ホテルケーニヒスクローネ神戸のデラックスツインルーム
【ケーニヒスクローネのスーペリアツイン】

ホテルを予約する際に、スーペリア、エコノミー、コンフォート、モデレート、デラックスなど、聞き慣れない名前の部屋があって、「この部屋のランクは他より良いの?」「スーペリアって何?」と疑問に思うことはありませんか?

スイートルームが一番良いっていうのは、素人にも何となくわかりますよね。

でも、「スーペリアってデラックスより良いの?それともスタンダードより下なの?」と悩んだ事が1度はあるかと思います。

このページでは、ホテルの予約をする時に、客室選びに迷わないためのホテルの客室ランクと、シングルやツインなどベッドの数とサイズの表記方法を紹介します。


客室の名前はランクとベッド数の組み合わせ

東京ステーションホテルのドームサイドコンフォートキングルーム
【東京ステーションホテルのコンフォートキング】

ホテルを予約するときに、「コンフォートシングル」「スーペリアダブル」「ハリウッドツイン」という名前の部屋を見たことはありませんか?

これらの客室の名称は、「ランクを表す言葉」と「ベッドのサイズと数」を組み合わせて表記されたものになります。

ベッドの数やサイズを示す言葉は、シングル・セミダブル・ダブル・クイーン・キング・ツイン・トリプル・フォースなど。

ランクを表す言葉は、エコノミー・スタンダード・コンフォート・スーペリア・デラックス・エグゼクティブ・スイートなどになります。

客室のベッドサイズと数

ホテルアムステルダムのローラアシュレイツインルーム
【ホテルアムステルダムのツインルーム】

ここでは一般的なサイズを紹介しますが、予約をするときは客室の詳細を確認すれば、よほどの安ホテルでない限りベッドのサイズが書いてあるはずです。

なお、ベッドのサイズはホテルによって差があり、幅○○センチのベッドがシングルサイズという明確な規定はありません。

例えば、幅140センチのベッドがAホテルでは「シングルルーム」Bホテルでは「セミダブルルーム」Cホテルでは「ダブルルーム」と表記されることもあります。

シングルルーム

シングルルームとは、シングルベッドが1台設置された客室のこと。

ベッド幅は90センチから140センチくらいまでとホテルによって差があります。

140センチ以上のダブルベッドを全室に設置して、1人で利用するときの名称はシングルルームで、2人で利用するときの名称はダブルルームとしている東横インのようなホテルもあります。

セミダブルルーム

セミダブルルームとは、セミダブルベッドが1台設置された客室のこと。

セミダブルルームはシティホテルや高級ビジネスホテルにはほとんどなく、料金が安いホテルに多いルーム名称です。

幅が120センチ前後のセミダブルベッドが多く、基本的に1人用ですが2人で宿泊できる格安プランを設定しているホテルも多いです。

ダブルルーム

ダブルルームとは、ダブルベッドが1台設置された客室のこと。

ベッド幅は140センチから160センチくらいが多いです。

基本的に2人用の客室ですが、1人で宿泊すれば広いベッドで気持ちよく眠ることができます。

クイーンルーム

クイーンルームとは、クイーンベッドが1台設置された客室のこと。

クイーンルームのベッドは、幅160センチくらいが多いです。

シティホテルや高級ビジネスホテルでは、160センチのベッドを設置した客室を「ダブルルーム」と表記するホテルも多いため、幅何センチ以上をクイーンベッドとするかはホテルによって異なります。

キングルーム

クイーンルームとは、クイーンベッドが1台設置された客室のこと。

ベッドの幅は180センチから200センチくらいが多いです。

キングベッドは1台でシングルベッド2台分くらいの幅があるため、2人で使用してもゆったりと眠ることができます。

ツインルーム

ツインルームとは、ベッドが2台設置された客室のこと。

ベッドのサイズはシングルベッドが多いですが、ホテルによってはダブルベッドが2台設置された客室もあります。

トリプルルーム

トリプルルームとは、ベッドが3台設置された客室のこと。

ベッドが2台のツインルームにエクストラベッド(簡易ベッド)を、部屋の空いている空間に1台入れて、トリプルルームとする場合もあります。

フォースルーム

フォースルームとは、ベッドが4台設置された客室のこと。

リゾートホテルや観光地周辺のホテルで見かけることがあります。

トリプルルームやフォースルームは、ビジネスホテルやシティホテルでは数が少ない部屋です。


客室ランクとスーペリアルームの順位

ラスイート神戸ハーバーランド
ラスイート神戸ハーバーランドは全室がスイートルーム

部屋のランクが一番高いのは言わずと知れたスイートルーム。

その他の客室のランクは、スイートルームが一番ランクが上になり、たいていは以下のような順番になります。


【ホテルのルームランク】

  • スイート
  • ジュニアスイート
  • エグゼクティブ(ラグジュアリー・クラブ)
  • デラックス
  • スーペリア
  • コンフォート
  • モデレート
  • スタンダード
  • エコノミー

