ダイワロイネットホテル銀座のデラックスダブルルームの口コミ
【ダイワロイネットホテル銀座のデラックスダブルルーム】

ダイワロイネットホテル銀座の、デラックスダブルルームに宿泊しました。

ダイワロイネットホテル銀座は、旅行サイトの口コミや評価が良く、東京の中でも人気エリアの銀座に位置し、アクセスもとても便利。

このページでは、ダイワロイネットホテル銀座に宿泊した感想を紹介します。

マッサージチェアがあるデラックスダブルルーム

ダイワロイネットホテル銀座のデラックスダブルルームの宿泊記

デラックスダブルルームの広さは23平米あり、1人で使うには十分な広さ。

入口側から部屋を見ると、上の画像のようになっています。

ダークブラウンとクリーム色をメインカラーにしたインテリアは、落ちついた印象でくつろげる雰囲気。

出張で泊まって部屋で仕事をしたり、一人旅での利用にもピッタリです。

今回は、空室があったのが一般フロアのみだったため、一般フロアに宿泊しました。

女性が1人で泊まるのなら、セキュリティ面が安心なレディースフロアの、デラックスダブルルームがオススメです。

客室のアメニティ

ダイワロイネットホテル銀座の口コミ
【部屋から入口ドアを撮影】

上の画像は、部屋から入り口のドアを撮影したもの。

入り口の右手にあるドアを開けると、バス・トイレがあり、壁には姿見鏡とズボンプレッサーが取り付けられています。

ダイワロイネットホテル銀座のデラックスダブルルームに宿泊した人のブログ

壁面に取り付けられたテレビは、ベッドに寝て見ることができる配置。

テレビの下にある、奥行きがない棚には食器などが入っています。

ダイワロイネットホテル銀座のアメニティ

テレビの下の扉の中は食器類の収納庫。

収納庫の中には、グラス・マグカップ・湯沸かしポット・アイスペール・トングが入っていました。

食器を照らす照明が良い感じです。

ダイワロイネットホテル銀座のアメニティとコンセント

食器棚の上にはコンセントが。

通常のコンセントの他にUSBの充電口もあります。

ダイワロイネットホテル銀座のアメニティには加湿空気清浄機もあります

テレビの下に置いてあるものは、ライトスタンドと加湿空狐清浄機。

壁に立てかけて置いてあるのは、折りたたみ式のバゲージラックです。

ダイワロイネットホテル銀座のデラックスダブルルームのクローゼッ

ベッドの横のクローゼットは、幅が80cmくらいあって収納力たっぷり。

ダイワロイネットホテル銀座のアメニティは何が揃っている?

クローゼットの下には、セーフティボックス・スリッパ・消臭剤・ランドリーバッグが。

ホテルに宿泊するのに必要なものは、ほぼ全て揃っていると思いました。

仕事をしやすい大きめのデスク

ダイワロイネットホテル銀座のデラックスダブルルームのクチコミ

上の画像は、窓際に設置されている、奥行きと横幅があるデスク。

左側の大きな黒っぽいファイルはホテルの案内で、小さなもの開くと卓上ミラーになります。

机の上には、無料のミネラルウォータが。

日本茶のティーバッグと湯飲み茶碗もセットされています。

大きめのデスクは、パソコンや書類を出してもゆとりがあり、仕事もはかどりそう。

ダイワロイネットホテル銀座のアメニティには充電器もあります

引き出しの中に入っていた布製ポーチの中には、LANケーブルと万能タイプの充電ケーブルが入っています。

ダイワロイネットホテル銀座のデスクと椅子

キャスターが付いた椅子は、落ち着いたブラックカラー。

クッションは柔らかすぎず背もたれも高いので、長時間座っていても疲れにくく、仕事をするのに最適な椅子となっています。

デラックスルームにはマッサージチェアも完備

ダイワロイネットホテル銀座のマッサージチェアはデラックスルームについています

ダイワロイネットホテル銀座で人気があるのは、マッサージチェアが設置されているデラックスルームです。

マッサージチェアは、腰から首にかけて揉みほぐしてくれるので、肩や腰が凝っている時にはたまらない心地よさ。

雅美が泊まった日は、長距離移動の出張で疲れていたので、部屋に入ってすぐにマッサージチェアへ。

1時間くらい、肩と腰をマッサージしました。

お風呂とトイレは独立している?

