富良野ホテルのディナーコース

富良野で人気のホテル「フラノ寶亭留。」に朝夕2食付きプランで宿泊しました。

美味しいフレンチが食べられると、クチコミで人気のオーベルジュ フラノ寶亭留。

このページでは、フラノフレンチのディナーコースと朝食を食べた感想を紹介します。

なお、フラノ寶亭留の客室やスイートルームの間取、アメニティについては前のページで紹介しています。

[スポンサーリンク]

蝦夷アワビと道産黒毛和牛のフレンチディナーコース

フラノ寶亭留のディナーコースを食べた感想
【自家製ジンジャーエール】

予約をした宿泊プランは、「フラノフレンチフルコース★夕食15,000円プラン 特選和牛と蝦夷鮑を堪能!」。

特選和牛と蝦夷アワビを楽しめる豪華なディナーコースと、朝食がついたプランになります。

子供の頃は外食をほとんどしたことがなく、フレンチのディナーコースは、どちらかというと苦手。

一緒に泊まった夫や母も、フレンチはあまり得意ではありません。

ですが、楽天トラベル・るるぶトラベル・トリップアドバイザーなどのクチコミを見ていると、料理の評価がとても良かったので、フレンチディナーコース付きのプランで予約をしました。

以下は、宿泊した日のディナーコースのメニューです。


Amuse-Bouche
お食事の前のお楽しみ・・・

Gravelax de saumon
サーモングラブラックス・アボカド・桜の発酵乳

Noix de Saint-jacques juste cuit,legume de saison.ecume d ail
野付産帆立貝・時季の山野菜

Ormeaux radis a la poele
蝦夷アワビの一品

flan de sesame noir a la truffe noire
豆乳・黒胡麻・バニラ味噌・黒トリュフ

flan de sesame noir a la truffe noire
道産黒毛和牛フィレ肉・富良野産玉葱・根菜・黒大蒜

Mangue
浦臼町神内マンゴー・ココナッツ・ライムのクリスプ

Cafe et mignardises
食後のお飲み物とお菓子


最初の料理は「食前のお楽しみ・・・」。

フラノ寶亭留のディナーコースを食べた感想
【食前のお楽しみはピクルスとキュウリのジュレ】

小さなガラスの器に盛りつけられた、自家製ピクルスとキュウリのジュレがかかった前菜です。

どちらも野菜の美味しさが引き立つ味付けで、程よい酸っぱさの自家製ピクルスは「お代わりください」と言いたくなる美味しさ。

赤・黄色・緑のコントラストも美しく、見ているだけで食欲をそそります。

フラノ寶亭留のディナー付きプランの滞在記
【サーモングラブラックス・アボカド・桜の発酵乳】

2品目は「サーモングラブラックス・アボカド・桜の発酵乳」。

桜の発酵乳って何だろう?

不思議に思っていたら、白いソースに使われているそうです。

雅美はアボカドの食感が、あまり得意ではありません。

う~ん・・・と思っていたら、下に敷かれているソースにアボカドが使われていて、ソースがとても美味しい!

