輪島朝市丼

金沢と輪島を一人旅。

寿司処 伸福の能登丼(海鮮丼)を食べました。

輪島は初めていく場所なので、観光案内所のパンフレットをチェックしたところ「能登丼」なるものが話題になっているとか。

そこで、輪島のホテルマンおすすめの寿司処 伸福の能登丼(海鮮丼)を食べてみることにしました。

このページでは、能登丼の定義、寿司処 伸福のメニュー、豪華でウマすぎる能登朝市丼(海鮮丼)を食べた感想を紹介します。

能登丼とは

輪島朝市丼

能登丼は海鮮丼だけではありません。

能登丼は奥能登ならではの食材を使用した丼の総称で「奥能登ウェルカムプロジェクト推進協議会事務局」の公式サイトやパンフレットに定義が載っています。

能登丼の定義
【食材】

  • 奥能登産のコシヒカリ(米)を使用しています。
  • 奥能登の水を使用しています。
  • メイン食材に地場でとれた旬の魚介類、能登で育まれた肉類・野菜等、または地元産の伝統保存食を使用しています。

【食器】

  • 能登産の器を使用しています。
  • 能登産の箸を使用しています。
  • 箸はお客様にプレゼントいたします。

【調理】

  • 健康・長寿・ヘルシーにこだわっています。(塩分控えめ、動物性油を使わない、もしくは少量使用)
  • オリジナリティ(奥能登らしい、店独特のもの)あふれる丼です。
  • 奥能登地域内で調理し、提供いたします。

平日でも満席の人気店

寿司処伸福

今回は平日の18時25分ごろに予約なしで行ってみました。

観光シーズンではない6月だし、平日の早い時間なので余裕だろうと思っていたら、店内はかなり混雑しています。

カウンター席が1席だけ空いていたので、そこに座ることができました。

その後、19時前には2階席もほぼ満席になり、19時を過ぎるころにはネタの種類も少なめに。

この日は偶然にも混雑していただけかもしれませんが、地元のお客さんも多かったので、いつでも混んでいるのだと思いました。

好きなネタを楽しみたいときは、早めの時間を予約してから来店することをオススメします。

伸福のメニュー

寿司処伸福のメニュー

伸福のおすすめメニューは、能登朝市丼と地物にぎり。

どちらも2,700円であおさの味噌汁がついてきます。

おすすめ単品メニューは「のどぐろにぎり」1貫756円と「牛とろ炙りにぎり」1貫540円。

日本海側の魚の王様といえば「のどぐろ」。さすがのお値段です。

その他のセットメニューは以下のものがありました。

  • 特上にぎり 2,700円
  • 上にぎり 2,160円
  • 並にぎり 1,300円
  • 盛り合せ 1.100円

ほかには、値段は書いてありませんでしたが、天ぷら類やモズク酢、茶碗蒸し、天然岩ガキなどのメニューが壁に掛けられていました。

寿司処 伸福の能登丼を食べた感想

あおさの味噌汁

席に座って、絶対に食べると決めていた能登丼(輪島朝市丼)を注文。

寿司処 伸福を食べログでチェックすると、高評価な口コミが多いのでワクワクしながら出来上がるのを待ちます。

ほどなくして運ばれてきたのは、あおさのお味噌汁。

魚でしっかりと出汁をとってあり、とても美味しいお味噌汁です。

輪島朝市丼

お味噌汁が運ばれてきたすぐあとに、想像していたよりもはるかに豪華な海鮮丼が登場。

金沢駅周辺で食べたら、4,000円以上しそうな豪華さです。

甘えび・エビ・蟹の爪・イカ・カンパチ・中とろ・アジ・ウニ・穴子・いくら・サーモン・ヒラメなど、具材の種類の多さにビックリ。

そして、食べてみると魚介類のおいしさとシャリのバランスの良さに更にビックリ。

輪島朝市丼

ウマい、ウマすぎてどんどん箸が進みます。

上の画像は半分以上食べ終わったもの。

半分以上食べても、これだけ具が残っています。

ごはんよりも具材のボリュームのほうが多いんじゃないかと思うほど、大きなお刺身がたっぷりで魚介好きならはたまらい美味しさ。

天ぷら盛り合わせ

能登朝市丼でお腹がいっぱいになるボリュームだったのですが、隣の方が食べていた天ぷらもすごく美味しそう。

何を血迷ったのか、お腹いっぱいなのに気が付いたら「天ぷら盛り合わせ」を注文していました。

天ぷら類の値段は書いてありませんでしたが、海鮮丼の値段を考えると、それほど高くなさそうです。

そして運ばれてきた天ぷら盛り合わせが上の画像。

しっ、失敗したかも。と一瞬後悔しましたが、天ぷら盛り合わせに挑みました。

エビのてんぷら

天ぷらの種類は、けっこう多きなエビが3匹。

その他に、サツマイモ・カボチャ・レンコン・シイタケ・シシトウ・人参が1個ずつと、シソが2枚盛り付けてありました。

天ぷらの衣はすごくサクサクしていて、サラッとした後味の油で揚げてあるので、それほど無理をせずに完食していました。

普段はこんなに食べることはないのですが、本当に美味しいと、限界を超える量だと思っても余裕で食べられることができるみたいです。

輪島に用事がなくても、伸福さんのお寿司を食べるために金沢から行ってもいいなと思った至福の夕食になりました。

ごちそうさまでした。

※このページの内容は投稿時のものです。時点ではメニューや価格が変更になっていたり、終売している場合もあります。