ファーム富田のラベンダーの見ごろはいつ?
【ファーム富田・2017年7月19日】

2017年7月17日から20日にかけて、富良野のラベンダーをまわりました。

7月19日は天気に恵まれ、ラベンダーが最高の見頃に。

この投稿では、ファーム富田の開花情報・電車で行く方法・コインロッカー・服装など観光の注意など、実際に行って分かったことを紹介します。

[スポンサーリンク]

フリー切符は富良野・ラベンダー畑・美馬牛・美瑛駅などの区間で乗り放題

ノロッコ号にも乗れる富良野・美瑛フリー切符
【ノロッコ号にも乗れる富良野・美瑛フリー切符】

毎年人気の「富良野・美瑛フリー切符」が、2017年もJR北海道から発売されています。

今回は1人旅でレンタカーを借りていないので、フリー切符を使って富良野観光をしました。

富良野・美瑛フリー切符は、有効期間が4日間で6,500円。

JR札幌駅から旭川・滝川駅までのライラック号やラベンダーエクスプレスなどの特急電車自由席を、往復1回ずつ利用することができます。

さらに、フリーエリア内は有効期間中であれば何回でも乗り降り可能。

美瑛駅・美馬牛駅・上富良野駅・ラベンダー畑駅・中富良野駅・富良野駅・幾寅駅はすべてフリーエリアに入っているので、主な観光スポットを回ることができます。

JR特急ライラック号に乗って富良野に行きました

今回は旭川で3泊して、富良野・美瑛フリー切符の有効期間をフル活用する予定。

まずは、札幌から特急ライラック号に乗って、旭川駅に移動しました。

ラベンダー畑観光は山の斜面をひたすら歩くため、旭川駅でいったん改札を出て予約しておいたホテルへ行って荷物を預けることに。

富良野・美瑛ノロッコ電車に乗ってラベンダーを見に行った人のブログ
【富良野・美瑛ノロッコ電車】

ホテルに荷物を預けてから、観光列車ノロッコ号に乗ってラベンダー畑へ向かいました。

フリー切符でノロッコ号の自由席にも乗ることができますが、ラベンダーが満開の時期はとにかく込み合います。

旭川駅10時発のノロッコ号は、電車に乗り込める9時30分には長い列ができていることもあるため、早めにホームに行くようにしましょう。

富良野・美瑛ノロッコ号の乗車証明書
【富良野・美瑛ノロッコ号の乗車証明書】

富良野・美瑛ノロッコ号は、丘の風景や山の斜面にあるラベンダー畑を見ながら、のんびりと移動することができます。

また、ノロッコ号に乗ると「乗車証明書」がもらえるので、旅行の思い出にもなりますね♪

JR富良野線のラベンダー畑

「ラベンダー畑駅」で降りれば、ファーム富田までは歩いて約6分で到着です。

ここで注意したいのは、ラベンダー畑駅は臨時駅となっているため、ノロッコ号しか停車しません。

7月の連休のみ一部の普通電車が止まりますが、JR富良野線の普通電車はラベンダー畑駅を通過します。

ノロッコ号に乗れないときは中富良野駅で降りるようにしましょう。

ラベンダー畑駅にコインロッカーはある?

ファーム富田の最寄り駅はラベンダー畑駅ですが、観光シーズンのみ一部の列車が通過する臨時駅です。

ラベンダー畑駅は臨時駅なので、ホームがあるだけで駅舎もコインロッカーもありません

ラベンダー畑駅のコインロッカーに荷物を預けようと思っている方は、絶対に無理なので富良野駅・中富良野駅・美瑛駅・旭川駅などのコインロッカーが荷物預かり所で荷物を預けるようにしましょう。

中富良野駅からファーム富田へのアクセス

中富良野駅の駅舎

中富良野駅からファーム富田までは、歩くと約25分かかります。

ラベンダーシーズンの7月1日から7月31日までは、中富良野駅からファーム富田・中富良野町営ラベンダー畑を往復する乗り合いタクシーを運行。

1人200円でタクシーに乗れるので、歩きたくないときはとても便利です。

中富良野駅の観光マップ

乗り合いタクシーの乗り場は、中富良野駅舎を出ると左前に見える「中富良野マップ」の左側にあります。

中富良野駅からファーム富田へ行ける乗り合いタクシー乗り場

乗り合いタクシーは20分間隔で運行しているので、タクシーがいない時は乗り場で待つようにしましょう。

中富良野駅にコインロッカーはある?