酸味がある発酵乳のソースをつけて、サーモンと一緒にパクッ。

酸味があるソースがサーモンの魚臭さを消して、初めて味わう美味しさです。

富良野ホテルでディナーを食べた感想
【野付産帆立貝・時季の山野菜】

苦手な食材を使っていても、おいしく食べる事ができるのは、流石としか言いようがありません。
3品目は「野付産帆立貝・時季の山野菜」。

甘みと旨味が強いホタテの美味しさを、最大限に引き出した味付けになっています。

上に乗っているパリパリの食材は、ホタテの旨味を凝縮したソースを焼いたもの。

下のホタテと一緒に食べると、さらに旨味が倍増。

フラノ寶亭留のディナーコース付き宿泊プランの口コミ
【野付産帆立貝・時季の山野菜】

野菜は、アスパラガス・ヤングコーン・ズッキーニなどが使われています。

夫はアスパラガスが苦手ですが、料理に入っていたアスパラは「すごく旨い」とご満悦の様子。

「普段食べている野菜が、いかに美味しくないか分かった。」

夫が話していたのが印象に残りました。

フラノ寶亭留のフレンチディナーコース
【蝦夷アワビ】

メイン料理の1皿目は『蝦夷アワビの一品』。

こちら料理にも、自家菜園で栽培された野菜がふんだんに使われ、美味しいアスパラも下に敷かれていました。

アワビはとても柔らかく、ソースの味が更に旨味を引き立てています。

エディブルフラワーが飾られ、美味しいだけではなく見た目も美しい一品です。

本当にキレイで美味しそうなのに、写真の腕が伴いません。涙

雅美は、グルーンアスパラが大好き。

夫が苦手なアスパラをもらおうと思っていたのに、こちらも「美味しい」と言いながら食べていました。う~んザンネン。

フラノ寶亭留のディナー付きプランの滞在記
【オマール海老と時季の山野菜】

母は貝類全般が苦手だと事前に伝えておいたところ、母にはオマール海老の料理を用意して下さいました。

エビも野菜も美味しいと、苦手な食材が多い母が大絶賛。

ホタテの料理は、サワラのソテーに変更した料理になっていて、そちらも美味しそうに食べてました。

富良野ホテルの夕食の口コミ
【豆乳・黒胡麻・バニラ味噌・黒トリュフ】

次に出る和牛の前の箸休め的なお料理。

豆乳と黒ゴマのムースのような料理の上に、バニラ味噌のアイスクリーム、黒トリュフのソースがかかっています。

フラノ寶亭留でフレンチディナーコースを食べてきました
【道産黒毛和牛フィレ肉・富良野産玉葱・根菜・黒大蒜】

使われている道産黒毛和牛は臭みが全くなく、今まで食べたステーキの中で一番柔らかいと感じたほど。

なんとも言えない柔らかさの中に、しっかりとした肉の旨味があります。

中が赤いですが生臭い感じはゼロ。

レアの焼き加減のステーキは、普段は全く箸をつけない夫が、このステーキはあっという間に完食。

残したらもらおうと思っていたのに「おかわりしたい」というほど気に入っていました。

フラノ寶亭留のディナーコースを食べた人のブログ
【美瑛豚のハンバーグ】

美瑛豚のハンバーグは、肉の塊が苦手で切り身すら食べない母のために作って下さったもの。

切り身はダメなのに、何故かハンバーグや餃子などは大丈夫という母。

ハンバーグはとても美味しかったそうです。

レストランの皆様、たくさんワガママを言ってご迷惑をおかけして申し訳ありません。心の中で謝りました。

フラノ寶亭留の夕食のメニューは何がある?
【浦臼町神内マンゴー・ココナッツ・ライムのクリスプ】

北海道の浦臼町で栽培されたマンゴーを使ったデザート。

南国のフルーツというイメージのマンゴーが、北海道で栽培されている事に驚きました。

北海道産のマンゴーは、沖縄や宮崎産のマンゴーと比べても遜色ない甘さです。

ココナッツの風味とライムの酸味・爽やかさが、マンゴーの濃厚な味を引き立てていました。

フラノ寶亭留のディナーの画像
【食後のお飲み物とお菓子】

食後のデザートは、木の実を使ったタルトとチョコレート。

四角いチョコレートの器に、パッションフルーツとフランボワーズが入っています。

フルーツの酸味とチョコレートの甘さの相性が良く、上品な味のタルトも美味しくいただけました。


嫌いな食べ物が多い、夫と母を連れてのフレンチディナー。

2人が残したものを私が食べる事になるかも・・・と心配しながら食事を始めました。

ところが、素材が良いため、2人ともお料理をほとんど完食。

苦手な食材も、美味しく食べることができたようです。

