神戸みなと温泉蓮

神戸みなと温泉 蓮に、朝夕食バイキングの2食付きプランで宿泊しました。

このページでは、客室のアメニティと、客室テラスから眺める神戸の夜景について紹介します。

なお、朝食バイキングと夕食バイキングを食べた感想や、北野武さんの絵画がある館内については前のページをご覧ください。


神戸の夜景を眺められる客室

神戸みなと温泉蓮

神戸みなと温泉 蓮は、全室が海に面してるオーシャンビューになります。。

客室からの眺めは、神戸らしい夜景を楽しめるハーバーランド側の「ハーバービュー」と、第2突堤~第4突堤やポートライナーの風景が見える「オーシャンビュー」の2種類が。

できたら、ハーバービューに泊まりたかったのですが、アサインされた部屋は「オーシャンビュー」になりました。残念。

ちなみに、オーシャンビューのテラスからの眺望は、下の画像のような感じです。

神戸みなと温泉蓮からの夜景

モザイクやポートタワーが並ぶ、ハーバーランドの夜景を見ることができずガッカリしていましたが、想像していたよりも趣のある夜景でした。

なお、予約をする際に部屋の眺望は指定できませんが、リクエストとしては受け付けてもらえるそうです。

>>【眺望指定可能】神戸みなと温泉蓮の「眺望指定できる宿泊プラン」の詳細と予約はこちらから

※このときは眺望指定プランはありませんでしたが、現在は眺望が指定できるプランがあります。このあと予約をした時は、ハーバーランド側と神戸大橋側の眺望を指定できるプランも発売されていたので、ハーバーランド側を指定して泊まりました。

このあと、ハーバーランド側の客室に泊まったので、下に追記しました。

ハーバーランド側の眺望

神戸みなと温泉蓮の眺望

上の写真は、3月の16時すぎの少し日が傾いた風景を撮影。

左側から、メリケンパークオリエンタルホテル・モザイク・UMIE・ホテル ラ スイート神戸ハーバーランド・ポートタワー・カワサキワールド・ホテルオークラなどが見えます。

