東京ステーションホテルのドームサイドキングルーム宿泊記

東京ステーションホテルの、ドームサイドコンフォートキングルームに宿泊しました。

このページでは、ドームサイドコンフォートキングのインテリアやアメニティ・客室からの眺めなど、宿泊した感想を紹介します。

>>東京ステーションホテルの宿泊記-ラウンジの朝食バイキング編

なお、朝食バイキングを食べた感想は、前の投稿をご覧ください。

[スポンサーリンク]

ドームサイドコンフォートキングルームの眺め

ドームサイドコンフォートキングルームからの眺め
【ドームサイドキングルームからの眺め】

東京駅丸の内改札のドームを、部屋から眺めることができるドームサイドの客室。

キングベッドが1台設置された客室は、ドームサイドコンフォートキングとドームサイドキングルームの2種類があります。

東京ステーションホテルのキングルームからの眺めはどんな感じ?

部屋の画像を見たところ、コンフォートキングルームは窓が2つあって眺めが多いのに対し、キングルームは窓が1つだけで眺望がイマイチっぽい。

どうせ泊まるなら、眺めがよいほうがいいと思い、ドームサイドコンフォートキングルームを予約しました。

東京ステーションホテルの滞在記

部屋に入って窓の外を見ると、ドームの天井が近い!JRの改札を通り抜ける人たちを上から見ることができて、いつも通っている東京駅が違う場所のように思えてきます。

東京ステーションホテルに宿泊した人のブログ
【ドームを見ることができる宿泊者専用スペース】

ドームを部屋から眺めることができるのは、ドームサイドルームのみですが、宿泊者専用のドーム観覧スペースがあります。

東京ステーションホテルには丸の内駅舎工事のパネルが展示されています

壁には東京駅の丸の内駅舎の復元方法や配置図などのパネルが展示され、復元工事や駅舎の歴史を知ることができました。

部屋は狭い?インテリアはどんな感じ?

東京ステーションホテルのキングベッド

ドームサイドコンフォートキングルームの室内は、キングベッドが1台と1人掛けソファが1台、デスク用チェアが1脚置いてあります。

もちろん、キングベッドなので2人で眠っても、十分ゆったりと使えるサイズになっています。

東京ステーションホテルのドームサイドコンフォートキングルームに泊まった感想

ただし、上の画像のように部屋のスペースはあまり広くないため、ドームサイドルームを2人でゆったりと使いたいのならドームサイドスーペリアツインルームがオススメ。

また、東京ステーションホテルにはシングルルームがないため、1人で宿泊するときは基本的にキングルームかクイーンルームになります。

ドームサイドのキングルームの広さは30平米。

今回は1人で泊まったため、ゆったりと過ごすことができました。

ドームサイドコンフォートキングルームの入口

ちなみに、ドームサイドコンフォートキングルームの入口は上の画像のような感じ。

ずっしりとしたダークブラウンのドアをあけて部屋に入ると、右側にクローゼットの引き戸があります。

ドームサイドコンフォートキングルームのインテリア

クローゼットの前から部屋の中を撮影したのが上の画像。

東京ステーションホテルの中でも、ドームサイドルームは天井がとても高い客室で圧迫感がありません。

東京ステーションホテルの部屋は狭い?

部屋の中から入口を見ると、上の画像のようになります。

ドームサイドコンフォートキングルームは、お風呂や洗面所・入口などにスペースが取られているため、お部屋はそれほど広くありません。

ベッドの前に1人掛けソファとガラスのテーブルが置かれ、ベッドの向かい側の壁にはデスクが置いてあります。

Wi-Fiやアメニティはどんなものが揃ってる?

東京ステーションホテルのドームサイドキングルームの口コミ

スモールラグジュアリーホテルというだけあり、アメニティも充実しています。

デスクの上にかけられたクラシカルなミラーは、鏡の部分が魚眼レンズのようになっています。

東京ステーションホテルのアメニティはどんなものが揃っているの?