ダイワロイネットホテル銀座のデラックスダブルルームはバス・トイレ独立タイプ

デラックスダブルルームのお風呂とトイレは、セパレートになっています。

お風呂いは洗い場もあり、自宅のように寛げるのが魅力。

ユニットバスとは違い、トイレや洗面所が濡れることを気にせずに入れるのは、お風呂好きには嬉しいですよね。

ダイワロイネットホテル銀座のトイレはお風呂と独立しています

トイレは清掃が行き届いて清潔感があります。

洗面スペースは1人で使うなら余裕で使える広さだと思いました。

バスルームと洗面所のアメニティ

ダイワロイネットホテル銀座のデラックスダブルルームに宿泊しました

陶器製の白い洗面台の左側に置いてあるのは、ブラウンの袋に入ったドライヤーと、シャンプーなどのアメニティーが入ったトレイ。

右側には、バスタオル・フェイスタオル・コップが置いてあります。

ダイワロイネットホテル銀座のアメニティグッズとシャンプー

洗面台に置いてあるアメニティーグッズは、ボディタオル・綿棒・シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・歯ブラシ・カミソリ・クシ。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープのブランドは、株式会社ペリカン石鹸のトリプルC。

ペリカン石鹸は、グランドハイアット東京・帝国ホテル・ホテル龍名館東京などの、高級ホテルアメニティを製造する会社。

品質の高さに定評がある会社のシャンプーです。

ダイワロイネットホテル銀座のシャンプー類は、小さな容器に入っている使い切りタイプ。

これなら、衛生面でも安心ですね。

ダイワロイネットホテル銀座の独立型のバスルーム

洗面台の右手には独立したバスルームが。

バスルームはガラスで仕切られているので、思いっきりシャワーを浴びても大丈夫。

シャワーは、通常の手持ちタイプと、天井から降り注ぐレインシャワーの2種類がついています。

お風呂に入らないシャワー派の人も、レインシャワーがあれば満足できそう。

>>ダイワロイネットホテル銀座のデラックスルームとアメニティの詳細をチェック

銀座にありながら空間にゆとりがあるホテル

ダイワロイネットホテル銀座のエレベーターホール
【客室階のエレベーターホール】

客室階のエレベーターホールは、シックな雰囲気で広いスペースが取られています。

廊下の幅も大きく取られていて、窮屈さを感じることは全くありません。

ダイワロイネットホテル銀座は、縦に長い建物なので、廊下がずーっと続いているように見えました。

ダイワロイネットホテル銀座の自動チェックイン機

フロントは明るいガラス張りの空間で広々としています。

ホテルに到着したら、自動チェックイン機の使い方が分からないときは、フロントでルームキーのカードをもらいましょう。

自動チェックイン機にカードを入れて、事前精算処理を行うと、カードをルームキーとして使うことができます。

こだわりの日本茶とホテルオリジナルのコーヒー

ダイワロイネットホテル銀座の宿泊日記ブログ

フロントには、コーヒーや紅茶のドリンクや、入浴剤などのアメニティが置いてあります。

チェックインの際に、フロントで入浴剤とドリップコーヒーをいただきました。

ホテルオリジナルのコーヒーは、まろやかで酸味が少なく、美味しいコーヒーで大満足。

デスクの上にあった日本茶は、海外の方をイメージして作られているようです。

パッケージには五重塔のシルエットがデザインされ、日本らしいデザインに。

飲んでみたら美味しい日本茶でした。

ガウンやパジャマのナイトウェアはある?

ダイワロイネットホテル銀座のナイトウェアはツーピースのパジャマ

ナイトウェアは、ワンピースのガウンではなく、ツーピースのパジャマです。

パジャマは、柔らかなコットン素材で作られた、ゆったりとしたデザイン。

パジャマはベッドの上に2着置いてありましたが、サイズの表示はありません。

男女兼用のフリーサイズで、雅美が着ると余裕があります。

でも、身体が大きな人が着るのはちょっと難しいかなと思いました。

>>ダイワロイネットホテル銀座のアメニティや客室の詳細はこちらからチェック

朝食バイキングにはどんな料理がある?