中富良野駅のコインロッカー
【中富良野駅のコインロッカー】

前に利用したときは中富良野駅にコインロッカーはありませんでしたが、2017年7月に利用したらコインロッカーが設置されていました。

ところが、JR北海道公式サイトのコインロッカー情報を見ると、中富良野駅には設置なしという情報が(2017年7月19日現在)。

ところが、実際に駅に行ってみるとコインロッカーを発見。

ロッカーの扉に傷がなく、とても新しい感じなので、駅に設置されたばかりみたいです。

中富良野駅のコインロッカー

ここで注意したいのが、コインロッカーの数。

中富良野駅のコインロッカーは、大サイズが10個・中サイズが6個の合計16個しかありません。

ラベンダー観光のピークとなるお昼頃に行くと、ロッカーの空きがない可能性が高いと思います。

なお、手荷物一時預りを内藤商店で行っていると書いてある貼り紙がありました

内藤商店の前に行って確認をしたら、料金は1個200円。

荷物預かり時間は8時から17時30分となっているので、コインロッカーを利用するより安く荷物を預けられます。

美瑛駅のコインロッカー

美瑛駅のコインロッカー
【美瑛駅のコインロッカー】

丘の町として人気の美瑛駅からファーム富田に行く場合は、美瑛駅のコインロッカーや荷物預かり所を利用すると便利。

美瑛駅のコインロッカー
【美瑛駅のコインロッカー】

美瑛駅の駅舎には、小6個・中3個・大6個のコインロッカーが、待合室に設置されています。

駅のコインロッカーの利用時間は9時から17時となっていましたが、18時過ぎに駅を通ったら待合室が開いていてコインロッカーが出利用できる状態でした。

夏の観光シーズンの間は、利用時間が長いのかもしれません。

 美瑛のコインロッカー
【美瑛駅の観光案内所内のコインロッカー】

また、駅前の観光案内所「四季の情報館」にもコインロッカーがあります。

 美瑛のコインロッカー
【美瑛駅の観光案内所内のコインロッカー】

夏の観光シーズンとなる6月から9月は、8時30分から19時まで。

ロッカーは、大・中・小の3種類が設置されています。

 美瑛のコインロッカー
【美瑛駅の観光案内所内のコインロッカー】

なお、ロッカーに入らない大きな荷物や、ロッカーがいっぱいのときは、1個500円で預かってもらうことも可能。

ところが、私がオススメしたいのは、観光案内所「四季の情報館」の向かって左隣にある「松浦商店」です。

レンタサイクルやお土産を販売している松浦商店は駅からとても近く、荷物は1個150円で預かってもらえました。

(レンタサイクルを利用すると無料で預かってもらえます。)

松浦商店のご主人やおじいちゃんがとても感じが良くて、荷物預かり料が安いので、美瑛駅で荷物を預ける時は利用してはいかがでしょうか。

コインロッカーのまとめ

ファーム富田にコインロッカーはないため、中富良野駅や美瑛駅のコインロッカーか手荷物一時預かり所を利用。

もしくは、旭川駅など乗り換え駅のコインロッカーを利用するようにしましょう。

7月の富良野観光はどんな服装がいい?

ファーム富田のラベンダー畑

出発前にニュースを見ていたら、札幌や旭川で34度を超える猛暑となり、沖縄よりも暑いと報じていました。

ところが、7月17日は曇天で朝は14度。日中でも20度までいかない涼しいを通り越して、「寒い」と感じる天気に。

電車の中では、ノースリーブのワンピースやミニスカートにヒールという若い女性もいましたが、みんなとても寒そう。

どうしても夏らしい服装で行きたいときは、必ずカーデガンなどの長袖の羽織れるものを持っていくようにしましょう。

ところが、7月17日は震えるほど寒かったのに、晴天の7月19日は28度という暑さで歩くと汗が出てきます。

本当に、北海道の寒暖差ってすごいなと思いました。

ファーム富田の花人の畑は9月初旬まで楽しめます
【ファーム富田の花人の畑】

また、ラベンダー畑は舗装されていない山の中を歩いて上ります。急斜面の場所もあるため、歩きやすい靴は必須です。

大きな荷物を持って行ったり、高いヒールをはいていると歩くだけで疲れてしまうため、動きやすく温度調節できる服装で行くようにしましょう。

ファーム富田のラベンダー畑

2017年から新しいラベンダー畑を公開

2017年はファーム富田のラベンダー畑が増えて、さらに美しい風景を楽しめるようになりました。

新しいラベンダー畑と花畑は山の上にあるため登っていくのは大変ですが、下の花畑よりも空いています。

ファーム富田の彩りの畑

また、花畑の数が多く面積も広いため、すべてのラベンダー畑と花畑を見たいなら、最低でも1時間30分の時間を取るようにしましょう。

【動画】ファーム富田のラベンダー畑

ランチを食べたり、じっくりと写真撮影をしたいときは、2~3時間は必要になります。

ラベンダー畑観光は、時間にゆとりを持たせてスケジュールを組んでくださいね。

ランチを食べる場所はある?

