ホテルケーニヒスクローネのスーペリアツインルーム

ホテルケーニヒスクローネ神戸に宿泊しました。

ホテルケーニヒスクローネ神戸は、神戸の人気スイーツショップが手がける、ケーキやパンも食べられる朝食ビュッフェで人気のホテルです。

このページでは、くまポチ君だらけの客室とアメニティについて紹介します。

なお、朝食ビュッフェとウエルカムスイーツを食べた感想は前の投稿を覧ください。


神戸旧居留地らしいインテリア

ホテルケーニヒスクローネ

ホテルケーニヒスクローネ神戸は、ネオルネサンスをベースに、スパニッシュコロニアルを効かせたインテリアにこだわったホテルです。

アサインされた部屋は、8Fのスーペリアツインルーム。

広々とした空間が心地良く、神戸異人館や旧居留地の雰囲気が好きな方なら「いかにも神戸のホテルっぽい」と感じる客室です。

ホテルケーニヒスクローネ

部屋の中に入ると、思っていた以上に広いです。

右側に大きめのデスクがあり、デスクの上には、コーヒーメーカー・電気ケトル・マグカップなどのドリンクセットが置いてあります。

ワインレッドのビロードが上品な椅子と、ゆったりとしたデスク、ゴールドで縁取られたクラシックな鏡がヨーロピアンな印象。

ホテルケーニヒスクローネ

上の画像は、テーブルがある位置からベッドの方向を撮影したもの。

ヨーロピアンなインテリアの中に、くまポチ君がいっぱい隠れています。

2脚置いてある濃紺のチェアは、男性が座ってもゆとりの大きさ。

夫は「王様の椅子だね!」と、かなり気に入った様子で座っていました。

ホテルケーニヒスクローネ

ベッドは、150cm幅のダブルベッドと120cmのセミダブルベッドが1台ずつ並んでいます。。

枕元に置かれた、くまポチ君クッションがカワイイ。

ベッドの前には、壁に取り付けられた液晶テレビがあり、寝てテレビを見ることができました。

ホテルケーニヒスクローネの間取り図
【ホテルケーニヒスクローネ スーペリアツインルームの間取り図】

写真だけでは部屋の間取りが伝わらないと思い、間取り図を作ってみました。

縮尺は適当になので、参考程度にご覧ください。

なお、客室の面積やインテリアの配置は、部屋ごとに異なります。

客室のアメニティ

ホテルケーニヒスクローネ

部屋に入ると、廊下の右側の壁に取り付けたハンガーラックやスリッパが。

廊下の左側にはバスルームとトイレがあります。

ハンガーラックには、ハンガー5本と消臭スプレーが。

ハンガーをよく見ると、くまポチ君がデザインされていて、細かい部分までこだわっているのを感じました。

ホテルケーニヒスクローネのアメニティ

室内用スリッパは使い捨てではなく、クリーニングされて繰り返し使うタイプ。

ゴミを減らすよう工夫されていて、環境に配慮しているのが分かります。


セパレートのお風呂とトイレ

ホテルケーニヒスクローネのトイレ

独立したトイレは、広々とした空間で圧迫感がありません。

オシャレな洗面台もついています。

ホテルケーニヒスクローネ

バスルームは全体がホワイトカラーで統一されていて、洗面台の前には幅2m位ある大きな鏡が。

とても広々とした印象のバスルームです。

ホテルケーニヒスクローネのバスルーム

バスルームは綺麗に掃除されていて、カビ臭い感じも一切なくとても清潔です。

これだけ広さがあるのだから洗面所と分けて、洗い場つきの独立したお風呂だったら、さらに使いやすいと思いました。

バスルームのアメニティグッズ

ホテルケーニヒスクローネ神戸のアメニティ

バスルームにはアメニティ各種が揃っています。

置いてあったのは、ヘアブラシ・カミソリ・ヘアゴム・シャワーキャップ・コットン&綿棒のレディースセット・歯磨きセットが各2個。

ガラス製のグラスの下には、さり気なく敷いてある「くまポチ君」の形をしたコースターが。

バスタブの淵には、シャンプー・コンディショナー・ボディソープが置いてあります。

洗面台には、フェイス&ハンドウォッシュが。

なお、女性用・男性用ともに、基礎化粧品は置いてありませんでした。

宿泊するときは、普段使っている化粧品を持っていくか、ドラッグストアなどで事前に用意しておいてくださいね。

オリジナルグッズのプレゼントと無料ドリンク

ホテルケーニヒスクローネ神戸のアメニティ

泊まった日は、ホテルオリジナルグッズプレゼント期間中で、チェックインの際に、プレゼントのオリジナルグッズを選ぶことができました。