ダイワロイネットホテル銀座の朝食バイキングの口コミ

ダイワロイネットホテル銀座の朝食バイキングは、2階のイタリアンレストラン「ザ キッチン サルヴァトーレ クオモ 銀座 」で食べることができます。

ダイワロイネットホテル銀座の朝食メニュー

イタリアンレストランの朝食バイキングということもあり、イタリアテイストのお料理が中心です。

主食は、玉子とトマトソース・粉チーズ・フレッシュバジルのオープンサンドを取り分けました。

パンコーナーに並んでいたのは、オープンサンド2種類・食パン・デニッシュなど。

ダイワロイネットホテル銀座の朝食バイキングを食べた感想

お皿に取り分けたのは、鶏肉のトマト煮・マカロニのクリームソース・ピクルス・ロースハム・ハッシュドポテト・アルファルファやブロッコリーなどの生野菜。

野菜類が多く、ヘルシーな朝食を食べることができます。

ダイワロイネットホテル銀座の朝食ビュッフェのデザート

デザートコーナーにはイタリアンレストランらしく、ティラミス・ナタデココ・オレンジやグレープフルーツなどのフレッシュフルーツなどが。

大好きなティラミスとヨーグルトを、メインに取り分けました。

ダイワロイネットホテル銀座のモーニングビュッフェを食べた人のブログ

レストランの店内はシックな家具が並び、クラシカルな雰囲気。

イスとテーブル席のほかに、落ち着いたソファー席や、外の空気が気持ちいいテラス席もあります。

宿泊した日は8月下旬で、朝でも32度近い猛暑日。

これだけ暑いと外で食事をする人はいなくて、テラス席はガラガラでした。

気候の良い春や秋なら、外の空気を感じられるテラス席で朝食を食べるのも良さそうです。

ダイワロイネットホテル銀座朝食ビュッフェのドリンク

冷たいドリンクは、アイスコーヒー・アイスティー・グリーンスムージー・野菜ジュース・オレンジジュースなどが並び、とても充実しています。

ホットドリンクは、コーヒー・紅茶・お茶など一通り揃っていました。

雅美は食べませんでしたが、和食コーナーもあって、基本的なお料理は一通り揃っています。

和食党の人でも、美味しく食べられると思いました。

なお、銀座という場所柄なのか、レストランは欧米の方や色々な国の方がとても多い印象。

国際色豊かな朝食会場でしたが、幸い騒がしい人はいなくて、落ち着いて朝食をいただくことができました。

[スポンサーリンク]

まとめ・宿泊した感想

今回は、羽田空港から京急線を利用して、ダイワロイネットホテル銀座に行きました。

京急線と都営浅草線は相互乗り入れしているので、羽田空港からは乗り換えなしでホテルに到着。

羽田空港にからのアクセスが良くて、便利な立地だと思います。

2015年12月1日に開業した新しいホテルで、館内がどこもキレイで気持ちよく過ごすことができました。。

宿泊日:2016年8月

ホテルの詳細とアクセス

>>ダイワロイネットホテル銀座の客室や朝食バイキングの詳細はこちらからチェック

住所:東京都中央区銀座1-13-15

電話番号:03-5159-1380

最寄り駅:

・東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅
10番出口より徒歩20秒(23:00~07:00は閉鎖)
6番出口より徒歩1分)

・東京メトロ銀座線・丸の内線 銀座駅
A13番出口より徒歩4分(24:45~06:00は閉鎖)
A7番出口より徒歩4分

・東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線 東銀座駅
A7番出口より徒歩5分

・JR山手線・京浜東北線 有楽町駅
中央口もしくは京橋口より徒歩8分

駐車場:立体駐車場あり(約50台)
※先着順のため予約不可

駐車場利用料金:1泊2,000円

チェックイン:14:00~29:00
チェックアウト:11:00

自動販売機:あり

大浴場:なし

コインランドリー:あり(有料)

コンビニエンスストア:1階にあり