運河の宿おたるふる川の夕食メニュー
【小樽ふる川の夕食】

小樽運河の目の前に位置する温泉旅館 小樽ふる川に宿泊しました。

この投稿では、会席料理の夕食・朝食バイキングを食べた感想と、充実したフリードリンクを中心に紹介します。

なお、運河側ツインルームのアメニティやラウンジ、天然温泉の大浴場については前の投稿で紹介しています。

>>小樽ふる川の宿泊記-部屋・アメニティ・温泉編

夕食は北海道産の食材を使った会席料理

小樽ふる川の会席料理・夕食の献立

小樽ふる川の夕食のスタンダードメニューは、全部で8品の会席料理になります。


【夕食の献立】

先付
湯葉豆腐・ズワイガニ塩辛・卵元・ラディッシュ・えんどう豆ソース掛け

お造り
オホーツク産メヌキ湯霜造り・ズワイガニ・噴火湾産ホタテ・ボタンエビ・紫蘇・芽物・山葵

焼物
真鱈昆布〆焼・まいたけバター・レモン・蛍烏賊の煮物

箸休め
コンソメ仕立て大和芋のつみれ・白髪葱・イタリアンパセリ

煮物
富良野産和牛バラ煮込み・茄子揚げ浸し・大根・人参・チンゲンサイ

強肴
野菜煮浸し ニセコ産栗かぼちゃ・函館山スルメイカ・ヤングコーン・オクラ・イチジク・チーズソース

お食事
黒千石豆と古代米の炊き込みご飯 道産米ななつぼし
香の物 柚子大根・小茄子漬
味噌椀 鶏つみれ・豆腐・小葱

菓子
さつま芋プリン・抹茶クリーム・黒蜜・ブルーベリー


運河の宿小樽ふる川の夕食ブログ

席に案内していただいて、すぐに運ばれてきたのはみかんリキュールを使った食前酒。

甘くて飲みやすい~!と思っていたら、お酒をほとんど飲めない雅美は、すぐに顔が火照ってきました。

夫も「アルコール度数がかなり強いよ」と言っていたので、酔いやすい人は要注意。

運河の宿小樽ふる川の夕食の口コミ

先付の湯葉豆腐。

固めの食感の湯葉豆腐と、コクのあるえんどう豆ソースに酸味があるズワイガニの塩辛の風味が加わり、初めて食べる味の組み合わせが何ともおいしい!

運河の宿おたるふる川の夕食付きプランの宿泊記

お造りは、大きなお皿に盛り付られて運ばれてきました。

雅美はカニアレルギーが少しあるので蟹は夫にあげて、新鮮なホタテのお刺身を2人分食べました。甘味と程よい噛みごたえがあって美味しい~!

小樽ふる川の2食付きプラン滞在記

ボタンエビとメヌキのお刺身は小皿に乗っていて1人分ずつ取り分けられます。

甘エビの柔らかな触感が苦手ですが、ボタンエビの弾力がある身は噛みごたえがあって美味しい。

甘エビを敬遠している夫もボタンエビは気に入ったようで、おいしそうに食べていました。

メヌキは臭みを感じない固めの身と、ほどよい脂のりが美味。

知らない魚なので調べてみたら、身体が真っ赤な深海魚でメヌケとも呼ばれ、水揚げが少ないことから高値で取引される高級魚のようです。

運河の宿おたるふる川の夕食では手巻き寿司も食べられます

お刺身をおいしく食べられるよう、酢飯・かつおぶしの板状シート・海苔が、お造りと一緒に運ばれてきました。

お腹いっぱいになりそうなので、酢飯と海苔セットを全て夫にあげたら、炭水化物LOVEな夫は大喜び。

小樽古川の夕食で会席料理を食べた感想

真鱈の焼物には北海道産のカリフラワーとタマネギ、ドライトマトが添えられています。

お野菜はどれも甘味があり、添えられていたホタルイカの煮物は薄味で食べやすく仕上がっていました。

小樽古川に宿泊して夕食の会食料理を食べた感想

モッチモチの食感がたまらなく美味しい大和芋のつみれとコンソメ風味のスープ。

白髪ネギと醤油の味付けで洋風になりすぎず、和風な料理に仕上がっています。

運河の宿小樽ふる川は口コミで食事がおいしいと評判のホテルです

富良野産和牛バラ肉の煮物。

盛り付けられたお料理を見ると、お野菜だけに見えます。

小樽ふるかわの夕食はどんな料理が出るの?

