ホテルケーニヒスクローネ神戸のスーペリアツインルーム
【ホテルケーニヒスクローネのスーペリアツイン】

ホテルを予約するとき「スーペリア・エコノミー・コンフォート・モデレート・デラックス」などの聞き慣れない名前の部屋がありませんか?

「コンフォートルームって他の部屋よりランクが高いの?」「スーペリアって何?」予約をするとき、どの部屋が良いのか悩むことも多いもの。

スイートルームが一番ランクが上だというのは何となく分かっても、どの部屋が選んだら良いのか判断できない。

そこで、このページでは、ホテルを予約するときに客室選びをしやすいよう、客室のランク一覧と「シングル・ツイン」などで表記される、ベッドの数とサイズを分かりやすく解説します。

【スポンサーリンク】

客室はランクとベッド数で名前がついている

東京ステーションホテルのドームサイドコンフォートキングルーム
【東京ステーションホテルのコンフォートキング】

はじめてホテルを予約するとき「コンフォートシングル」「スーペリアダブル」「ハリウッドツイン」などの名前がついた客室が出てくることがあります。

初めて見ると難しそうですが、ホテルの客室の名前は「ランクを表す言葉」と「ベッドのサイズと数」を組み合わせて表記されているのです。

ちなみに、ベッドの数やサイズを表す言葉は「シングル・セミダブル・ダブル・クイーン・キング・ツイン・トリプル・フォース」など。

客室のランクを表す言葉は「エコノミー・スタンダード・コンフォート・スーペリア・デラックス・エグゼクティブ・スイート」などになります。

ベッドサイズと台数の見分け方

ホテルアムステルダムのローラアシュレイツインルーム
【ホテルアムステルダムのツインルーム】

ここでは一般的なベッドサイズを紹介しますが、ベッドのサイズに明確な規定はなく、ホテルによってサイズが異ります。

たとえば、幅140センチのベッドが、Aホテルでは「シングルベッド」Bホテルでは「セミダブルベッド」Cホテルでは「ダウbルベッド」と表記されていることも。

ベッドの大きさは、旅行サイトやホテルの公式サイトで客室の詳細を見れば、よほどの格安ホテルでない限り、ベッドの幅が書いてあるはずです。

シングルルーム

シングルルームとは、シングルベッドが1台設置された客室のこと。

シングルルームのベッド幅は90センチから140センチ位までで、ホテルによってかなりの差があります。

たとえば、客室に幅140センチのベッドを設置して、1人で宿泊するときの名称は「シングルルーム」になり、2人で宿泊するときの名称は「ダブルルーム」になる、東横インのようなホテルもあります。

セミダブルルーム

セミダブルルームとは、セミダブルベッドが1台設置された客室のこと。

セミダブルルームは、シティホテルや高級ビジネスホテルで見かけることはまずありません。

宿泊料金が安いホテルで使われる事が多い名称です。

セミダブルルームのベッド幅は120センチ前後が多く、基本的に1人で宿泊するための部屋になりますが、2人でセミダブルベッドを利用する格安プランを設定しているホテルも多いです。

ダブルルーム

ダブルルームとは、ダブルベッドが1台設置された客室のこと。

ベッド幅は140センチから160センチ位になります。

ダブルルームは2人用の部屋になりますが、シングルユース(1人で宿泊)にすれば、広いベッドで気持ちよく眠ることができます。

クイーンルーム

クイーンルームとは、クイーンベッドが1台設置された客室のこと。

ベッド幅は160センチ位ですが、シティホテルや高級ビジネスホテルでは、幅160センチのベッドを設置した客室を「ダブルルーム」と表記することが多いです。

キングルーム

キングルームとは、キングが1台設置された客室のこと。

ベッド幅は180センチから200センチ位が多くなります。

キングベッドは、小さめのシングルベッドを2台並べたくらいの幅があり、2人で使用してもゆったりと眠ることができます。

ツインルーム

ツインルームとは、ベッドが2台設置された客室のこと。

ベッドのサイズは、シングルベッドが多いですが、ホテルによってはダブルベッドが2台設置されていることも。

トリプルルーム

トリプルルームとは、ベッドが3台設置された客室のこと。

2台のベッドが設置されたツインルームの空いている空間に、エキストラベッド(簡易ベッド)を1台設置して、トリプルルームとして使用する場合もあります。

フォースルーム

フォースルームとは、ベッドが4台設置された客室のこと。

フォースルームは、リゾートホテルや観光地周辺のホテルで見かけることが多い部屋です。

都市部のビジネスホテルやシティホテルでは、トリプルルームやフォースルームの客室数はとても少なくなります。

客室のランクとスーペリアルームの順位

ホテルラ・スイート神戸ハーバーランド
【ホテルラ・スイート神戸ハーバーランド】

客室のランクが一番上なのはスイートルームですが、その次にランクが上なのはどの客室なのか、分からなくなりませんか?

