ホテルブライトンシティ北浜のレディースフロア滞在記

ホテルブライトンシティ大阪北浜に、レディースフロアに朝食付きプランで宿泊しました。

ホテルブライトンシティ大阪北浜は「ミシュランガイド 京都・大阪 2016」に掲載。

トリップアドバイザーの「Certificate of Excellence2015年受賞施設」に選ばれるなど、数々の賞を獲得していホテルです。

このページでは、レディースルームに宿泊した感想と、アクセス・周辺のコンビニやレストランなどを紹介します。

なお、和朝食や客室のアメニティについては、次の投稿をご覧ください。

セキュリティ面も安心なレディースフロア

ホテルブライトンシティ大阪北浜の宿泊記

ホテルブライトンシティ大阪北浜のレディースフロアに入るためには、2重のセキュリティを解除しなければ入れません。

まず、カードキーをエレベーターの読み取り装置にかざすと、エレベーターに乗ることができます。

さらに、エレベーター内部のセキュリティ装置に、レディースフロアのルームキーをかざしましょう。

すると、レディースフロア階のボタンが押せるようになる、二重のセキュリティで安心です。

レディースフロアのキー以外では、回数ボタンのはロック解除できません。

女性1人で宿泊したいときは、レディースフロアなら、安心して泊まれそうです。

女性目線で作られたレディースルーム

ホテルブライトンシティの部屋ってどう?

