メリケンパークオリエンタルホテルの朝食ビュッフェ

神戸メリケンパークオリエンタルホテルに朝食付きプランで宿泊して、レストラン「サンタモニカの風」で朝食ビュッフェを食べました。

このページでは、メニューに泊まらなくても朝食のみを食べられる、サンタモニカの風の朝食ビュッフェのメニューと食べた感想を中心に紹介します。

神戸モザイクの夜景を楽しめる「イルミネーションビュールーム」の眺望やアメニティについては、前のページで紹介しているのでご覧ください。

朝食ビュッフェのメニュー

神戸メリケンパークオリエンタルホテルの朝食ビュッフェ

ロビー階(3F)にあるレストラン「サンタモニカの風」の朝食ビュッフェは、洋食を中心に和食や中華など80種類の料理が並びます。

上の画像は和食コーナーの一部。

画像の料理は、小松菜のおひたし・切り干し大根の煮物・さつま揚げ・うどん・だし巻き玉子です。

神戸メリケンパークオリエンタルホテルの朝食ビュッフェ

焼き魚は、塩サバと塩鮭の2種類。

神戸メリケンパークオリエンタルホテルの朝食ビュッフェ

こちらは、神戸や大阪などで愛されているB級グルメの「そばめし」。

ソース焼きそばとご飯を一緒に炊き上げた、東京では考えられない組み合わせ。

ソースと粉もの文化を代表するような「そばめし」は関西ならではのグルメです。

神戸メリケンパークオリエンタルホテルの朝食ビュッフェ

サラダコーナー。彩りが美しい野菜が並びます。

神戸メリケンパークオリエンタルホテルの朝食ビュッフェ

フレッシュフルーツは、パイナップル・ライチ・オレンジ・キウイフルーツ・バナナの5種類。

フレッシュフルーツと書いてしまいましたが、ライチだけは解凍したものです。

神戸メリケンパークオリエンタルホテルの朝食ビュッフェ

シリアルは3種類。ほかに、ホテルメイドのパンや洋風の肉料理など、美味しそうな料理が沢山並んでいました。

ホットドリンクやコールドドリンクも種類が豊富。老若男女楽しめる朝食ビュッフェだと思います。

朝食ビュッフェを食べた感想

神戸メリケンパークオリエンタルホテルの朝食ビュッフェ

レストラン「サンタモニカの風」の朝食ビュッフェでは、フワフワの食感がたまらないパンケーキと、こだわりのレシピで作られたフレンチトーストが人気です。

まずは、人気のパンケーキとフレンチトーストを取り分けました。

フレンチトーストは、ハニーシロップとシナモンシュガーを美味しさ倍増。美味しく食べたいから、カロリーは気にしません。

フレンチトーストがとても美味しくて、3枚もいただいてしまいました。

神戸メリケンパークオリエンタルホテルの朝食ビュッフェ

お皿に取り分けたおかずは、ロールキャベツ・イカとキュウリの酢の物・バンバンジー・ポテトフライ・シュウマイ・小籠包・酢鶏。

どの料理も美味しかったですが、酸味と甘味が絶妙なバランスのイカとキュウリの酢の物が特に美味しいと思いました。

レストランは座席数が多く、平日の朝だったこともあり空席が目立ち、静かにゆったりと食事できたのが良かったです。

団体の中国の人もや大声で騒ぐ外国の人もいなくて、静かに食事ができるレストランは良いなと思いました。

テラス席があるレストラン

メリケンパークオリエンタルホテルのレストラン

レストラン「サンタモニカの風」は、大きな窓に囲まれた明るく広々とした空間の中、神戸港を眺めながら食事ができます。

三宮からほど近いとは思えないリゾートホテルのような開放感は、3方向を海に囲まれた立地ならでは。

明るい太陽光の中、リフレッシュしながら食べる朝食で、至福の時間を過ごすことができました。

メリケンパークオリエンタルホテルのレストラン

ブルーのフラワーアレンジメントが飾ってあるのは、サラダやフルーツが並んだテーブルです。

白い壁にブルーのインテリアで、海辺のリゾート感を演出。

メリケンパークオリエンタルホテルのレストラン

少し奥まった客席は、ダークブラウンの家具の中に海をイメージさせるブルーのインテリアが上品な印象です。

落ち着いた雰囲気が食事をしたいときは、奥の席に行くのが良いと思いました。

レストラン「サンタモニカの風」は宿泊しなくても朝食を食べることができるので、朝食だけを食べに来ている方を何人か見かけました。

ランチビュッフェだと混雑するので、空いている時間帯を狙うなら、朝食を食べに行くのも良さそうです。

吹き抜けがあるロビー

メリケンパークオリエンタルホテルのロビー

ホテルに入って目に入ってくるのが、最上階まで続いている吹き抜け。

最上階まで続く吹き抜けを、シースルーエレベーターに乗ってみると、下から見上げる以上の高さを感じます。

メリケンパークオリエンタルホテルのロビー

ロビーには噴水とヤシの木が設置され、海辺のリゾートらしさを演出。

メリケンパークオリエンタルホテルのロビー

ロビーには、モダンなカラーのソファと海と波をデザインしたラグも配置。

ソファに座って行き交う人々を眺めている人もいました。

メリケンパークオリエンタルホテルのロビー

花のように見える不思議なデザインの椅子は、ホテル正面入口に置いてあります。

記念写真を撮影するスポットにもなっているようです。

朝食ビュッフェの時間と料金

レストラン「サンタモニカの風」の朝食ビュッフェの時間と料金は以下になります。

  • 朝食の時間:7時~11時(最終入店は10時30分)
  • 利用制限時間:90分
  • 料金:
    ・大人(中学生以上):3,025円
    ・シニア(65歳以上):2,722円
    ・小学生:1,815円
    ・幼児(3歳~小学生未満):968円
    ※消費税・サービス料込み
【スポンサーリンク】

一人の利用は寂しいかも

神戸メリケンパークオリエンタルホテルは、シティホテルというよりリゾートホテルという位置づけです。

そのため、カップルや家族連れの宿泊者が多く、朝食ビュッフェを一人で食べている人はいませんでした。

私は一人旅をすることも多く、一人の食事も慣れていますが、メリケンパークオリエンタルホテルは一人で食事をすると少し寂しいと思いました。

一人旅で利用するときは、ルームサービスの朝食を食べるのも良さそうです。

メリケンパークオリエンタルホテルの詳細


>>神戸メリケンパークオリエンタルホテルの詳細と予約はこちらから

  • 住所:兵庫県神戸市中央区波止場町5-6
  • 電話番号:078-325-8111
  • 最寄駅:
    ・三宮駅・新神戸駅から無料シャトルバス
    ・地下鉄 みなと元町駅から徒歩約12分
  • 駐車場:あり(290台・一泊1,800円)
  • チェックイン:15:00 ~24:00
    チェックアウト:12:00
  • 朝食の時間:07:00 ~11:00(最終入店 10:30)
  • 自動販売機:なし
  • 大浴場:なし
  • コインランドリー:なし

※このページの情報は宿泊時のものです。現在はメニューや料金が変更になっている場合もあります。