白髪ネギ・チンゲンサイ・人参をどけると、中から和牛と大根が出てきました。

箸ですぐに切れる和牛バラ肉を口の中に入れると、とろけてしまう柔らかさ。

味の染み込んだ大根も、柔らかくて甘味があって美味。

運河の宿おたるふる川のディナーコースを食べた感想

強肴は野菜の煮浸し。

サワークリームとクリームチーズを使った酸味があるソースが、野菜や無花果(イチジク)によく合います。

栄養豊富なオクラやイチジクが入っていて、美容にも良さそうなお料理ですね☆

小樽ふるかわの血管が若返る黒千石豆の炊き込みご飯

お食事は、黒千石豆と古代米を使った炊き込みご飯とお味噌汁・お漬物です。

黒千石豆は血管を若返らせると、テレビの健康番組でも紹介され一時は大人気となった希少な豆。

栽培に手がかかり、北海道の一部の地域で少数の生産者さんが育てています。

クセがなく食べやすい黒千石豆に、少しだけ入っている生姜のピリ辛風味が加わり、食べやすい塩味の炊き込みご飯。

小豆やお赤飯が苦手な夫も、塩と生姜の味付けが美味しいと喜んで食べていました。

豆類が苦手な人にもオススメしたい、美味しい炊き込みご飯です。

運河の宿おたるふる川のディナーのデザートはさつまいものプリンでした

お楽しみのデザートはサツマイモのプリン。

黒蜜と抹茶クリームで和風に仕上がっています。

さつまいも・栗・カボチャが苦手な夫の分も美味しくいただきました。2人分食べて、めっちゃ幸せ♪

揚げ物やステーキがなく男性には物足りないかな?と思っていましたが、全てのお料理を食べ終えるころにはお腹いっぱいになっていました。

女性グループで来ている方は、ほとんど全員が黒千石豆の炊き込みご飯を、おにぎりにして部屋に持ち帰っていたので、女性には少し多いくらいの量かも。

雅美は、酢飯ぜんぶと炊き込みご飯の7割くらいを夫に食べてもらったので、ちょうどお腹いっぱいになりました。

>>運河の宿 小樽ふる川の夕食コース一覧とメニューの内容はこちらでチェック

部屋にも持ち帰ることができるフリードリンク

小樽ふる川の宿泊者専用ラウンジの画像

1階の光ラウンジの入口には、コーヒーマシンやゆず茶などが並んでいます。

小樽ふる川のフリードリンクサービス

コーヒーマシンにセットされている豆は、フェアトレードで購入された有機栽培珈琲と運河ブレンドの2種類。

濃さもストロング・レギュラー・アメリカンから好みの濃さで抽出できます。

運河の宿おたるふる川の無料の赤玉ワインとコーヒーマシン

その他、ゆず茶と昆布茶もそろっていて、夜になるとフリードリンクに赤玉ワインも仲間入り。

クラシック音楽が流れるラウンジで、赤玉ワインを飲みながら読書をするのも楽しそう。

小樽ふるかわのラウンジでは好きなカップを選んでコーヒーが飲めます

上の画像は、コーヒーマシンの横に置いてある食器棚。

中にはいろいろなデザインの和風マグカップが並んでいます。

ラウンジでコーヒーを飲むときは、好きなマグカップを選べばより美味しくいただけそう。

部屋で飲みたいときは、マシンの上に置いてある持ち帰り用カップを使えばOK。

2階にはビネガードリンクとフローズンフルーツも

運河の宿小樽ふる川のフルーツビネガードリンクとフローズンパイナップル

2階の書庫(大浴場出入り口の近く)には、湯上がりにピッタリなビネガードリンクとフローズンフルーツがあります。

泊まった日のフレーバーは、リンゴ酢で作ったドリンクとパイナップルでした。

優しい酸味とフルーツの味を楽しめるビネガードリンクは、よく冷えていて湯上がりに飲むには最高です。

小樽ふる川の自動販売機

湯上がりにビールを飲みたいときは、自動販売機で買うことができます。