今回が宿泊したのは、レディーススーペリアダブルルーム。

スーペリアダブルルームの広さは20平米で、ゆったりとしたお部屋です。

参考程度ですが、泊まった部屋の簡単な間取り図を作ってみました。

ダークブラウンをベースにした部屋は、アメニティが充実。

大きめのデスクと疲れにくいチェアがあり、仕事をするのにも最適で出張にもオススメです。

セパレートのお風呂とトイレ

ホテルブライトンシティ大阪北浜のバスルームは独立しています

お風呂とトイレはセパレートになっているので、ユニットバスのような不便さを感じずに自宅のように入浴が可能。

ゆっくりと入浴することができて、リラックスできました。

トイレと洗面台があるスペースと、バスルームはガラス扉で仕切られています。

ユニットバスだと、バスタブの中で身体を洗ったりシャンプーをしなければならず不便ですよね。

シャワーを浴びるスペースも、しっかりと確保され狭さは感じません。

お風呂にゆったりと浸かって、バスタブの外で髪や身体を洗えるビジネスホテルがあると、周辺のホテルより少し高くても泊まりたくなります。

ホテルブライトンシティのお風呂

バスルームからは、磨りガラス越しに部屋を見ることができて、閉塞感を感じにくい設計。

バスタブの長さはあまりないですが、女性なら窮屈さを感じずに入ることができるサイズだと思います。

ホテルブライトンシティ大阪北浜のレディースアメニティはポーラのアロマエッセゴールド

バスルームにはポンプタイプの容器に入った、シャンプー・コンディショナー・ボディソープが置いてあります。

シャンプー類のブランドは、ポーラのアロマエッセゴールド(aroma Ess. gold)。

アロマエッセゴールドは、髪や肌に優しい成分を配合した、ノンシリコンのシャンプーシリーズです。

ホテルブライトンシティ大阪北浜のレインシャワー

シャワーは、通常の手持ちタイプとレインシャワーの2種類が。

レバーを動かすことで、どちらからお湯を出すかを切り替えることができます。

シャワー派の女性も、これなら満足できますね☆

客室のアメニティ

ホテルブライトンシティ大阪北浜のレディースルームに宿泊した人のブログ

雅美はパソコンを持ち歩いて、ホテルで仕事をすることも多く、デスクが小さいと仕事がはかどりません。

ホテルブライトンシティ大阪北浜のスーペリアルームは、幅160cmのゆったりと使えるデスクを設置。

デスクの上にはライト・電話機・ティッシュ・コーヒーマシン・ミネラルウォーターが置かれ、左側の壁にはテレビが掛けられています。

椅子は程よいクッション性があり、腰への負担は殆どありません。

長時間座って仕事をしたところ、腰が痛くなることもなく快適でした。

ホテルブライトンシティ大阪のセーフティボックス

デスクの引き出しには、貴重品を入れるセーフティボックスが。

デスク下の左側の扉を開けると、冷蔵庫が入っています。

冷蔵庫も濃い茶色で、部屋のシックな雰囲気に溶け込んでいて違和感がありません。

ホテルブライトンシティ大阪北浜の冷蔵

デスク下の右側には、カップやお茶・電気ポットなどがセットされています。

ホテルブライトンシティ大阪北浜のコーヒーマシンはUCCのドリップポッド

デスクの上に置いてあるコーヒーメーカーは、UCCのドリップポッド。

ホテルブライトンシティ大阪北浜のクチコミ

専用のスペシャルブレンドコーヒーが1回分と、日本茶のティーバッグが2個がセットしてありました。

>>ホテルブライトンシティ大阪北浜の客室一覧とアメニティの詳細はこちらから

新大阪・大阪・梅田駅)からのアクセス情報

ホテルを選ぶ際に気になるのは、アクセスの良さですよね。

ホテルブライトンシティ大阪北浜の最寄駅は、地下鉄堺筋線の「北浜」駅。

北浜駅の5番出口からは、歩いて約1分の場所にあります。

ただし、地下鉄堺筋線は大阪駅(梅田駅)や新大阪駅は通りません。

新大阪・梅田駅から北浜駅まで行くためには、1回乗り換える必要があります。

地下鉄谷町線の「東梅田」駅から「南森町」駅まで1駅乗り、南森町駅で堺筋線に乗り換えて1駅先が「北浜」駅になります。

梅田駅から東梅田駅まで歩いて、さらに乗り換えるのが面倒なら、地下鉄御堂筋線の利用がオススメ。

梅田駅・新大阪駅から御堂筋線に乗り、淀屋橋駅で降りれば、徒歩10分ほどでホテルに到着します。

大阪地下鉄の路線図

地下鉄御堂筋線は新幹線の乗り換えに便利な新大阪駅のほか、キタからミナミへと中心地を通る便利な路線。

大阪の人気スポットの心斎橋駅・難波駅、新世界に近い動物園前駅・あべのハルカスがある天王寺駅を通るので、乗り換えなしで人気スポットまで行けるのが魅力。

また、ホテルの目の前にはセブン-イレブン、斜め前にはローソンがあり、コンビニまで1分かかりません。

隣のビルは、レストランやドラッグストア、スーパーマーケットなどが入っている北浜駅直結の「ザ・北浜プラザ」も。

レストランや食品スーパーも近い、とても便利な場所なのです。

まとめ:宿泊した感想

ホテルブライトンシティ大阪北浜に滞在した感想

レディーススーペリアルームのベッド幅は、150cmのダブルサイズ。

寝心地の良いベッドで、1人で寝ると広々していて気持ちいい。

1人で静かに過ごせるから、自宅よりも熟睡できたかも。

たまには、広いベッドを独り占めして眠るのも、なかなか良いものだと思いました。

落ち着いたインテリアやこだわりのアメニティで、自宅のように寛ぐことができて大満足。

長くなったので、朝食とアメニティグッズについては次の記事に書きますね。

【続きの記事はこちらから】

>>ホテルブライトンシティ大阪北浜のレディースフロア宿泊記【朝食&アメニティ編】

ホテルブライトンシティ大阪北浜の詳細

ホテルブライトンシティ大阪北浜の宿泊プラン・詳細は下のリンクからご覧いただけます。

>>ホテルブライトンシティ大阪北浜の宿泊プラン一覧と予約はこちらから

住所:大阪府大阪市中央区伏見町1-1-1

電話:06-6223-7771

最寄り駅:
・地下鉄堺筋線 北浜駅 徒歩1分
・地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 徒歩10分
・京阪電鉄 北浜駅 徒歩5分

駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)

チェックイン: 15:00-26:00
チェックアウト: 11:00

朝食の時間: 06:30-10:00(L.O.-09:45)

大浴場:なし

コインランドリー:あり(有料)

自動販売機:あり