神戸みなと温泉蓮の眺望

夜になると、オリエンタルホテルのエメラルドグリーンの照明や、ポートタワーの朱色、カワサキワールドのグルーンのライトアップが何ともキレイ。

これぞ神戸!という夜景を部屋から楽しめます。

神戸みなと温泉蓮の眺望

ホテルオークラから右を見ると、山に設置されたイカリマークと神戸市のマークを見ることもできます。

神戸みなと温泉蓮の眺望

早朝は、太陽の陽射しがポートタワーやビルに反射してとてもキレイ。

朝食バイキングを食べて部屋に戻ると、太陽が昇ってすっかり明るくなっていました。

神戸港温泉蓮の宿泊記

以前、泊まった「オーシャンビュー」のベッド後ろの壁は、赤っぽい色でした(このページの一番上の画像です)。

今回は「ハーバービュー」の客室に泊まったら、壁の色が深い青だったので、眺望によって変えているのかもしれません。

何回か泊まるときは、部屋の違いを楽しむのも良いと思います。


和モダンな蓮の客室

神戸みなと温泉蓮の客室

客室は、畳敷きの和モダンな造りになっていて、靴を脱いで過ごせます。

予約をした「シーサイドデラックスルーム」の広さは50平米。

シーサイドデラックスルームは、ベッドルームと和室が一緒になったお部屋と、セパレート設計のバスルームとトイレがついています。

神戸みなと温泉蓮のスリッパ

部屋の入口には、館内用のスリッパが8足。

違うサイズのスリッパが揃っていて、自分にピッタリのサイズを履くことができます。

温泉施設やレストランなど、館内は浴衣にスリッパをはいた格好で行くことが可能。

神戸みなと温泉蓮

8畳くらいの和室には、テーブルと座布団が4枚。

畳の上にゴロンして、まったりするのも良いですね。

神戸みなと温泉蓮

また、シーサイドデラックスルームは、畳に布団を敷けば、4人で宿泊することもできます。

収納庫の扉を開けてみると、2人分の寝具が収納されていました。

客室が50平米あり、テラスが10平米の広さなので、4人で泊まっても狭さは感じにくいと思います。

神戸みなと温泉蓮シーサイドデラックスルームの浴衣

間口の広いクローゼットには、館内ならどこでも着て行ける、女性用と男性用の浴衣・ソックスがそれぞれ4セットずつ・上着が4着・館内用のカゴが4個入っていました。

浴衣は、身長に合わせて着れるように4サイズが揃っていて、身長に合ったサイズを選べます。

浴衣が入っている引き出しの横には、セーフティボックスも設置されています。

神戸みなと温泉蓮のアメニティ

クローゼットの上部には、全部で7本のハンガーが用意してありました。

館内着を外せば、さらに4本のハンガーを使うことも可能。

間口が広く大容量のクローゼットは、4人で宿泊しても衣類をたっぷりと収納できそうです。

ナイトウエアのデザイン

神戸みなと温泉蓮のナイトウェア

館内用の浴衣が入った引き出しの下には、部屋用のナイトウエアが4セット入っていました。

ナイトウエアのデザインは、ツーピース(パジャマ)タイプで、サイズはMとLの2種類になります。

なお、ナイトウエアは客室内のみで着用できて、レストランやロビーなどに着ていくことはできません。

充実したアメニティグッズ

神戸みなと温泉蓮のアメニティ

神戸みなと温泉 蓮は、アメニティグッズが豊富に揃っているので、手ぶらでも安心して宿泊することができます。

洗面台には、アメニティグッズや化粧品などが、きれいに並んでいました。

また、2口ある洗面台は、2人で並んで使っても余裕で使える広さです。

神戸みなと温泉蓮のアメニティ

上の画像は、透明なトレーの中に入っていた、アメニティグッズを並べたもの。

下のリストのグッズが、4個ずつ揃っていました。

洗面台のアメニティグッズ
  • 歯磨きセット
  • カミソリ
  • ヘアゴム
  • シャワーキャップ
  • コットン
  • 綿棒
  • 折りたたみコーム

    神戸みなと温泉蓮のアメニティ

    洗面台の上には、ポーラの化粧品類が何種類も並んでいます。

    客室の化粧品類
    • フェイシャルケアウォッシュ
    • ボディーローション
    • ヘアエッセンス
    • リキッドクレンジング
    • クレンジングウォッシュ
    • モイスチャーローション(化粧水)
    • モイスチャーミルク(乳液)

      フェイスケア以外にも、ヘアケア、ボディケアもできる化粧品が揃っているのが良いと思います。

      神戸みなと温泉蓮のアメニティ

      洗面台の下にある引き出しを開けると、蓮のロゴが刺繍された巾着袋が。

      巾着袋の中を見たら、ドライヤーが入っていました。

      神戸みなと温泉蓮のアメニティ

      洗面台の後ろの棚にはタオルが4セット。

      バスタオルとフェイスタオルが、それぞれ4枚ずつ置いてあります。

      独立したトイレとお風呂

      神戸みなと温泉蓮の客室風呂

      洗面所の奥にあるお風呂は洗い場付きで、バスタブは足を伸ばしてゆったりと入れるサイズです。

      縦長の曇りガラスの窓から優しい光が差し込む明るいお風呂場は、ゆとりがある空間でのんびり入浴できそう。

      色々な事情で大浴場に入れない方は、部屋のお風呂に入るのも良さそうです。

      神戸みなと温泉蓮のアメニティ

      バスルームには、大きなボトルに入ったシャンプー・トリートメント・ボディソープが置いてありました。

      シャンプー類のブランドは、フランス パリのスキンケアブランドElla Bache(エラバシェ)。

      神戸みなと温泉蓮の客室トイレ

      また、トイレもゆったりとした空間になっています。

      部屋はバリアフリーとなっているので、年配の方も使いやすそうだと思いました。


      自動販売機やコンビニはある?