アルコールはエビス・サッポロ生・サッポロクラシック・麦とホップ・ネクターサワー・男梅サワーの6種類。

フリードリンクは、キリンガラナ・いろはす・綾鷹・ポカリスエット・カルピスなどが揃っています。

>>運河の宿 小樽ふる川の館内設備・アメニティ・サービスの内容はこちらでチェック

小樽運河を見ながら食べる朝食バイキング

小樽ふるかわの朝食ビュッフェを食べた感想

朝食バイキングは夕食と同じレストランで提供されます。

小樽運河を見ることができる窓側が特等席で、窓際の席はオープンとほぼ同時に埋っていました。

小樽ふる川の朝食バイキングの口コミ

和食派の夫は、ごはん・味噌汁や和風の食材をチョイス。

小樽ふる川の朝食バイキングを食べた感想

洋食派の雅美は好きなおかずを盛り付けて、北海道産コーンを使ったスープやレストラン内で焼いているパンを食べました。

小樽ふる川の朝食ビュッフェのブログ

アップルパイとクロワッサンがおいしくて全部で6個も食べてしまい、しばらくは体重計に乗れないと思います。

小樽古川ホテルの朝食ビュッフェには焼き立てもパンも並びます

この日の焼き立てパンは全部で5種類。

上の画像はサクサクのクロワッサンとアップルパイ。

運河の宿おたるふる川の朝食バイキングの画像

ダブルチーズツイスト・メープルピーカンデニッシュ・全粒粉パンが並びます。

運河の宿おたるふる川の朝食で人気の北海道産とうもろこしのスープ

手作り感たっぷりのコーンスープ。

北海道産のとうもろこしの粒が沢山入っています。

小樽ふるかわの朝食バイキングを食べた人のブログ

手前に並んでいるお皿は、ポテトとベーコンのグラタンとミートボール。

グラタンがめちゃくちゃ美味しくて、おかわりしました♪

小樽ふるかわの朝食のクチコミ

こちらは、タコと野菜のカルパッチョ。

カルパッチョには色々な野菜が使われていて、とってもヘルシーな一品。

小樽ふる川の朝食つきプラン滞在記

北海道産タラコ・函館山いか塩辛・ニシン甘露煮・梅干しなど、白飯にピッタリのおかずが並びます。

運河の宿おたるふる川の旅行日記

こちらは、鱈の煮物。

北海道の食材をふんだんに使ったおかずが並び、つい食べすぎてしまうこと間違いなしです。

小樽ふるかわの朝食レストラン

運河を見ながら食べる朝食バイキングは、予想していたよりも沢山のおかずが並んでいて大満足。

ごちそうさまでした。

[スポンサーリンク]

チェックアウト後は小樽観光へ

小樽運河が見えるホテル

曇天の合間に雪がちらついた前日とは打って変わり、この日は快晴。

朝食を食べた後は少し休んで、温泉に入ってチェックアウト。

晴れた小樽の街をのんびりと観光して新千歳に向かいました。

口コミで人気ということで楽しみにしていた小樽ふる川。

想像していたよりも、はるかに良いお宿でホッコリと過ごすことができました。

小樽観光をして温泉に入って、美味しい食事を楽しみたい方にはすごくオススメしたいホテルです。

宿泊日:2017年2月

温泉旅館 小樽ふる川の詳細

>>運河の宿 小樽ふる川の食事付きプラン一覧と予約はこちらから

住所:北海道小樽市色内1-2-15

電話番号:0134-29-2345

最寄駅:JR小樽駅 徒歩約13分

駐車場:あり(20台・1泊500円)

チェックイン: 15:00~24:00
チェックアウト: 12:00

自動販売機:あり

コインランドリー:ランドリールームあり

電子レンジ:なし

無料ドリンク:コーヒー・ゆず茶・昆布茶・ビネガードリンク・ワインなどあり

Wi-Fi:あり

大浴場:あり(天然温泉・泉質 ナトリウム塩化物泉