ホテルフォルツァ長崎

ホテルフォルツァ長崎のリフレッシュダブルルームに、朝食バイキング付きプランで宿泊しました。

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキングは、マツコの知らない世界に出演したホテル評論家の瀧澤信秋氏が「朝食バイキングがおいしいビジネスホテルTOP3」のうちの1つに選んだホテルです。

このページでは、客室のアメニティと朝食バイキングを食べた感想を紹介します。

客室のアメニティとインテリア

ホテルフォルツァ長崎

今回宿泊をしたリフレッシュダブルルームは、160センチ幅のダブルベッド(クイーンベッド)があり、2人で泊まってもぐっすり眠ることができる客室です。

ホテルフォルツァ長崎 

リフレッシュダブルルームのテレビサイズは40インチサイズ。

テレビはベッド前の壁に取り付けてあります。

ホテルフォルツァ長崎

窓側のデスクは、出張中に仕事をするのにも不便を感じないサイズ。

デスク上に置いてあるアメニティは、無料スマホhandy・iPad・ティッシュ・LEDライト・スマホ対応マルチ充電器・メモセットなど。

ホテルフォルツァ長崎

デスクの下は冷蔵庫やアメニティ類の収納スペースになっています。

ホテルフォルツァ長崎のアメニティ

部屋に置いてあるドリンクは、紅茶と緑茶の粉末スティックだけですが、宿泊者はフロント横にあるコーヒーマシンを自由に使えるので、好きなだけコーヒーを飲めて便利。

ホテルフォルツァ長崎の冷蔵庫

冷蔵庫を開けてみたら、中には何も入っていませんでした。

ホテルフォルツァ長崎のアメニティ

デスク横のクローゼットの中には、枕・ハンガー6本・リセッシュ・バゲージラック・ズボンプレッサー・靴べら・スリッパなどが入っています。

室内用スリッパは消毒した繰り返し使うタイプで、環境に配慮していて良いなと思いました。

リフレッシュダブルルームのマッサージ機

ホテルフォルツァ長崎のアメニティ

部屋の設備にはフットマッサージャーとマッサージクッションもあるので、疲れた身体をリフレッシュさせるのに最適。

ベッドの上に置いてある備品は、コットン製のナイトウェア(ワンピースのガウンタイプ)とマッサージクッションルルド。

ホテルフォルツァ長崎のアメニティ

ベッドの横には、1人掛けのチェアとフットマッサージャーとラウンドテーブルが。

チェアの背もたれにマッサージクッションを置けば、腰と足の両方をマッサージすることができます。

長崎観光で長い距離を歩いて疲れてしまいましたが、マッサージをしたらすっかり元気になりました。

客室からの眺望

ホテルフォルツァ長崎の眺望

アサインされた客室からの眺めは、上の画像のようになります。

ホテルは低い土地に建っているため、日本三大夜景の稲佐山から見る長崎の夜景のような眺めは望めませんが、街並みと低い山が見えて良い感じでした。

お風呂とトイレはセパレートになってる?

ホテルフォルツァ長崎のバスルーム

ホテルフォルツァ長崎のヒーリングダブルルームのお風呂は、トイレと一緒になったユニットバスになります。

ホテルフォルツァ長崎

バスタブのサイズは、身体全体完全には伸ばせないけれど、標準的な身長の女性なら足を伸ばして入れるサイズ。

洗い場がないのが残念ですが、入浴剤を入れてのんびりとお湯につかることができました。

シャンプーのブランドとアメニティグッズ

ホテルフォルツァ長崎のアメニティ

バスルームに置いてあるシャンプー類のブランドは、ペリカン石鹸のプロバンシアでした。

ラベンダーエキス配合のプロバンシアは、ホテル専用アメニティとして開発されたブランドです。

ホテルで使ってみて気に入る方が多いようで、以前は小売はしていませんでしたが、現在はペリカン石鹸の公式サイトで購入することができます。

ホテルフォルツァ長崎のアメニティ

洗面台上の棚に置いてあるアメニティグッズは、歯ブラシセット・折りたたみブラシ・綿棒・カミソリなど。

バスルームに基礎化粧品は置いてありませんが、チェックイン時にフロントで基礎化粧品などの女性用アメニティグッズをもらうことができます。

朝食バイキングを食べた感想

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキング

マツコの知らない世界で、ホテル評論家の瀧澤信秋氏が「朝食のおいしいビジネスホテルTOP3」の1つに選んだのが、ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキング。

