ファーム富田のラベンダー畑

ファーム富田のラベンダー畑は北海道富良野を代表する景勝地で、国内外から多くの観光客が訪れる人気の観光スポットです。

一面が紫になるラベンダー畑や丘に広がるボーダーの花畑は、北海道を代表する絶景ですが満開の時期に行かないと美しさが半減してしまうかもしれません。

そこで、このページでは、ファーム富田ラベンダー畑の現在の開花情報、2020年の見頃と満開になる期間、アクセスや営業時間、何回も見に行っている体験を踏まえて紹介します。

【スポンサーリンク】

開花時期が異なるラベンダー

ファーム富田のラベンダー
【ラベンダー「濃紫早咲」】

前項にも書きましたが、ファーム富田では品種の異なるラベンダーを植えています。

ファーム富田のラベンダーの品種は、6月下旬から開花する「濃紫早咲(のうしはやざき)」や、7月上旬に開花する「おかむらさき」「ようてい」、7月下旬に開花する「はなもいわ」「ラバンジン」など。

ラベンダー畑の多くの面積に植えられているのが「おかむらさき」「ようてい」の中咲き品種。

その年によって見頃の時期が10日ほどずれますが、平均的な開花スピードだと7月中旬から7月23日ごろに早咲き・中咲き・遅咲きの品種のラベンダーが咲き揃い、最も美しい花畑を見ることができます。

満開の時期に富良野のホテルを予約する方法

ファーム富田のラベンダー畑

富良野のホテルは数が少なく、海外からも多くの観光客が訪れるため、早い時期にホテルが満室になってしまいます。

人気があるフラノ寶亭留(フラノホテル)は、7月の予約は2月に受付が始まりますが、受付開始後数日で満室になってしまいました。

富良野周辺のホテルに泊まってラベンダー畑を見たい場合は、2~3月に予約を入れる必要があります。

2~3月に予約を入れる場合は、7月20~23日ごろにすれば、ラベンダーが満開の時期に当たる確率が高いですが、天候によっては見頃がずれるので「満開に当たればラッキー」位の気持ちで予約を入れましょう。

なお、7月に入ってからの予約でも、ホテル数が多い札幌周辺は空室が見つかりやすいです。

【スポンサーリンク】

富良野周辺でオススメのホテル

富良野周辺で一番オススメのホテルは、プライベートラベンダー畑がある「フラノ寶亭留(フラノホテル)」で、北海道の食材を使った料理と天然温泉に入ることができるオーベルジュです。

フラノ寶亭留(フラノホテル)の宿泊記-スイートルームのアメニティ・プライベートラベンダー畑・温泉大浴場を紹介

また、様々なサービスがあり子供のためのスペースや貸し出し品が充実した「ホテルナトゥールヴァルト富良野」は家族連れに人気のリゾートホテルで、狭い部屋から家族向けのファミリールームまで客室の種類も充実。

>>富良野周辺のホテル一覧と口コミはこちら

富良野周辺のホテルは数が少なく、7月の予約受付が始まる1~2月には、すでに満室になっていることも珍しくありません。

富良野のホテルを7月間近に予約をするのは、タイミング良くキャンセルが出ない限り、不可能と言っても過言ではないでしょう。

また、札幌に泊まって富良野に移動して観光し、再び札幌に戻ることもできますが、札幌から富良野までの所要時間は片道2~3時間かかります。

富良野や美瑛を観光する予定なら、札幌からの往復は現実的ではないため、富良野や美瑛のホテルを予約できなかった場合は、少々遠くなりますが、旭川周辺のホテルを予約するのがお薦めです。

>>旭川駅周辺のホテル一覧と口コミはこちら

5月~6月の富良野は花が咲いている?

