ル・パティシエ・ミエル米子

ル・パティシエ・ミエルのケーキを食べました。

夫が出張で米子に行ったとき、地元の方にお土産にケーキを買いたいと聞いたら、ル・パティシエ・ミエルが美味しいと紹介されたそう。

このページでは、ケーキ3種類を食べた感想と、店舗や販売時間などを紹介します。


ブルーベリータルト

ル・パティシエ・ミエル米子

クランブルのタルト生地はザクザクした食感。

フォークを入れようとしても、強い力を淹れないとフォークが入らず、今まで食べたタルトの中では一番硬かったです。

タルト生地の上に乗っている生クリーム、ブルーベリージャム、カスタードクリームはほんのりと甘さを感じる程度でした。

タルト生地はそれなりに甘いのですが、全体的には甘さをあまり感じないという印象。

個人的には、こういった食感のタルトもありかな?と思いますが、ザクザクと硬い食感は好き嫌いがはっきり分かれそうです。

ミルクレープ

ル・パティシエ・ミエル米子

クレープ生地の端までしっとりとした食感のミルクレープ。

ラズベリー・フレッシュブルーベリー・生クリームが飾り付けてあります。

ル・パティシエ・ミエル米子

クレープ生地の間には、甘さが控えめのカスタードクリーム・カスタードクリームが重ねられ、ところどころにラズベリーのアクセントが。

甘さをかなり抑えてあるので、生クリームとカスタードクリームがたっぷり挟んであっても、もたれる感じは全くありません。

甘すぎるケーキが苦手な夫は、美味しそうに食べていて、とても気に入ったようです。

クレープ生地のしっとり感が良いと思うケーキでした。


レモンのレアチーズケーキ

ル・パティシエ・ミエル米子

今回食べた3つのケーキの中で、いちばん口に合うと思ったのがレモンのレアチーズケーキ。

レモンの酸味をしっかりと感じることができる、夏にぴったりの爽やかなケーキです。

ル・パティシエ・ミエル米子

生クリームは他のケーキ同様に甘さはほとんど感じませんが、程よい甘さを感じるチーズムースはレモンとチーズの酸味のバランスが絶妙。

底に敷いてあるクラフティが食感・甘さ・苦味のアクセントになり、中央部に挟んであるスポンジのしっとり感と味の変化で、最後まで飽きずに食べることができました。

上に乗っているレモンのシロップ煮は、皮の苦味やえぐ味が残っていなくて、甘さと酸味がしっかりとした仕上がりです。

レモンだけ何枚も食べたくなる、レモン好きな方にはぜひ食べてほしいと思う仕上がりでした。

ケーキの売り切れに注意

このページのケーキは、夫が出張のついでにル・パティシエ・ミエルのケーキを買ってきてくれたものです。

以前、夫が米子に出張した際にもミエルのケーキを買おうとしたのですが、14時ごろにお店に行ったときには、ほとんどのケーキが完売で残っていたのはロールケーキだけで購入を断念。

お店の方に聞いたところ、開店直後に買いに来るお客さんが多く、午前中にかなりのケーキが売れてしまうとのこと。

今回は11時20分くらいに買いにいったところ、1種類のケーキがすでに売り切れで、自分たちのあとにもお客さんが何人も来たとか。

午後に行くとケーキが売り切れている可能性が高いようなので、11時30分くらいまでに買いに行けば、好きなケーキを選ぶことができそうです。

まとめ

ル・パティシエ・ミエルのケーキは、全体的に甘さ控えめな仕上がりでした。

デコレーションはシンプルで、これぞホームメイドのケーキといった印象です。

米子駅周辺には、美味しいケーキ屋さんがあまりないみたいなので、米子駅から距離はありますが、美味しいケーキを食べたいときに立ち寄ってはいかがでしょうか。

また、カフェスペースもあるので、持ち帰りが難しいときにはお店で食べるのも良いかもしれません。

ル・パティシエ・ミエルの詳細

住所:683-0804 米子市米原5-10-10

電話番号:0859-22-3088

最寄駅:JR境線 三本松口駅より徒歩5分

駐車場:あり(5台)

定休日:
・火・水曜(祝日の場合営業)
・その他、不定期で休む場合あり

営業時間:
・ケーキ販売 11:00~18:00
・カフェ 12:00~17:30(L.O. 17:00)

※このページの情報は投稿時のものです。現時点では商品や営業内容が変更になっている場合もあります。