宮島 錦水館の宿泊記

宮島の錦水館に宿泊しました。

宮島潮湯温泉錦水館は、厳島神社まで徒歩約3分の大鳥居が見える旅館です。

このページでは、錦水館の夕食とハーフビュッフェの朝食を食べた感想のほか、宿泊者専用のラウンジやサービスについて紹介します。

なお、客室のアメニティや天然温泉の大浴場に入った感想は、前のページをご覧ください。

>>宮島潮温泉 錦水館の宿泊記-客室のアメニティと大浴場編

レストランでいただく夕食のメニュー

宮島 錦水館の夕食メニュー

今回は、シングルルームに泊まって夕食と朝食はレストランでいただくプランを予約。

以下は、泊まった日の夕食のメニューです。

  • 食前酒
  • 箸染 秋果和え
    秋の木の実をを大根卸しと甘酢で霙和えにしています。
  • 前肴 季節の酒肴盛合せ
    季節の酒肴盛りです。
    色んな食材をお楽しみください。
    鮑寿司・丸十蜜煮・フォアグラ寄せ・セロリ生ハム巻き・烏賊ろう焼・吹寄麸・いわし香煎焼・千枚大根・鯖燻・枝豆
  • 御椀 つらら鱧 菊花椀
    名残り鱧の葛打ちの椀です。
  • 割鮮 鮮魚の盛り合せ
    本日入荷の新鮮魚介の盛り合わせです。
    鰹節の効いた土佐醤油とさっぱりとした酢橘醤油でお召し上がりください。
  • 陶板 広島牛と地豚の饗宴
    特選広島牛と地豚の陶板焼きです。
    お好みの焼き加減で食べ比べて下さい。
  • 蒸物 かき小町の地酒蒸し
    肉厚で大粒、旨味成分たっぷりの広島ブランド「かき小町」です。
    夏に産卵によって身が痩せない為、大きさは通常のかきの1.5倍になります。
  • 御飯 里芋御飯
    季節の炊き込みご飯です。
    本日は里芋ご飯を炊いています。
  • 留椀 赤勝味噌
  • 香の物 盛り合わせ
  • 甘味 本日のデザート
    食後のお楽しみ、本日の日替わりデザートです。

宮島 錦水館で夜ごはんを食べてみた

予約した時間に、錦水館1階のレストラン「ひめあかり」へ。

雅美はお酒が飲めないので、ドリンクは広島レモンサイダーを注文。

特産品のレモンを使ったサイダーは、酸味と甘味がしっかりしていて飲みやすい味です。

テーブルには、箸染の秋果和えと前肴の酒肴盛合せがテーブルにセットしてありました。

宮島 錦水館の夜ごはんのブログ

酒肴の盛り合わせ。

お酒を飲まなくても美味しいけれど、お酒を飲めたらもっと美味しく食べられる気がします。

宮島 錦水館のディナーを食べた感想

優しい酸味の秋果和え。

魚介と大根おろしのバランスがよく、生臭さを感じない仕上がりです。

宮島 錦水館の夕食で食べたお刺身盛り合わせ

席についてすぐに、鮮魚の盛り合せも運ばれてきました。

お刺し身の中では、鯛が一番美味しかったかも。

宮島 錦水館のテーブルマット

紙製のマットには、使用している食材の説明が。

こだわりの魚介類や野菜を使っているのが分かります。

宮島 錦水館でコース料理の夕食を食べました

次に運ばれてきたお料理は御椀。

上品な白身の鱧と松茸が味のポイントに。

宮島 錦水館の一人旅の旅行記

今回の旅行は、13府県ふっこう割を利用して宿泊。

ふっこう割の助成金をいただく分、お金を使おうと思い、お料理をアップグレードしました。

宮島 錦水館の滞在記

アップグレードのお料理が、陶板の広島牛と地豚の饗宴。

霜降りの広島牛は、厚くカットされていて、見た目よりもボリュームがあります。

宮島 錦水館の一人旅ブログ

陶板でミディアムレアに焼いて食べると、脂がしつこくなくて柔らかくて美味しい!

地豚の脂も臭みがなくて、美味しく食べることができました。

宮島 錦水館の夕食で食べたブランド牡蠣

次のお料理は、ブランド牡蠣「かき小町」の地酒蒸し。

広島県産のレモンをたっぷりと絞っていただきます。

宮島産ブランド牡蠣「かき小町」の地酒蒸し

真牡蠣のグニュっとした独特の食感があまり得意ではないのですが、「かき小町」の身はしっかりと締まっていて、変な臭みもありません。

真牡蠣より岩牡蠣のほうが好きですが、変な岩牡蠣を食べるよりも「かき小町」の方が美味しいと思いました。

宮島 錦水館の夕食の画像

里芋御飯は、甘みと旨味が濃いお米と、シャキシャキの里芋がベストマッチの一品。

かなりお腹いっぱいだったけれど、赤だしと漬物と一緒に残さず食べることができました。

宮島 錦水館の夕食のデザート盛り合わせ

締めの甘味は、プリンとティラミス風チーズケーキ。

本当はチーズケーキではなく、メロンなどの果物とプリンの盛り合わせですが、果物アレルギーがあるため変更していただきました。

メロン・マンゴー・桃が一番好きなのに、一番アレルギーが出る果物なので、食べられないのが悲しいです。

メロンが食べたかったなと思いつつ、別腹でプリンとチーズケーキを美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。