北海道の春は遅く、5月上旬(ゴールデンウィーク)の富良野は、東京で3月~4月初旬頃に咲く花がやっと開花し始める時期になります。

また、GWの富良野は桜が満開になる時期に当たりますが、都会のようなソメイヨシノの桜並木や、桜が沢山植えられた公園があるわけではありません。

GWのファーム富田の花畑は、クロッカスやチューリップ、パンジーなどの花が「花人の畑」で咲いているのみ。

ラベンダー畑やボーダー花畑など、大部分の花畑には何も咲いていません。

ラベンダーは何年もかけて育っていく低木です。

ラベンダーの花が終わったあとに植え替えることはないため、ラベンダーが開花する6月末~7月以外は緑の葉だけのラベンダーが並んでいるだけになります。

8月~9月のファーム富田

ファーム富田の花畑
【9月まで楽しめる「花人の畑」】

ファーム富田の花畑は8~9月まで楽しめますが、ラベンダーは咲いていません。

ファーム富田のラベンダーは、香料を抽出したりドライフラワーなどの製品にするために育てられています。

6月下旬から7月下旬にかけて開花するラベンダーの花は、満開を過ぎた頃に刈り取られるため、刈り取りが終わった7月末以降のラベンダーは葉や幹だけが残っている状態に。

刈り取られたラベンダーに花が咲くのは、翌年の6月下旬から7月下旬になります。

なお、ファーム富田ではラベンダー以外の花も楽しめるよう、さまざまな種類の花が植えられています。

8月~9月にかけては、ラベンダーのように見えるアメジストセージ(紫サルビア)が一部のエリアに咲いているので、ラベンダー畑っぽい雰囲気を楽しめるかもしれません。

また、面積は狭いですが「花人の畑」や「秋の彩りの畑」は9月下旬まで花を楽しむことができます。

2020年の見頃と満開の期間

ラベンダーおかむらさき
【ラベンダー「おかむらさき」】

ファーム富田のラベンダーは複数の品種が植えられています。

早咲き・中咲き・遅咲きの順番に開花していくので、約4週間に渡ってラベンダーを楽しむことができます。

その年の気温や天気で開花が2週間前後しますが、例年通り開花が進むと7月20~7月27日ごろが中咲き品種のラベンダーが満開の時期になります。

2020年の夏は全国的に気温が高い予想となっているので、7月16日~7月23日ごろに満開になる可能性が高いです。

ただし、天気予報が外れると見頃が7月15日以前になったり、7月末になる可能性もあるため、参考程度にご覧ください。

※2020年は天気が良い日が多く7月8日には、早咲き品種が見頃になりました。7月20日以降は見頃の終わりに入る可能性があります。

2020年7月9日のラベンダー畑の開花状況

ファーム富田のラベンダー畑

  • 早咲き品種「濃紫早咲」:見頃(満開の手前)
  • 早咲き品種「ようてい」:見頃(咲いている花が増えている)
  • 中咲き品種「おかむらさき」:見頃直前(わずかに開花している)
  • 白いラベンダー:満開
  • 遅咲き品種「ラバンジン」など:ツボミの色が濃くなり始めた

このまま順調に開花が進めば、7月11~14日には早咲き品種と中咲き品種が咲き揃いそうです。

なお、北海道には梅雨がないと思っている人もいますが、「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」があります。

北海道では7月は雨や低温が続くことが多く、6月下旬から7月初旬は順調に開花が進んでも、7月上旬から中旬の「蝦夷梅雨」による低温と長雨で、ラベンダーの見頃予想が大幅に遅れる可能性も。

2020年は晴天が多く7月10日には早咲き・中咲き品種が見頃に入りそうです。

ファーム富田周辺でお薦めのランチ

とみたメロンハウス
【とみたメロンハウスのカットメロン】

ファーム富田には、ラベンダーソフトクリームやメロンスイーツを販売する売店のほか、カフェテラスがありますが席数は多くありません。

そこでお薦めしたいランチが、ファーム富田の横で営業している「とみたメロンハウス」のレストランやカットメロンなどになります。

とみたメロンハウスでは、ハンバーガーやカレーなどを食べられるレストランやテイクアウトのピザを販売するショップ、メロンパンやメロンスイーツショップ、メロン直売所のカットメロンや、茹でたトウモロコシを販売する露店などが並びます。

