃっかりPlusの国内線料金は1,650円からで、路線によって異なります。

LCCでは座席指定も有料に

ジェットスターの座席指定料金

LCCは高い安全性を確保すると同時に、徹底したコストカットにより、格安の航空運賃を実現。

そのため、JALやANAでは無料ができることが当たり前の「座席指定」もLCCでは有料になります。

座席指定しない場合は、チェックイン時に自動で座席を振り分けられ、グループで予約をしても並んで座れるとは限りません。

「窓側がいい」「通路側の席がいい」「並んで座りたい」などの要望があるときは、料金を支払って予約時に座席を指定するようにしましょう。

なお、ジェットスターの座席指定料金は、路線によって異なります。

今回予約をしたときは、関西空港から新千歳空港までの座席指定料金は、スタンダードシートが490円、機内前方列のアップフロントが690円、足元が広いエクストラレッグルームが1,190円でした。

座席指定料金は、セールのときに申し込むと安いですが、前日や直前になると高くなる傾向があります。

混雑に注意!新千歳空港の手荷物検査場は1か所だけ

新千歳空港の手荷物検査場は一ヶ所のみで大混雑

関西空港や成田空港は共通の手荷物検査場となっていますが、新千歳空港では手荷物検査場が航空会社ごとに分かれています。

新千歳空港のジェットスターの手荷物検査場は1か所だけ。

特に、出発便が重なる17時から18時にかけては、1ヶ所しかない手荷物検査場のゲート前には長い列ができることも。

新千歳空港で受託手荷物を預ける人の列
【新千歳空港で受託手荷物を預ける人の列】

7月8月は北海道の観光シーズンで、新千歳空港は観光客であふれかえって大混雑。

混んでいるだろうと思い、1時間半前に空港に着くようにして、自動チェックイン機で航空券を発券。

航空券を発券したあと、すぐに受託手荷物を預ける列に並びました。

また、新千歳空港のジェットスターのカウンターは、空港ビルの端にあって移動に時間がかかります。

JRで新千歳空港駅に到着して、地下の駅からカウンターまでの移動距離はけっこう長く、時間がかかるため余裕をもって移動するようにしましょう。

ゲートでは機内持ち込み手荷物の数を厳しくチェック

ジェットスターの機内持ち込み手荷物チェックは厳しかった

カウンターでの受託手荷物を預けるときや、手荷物検査場のゲートを通過するときに、手荷物の数は厳しくチェックされます。

大きめのカバンと小さめのハンドバッグ、後から買ったお土産の小さな紙袋を持っていた方は、お土産の紙袋を大きなバッグに入れるように注意されていました。

その他にも、手荷物の数を注意されている人がたくさんいたので、必ず2個以内にまとめてくださいね。

手荷物チェックを証明するJetstarタグ

また、口コミで「重さのチェックが厳しい」と言われている機内持ち込み手荷物ですが、関西空港から飛行機に乗るときはチェックされませんでした

新千歳空港では「はかり」の前に係員が立っていて、「荷物の重さを計ってください」と重量チェックが

荷物の重さは6.7キロだったので、計量後にタグを貼ってもらいました。

重さチェックを受けてから10分くらい経ってから、はかりの前を通ったら係員は立っていなかったので、タイミングによっては重量チェックが入るようです。

いずれにしても、大きな荷物を持っているとチェックが入りやすいため、7キロを超えないようにしてくださいね。

ジェットスターやLCCの搭乗口はターミナルの端が多い

横に長い関空のターミナルのはじっこにジェットスターの搭乗口があります
【横に長ーい関空のターミナル】

手荷物検査場のゲートを通過しても、すぐに搭乗口に到着するとは限りません。

ANAやJALはターミナルの中央に搭乗口があり、手荷物検査場を通過したあとの移動距離は少なくて楽ちん。

ところが、格安で利用できるLCCの搭乗口はターミナルの端にあり、移動距離が長くなります。

ゲートをくぐった後で、お土産屋さんなどでのんびり見てたあとで、搭乗口が遠くて慌ててしまったなんて事にならないようにしてくださいね。

成田空港の搭乗口は駅からめちゃくちゃ遠かった

成田空港第3ターミナルは駅からとても遠い
【成田空港第3ターミナルへ続く歩道】

成田空港の搭乗口とカウンターは、ジェットスターやピーチ、バニラエアなどのLCCは第3ターミナルにあります。

JRや京成を使って電車で成田空港へ行く場合は、駅から第3ターミナルまで歩いて15分くらいかかるので注意が必要。

成田空港の案内板

成田空港駅から第3ターミナルまでの徒歩ルートは、第2ターミナルを経由します。

ルートの途中には、現在位置を示した案内板が設置されるほどの長い距離が。

また、キャリーケースをひきずって慌てて走っている人を何回も見ました。

東京から成田空港第3ターミナルへのアクセスは、シャトルバスがオススメです。

成田空港と東京駅を結ぶ東京シャトルバス

東京駅八重洲口から出発するシャトルバスは、片道1,000円ですが楽天トラベルなどで予約購入すると900円と格安なのも魅力。

シャトルバスは第3ターミナルの前に停車するので、成田からLCCを利用するときはとても便利です。

>>【楽天トラベル】東京駅八重洲口発・成田空港行きシャトルバスの予約はこちらから

羽田や大阪(伊丹)の発着路線はある?