長崎グルメを楽しめる朝食バイキングは、皿うどんや角煮まんじゅうなども食べることができます。

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキング

大きなお皿に取り分けたおかずは左手前から、玉子焼き・ホテルフォルツァ長崎名物の豚の角煮・ポテト。

左後ろから、さつま揚げ・うなぎの蒲焼・ミートボールです。

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキング

上の画像の手前は、ミニサイズの角煮まんじゅう。

皿うどんは、麺が少量ずつお皿に盛り付けてあるので、いろいろなお料理を少しずつ食べられます。

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキング

デザートは長崎名物のカステラとアイスクリームをいただきました。

>>ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキングの詳細はこちらでチェックできます

ご当地グルメを楽しめる朝食

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキング

料理の種類が多くて全メニューを食べきれなかったので、朝食バイキングに並んでいたお料理の一部を紹介します。

上の画像は「ごはんの友」コーナー。

昆布の煮物や辛子明太子、烏賊の塩辛など、ごはんが進む味の濃いおかずが並びます。

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキング

長崎郷土料理のヒカド。野菜がたっぷり入った健康的な汁物です。

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキング

ひつまぶしは名古屋の料理のような気もしますが、あご出汁で食べる「ひつまぶし」も並んでいました。

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキング

五島うどんは、五島列島名産の椿油が練り粉まれ、断面が丸くて細麺なのが特徴。

しっかりとしたコシと椿油の独特の風味に、ハマる人も多い美味しいうどんです。

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキング

パンコーナーは、アップルデニッシュ・クロワッサン・テーブルロール・食パンの4種類が並んでいました。

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキング

長崎B級グルメのトルコライス。

トルコライスとは、ピラフ・スパゲティナポリタン・とんかつ等のフライを一皿に盛り付けたお料理のことです。

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキング

デザートコーナーには、ヨーグルト・長崎カステラ・フレッシュオレンジ・バナナが並んでいました。

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキング

長崎独自の作り方のミルクセーキも楽しめます。

長崎のミルクセーキは、アイスクリームにミルクと練乳をかけて混ぜ合わせたもの。

牛乳に卵黄や砂糖を入れた一般的なミルクセーキとは違い、シェイクのような味わいになります。

ホテルフォルツァ長崎の朝食バイキングは、郷土料理や九州ならではの食材を使った料理が並ぶ、バランスの良い構成だと思いました。

まとめ

長崎市の繁華街中心部に立地し、寛ぎと眠りを追求したホテルフォルツァ長崎。

新地中華街やグラバー園などにアクセスが良く、アーケードの中にあるのでショッピングにも便利です。

客室はとても居心地がよく、フロントの方の対応も良かったので、また利用したいと思うホテルでした。

ホテルフォルツァ長崎の詳細


>>ホテルフォルツァ長崎の詳細と予約はこちらから

  • 住所:長崎県長崎市浜町4-11 ハマクロス411
  • 電話番号:095-816-2111
  • 最寄り駅:長崎駅前駅より路面電車の『正覚寺下行』に乗車。観光通り駅電停より徒歩1分
  • 駐車場:なし(有料提携駐車場の案内あり)
  • チェックイン: 14:00~29:30
    チェックアウト: 11:00
  • 朝食の時間:6:30?10:30(L.O. 10:00)
  • 大浴場:なし
  • コインランドリー:あり(有料)
  • 自動販売機:なし

※このページの内容は宿泊時のものになります。現在は朝食の内容やサービスなどが変更になっています。

【スポンサーリンク】