      神戸みなと温泉蓮のアメニティ

      神戸みなと温泉 蓮は第一突堤に位置し、三宮の街からは離れた場所にあるため、周囲にコンビニや自動販売機はありません。

      周辺のコンビニがあるかマップで検索してみました。

      周辺のコンビニを調べた結果、神戸みなと温泉蓮から一番近いのがデイリーヤマザキ。

      デイリーヤマザキまでは道なりで400~450メートルくらいの距離があり、次に近そうなファミリーマートとローソンまでは650~800メートルくらいの距離になります(2019年11月時点の検索結果です)。

      また、ホテル内に自動販売機はありません。

      ソフトドリンクやアルコールなどの飲み物は、客室冷蔵庫の有料ドリンクを飲むか、フロントに注文することになります。

      神戸みなと温泉蓮の冷蔵庫
      【客室の冷蔵庫】

      冷蔵庫の中のアルコール類は、キリン一番搾り500mlが2本・350mlが2本・チューハイのレモンとグレープフルーツが各1本。

      ソフトドリンクは、緑茶・烏龍茶・コカコーラゼロ・アクエリアス・爽健美茶・コーヒーが入っていました。

      部屋の冷蔵庫には上記のビールやソフトドリンクが入っているだけで、種類はそれほど多くありません。

      どうしても飲みたい銘柄がある方は、チェックイン前に購入して持ち込むほうが良いと思います。

      神戸みなと温泉蓮のアメニティ

      なお、客室には無料のお茶セットと、ボトルウォーター4本が置いてあります。

      神戸みなと温泉蓮のアメニティ

      お茶類は、煎茶・アールグレイやダージリンなどの紅茶・ドリップコーヒーの他、LE PANのお菓子も。

      兵庫県の窯元で作られた食器で、お茶を楽しむことができます。

      まとめ・宿泊した感想

      神戸みなと温泉蓮の、ホテルにはない寛ぎの空間と温泉は、三宮からほど近い場所とは思えない施設です。

      全てがゆったりと作られていて寛げる部屋で、お風呂あがりにゴロゴロする贅沢。

      館内は和風の落ち着いた雰囲気なので、年配の方も楽しむことができると思います。

      お食事は、バイキングや会席料理などから選ぶことができて、食の好みが違う家族にもオススメ。

      和食を中心としたバイキングは、和食派も洋食派も満足できる内容です。

      なお、朝食と夕食バイキングのメニューと、食べた感想は下のリンクからご覧ください。

      神戸みなと温泉 蓮の宿泊記|ラスイート神戸ハーバーランド系列の大人のための和風旅館とは

      神戸みなと温泉 蓮は、またリピートしたいと思う温泉旅館でした。

      神戸みなと温泉 蓮の詳細


      >>神戸みなと温泉 蓮の詳細と予約はこちらから

      • アクセス:
        各線「三宮駅」からタクシーで約8分、徒歩約20分
        JR線「元町駅」からタクシーで約7分、徒歩約15分
        JR線「新神戸駅」からタクシーで約15分
        ※三宮駅から送迎バスあり
      • 住所:神戸市中央区新港町1-1
      • 電話:078-381-7000
      • 駐車場:有り(1泊1,000円)
      • チェックイン: 15:00(最終チェックイン:19:00)
        チェックアウト: 11:00
        ※プランによって異なる場合はプランの設定が優先します。
      • 朝食の提供時間: 7:00~10:30(L.O.10:00)
      • 自動販売機:なし
      • コインランドリー:なし
      • 大浴場:あり(泉質:ナトリウム塩化物炭酸水素泉 )
      • 貸切風呂:なし
      • フィットネス:あり

      ※このページの情報は投稿時のものです。現在は変更になっていることもあるので、予約をする際は公式サイトなどで詳細をご確認ください。