※スタンダードルームは標準の客室になるため、「シングルルーム」「ツインルーム」のように、ベッド数のみで表記されることも多いです。


上記は一般的な客室のグレードで、ホテルによって順番が少し違ったり、名称が異なる場合もあります。

また、グレードの違いについては、サービス内容・部屋の広さ・アメニティなど、ホテルによって内容が異なります。

部屋のランクやアメニティ、サービス内容などが分からない時は、まずはホテルの公式サイトを見るようにしましょう。

たいていの場合、ホテルの公式サイトには「標準宿泊料金」やサービス内容、アメニティなどが記載されています。

公式サイトに「標準宿泊料金」の記載がない場合は、泊まりたい日の宿泊プランを見ればOK。

同じプランで宿泊料金が高いほどルームランクが上になるか、ベッド数が多い、部屋が広い、という判断ができます。

スーペリアルームとは?意味を徹底解説

ホテルザセレスティン東京芝のスーペリアダブルルーム
【ホテルザセレスティン東京芝のスーペリアダブルルーム】

スーペリアとは英単語の形容詞「superior」に由来したホテル用語です。

スーペリアの後ろに「シングル」「ダブル」「ツイン」「キング」など、ベッド数やベッドのサイズを表す単語を組み合わせて使われます。

superiorを日本語に訳すと、位置や階級が「上質な」や「高級な」「上位の」という意味あいに。

したがって、スーペリアルームとは、標準客室のスタンダードルームよりも少し上のランクの部屋を指します。

同じホテルのスーペリアルームとスタンダードルームの違いを比べると、スーペリアの方が部屋が少し広い、インテリアが良い、アメニティが充実しているなど、スタンダードルームよりも内容の違いが分かるはず。

また、スーペリアはルームランクだけではなくホテルのランクにも使われる事もあります。

スーペリアホテルとなっていればスタンダードホテルよりも少しだけ高級なホテルとなり、ホテル選びに悩んだ時は「普通よりも少し良いホテル」と思えば間違いないでしょう。

そのほか、部屋のランクに使われる事が多い「モデレート」や「デラックス」の意味は以下のようになります。

モデレート(moderate)ルームとは

意味:量・大きさ・程度・質などが「適度の」「中くらいの」「並の」

「スーペリア」よりも下で「スタンダード」よりも上として使われている事が多いです。

デラックス(deluxe)ルームとは

意味:「豪華な」「ぜいたくな」「デラックスな」

和訳のとおり豪華な部屋になりますが、エグゼクティブ・クラブ・ラグジュアリーなどの部屋よりは下のランクになります。

コンフォート(comfort)ルームとは

意味:「慰安」「慰め」「気安さ」「快適さ」

ホテルの部屋につけられるコンフォートは「快適さ」という意味に由来。

歩きやすい靴をコンフォートシューズと呼ぶように、コンフォートルームはスタンダードルームよりも快適に過ごせるように工夫された部屋です。

インテリアや設備、アメニティにこだわっている事が多く、たいていのホテルではスタンダードルームよりも宿泊料金が高く設定してあります。

ハリウッドツインの意味

あわじ浜離宮の特別客室
【あわじ浜離宮のハリウッドツインルーム】

ハリウッドツインルームとは、ぱっと見るとダブルベッドが1台設置しているように見えるツインルームを指します。

なお、「ハリウッド」とは、ルームランクやアメリカの地名を示すものではなく、2台のベッドをくっつけて並べたことを示すホテル用語。

通常のツインルームは、2つのベッドを離して設置することが多いのに対し、ハリウッドツインルームは2台がぴったりくっついているため、ダブルベッドのような感覚で利用できます。