客室のランクは、スイートルームが一番上になり、たいてい以下のような順番になります。


【ホテルの客室ランク】

  • スイート
  • ジュニアスイート
  • エグゼクティブ(ラグジュアリー・クラブ)
  • デラックス
  • スーペリア
  • コンフォート
  • モデレート
  • スタンダード※
  • エコノミー

※スタンダードルームは標準の客室になるため、「シングルルーム」や「ツインルーム」のように、ベッド数のみで表記されることが多いです。


上は一般的な客室のグレードで、ホテルによっては順番が入れ替わったり名称が異なる場合もあるので、参考程度にご覧ください。

予約をするときに、それぞれの客室の違いが分からないときは、同じプランで料金が高いほどランクが高い部屋になります。

また、公式サイトなどで「標準宿泊料金」を見て、宿泊料金が高いほど上のランクの客室なのが分かるはず。

客室のランクの違いは、サービス内容・広さ・アメニティの種類など、ホテルによって内容が異なります。

アメニティやサービス、客室の広さなどを掲載しているホテルもあるので、自分に合う客室を探す判断材料にしましょう。

どうしても部屋のランクが分からないときは、同じ宿泊プランで料金が高いほど上質な部屋で、安いほどランクが下ということになるので、予算に合わせて部屋を選ぶのもオススメです。

【スポンサーリンク】

スーペリアルームとは?由来と意味を解説

ホテルザセレスティン東京芝のスーペリアダブルルーム
【ホテルザセレスティン東京芝】

スーペリアとは、英単語の形容詞「superior」に由来したホテル用語。

スーペリアの後ろに「シングル」「ダブル」「ツイン」「キング」など、ベッドの数やサイズを表す単語を組み合わせて使われています。

「superior」を日本語に訳すと、位置や階級が「上質な」や「高級な」「上位の」という意味合いに。

したがって、スーペリアルームとは、標準客室のスタンダードルームよりも「少し上のランク」の客室を意味しています。

たとえば、同じホテルでスーペリアルームとスタンダードルームの違いを調べると、スーペリアの方が「客室が広い」「インテリアが良い」「アメニティが充実している」など、スタンダードルームより上位であることが分かるはずです。

また、「スーペリア」は客室のランクだけではなく、ホテルのランクにも使われる事もあります。

スーペリアホテルとは、スタンダードホテルよりも少しだけ高級なホテルを意味していると思えば間違いありません。

そのほか、客室のランクに使われる事が多い「モデレート」や「デラックス」の意味は以下のようになります。

モデレート(moderate)ルームとは

モデレートは、(量・大きさ・程度・質などが)「適度の・中くらいの・並の」という意味。

モデレートルームは、スーペリアルームより下でスタンダードルームよりは上として使われることが多いです。

デラックス(deluxe)ルームとは

デラックスは、「豪華な・贅沢な」という意味。

デラックスルームは「豪華な部屋」になりますが、エグゼクティブ・クラブ(フロア)・ラグジュアリーなどの客室よりは下のランクになります。

コンフォート(comfort)ルームとは

コンフォートは、「慰安・慰め・気安さ・快適さ」という意味。

ホテルの客室ランクにコンフォートが使われるのは、「快適さ」という意味に由来しています。

歩きやすい靴を「コンフォートシューズ」と呼ぶように、コンフォートルームは標準のスタンダードルームよりも快適に過ごせる部屋となります。

ハリウッドツインルームの意味

あわじ浜離宮のハリウッドツインルーム
【あわじ浜離宮のハリウッドツインルーム】

ハリウッドツインルームとは、ベッド2台をピッタリとくっつけて並べた客室のこと。

ぱっと見ると大きなベッドが1台設置されているように見える、ベッド2台のツインルームになります。

なお、「ハリウッド」は客室のランクを示すものではありません。

ハリウッドツインルームは夫婦やカップルに最適な部屋で、「ベッドが離れているのは寂しいけれど、同じベッドだと熟睡できない」というときに最適。

また、ベッドをくっつけて配置するため、床スペースが広く使えるメリットもあります。

あわじ浜離宮 露天風呂付きハリウッドツイン客室の宿泊記|アメニティや間取りを紹介

客室の名前にアメリカの地名である「ハリウッド」が使われた由来は、諸説あります。

有名なのは、ハリウッド女優が「ベッドが1台だと狭いからくっつけて」と言ったことから、ベッドを2台くっつけたツインルームを「ハリウッドツインルーム」の名前で呼ぶようになったという説。