私のお薦めは、最高に甘いカットメロンと茹でたトウモロコシ。

とみたメロンハウスのトウモロコシ

画像では黄色っぽく写っていますが、実際は黄色っぽさがほどんどない「白いトウモロコシ」です。

朝採りの新鮮なトウモロコシが果物のように甘く、1本食べただけでお腹いっぱいになりました。

ファーム富田とは関係がない店なので、とみたメロンハウスの食べ物を花畑に持ち込むことができないので、花畑を見たあとに休憩しながらランチを食べてはいかがでしょうか。

ファーム富田のラベンダーソフト

おやつにお薦めなのが、ファーム富田の売店で購入できるラベンダーソフト。

淡いラベンダー色をしたソフトクリームを食べると、口の中にラベンダーの爽やかな香りが広がります。

甘さは控えめでさっぱりと食べられる、ファーム富田で絶対に食べたいオリジナルスイーツです。

人が少ない時間帯

ファーム富田のラベンダー畑

ファーム富田がある富良野は、札幌から車で約2.5時間、旭川からは約1時間という立地になります。

富良野にはホテルが少ないため、観光客の多くは札幌や旭川に宿泊をして富良野は日帰り観光をするため、朝10時前は比較的空いている時間帯になります。

近年はインバウンドが多く訪れるため、朝でも人が多くなりましたが、週末のお昼頃になると周辺道路は大渋滞。

お昼過ぎにはラベンダー畑は人だらけになるので、できるだけ早い時間に見に行くのがオススメです。

バスツアーのメリットとデメリット

札幌駅発着のクラブツーリズムのバスツアーに参加して、初めてファーム富田に行きました。

参加したバスツアーは、富良野の「ファーム富田」と「ふらのワイン」、美瑛の「四季彩の丘」を巡るコースで座ったまま目的地まで行けるのが楽でした。

バスツアーのメリットは、人気の観光地を効率よく巡れる点と、座っているだけで目的地まで行ける点です。

バスツアーのデメリットは、早朝にファーム富田に行くことができないため混雑していた点と、観光時間が限られている点です。

クラブツーリズムはツアーのコースが豊富で、「ファーム富田」と人気の北海道ガーデン「上野ファーム」を巡るツアーもあるので、花好きな方はバスツアーも検討してはいかがでしょうか。

>>クラブツーリズム「花畑巡り」バスツアーの検索はこちらから

※ファーム富田や上野ファームを巡るバスツアーは、「出発地」を選んだ後に検索窓に「ファーム富田」「上野ファーム」と入力すると該当ツアーが出てきます。

バスツアーでファーム富田に行った翌年は、旭川と美瑛に泊まって、JRの割引往復チケットで3日間観光。

旭川は札幌より富良野に近いですが、片道1時間ほどかかるので富良野や美瑛を電車で観光するには少し不便で、電車の本数が少ないのが難点です。

その翌日は、富良野駅でレンタカーを借りて、富良野のホテルに2泊して富良野観光をしました。

富良野に滞在するとホテル料金が高額になる反面、ラベンダー畑までアクセスが良いメリットがあります。

7月の富良野のホテル料金は高騰する上に予約が取りにくいので、札幌駅に宿泊して効率良くラベンダー畑を観光したい場合は、札幌駅発着のバスツアーがオススメです。

ラベンダー畑の営業時間

ファーム富田の花畑

ファーム富田のラベンダー畑に営業時間はありません。

極端な話、深夜でも夜明けごろでも花畑を見ることができます。

ただし、カフェやレストラン、売店には営業時間があるので、グルメやショッピングを楽しみたい場合は、公式サイトの営業時間を確認して下さいね。

入園料金・駐車料金・アクセスの詳細

ファーム富田の花畑
【ファーム富田「花人の畑」】
  • 住所:北海道空知郡中富良野町基線北15号
  • 最寄駅:
    ・ラベンダー畑から徒歩7分(7~8月のノロッコ号など一部の列車のみ停車)
    ・中富良野駅より徒歩約25分
    ・中富良野駅からタクシーで約5分
    ・富良野駅か旭川駅からバス(快速ラベンダー号)に乗車「中富良野バス停」下車 徒歩約25分
    ・富良野駅からタクシーで約15分
  • 駐車場:あり
  • 駐車料金:無料
  • 入園料金:無料
  • 営業事案:
    ・花畑はいつでも鑑賞可能
    ・レストランと売店: 8:30~16:30ごろ(7~8月の営業時間)

富良野や美瑛をJRノロッコ号で観光|コインロッカーの場所や駅からのアクセスと注意点をレポ

※このページの内容は訪問時、および執筆時のものになります。現在は状況が異なっている可能性があります。