ハリウッドツインは夫婦やカップルに人気がある部屋で、「1台のベッドでは眠りにくいけれど離れるのもイヤ」というときに最適。

また、ベッドをくっつけて配置するため、部屋の床スペースを広く使えるというメリットも。

部屋の名称に、アメリカの都市名である「ハリウッド」が使われた由来については、いくつかの説があります。

一つ目の説は、ハリウッド女優が「ベッドが1つでは狭いからくっつけて」と言ったことから、ベッドを2つくっつけたツインルームに「ハリウッドツイン」の名前がつけられた説。

もうひとつの説は、ハリウッドスターの夫婦が何度も結婚したり離婚するように、自由にベッドを離したりくっつけたりできるからという説。

本当のところはどうなのかは分かりませんが、想像すると面白いですね。

アクセシブルの意味

アクセシブルルームという名前の部屋をつけるホテルが増えています。

アクセシブルルームとは、介助の必要な人が安心して泊まれる部屋のこと。バリアフリールームと同じような意味になります。

例えば、「アクセシブルツインルーム」と名前がついた部屋なら、ベッドが2台設置(ツイン)された、要介助者でも安心して泊まれる(アクセシブル)部屋(ルーム)になります。

部屋の特徴は、床に段差がない、バスルームに介助用のイスがある、車椅子でも使いやすいよう低めのベッドを設置する、手すりの設置など、さまざまな工夫が。

ホテルごとに部屋の設備は異なるため、介助が必要な方が泊まるときは、公式サイトなどで、部屋の設備を確認するようにしましょう。


予算に合わせて部屋のランクを選ぶ

神戸みなと温泉 蓮のシーサイドデラックスルーム
【神戸みなと温泉 蓮のシーサイドデラックスルーム】

高級ホテルに一度は泊まってみたいと思いませんか?

ところが、高級ホテルに泊まれば満足できるとも限りません。

たとえば、高級ホテルに宿泊予約をいれるときに、予算の関係で一番安いスタンダードルームしか選べない場合もありますよね。

そんなときは、泊まりたい高級ホテルより、少し下のランクのホテルでランクが高い部屋に泊まるのがオススメです。

なぜなら、高級ホテルでスタンダードルームに宿泊をすると、ルームランクによってサービスが違うことに気がつくことが多々あるから。

ルームランクによるサービスの違いとは、下のランクの部屋に泊まるとレストランで良くない席に通されたり、チェックインの際に待たされたりすることなど。

スタンダルームに泊まると、さまざまな場面で惨めな気持ちになってしまうかもしれません。

名古屋マリオットアソシアホテルのデラックスダブルルーム
【マリオットアソシアホテルのデラックスダブル】

ホテルでは、ランクが上になるデラックスタイプやエグゼクティブタイプ以上の部屋に宿泊をすると、ホテルによっては専用ラウンジでのチェックインや、さまざまな無料サービスなど、一般の宿泊客よりも快適なサービスを受けることができます。

また、クラブフロアがあるホテルでは、クラブフロアの部屋に泊まれば、クラブラウンジで無料のドリンクや軽食、お酒をいただくこともできます。

惨めな思いをしないためには、ギリギリの予算で高級ホテルの一番安い部屋に泊まるよりも、ランクを少し下げたホテルの良い部屋に泊まったほうが、快適に過ごすことができるでしょう。

また、以前はシティホテルとビジネスホテルでは、サービスと部屋の設備に大きな差がありました。

ところが、現在は高級ホテルのようなサービスを受けられる、プレミアムタイプのビジネスホテルも多いです。

フルサービスは必要なく、快適な部屋とアメニティだけを求めるのであれば、プレミアムタイプのビジネスホテルを検討するのもオススメ。

部屋の設備やアメニティが充実していたり、食事が美味しいなど、口コミで高い評価を得ているビジネスホテルも多いので、目的と予算に応じてホテルを選ぶことが失敗する確率が減ります。

まとめ

ホテルの部屋は、ルームランクによってアメニティやサービスの快適さが変わります。

また、ホテル自体のランクによって部屋の広さやアメニティ、サービスが大きな違いも。

まずは高級なシティホテルを選ぶのか、そこそこ高級で快適なビジネスホテルを選ぶのか、ひたすら安い宿泊特化型のビジネスホテルを選ぶのかを考え、目的にあった部屋を予約するようにしましょう。

最初は、どんなホテルのどんな部屋が自分に合っているのか分からないと思いますが、いろいろと泊まるうちに、自分に合うホテルが見つかるはず。

部屋の広さやベッドのサイズ、アメニティなどは、ホテルのサイトで必ずチェックして、あなたにピッタリの部屋を選ぶようにしてくださいね。