ダイワロイネットホテル姫路の宿泊記

ダイワロイネットホテル姫路に宿泊しました。

ダイワロイネットホテル姫路は、2018年10月姫路駅前に新規オープンした、全室バス・トイレがセパレートになったビジネスホテルです。

このページでは、ダイワロイネット姫路の朝食バイキングを食べた感想や客室のアメニティを紹介します。


客室のインテリア

ダイワロイネットホテル姫路の旅行記

今回はスタンダードダブルルームを予約しましたが、部屋が空いているとのことでツインルームにアップグレードしていただけました。

スタンダードツインルームは、幅110センチのシングルベッドが2台設置された、27.4平米の広さがある客室です。

ダイワロイネットホテル姫路の滞在記

窓側にセットされた家具は、2人掛けのソファセットとテレビなど。

ダイワロイネットホテル姫路に泊まりました

少し固めのクッションで座りやすいソファと、小さめサイズのテーブル。

なお、スタンダードツインルームにはデスクはありません。

ダイワロイネットホテル姫路に泊まってみた

テレビの下に収納されている備品は、加湿空気清浄機・ゴミ箱・セキュリティボックスがセットしてある引き出しなど。

テレビ台横の収納家具には、冷蔵庫や食器類が入っています。

ダイワロイネットホテル姫路の部屋の画像

部屋の奥から入口ドアを撮影したのが上の画像。

27.4平米あるツインルームなので2人で泊まっても、余裕を感じる広さだと思いました。

アメニティは何が揃っている?

ダイワロイネットホテル姫路のレビュー

収納庫の上の棚に収納されている備品は、電気ケトル・マグカップ・グラス・煎茶ティーバッグ・梅茶。

ダイワロイネットホテル姫路の客室冷蔵庫

冷蔵庫の中には何も入っていません。

また、無料のミネラルウォーターも置いてなかったです。

部屋に入ってすぐに何か飲みたいときは、チェックイン前にドリンクを購入しておくことをお勧めします。

ダイワロイネットホテル姫路の口コミ

テレビ下の引き出しの上段に収納されている備品は、マルチタイプの携帯充電ケーブル・LANケーブル・ランドリーバッグ・伝票類など。

下段の引き出しには、セキュリティボックスがセットされています。

ダイワロイネットホテル姫路のアメニティの画像

入口ドア横のクローゼットに収納されている備品は、ハンガー8本・消臭スプレー・折りたたみ式のバゲージラック・繰り返し使うタイプのスリッパなど。

ハンガーの本数が多いので2人で泊まっても、ハンガーが足りなくて困ることはなさそう。

スリッパが使い捨てタイプではないところに好感を持てました。


コンセントとUSB充電口

ダイワロイネットホテル姫路のベッド脇コンセント

ホテルで仕事をしたいときに重要なのがコンセントの数。

ダイワロイネットホテル姫路のスタンダードツインルームは、2台のベッドの真ん中にコンセントとUSB給電口があります。

画像だと分かりにくいですが、時計の左右にコンセントとUSB給電口が2口ずつ。

全部で4ヶ所から充電できるので、コンセントの取り合いになることもありません。

ダイワロイネットホテル姫路に泊まった人のブログ

テレビの横には、電気容量の大きな器具用のコンセント・通常のコンセント・USB給電口・LANケーブル差込口が。

コンセント類はかなり充実していると思いました。

独立したお風呂とトイレ

ダイワロイネットホテル姫路の客室トイレ

ダイワロイネットホテル姫路の客室は、すべての部屋がバス・トイレが独立した設計になっています。

トイレと洗面台は同じスペースに設置されていて、ゆったりとした空間に。

ダイワロイネットホテル姫路は全室がバス・トイレがセパレートになっています

バスルームはガラスの壁とガラスの扉で仕切られているので、窓がなくても圧迫感を感じない設計になっています。

ダイワロイネットホテル姫路は全室がバス・トイレが独立した設計です

楕円形のバスタブは、身体を伸ばして入れる長さはありませんが、1人ならゆったりとお湯に浸かれます。

ダイワロイネットホテル姫路のレインシャワー

ハンドシャワーとレインシャワーもついているので、シャワー派でも満足できるバスルームだと思いました。

>>ダイワロイネットホテル姫路の客室の間取り図と客室タイプ一覧はこちらで見ることができます

バスルームのアメニティ

ダイワロイネットホテル姫路のシャンプーのブランドは何?