レストランと宿泊者専用ラウンジ

宮島 錦水館の1階には海と大鳥居が見えるテラスがあります

錦水館の1階には、海と大鳥居が見えるテラスと宿泊者専用ブックカフェがあります。

上の画像は、海岸沿いの道に面した、海を眺めるテラス。

宮島 錦水館の宿泊者用フリードリンクコーナー

テラスのフリードリンクは、コーヒーマシンのほかに、ジュース・お茶類・カルピス・ウォーターサーバーが並んでいます。

宮島 錦水館からの眺望

夕方、大浴場に入ったあと、テラスの椅子に座って、大鳥居と道を歩く観光客をぼーっと眺めました。

宮島 錦水館のテラスから見た厳島神社の大鳥居

しばらくすると空が暗くなってきて、大鳥居がライトアップが始まり、昼間とは違う雰囲気に。

部屋が海側ではないので、テラスから大鳥居と海の風景を楽しみました。

宿泊者専用ブックカフェ

宮島 錦水館の宿泊者専用ブックカフェ

海を眺めるテラスのほかに、宿泊者専用のブックカフェも利用できます。

錦水館 宮島の宿泊者専用ブックカフェ

落ち着いた雰囲気の室内には、ゆったりとしたテンポのジャズが流れ、さまざまなジャンルの本を読むことが可能。

ブックカフェにもコーヒーマシンが設置されているので、お気に入りのコーヒーや紅茶を飲みながら読書をするのもオススメです。

割引クーポンがあるレストランまめたぬき

錦水館 宮島のレストラン まめたぬきと館内施設一覧

錦水館はメインダイニングの「ひめあかり」のほかに、「宿屋食堂&バー まめたぬき」や「元祖 宮島蒸し饅」も併設。

まめたぬきは11時から23時まで営業しているので、夕食に好きなものを食べたいときや、早い時間に夕食を食べて、夜に夜食を食べたいときにピッタリのレストラン。

なお、雅美が泊まったときは、まめたぬきの10パーセント割引クーポンをチェックイン時にもらえたので、宿泊者は割引価格でおいしい御飯を食べることができると思います。

ハーフビュッフェの朝ごはん

錦水館 宮島の朝ごはんはハーフビュッフェスタイルです

錦水館の朝食は開始時刻を予約していただく、ハーフビュッフェスタイルになります。

朝食は、夕食と同じレストラン「ひめあかり」でいただきました。

錦水館 宮島の朝ごはんの画像

テーブルには、おかずの盛り合わせと小鍋に入った味噌汁がセットされていました。

この日のおかずは、牡蠣の佃煮・小松菜のおひたし・もずく・出汁巻玉子など。

宮島 錦水館の朝食を食べた感想

焼き魚は、サワラの西京焼きで、御飯に合うおかずが並びます。

宮島 錦水館の朝食ブログ

小鍋の味噌汁は御椀で約2杯分入っていて、この日の具はアサリでした。

小鍋を卓上で温めるので、熱々の味噌汁をいただくことができます。

宮島 錦水館の朝食ビュッフェのメニュー

サラダ・フルーツ・御飯・パン・漬物などは、ビュッフェ台で好きなだけ取り分けることができます。

宮島 錦水館のモーニングを食べてみた

上の画像は、サラダと納豆が入ったケース。

野菜の種類は多くありませんが、地元産のこだわり野菜が並んでいます。

宮島 錦水館の朝ごはんで食べたサラダ

地元の野菜を使ったサラダは、味が濃くて美味。

宮島 錦水館の朝食では宮島別荘の島旨パンが並びます

パンは、系列ホテル宮島別荘で人気の「島旨パン」のもの。

食パンやテーブルロールが並びます。

宮島 錦水館の朝食バイキングの画像

フレッシュフルーツコーナーには、ルビーグレープフルーツ・パイナップル・ライチ・オレンジ・アロエ・ヨーグルトが並んでいました。

アレルギーがあって食べられないのがザンネン。

夕食・朝食ともに、広島産の食材をいろいろと食べることができて、大満足の内容でした。

宮島潮湯温泉 錦水館の詳細


>>宮島潮湯温泉 錦水館の予約および、客室の画像と間取りの確認はこちらから

住所:広島県廿日市市宮島町1133

電話番号:0829-44-2131

アクセス:宮島桟橋より徒歩5分
※宮島桟橋より送迎あり。

駐車場:あり(4台)
※宮島内は交通規制があり通行できない道路が多いため、車は宮島駅周辺の駐車場に停めることを推奨しています。

チェックイン: 15:00-20:00
※一部の特別しつでは14時からチェックインが可能

チェックアウト: 11:00

大浴場:あり(天然温泉)

コインランドリー:なし

電子レンジ:なし

自動販売機:あり

宿泊者専用ラウンジ:あり

※この記事の内容は宿泊時のものです。変更になっている可能性もあるため、予約をする際は公式サイトなどで詳細をご確認ください。