私たちは、ミニバッグとポーチを選択。

また、部屋で飲むドリンクを、コーヒー・日本茶・ハーブティーなどから選べたので、コーヒーをいただきました。

ホテルケーニヒスクローネ神戸のアメニティ

フロントでいただいたコーヒーカプセルは、UCCのコーヒーマシン「ドリップポッド」用。

部屋のコーヒーマシンにカセットをセットすると、美味しいコーヒーを淹れることができます。

ドリップポッドの横にも、くまポチ君のステッカーが貼ってあり、細部までこだわっているのを感じました。

ホテルケーニヒスクローネ神戸のアメニティ

テーブルの上には、ミネラルウォーターと日本茶のティーバッグが。

ティーバッグの横には、くまポチ君がデザインされたマグカップが2個。

マグカップのデザインが可愛くて、見ているだけで癒やされます。

ケーニヒスクローネ神戸の楽しみ方

ホテルケーニヒスクローネ神戸のアメニティ

ホテルケーニヒスクローネ神戸は、あちこちにくまポチ君が隠れて(?)います。

まずは、ナイトウェア(ワンピースのガウンタイプ)と、ベッドスローに刺繍された、くまポチ君を発見。

こんな可愛らしいベッドスローだと、テンションアップしますね。

ホテルケーニヒスクローネ神戸のアメニティ

画像では分かりにくいですが、布団カバーにも「くまポチ君」の模様が織り込まれています。

細かいところまで、すごくこだわっていると思いました。

ホテルケーニヒスクローネ神戸のアメニティ

もちろん、バスルームのバスタオルやフェイスタオルにも、くまポチ君が織り込まれています。

ホテルケーニヒスクローネ神戸のアメニティ

トイレの洗面台に置かれたティッシュカバーには「クマッハチ君」が。

クマッハチ君がめちゃくちゃ可愛くて、ツボにはまってしまいました。


じゃらんや楽天トラベルで予約できる?

ホテルケーニヒスクローネ神戸は、じゃらんや楽天トラベルでは予約することができません

宿泊予約ができには、るるぶトラベルか公式サイトになります。

私は、楽天トラベルを利用することが多いのですが、ホテルケーニヒスクローネは取り扱っていません。

>>ホテルケーニヒスクローネの予約と、客室・朝食バイキングの詳細はこちらから

今回は、ポイントが貯まって割引クーポンもあった、るるぶトラベルで予約しました。

ランチは行列必至!ホテルケーニヒスクローネ神戸に宿泊した感想【朝食&スイーツ編】

長くなったので、朝食ビュッフェを食べた感想は、次のページで紹介しています。

ホテルケーニヒスクローネは全室禁煙

ホテルケーニヒスクローネ神戸のアメニティ

ホテルケーニヒスクローネは全室禁煙ですが、どの部屋にもバルコニーがついていて、バルコニーで喫煙できます。

チェックインの際に、タバコを吸うかを聞かれます。

「吸います」と答えると、可愛らしい吸殻入れの缶を渡してもらえました。

全室禁煙と聞いてがっかりしていた夫は、タバコが吸えることが分かってニンマリ。

また、吸殻入れの缶や、ホテルのくまポチ君グッズは、フロントの横で販売しています。

私はチェックアウトの際に、吸い殻入れと同じ缶を購入しちゃいました。

くまポチ君グッズはどれも可愛くて、お土産にしたら喜ばれそうです。

 

ホテルケーニヒスクローネの詳細

  • 住所:神戸市中央区三宮町2-3-10
  • 電話:078-321-5512
  • アクセス:各線三宮・元町から徒歩約5分
  • 駐車場:提携駐車場あり(三宮中央通り駐車場)
  • チェックイン: 15:00~
    チェックアウト: 11:30
  • 自動販売機:あり
  • コインランドリー:なし
  • 電子レンジ:なし
  • 大浴場:なし
  • 客室
    セミダブル 38室
    ・広さ 約30.7平米~
    ・ベッドサイズ:140cm
    ツイン 32室
    ・広さ 約15.8平米~
    ・ベッドサイズ:120cm・140cm各1台
    スーペリアツイン 12室
    ・広さ 約30.7平米~
    ・ベッドサイズ:120cm・150cm各1台
    デラックスツイン 10室
    ・広さ 約36.5平米~
    ・ベッドサイズ:150cm×2台
    トリプル 2室
    ・広さ 約36.5平米~
    ・ベッドサイズ:120cm×3台

※記事の内容は掲載時の情報です。現在は変更になっている場合もあるので、予約をする際は公式サイトなどで詳細をご確認ください。