バスタブの横には、シャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュの3点が大きなボトルに入って置いてあります。

ボトルは花王の業務用容器で、花王の共通アプリケーターとなっているため、中に入っているシャンプー類のブランドは不明。

ダイワロイネットホテル姫路のアメニティグッズの写真

上の画像は、洗面台の上に置いてある、アメニティグッズがセットされたトレイ。

歯みがきセット・カミソリ・クシ・綿棒がセットしてありました。

女性専用のアメニティグッズも

ダイワロイネットホテル姫路のアメニティグッズの画像

チェックイン手続きをすると、女性専用のフェイシャルマスク・ドリップコーヒー・ダージリン紅茶のティーバッグをもらえます。

ドリップコーヒーは、マイルドかビターから選ぶことができるので、マイルドタイプをいただきました。

コーヒー好きには嬉しいサービスです。


ルームウェアやパジャマのデザインは?

ダイワロイネットホテル姫路のナイトウェア

ダイワロイネットホテル姫路のナイトウェア(ルームウェア)は、ワンピースのガウンタイプのみです。

ツーピースのパジャマタイプはありません。

ナイトウェアはサラッとした厚めの生地で作られていて、丈は長めのデザイン。

ガウンタイプが苦手な場合は、着慣れたパジャマやルームウェアを持って行くことをお勧めします。

姫路城ビューの客室からの眺望

ダイワロイネットホテル姫路の部屋からの眺めは?

今回アサインされたのは、10階の姫路城側の客室。

反対側は姫路駅側になるので、姫路城ビューの眺望でラッキーでした。

ホテルから姫路城までそれなりに距離があり、お城自体もそれほど大きな建物ではないため、小さく見えるだけですが、夜になるとライトアップされた姫路城を見ることができます。

コインランドリーや大浴場はある?

ダイワロイネットホテル姫路のコインランドリー

8階の客室フロアにコインランドリーと自販機コーナーがあります。

全自動洗濯機には暗証番号を入力するセキュリティがついているので、洗濯物を盗難される心配もありません。

自販機の値段は、110円~160円と普通の価格設定。

ドリンクの種類もそれなりに多い感じです。

ちなみに、このとき一番安かったドリンクは、110円のクリスタルガイザー(ミネラルウォーター)でした。

ダイワロイネットホテル姫路に大浴場はあるの?

電子レンジは、5階と11階の自販機コーナーに設置。

大浴場はありませんが、部屋のお風呂はすべて洗い場付きなので、大浴場がなくても、ゆっくりと入浴できると思います。

吉福で朝食バイキングを食べた感想

ダイワロイネットホテル姫路の吉福の朝食ビュッフェの画像

朝食バイキングは、ホテル1階のレストラン吉福(きちふく)で食べることができます。

朝食料金は、大人1,300円・小学生600円・未就学児は無料。

リーズナブルな朝食料金設定だと思います。

ダイワロイネットホテル姫路の朝食バイキングを食べてみた

吉福の朝食バイキングは、和洋の料理が並びますが、料理の種類はそれほど多くない印象。

上の画像に取り分けたおかずは、蓮根のきんぴら・筑前煮・出汁巻玉子・しらすおろし・ベーコン・ウインナー。

ダイワロイネットホテル姫路の朝食のレビュー

こちらは、ミニサイズのクロワッサンとバゲット。

バゲットには、姫路名物のアーモンドバターを塗りました。

姫路名物のアーモンドバターは、ほんのり甘くてクセになる味です。

ダイワロイネットホテル姫路の朝食のメニューは?

こちらも、姫路名物の「姫路おでん」。

あっさりとした出汁で煮込んだおでんは、とても食べやすい味でした。

まとめ

今回は仕事をしようと思って、デスク付きのスタンダードダブルルームを予約。

チェックインの際に、ホテルのご厚意でツインルームに無料アップグレードしていただきました。

スタンダードツインルームにはデスクがなく仕事はやりにくかったですが、姫路城が見えて広い部屋で、ゆったりと過ごすことができて大満足。

駅から続く長いアーケードも近いので、商店街を歩くのもとても楽しかったです。

バス・トイレ別のホテルは姫路駅周辺にはほとんどないので、次に姫路に泊まるときも、ダイワロイネットホテル姫路に泊まりたいなと思いました。


ダイワロイネットホテル姫路の詳細


>>ダイワロイネットホテル姫路の客室・朝食バイキングの詳細と予約はこちらから

住所:兵庫県姫路市駅前町353番

電話番号:079-287-0655

最寄駅:JR姫路駅 中央口より徒歩約5分

駐車場:あり(先着順・1泊1,000円)

チェックイン: 14:00-27:00
チェックアウト: 11:00

朝食の時間: 6:30-10:00(LO. 9:30)

大浴場:なし

フィットネス:あり

自販機:あり

コインランドリー:あり

電子レンジ:あり

※この記事は宿泊時の情報をもとに執筆しています。現在の情報と異なる場合もあるので、詳細は公式サイトで詳細をご確認ください。