もうひとつは、ハリウッドスターの夫婦が何度も結婚したり離婚したりするように、ベッドを自由にくっつけたり離したりできるからという説。

本当の由来はどれなのか分かっていませんが、想像すると面白いですね。

【スポンサーリンク】

アクセシブルルームとは

アクセシブルルームとは、介助の必要な人が安心して泊まれる客室のこと。バリアフリールームと同じような意味になります。

例えば、「アクセシブルツインルーム」という客室なら、ベッドが2台設置(ツイン)された、要介助者でも安心して泊まれる(アクセシブル)部屋(ルーム)という意味。

アクセシブルルームは、「床に段差がない・バスルームに介助用の椅子がある・低めのベッドを配置・手すりの設置」など、さまざまな工夫がされています。

なお、ホテルごとにアクセシブルルームの設備は異なるため、介助が必要な人が泊まるときは、公式サイトなどで客室の詳細を確認するようにしましょう。

自分に最適な客室の選び方

神戸みなと温泉蓮のデラックスツインルーム
【神戸みなと温泉蓮のデラックスツイン】

ホテルに泊まるとき、自分に最適な客室を選ぶ方法は、まずは「予算を決める」ことです。

高級ホテルに一度は泊まってみたいからと言って、高級ホテルの一番下のランクの客室にギリギリの予算で泊まっても、必ずしも満足できるものではありません。

なぜなら、高級ホテルで一番下のスタンダードルームに泊まると、ルームランクによってサービスの違いを感じることがあるから。

上のランクに泊まっている客は、レストランで良い席に通される、チェックウインカウンターが異なる、最優先でサービスを受けられるなどのメリットがありますが、一番下のランクに泊まると優遇される客を横目に惨めさを感じるかもしれません。

ギリギリの予算で高級ホテルで一番安い部屋に泊まるなら、ランクを少し落としたホテルの高い部屋に泊まるのがオススメ。

そのホテルの高い部屋に泊まれば、充実したサービスを受けられて快適に過ごせるでしょう。

クラブフロアとは

クラブフロア(エグゼクティブフロア)を設置しているホテルがあります。

クラブフロアとは、専用カウンターでのチェックイン、クラブラウンジの無料利用、コンシェルジュサービス、アーリーチェックイン、レイトチェックアウトなどを受けられる特別フロアのこと。

ホテルによってサービス内容が異なりますが、クラブラウンジでは朝食・アフタヌーンティー・カクテルなどを楽しめる事が多いです。

ANAクラウンプラザホテル大阪プレミアムクラブフロアの宿泊記|アメニティと朝食、ラウンジサービスを徹底紹介

クラブフロアは一般のフロアよりも宿泊料金が高くなりますが、充実したサービスを無料で受けられるため、有料の朝食やサービスを追加するよりもお得な場合も。

スイートルームに泊まる予算がないけれど贅沢な気分を味わいたいときは、クラブフロアを選択肢に入れてはいかがでしょうか。

まとめ

ホテルの客室は、ランクによってアメニティの充実やサービスの内容が異なります。

また、ホテル自体のランクによって、客室の広さやサービスに大きな違いも。

当たり前ですが、安価なビジネスホテルの「スタンダードルーム」と高級ホテルの「スタンダードルーム」では、同じ名前でも客室の快適さは全く異なります。

ホテルを選ぶときは、まずは予算を決めて、高級なホテルに泊まれるのか、安いホテルじゃないと泊まれないのかを調べましょう。

上のクラスの部屋が予算内で泊まれるホテルを選べば、部屋選びの失敗は少なります。

慣れないうちは、あなたに合うホテルや客室はどれなのか見分けるのが大変ですが、何回かホテルを利用するうちに、あなたにとって最も快適な条件が分かるようになるはず。

予約をする前に、客室の広さ・ベッドのサイズ・アメニティなどの詳細を必ず確認してから、最適な部屋を探すようにしてくださいね。

【スポンサーリンク】