スカイマークの宇宙戦艦ヤマトジェット
【スカイマークの宇宙戦艦ヤマトジェット】

東京や大阪からアクセスが良いのは、羽田空港と大阪空港(伊丹空港)ですよね。

羽田や伊丹からLCCを利用できれば、安くて便利ですが、残念ながらLCCの発着はありません。

LCC国内線は、東京なら成田空港、大阪なら関西空港のみとなり、移動距離はとても長いという欠点が。

ところが、羽田空港から大阪・新千歳・長崎・福岡などに安く行ける航空会社があります。

それは、スカイマークを利用すること。

スカイマークはLCCと一般の航空会社の中間的な存在となりますが、ANAやJALよりもずっと安く、座席指定や15キロまでの受託手荷物が無料です。

大阪伊丹空港発着の路線がない代わりに、羽田から神戸に飛ぶ路線を利用すれば、大阪駅までのアクセスが良くて便利。

神戸空港からは、ポートライナーに乗って約20分で三宮駅に到着。

三宮駅からJRの新快速に乗れば、27分で大阪駅に着いて、安くチケットを買えば新幹線の半額以下で大阪駅に着くので検討してはいかがでしょうか。

ジェットスター国内線の路線一覧

ジェットスターのカウンター

ジェットスター国内線の路線をまとめました。


  • 【新千歳発】成田(東京)・福岡・関西(大阪)・熊本・鹿児島・松山・中部(名古屋)・成田・大分・那覇・高松
  • 【成田発】札幌・福岡・関西(大阪)・熊本・鹿児島・松山・大分・那覇(沖縄)・高松
  • 【関西(大阪)発】新千歳・熊本・福岡・成田(東京)・大分・那覇(沖縄)
  • 【中部(名古屋)発】新千歳・福岡・熊本・那覇(沖縄)・鹿児島
  • 【福岡発】新千歳・関西(大阪)・中部(名古屋)・成田(東京)・那覇(沖縄)
  • 【那覇(沖縄)発】新千歳・福岡・関西(大阪)・熊本・鹿児島・松山・中部(名古屋)・成田(東京)・大分・高松
  • 【高松発】新千歳・成田(東京)・那覇(沖縄)
  • 【松山発】新千歳・成田(東京)・那覇(沖縄)
  • 【大分発】新千歳・成田(東京)・関西(大阪)・那覇(沖縄)
  • 【鹿児島発】新千歳・熊本・中部(名古屋)・成田(東京)・那覇(沖縄)
  • 【熊本発】新千歳・関西(大阪)・鹿児島・中部(名古屋)・成田(東京)・那覇(沖縄)

wifiやブランケットの機内サービスはある?

ジェットスターの機内サービスにブランケットはあるの?

結論から書くと、ジェットスターの国内線にはブランケットやWi-Fiのサービスはありません。

前の項目にも書きましたが、ジェットスターやピーチなどのLCCは、徹底したコストカットにより格安の料金を実現しています。

したがって、LCCを利用するときに過度な期待をしたり、サービスを要求をしないようにしましょう。

冷え性の方や、寒さが気になる方は、小さく折りたためる大判のストールや、薄手のブランケットを持って行けば安心です。

楽天・るるぶ・じゃらんでジェットスターツアーを申し込める?

るるぶトラベルのジェットスターツアー割引きクーポン

楽天トラベル・じゃらん・るるぶトラベルで、ジェットスターのツアーを取り扱っているのは、るるぶだけになります。

また、るるぶでは不定期でジェットスターツアーのみに使えるクーポンを発行。

るるぶクーポンの利用条件はありますが、最大で1万円以上も割引になるクーポンもあります。

>>【るるぶトラベル】ジェットスターツアーの割引クーポン

なお、ジェットスターがセールを行っているときは、公式サイトで航空券を購入して、るるぶなどでホテルだけを予約した方が安くなることも。

個別に申込をするのが面倒なときや、ジェットスターツアーのクーポンが発行されているときは、るるぶを利用すると良いでしょう。

まとめ・LCCのメリットとデメリット

ジェットスターの評価

ジェットスターなどのLCCは、格安で利用できるメリットがある反面、座席指定や受託に持つが有料で、サービスは最低限というデメリットもあります。

また、LCCの国際線が乗り入れる成田空港や関西空港から発着するため、中国・韓国など外国人の利用も多く、客層も悪い印象が。

注意が必要なのは、セールで格安航空券を購入しても、荷物の重さがオーバーしてしまい追加料金を支払うと、結果的に高くなることも。

また、JALやANA、スカイマーク、エアドゥなどの運賃には、空港使用料やカード決済手数料、無料の受託手荷物料金が含まれていますが、LCCの運賃には含まれていません

運賃は格安ですが、空港使用料・カード決済手数料がかかるため、受託手荷物の料金をプラスすると、けっこうな料金になってしまう場合もあります。

受託手荷物があり、座席指定料金を払う場合は、スカイマークの方が安いことも多く、スカイマークの運賃と比較することをオススメします。

東京から大阪に行くなら、大阪へのアクセスが良い、スカイマークの羽田・神戸線を利用。

スカイマークは、羽田から新千歳・福岡などの路線もあるので、ぜひ検討してくださいね。

なお、ブランケットや無料ドリンク、機内のWiFiなどのサービスを利用したいときは、JAL・ANA・AIRDOなどを利用するようにしましょう。