佐世保ステーキサロン アサクラ

ステーキサロン アサクラで佐世保名物のレモンステーキを食べました。

ステーキサロン アサクラは、2020年に創業45周年をむかえた佐世保市民に愛されるレストランです。

このページでは、レモンステーキを食べた感想、レモンステーキの歴史などを紹介します。

佐世保名物のレモンステーキとは

佐世保でレモンステーキが誕生したのは昭和30年代。

佐世保はアメリカ海軍の街で、ステーキを提供するレストランが軒を連ねていました。

ところが、西洋のステーキはボリュームがありすぎて、当時の日本人には食べにくかったため、考案されたのがレモンステーキです。

レストラン門のチーフ東島シェフと社長が考えたレモンステーキは、すき焼き風のうすい肉を焼いて、さっぱりとした醤油ベースのソースをかけたもの。

現在では、東島シェフのもとで修行した料理人が独立し、それぞれがオリジナルレシピを作り、現在では佐世保バーガーと並ぶ名物料理になりました。

基本は薄切り肉ですが、厚みがあるステーキなどレストランによって異なります。

値段は2,000円前後から4,000円くらいで提供する店が多いようです。

レモンステーキ専門店 レモン・レイモンド
【レモンステーキ専門店 レモン・レイモンド】

佐世保の街を歩いていると、レモンステーキ専門店や洋食屋、喫茶店などのメニューにレモンステーキの文字や見本が。

値段や量もさまざまなので、食べ歩いて味を比べるのも面白そうです。

アサクラはランチ営業もしている?

佐世保ステーキサロン アサクラ

ステーキサロンアサクラの営業時間は、17時30分からとなっています。

夜のみの営業で、ランチは提供していません。

12時30分ころに店の前を通ったときは、店の中に人の気配はありませんでした。

佐世保駅周辺にはレモンステーキを提供しているレストランが何軒もあります。

レモンステーキをランチに食べたいときは、周辺のレストランを探してみてくださいね。

【スポンサーリンク】

予約しなくても大丈夫?予約方法は?

ステーキサロンアサクラは満席になる時間帯も多く、予約をしておくのが吉。

ネットで予約ができるか調べてみたところ、公式サイトなどで予約ができないため電話予約のみとなります。

また、お店でレモンステーキをいただいているときに、何度もお店の電話がなりましたが電話に出る余裕もないご様子。

ご夫婦だけでレストランを切り盛りされていて、電話に出る余裕もないほど動き回っていたので、週末など混雑する日は予約を入れるのも難しいかも(現在は甥っ子さんもお手伝いされているようです)。

なお、開店前にお店に行って聞いたときは、予約は2名以上からで1名の予約は受け付けていないとのことでした。

また、開店直後なら比較的空いているとのことで17時35分にアサクラへ。

17時35分に行けば余裕だろうと思っていたら、残り席数はまさかの1席。

どうにかギリギリお店に入ることができました。

アサクラのレモンステーキはボリューミーな厚切り肉

佐世保ステーキサロン アサクラ

ステーキサロン アサクラの店内は、調理場を囲むように作られたカウンター席が約10席と、6人くらいが座れるテーブル席のみとなっています。

この日は17時35分に行ったところ、すでに入店していたお客さんと予約席で満席に近く、1席だけ空いていたカウンターに通していただくことができました。

佐世保ステーキサロン アサクラ

注文したのは、佐世保名物のレモンステーキ。

他にも色々なステーキや海鮮の盛合せもあり、レモンステーキと同じステーキソースがかけられています。

佐世保ステーキサロン アサクラ

アサクラのステーキメニューは、すべてスープ・サラダ・ライス・デザート・ドリンクつき。

レモンステーキを注文すると、最初に自家製のポタージュスープが。

サラッとしたとろみが少なめのスープで、甘いポタージュが苦手な人でも美味しく飲める、さっぱりめの味わいです。

佐世保ステーキサロン アサクラ

次は、フルーツたっぷりのサラダ。

サラダの下半分がレタスなどの野菜で、上にはリンゴ・パイナップル・巨峰・キウイ・バナナなどが乗っています。

佐世保ステーキサロン アサクラ

フルーツにも野菜にも合うドレッシングがかけられていて、フルーツの上にはサワークリームが。

さらに2種類のスパイスがかかり、酸味・甘み・塩分・スパイスが絶妙なバランスで、とても美味しいサラダでした。

佐世保ステーキサロン アサクラ

次は、待ちに待ったメイン料理 レモンステーキの登場です。

佐世保のレモンステーキは、薄切り肉が鉄板の上に乗っていることが多いのですが、アサクラは厚切りのお肉をお皿に乗せるスタイル。

佐世保ステーキサロン アサクラ

厚めにカットされたお肉がミディアムレア状態に焼かれ、上にはレモンスライスが乗っています。

お肉が2切れ乗っていたので、違う角度からも撮影してみたのが下の画像。

佐世保ステーキサロン アサクラ

厚みがあるお肉に、極上のレモンステーキソースがかけられています。

透明なソースは、なんとも言えない爽やかな酸味があり、お肉にからめると絶品。

ライスにつけると美味しいと、アサクラの公式サイトで呼んだので、フォークに乗せたごはんをソースにひたしてパクリ。

ソースご飯が美味しすぎる!

普段はあまり白飯を食べず、ステーキのときはパンを注文するのですが、レモンステーキには絶対にご飯。

ソースとご飯だけで、お茶碗2杯は余裕で食べられると思いました。

佐世保ステーキサロン アサクラ

最後の料理は、デザートとコーヒーです。

エスプレッソを飲むような小さなカップに入ったコーヒーは、濃い目でコクがありました。

デザートのムース(ババロア?)は、ムースというより牛乳プリンといった感じ。

フルーツなどは入っていない、甘み控えめのあっさりとしたお味です。

佐世保ステーキサロン アサクラ

ムースだけを食べると物足りない味ですが、甘さと柑橘系の酸味が濃い濃厚なフルーツソースと一緒に食べると最高のバランスに。

最後まで、大満足のディナーでした。

印象に残ったのは、一見無愛想に見える奥様は、たえず動き回られていて、話してみるととても良い方だったこと。

また、マスター兼シェフのご主人の手際がとても良かったこと。

技能が素晴らしい料理人さんに贈られる証明書が、厨房の片隅にさりげなく飾られていたのが印象に残りました。

美味しいレモンステーキをありがとうございました。ごちそうさまでした。

【スポンサーリンク】

ステーキサロン アサクラの基本情報

  • 住所:長崎県佐世保市塩浜町1-3
  • 営業時間:17:30~21:30(ランチ営業なし)
  • 定休日:不定休
  • アクセス:佐世保駅から徒歩約6分
  • 駐車場:なし

佐世保グルメのレモンステーキをハウステンボスのレストラン ロードレーウで食べてみた

※このページの内容は、以前投稿した記事を一部修正し再公開したものになります。