金沢おでん赤玉

金沢おでん 赤玉に一人で行ってみました。

このページでは、金沢おでんとはどのような料理なのか、食べた感想、赤玉の店舗情報、メニューなどを紹介します。


金沢おでんとは

金沢おでん赤玉

金沢おでんとは、金沢ならではの食材を使ったおでんを昔から居酒屋で提供していたもので「金沢おでん」という言葉が自然に生まれました。

ところが、「金沢おでん」という呼び名はあるものの、これといった定義がないまま、観光客の増加やSNSなどで「金沢おでん」を提供する飲食店が急増する事態に。

そこで、金沢市内で営業している創業50年以上の老舗で金沢おでん老舗50年会を2018年8月30日に結成。

「金沢おでん老舗50年会」以下のように定義づけをしました。

金沢おでんの定義
車麩、赤巻、ふかし、バイ貝、カニ面、金沢銀杏(ぎんなん)を使い、ひろず、源助大根などの加賀野菜といった金沢独特の具と、各店が大切にするだしを用いたものを「金沢おでん」とする

現在は観光客の急増で、地元の常連客が店に入れないという観光公害も増えている実情も。

市民がフーフーと食べられるようにということから、毎月22日を「金沢市民おでんの日」に設定しています。

種類豊富なメニュー

金沢おでん赤玉

金沢おでん 赤玉のメニューは、とにかく種類が豊富。

普段はメニュー選びで選びことはほとんどありませんが、普段見ている具材と違うものも多く、どれを選んだらいいのか悩んでしまいました。

お店の方に人気の具材を聞くと「車麩・バイ貝・やさい巾着・肉団子・大根」などとのこと。

冬は「香箱かに面」が人気とのことでした。

金沢おでん赤玉

また、お店の入り口には「名物元祖」と書かれた一品料理も。

赤玉牛すじ肉・どて焼き・赤玉湯豆腐・茶飯がオススメのようです。


金沢おでんを食べた感想

金沢おでん赤玉

私はお酒が飲めないし、夜に一人で行くと居づらく感じると思い、平日の17時15分ごろにお邪魔することに。

お店に入ってみると、店内は地元の常連客っぽい2~3人のお客さんがいるだけで、すんなりとカウンターに座ることができました。

金沢おでん赤玉

まずは、金沢おでんの人気の具材「バイ貝・肉団子・やさい巾着」などと、名物の「牛すじ肉」を注文。

金沢おでん赤玉

肉団子は鶏のつくねのような柔らかい触感かな?と想像していたら、しっかりとした噛みごたえがあり肉々しいお味。

やさい巾着は想像以上に大きくて、油揚げの中に春雨と何種類かの野菜がギュッと詰まっています。

金沢おでん赤玉

熱々の牛すじ肉は、臭みがまったくなくて美味!

バイ貝はダシがしっかりと染みていて、独特の触感と貝の旨味があわさって何個でも食べられそうな美味しさでした。

予想外のボリューム大のおでん4個と牛すじ肉で、お腹はかなりパンパンになっていましたが、もう少し他の具材も食べてみようと思い2個を追加注文。

金沢おでん赤玉

お店の方オススメの大根は芯までダシが染みていて、これを嫌いな人はいないだろうという美味しさです。

個人的に好物のロールキャベツは肉がたっぷり詰まっていて、キャベツの甘味と肉の旨味をしっかりと感じることができました。

お会計はソフトドリンクを含めて約3,000円。

入ったときに2~3人しかいなかった店内は、お店を出た18時ごろにはほぼ満席に。

ほとんどが常連客っぽくて、地元の方に人気があることが分かります。

お腹がパンパンで苦しくなっていましたが、いろいろと食べられて大満足の夕食になりました。

赤玉 本店と金劇パシオン店は別の店?

金沢おでん赤玉

金沢おでんの名店として、テレビなどで赤玉本店が紹介されることが多いですが、赤玉金劇パシオン店とは別の店のようです。

赤玉本店の公式サイトや食べログを見てみると、本店は無色に近い透明なダシなのに対して、金劇パシオン店は赤い色の醤油っぽいダシ。

さらに、赤玉本店の公式サイトには「金劇パシオン店」の記載はどこにもありません。

今回、私が金劇パシオン店に行くことにしたのは、本店は入れないことが多い上に接客が悪いという口コミが複数投稿されていたため。

地元の人は赤玉金劇パシオン店に行くというルールも一部ではあるようなので、今回は金劇パシオン店に行くことに。

平日のオープン直後なら空いているし、1人で行ってもお店の方が気持ちよく接客してくださり、本当に良いお店だと思いました。

赤玉本店も気になるので、行く機会があったら味の違いなどを比べてみたいと思います。

赤玉 金劇パシオン店の営業時間と休業日

金沢おでん赤玉

住所:
石川県金沢市片町1-7-23 金劇パシオン1階

電話番号:
076-221-6655

営業時間:
17:00~0:00 (L.O.23:30)

アクセス:
バス停「片町パシオン前」下車すぐ

予約:不可

個室:なし

定休日:水曜日

駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)

※このページの情報は投稿時のものです。営業時間や休業日が変更になっている可能性もあるため、訪問する際は事前に金劇パシオン公式サイトなどでご確認ください。