自家農園で栽培された野菜はどれも美味しくて、普段食べている野菜との味の違いをはっきりと感じる事ができました。

「フラノ寶亭留の野菜とステーキが食べたい。」

北海道から帰ってからも夫が何回も言っているので、また宿泊できるよう頑張って仕事します。笑

>>フラノ寶亭留のレストランと食事付きプランの詳細はこちらからチェック

和洋折衷の朝食はボリューム満点

富良野ホテルの朝食を食べた感想
【フラノ寶亭留の朝食】

朝食は、和洋折衷のセットになっています。

コーヒーや牛乳などのドリンクやヨーグルト、シリアルなどは好きなだけいただける、セミバイキング形式。

写真だと分かりにくいですが、サラダが乗っている白いお皿は、横幅が35cm位ある大きなお皿。

この1皿だけで、かなりのボリュームがあります。

グラスに入っているのは、カボチャを使った冷たいスープ。

優しく自然なカボチャの甘さが、お腹に染みます。

富良野ホテルの朝食セットの画像
【めちゃくちゃ美味しいハム】

サラダの上に乗っているハムは、ジューシーでハムを超えたハムといった味わい。

たっぷりと盛り付けられたサラダは、朝収穫した自家農園の野菜を使っています。

これが本当に美味しくて、感動モノのお味でした。

フラノ寶亭留の朝食メニュー

サラダの後ろ盛りつけられているのは、ボイルしたウインナーとジャガイモ、プチトマト、カマンベールチーズ。

器に入っているのは、マッシュドポテトのようなペーストの上に、半熟卵とジェノバソースをかけたもの。

もう1つの器には、カットされたメロンとキウイフルーツが。

フラノ寶亭留のモーニングプレート

和洋折衷ということで、主食はパンと消化に良いおかゆ。

おかゆは、ご飯の粒が程よく残るよう炊きあげられていて、お粥の食感が嫌いな夫も「これは食べやすい」と食べてました。

フラノ寶亭留のモーニングを食べた感想

おかゆのお供にピッタリな梅干しや佃煮。

大粒で優しい酸味の梅干しは、塩分控えめで食べやすい味です。

お粥にピッタリの焼き鮭も、ほどよく塩がきいていて美味。

食べるのに夢中で撮影し忘れましたが、3種類のパンもついています。

焼きたてのクロワッサンやテーブルロールは食べきれず、備え付けられているビニール袋に入れてお持ち帰り。

ランチで美味しくいただきました。

フラノ寶亭留の朝食ビュッフェ
【バイキング形式のドリンクやヨーグルト】

サラダがとても美味しくて感動しましたが、もう1つとても美味しいと思ったのがヨーグルト。

北海道旅行中にいろいろなホテルでヨーグルトをいただきましたが、フラノ寶亭留のヨーグルトは酸味のバランスが良くて本当に美味しかったです。

いろいろなホテルで朝食を食べていますが、1位と言っても良いくらい美味しいヨーグルトでした。

冷たいドリンクは、富良野産の牛乳・トマトジュース・オレンジジュース。

温かいドリンクはコーヒー、紅茶、緑茶などがあり、ゆったりと朝食を食べることができました。

>>フラノ寶亭留のレストランと朝夕食のメニューと予約はこちらから

朝食と夕食を食べた感想

富良野ホテルのハーフバイキング朝食
【バイキング形式のドリンクコーナー】

フレンチディナーコースに続いて、朝食もとても美味くて、心に残る食事となりました。

ホールスタッフの方の接客がとても良く、気持よく食事をすることができて大満足。

普段は、できるだけ安いパッケージツアーやホテルを探して旅行している母。

母は、今までで一番美味しくて素敵なホテルだったと大感激してくれたのも、スタッフさんの心のこもった接客のお陰です。

母が元気なうちに、また連れてきてあげたいと思います。

【関連記事】

>>フラノ寶亭留(富良野ホテル)の宿泊記-客室(スイートルーム)とアメニティ編

>>【旅行記】フラノ寶亭留に宿泊してラベンダー畑を堪能-部屋と料金編-北海道旅行3日目

宿泊日:2016年7月

フラノ寶亭留の詳細

>>フラノ寶亭留のレストランと朝夕食のメニューと予約はこちらから

住所:北海道富良野市学田三区

電話番号:0167-23-8111

最寄り駅:JR富良野駅 車で約15分

駐車場:あり(無料)

送迎:冬季のみあり

チェックイン: 15:00-20:00
チェックアウト: 11:00

大浴場:あり(泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物泉)

自動販売機:あり

スキー乾燥室:あり

インターネット接続:LAN形式

コインランドリー:なし