ロードレーウのレモンステーキ

ハウステンボスのレストラン ロードレーウで、佐世保名物グルメのレモンステーキを食べました。

佐世保のグルメといえば佐世保バーガーが有名ですが、レモンステーキは地元の人に愛されているグルメなのです。

このページでは、ロードレーウのレモンステーキを食べた感想を紹介します。

【スポンサーリンク】

ロードレーウの人気メニュー

ハウステンボス ロードレーウ

佐世保グルメを楽しめるレストラン ロードレーウは、ハウステンボスのシンボルタワー ドムトールンの1Fにあります。

一番人気のメニューは、もちろん佐世保グルメのレモンステーキ。

雅美が食事をしていた時も、ほぼ全員がレモンステーキを注文していました。

その他、たっぷりとローストビーフが乗った、ローストビーフ丼なども人気です。

レモンステーキセットを食べた正直な感想

ロードレーウのレモンステーキ

薄切り肉を150グラム使用したレモンステーキは、外国産・国産牛・黒毛和牛の3種類から選ぶことができます。

レモンステーキの値段は、黒毛和牛が3,480円・国産牛が2,580円・外国産牛肉が1,680円。

ロードレーウで食事をするのは初めてなので、オーソドックスな1,680円のレモンステーキと洋食セット390円を注文。

洋食セットは、スープとごはんかパンを選べるセットです。

※現在は、黒毛和牛が3,550円・国産牛が2,860円・外国産牛肉が1,720円に変更されています。

ハウステンボス ロードレーウ

最初に運ばれてきた料理は、洋食セットのコーンポタージュスープ。

味はいたって普通でこれといって特に感想はなし。

ハウステンボス ロードレーウ

次に、温めたパンとレモンステーキが運ばれてきました。

パンに添えられているのはバターだと思いきや、予想外のマーガリン。

バターだと思い込んでパンに塗ってしまったので、あわててマーガリンを削ぎ落としました。

ハウステンボス ロードレーウ

さて、メインのレモンステーキを食べた感想です。

150gのお肉の下に、焼いたタマネギが敷いてあります。

レモンの酸味が食欲をそそりますが、安いだけあってお肉は硬くてあまり美味しくない。

レモンステーキのソースは、酸味があって食欲をそそります。

でも150gと書いてあるわりには量がとても少ない感じ。

沢山食べるほうでもない雅美ですが、全然おなかいっぱいになりませんでした。

ちなみに、佐世保ではレモンステーキのソースにご飯をひたして食べるのがお約束。

この日はとても暑くて熱中症気味で、ボーッとしてパンを注文してしまう大失敗。

パンを頼んでもついてくるのがマーガリンだし、セットを注文するのならご飯がオススメです。

ハウステンボス ロードレーウ

観光地価格とはいえ、このボリュームと肉質で1,680円(税抜き)なら、一旦ハウステンボスから出て、ハウステンボス前の「いきなりステーキ」で熱々のステーキを食べた方が良いと思いました。

おいしいレモンステーキが食べたいときは佐世保駅周辺へ

本当においしいレモンステーキを食べたいのなら、佐世保駅まで行くことをオススメします。

佐世保のレモンステーキは薄切り牛肉を使うのが正統派と言われていますが、佐世保駅近くのステーキサロン アサクラの分厚いレモンステーキは絶品。

週末などは予約がいっぱいになって入れないことも多いですが、ロードレーウのレモンステーキを食べて食欲が今ひとつ満たされなかったので、無性にアサクラのレモンステーキが食べたくなったのでした。

※このページの内容は訪問時および修正時のものです。現在は価格やメニューが変更になっている可能性があります。