ホテルリソル京都 河原町三条

ホテルリソル京都河原町三条のモダレットルームに宿泊しました。

このページではホテルと客室の特徴とアメニティを中心に紹介します。

イタリアンレストラン・イル・キャンティの朝食バイキングを食べた感想は、次のページをご覧ください。


モダレットルームとは

ホテルリソル京都 河原町三条

モダレットルームという客室名称ですが、ホテルリソル以外では見たことがないので、どんな意味があるのかを調べてみました。

公式サイトによると「モダレットとは、1ランク上のくつろぎを提供する、リソルホテルならではのスタンダードルームです。」とのこと。

部屋に入ると靴を脱ぐスペースがあり、客室では裸足で自宅のように過ごすことができます。

ベッド周りは畳敷きになっていて和の雰囲気たっぷり。

ホテルリソル京都 河原町三条

ちなみに、モダレットルームの広さは16平米で、ベッドは140センチ幅のセミダブルベッドが1台。

1人はもちろん2人でも泊まることができる客室になっています。

客室からの眺望

ホテルリソル京都 河原町三条

今回アサインされた部屋は、隣のビル側に窓がありました。

窓を開けてみると目の前に隣のビルの壁が広がり、眺望は一切ありません。

隣のビルとホテルの隙間は1メートルあるかないかという狭さなので、昼間でも光がほとんど入りません。

ホテルリソル京都 河原町三条

上の画像は明るい時間帯に部屋の中を撮影したものですが、実際は画像よりももっと暗く感じました。

京都の中心部に位置するためアクセスはとても良いのですが、閉塞感がある空間が苦手な方は避けたほうが良いかもしれません。


客室のアメニティ

ホテルリソル京都 河原町三条

部屋に入ってすぐの場所には、格子で区切られたクローゼットスペースと、奥にはテレビとTV台が設置されています。

インテリアは日本古来の色彩がベースになっていようで、どこか懐かしい雰囲気も。

ホテルリソル京都 河原町三条

上の画像は、部屋の中から部屋の入口を撮影したもの。

靴を脱ぐ玄関スペースが広めに取られていて、右側の全身ミラーの横がバスルームの入口になっています。

ホテルリソル京都 河原町三条

テレビ台にはアメニティが並んでいて、ボトルウォーター・黒い電気ケトル・四角い箱が置いてありました。

ホテルリソル京都 河原町三条

箱の中に入っていたアメニティは、抹茶セットと日本茶のティーバッグ。

ホテルリソル京都 河原町三条

お茶のティーバッグは、ほうじ茶と煎茶の2種類でコーヒーは置いてありません。

なお、コーヒーが飲みたいときは1階のラウンジに行けばコーヒーマシンが置いてあり、自由に飲むことができます。

ホテルリソル京都 河原町三条

目覚まし時計や電話機、ティッシュボックスも和風のデザイン。

どの備品も落ち着いたトーンでまとめられています。

ホテルリソル京都 河原町三条

テレビ下の引き出し上段に入っている備品は、マグカップやホテルの案内など。

ホテルリソル京都 河原町三条

中段にはスマホの充電ケーブル・ドライヤー・非常用ライトが。

ホテルリソル京都 河原町三条

テレビ下には冷蔵庫・ゴミ箱・空気清浄機も収納されています。

冷蔵庫を開けてみたら、中には何も入っていませんでした。

バスルームとトイレ

ホテルリソル京都 河原町三条

客室のバスルームは、全室がユニットバスになります。

お風呂とトイレが独立したセパレートタイプの客室はありません。

バスタブは深めで長さがあるので、男性でも窮屈さを感じないで入浴できるサイズだと思います。

大浴場はある?

ホテルリソル京都河原町三条に大浴場はありません。

また、全タイプの客室がユニットバスとなっているため、洗い場があるお風呂に入りたい方には使いにくいかも。

ゆっくりと入浴したい場合は、大浴場がありバス・トイレが独立した客室がある「京王プレリアホテル京都烏丸五条(2018年11月27日開業)」や、京都駅から近くバス・トイレが独立した客室が選べる「リッチモンドホテルプレミア京都駅前(2019年5月1日グランドオープン)」がオススメです。

リッチモンドホテルプレミア京都駅前
【リッチモンドホテルプレミア京都駅前】

「京王プレリアホテル京都烏丸五条」と「リッチモンドホテルプレミア京都駅前」の宿泊記は下のリンクからご覧ください。

>>リッチモンドホテルプレミア京都駅前の宿泊記|客室のアメニティと館内の設備をルポ

>>京王プレリアホテル京都烏丸五条の宿泊記|客室のアメニティとバスルーム編

バスルームのアメニティ

ホテルリソル京都 河原町三条

持ち帰り可能なアメニティグッズ一式は、和柄の巾着袋に入っています。

私は持ち帰りませんでしたが、使わなかったアメニティグッズのほか、巾着袋も持ち帰りが可能。

ホテルリソル京都 河原町三条

巾着袋からアメニティグッズを出したのが上の画像です。

中には下記のアメニティグッズが入っていました。

  • 歯磨きセット
  • ヘアブラシ
  • シャワーキャップ
  • カミソリ
  • レディースセット(コットン・ヘアゴム・綿棒)
  • ボディスポンジ

ホテルリソル京都 河原町三条

シャンプー・コンディショナー・ボディソープは大きなボトルに入ったものが置いてあります。

シャンプー類のブランドはDHCのWAGOKOROでした。

WAGOKOROはDHCのアメニティ専用ブランドで、和の植物成分であるコメヌカエキス・ハトムギエキス・芍薬エキス・シソエキス・柚子種子エキス・生姜根エキス・梅果実エキスなどが配合された特別なシリーズです。


ナイトウエアのデザイン

ホテルリソル京都 河原町三条

テレビ下の引き出し下段にはナイトウエア(ルームウェア)が入っています。

ホテルリソル京都 河原町三条

ナイトウエアはサラッとした生地で作られた、ゆとりがあるデザイン。

ツーピース(パジャマタイプ)なので、ワンピース(ガウンタイプ)が苦手な方も着やすいデザインだと思います。

なお、ウエアのサイズはフリーサイズでした。

まとめ

ホテルリソル京都 河原町三条

京都観光の中心地、河原町駅・三条駅・京都市役所駅からは5分以内で、人気エリアの先斗町や木屋町へは徒歩1分というアクセスの良さが魅力のホテルでした。

部屋にはデスクがないため出張にはあまり向いていませんが、和風モダンな部屋や暗めの落ち着いた部屋が好きな方が観光の拠点にするには最適なビジネスホテルだと思います。

ホテルリソル京都河原町三条の詳細


>>ホテルリソル京都河原町三条の詳細と予約はこちらから

  • 住所:
    京都府京都市中京区三条下る大黒町59-1
  • 電話番号:
    075-255-9269
  • 最寄駅:
    京阪本線「三条駅」より徒歩3分
    地下鉄東西線「京都市役所前駅」より徒歩4分
    阪急京都線「河原町駅」より徒歩5分
  • 駐車場:なし
  • チェックイン:15:00~
    チェックアウト:11:00
  • 朝食の時間:
    07:00~10:00(L.O.09:30)
  • コインランドリー:あり
  • 大浴場:なし
  • 電子レンジ:なし
  • 自動販売機:なし

※このページの情報は投稿時および宿泊時のものになります。現在はサービス内容や仕様が変更になっている可能性があります。