ファーム富田のカフェレストラン・花人の舎

ファーム富田の正面玄関前には、カレーやパンを食べることができるカフェがあります。

花人の畑の横に建つカフェ「花人の舎(いえ)」の花壇「花人ガーデン」側の席は、ラベンダーや美しい花を見ながら食事ができる特等席。

ファーム富田のカフェでランチを食べた感想

この時は曇っていて肌寒かったので、コーンスープ・ファーム富田産ラベンダーハチミツを使ったクロワッサン・サクサクじゃがいもコロッケを注文しました。

しっかりとした食事をしたいときは物足りないかもしれませんが、軽く食べたいときにはピッタリのカフェです。

ファーム富田ととみたメロンハウスは仲が悪い?

隣の「とみたメロンハウス」敷地には、ハンバーガーやカレー、パン、ケーキなどを食べることができるレストランもありますが、ファーム富田とは経営が別なので、ファーム富田内には持ち込まないようにしましょう。

必ず食べたいラベンダーソフトクリーム

富良野名物のラベンダーソフトクリーム

ファーム富田に来たら、必ず食べたいのがラベンダーソフトクリーム。

さわやかで甘いラベンダーの香りがソフトクリームの甘ったるさを消して、さっぱりと食べることができます。

ファーム富田のソフトクリームとプリンとシュークリーム

ソフトクリームの他に、ラベンダーカルピス・シュークリーム・アイスキャンディーなどもありますが、やっぱり一番人気はソフトクリーム。

富良野に行ったら、ぜひチャレンジしてくださいね。

ラベンダーは今が最高の状態!観光はお早目に

ファーム富田のラベンダー畑にJRのノロッコ号に乗って行ってきました

ファーム富田には、7月17日・19日に行ってきました。

7月19日には早咲き品種の「濃紫早咲」が見ごろのピークを過ぎ、作付面積がいちばん広い「おかむらさき」が満開で見頃のピークとなっていました。

この後は、枯れる花が多くなってくるため、ラベンダー畑に行きたい方は、できるだけ早めに行くことをおススメします。

ファーム富田の彩りの畑は8月まで楽しめます

なお、撮影スポットとなっている彩りの畑(上の画像)は、ラベンダー以外の花はこれからがピークになります。

毎年、7月下旬から9月初旬くらいまでならカラフルな花畑を楽しむことができるので、ラベンダーの見頃を過ぎても諦めずに観光してくださいね。

まとめ・行ってみて分かったJRのメリットとデメリット

ファーム富田の彩りの畑

富良野観光は、富良野のホテルに泊まってレンタカーで移動するのが一番自由がききます。

ところが、富良野・美瑛のホテルは数が少なく、7月中旬は宿泊料金もとても高くなるため旅行費用がうなぎ上りに。

また、レンタカーを利用すると、週末と連休は周辺道路の渋滞という問題も。

JRなら確実に移動できるし、フリー切符を使うと交通費がとても安くなるのが魅力です。

ただし、JR富良野線は1時間に1本程度と本数が少なく、駅からラベンダー畑までは距離があるというデメリットも。

電車で移動する観光は、歩くのが基本となってしまいますが、歩くのが苦手な人や疲れているときは、乗り合いタクシーなどを利用すれば、ゆっくりと観光できると思いました。

直前に決めた旅行で、富良野や美瑛のホテルとレンタカーの空きがないときは、JRを利用してホテルの空室がある旭川に泊まるのが良いと思います。

好きなように歩かずに移動したいときは、早めに富良野や美瑛のホテルを予約して、富良野駅のレンタカーを予約するのがベストだと言えるでしょう。

免許がないけれど自由に観光したいときは、割高になりますが、貸し切りの観光タクシーがオススメです。

今回利用した「富良野・美瑛フリー切符」の詳細は、JR北海道の公式サイトを確認してくださいね。