デスク上に置いてあった3冊の本は、英語で書かれた東京オリンピックを紹介する冊子・Discaver Japan・SMALL LUXURY HOTELS。

SMALL LUXURY HOTELSは世界各国のスモールラグジュアリーホテルを紹介している本で、東京ステーションホテルやホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド、宮古島のシギラベイサイドスイートアラマンダなど、日本のホテルは数軒だけが掲載されていました。

東京ステーションホテルのアメニティ

引き出しの中にはアート系の雑誌・ホテルの案内・鏡・LANケーブルなどが入っています。

東京ステーションホテルのデスクにはコンセントが3口

テーブルのコンセントは机の中に隠れていて、使いたい時はフタを上げて使うタイプ。

LAN差込口・AC100Vのコンセントが3口あり、海外仕様の製品でも差し込めるようになっているみたいです(多分)。

有線LANのほかに無料のWi-Fiも利用可能で、パスワードを入力して接続したら、サクサクと動いて快適でした。

ホテルによっては無料Wi-Fiが重くて困りますが、ストレスを感じずに使えると仕事もはかどります。

東京ステーションホテルの食器と冷蔵庫

テレビ下の扉を開けると、食器やコーヒー類と冷蔵庫が収納されていました。

東京ステーションホテルのアメニティ

一番上の棚にセットされているドリンク類は、紅茶・ホテルオリジナルのドリップコーヒー・日本茶・ミニボトルのお酒類・おつまみなど。

紅茶・コーヒー・お茶は無料ですが、お菓子やお酒は有料です。

東京ステーションホテルの食器類

2段目にはグラス類や栓抜き、湯飲み茶碗が入っていました。

ぱっと見ただけでも、上質な食器であることが分かります。

東京ステーションホテルの女子一人旅ブログ

一番下の棚に入っているのは、カップアンドソーサー・アイスペール・湯沸かしポット。

東京ステーションホテルの客室冷蔵庫

冷蔵庫の中にはビール・日本酒などのアルコール類・ソフトドリンク・ミネラルウォーターが入っています。

アルコール類やソフトドリンクは有料ですが、ホテルオリジナルのミネラルウォーターは無料。

ミネラルウォーターには、東京ステーションホテルの文字と駅舎のイラストがデザインされています。

東京ステーションホテルのアメニティ

ベッドサイドのナイトテーブルに置いてあるのは、目覚まし時計・電話・ホテルオリジナルの原稿用紙タイプのメモパッド・ホテルロゴ入りのボールペンなど。

原稿用紙デザインのメモパッド・ロゴ入りボールペン・ステッカー2種が入った「文豪セット」にも、部屋に置いてあるものと同じメモパッドとボールペンが入っています。

東京ステーションホテルのナイトウェアはガウンタイプ

ナイトテーブルの上の引出には、ワンピース(ガウンタイプ)のナイトウェア2着と非常用のペンライト。

ツーピース(パジャマタイプ)のナイトウェアではないのが残念だと思いました。

画像はありませんが、ナイトウェアが入っている下の引き出しには、セーフティボックスが収められています。

東京ステーションホテルのアメニティ

反対側のナイトテーブルには、アイパッドなどと接続できるスピーカーが。

ドームサイドコンフォートキングルームのクローゼット

クローゼットの中には、ハンガー8本・洋服ブラシ・靴べら・使い捨てスリッパなどが入っています。

下に置いてあるスリッパは、ビジネスホテルでよく見る白い使い捨てタイプより、少しふっくらとしている感じです。

ホテルのロゴが入っているのかな?って思っていたら、予想に反して普通の使い捨てスリッパでした。

東京ステーションホテルのドームサイドコンフォートキングルームのクローゼット

クローゼットの反対側の扉を開けると、アイロンとアイロン台が入っていました。

>>東京ステーションホテルの客室一覧とアメニティの詳細はこちらでチェック

独立したお風呂とトイレ

東京ステーションホテルのお風呂は独立している?

部屋のお風呂とトイレは独立したセパレートタイプで、とても使いやすい設計。

ユニットバスじゃないのが嬉しいです。

洗面台が中央にあり、左側がトイレで右側がバスルームになっていました。

バスルームには窓がありませんが、バスルームの仕切りがガラスになっていて圧迫感がありません。

また、バスルームの天井にはレインシャワーがついているので、シャワー派の人も満足できるバスルームだと思います。

東京ステーションホテルのパウダールームとバスローブ
トイレのドアは曇りガラスになっています。

トイレも窓がありませんが、曇りガラスのドアにすることによって、狭さを感じない空間になっていると思いました。

ドアの横にはバスローブが2着かけられていて、バスローブをみただけで「これぞホテルライフ!」ってテンションアップする雅美は小市民かも。

東京ステーションホテルの洗面台

洗面台の蛇口は、インテリアと同じテイストのクラシカルなデザイン。

HOT・COLDと書かれた取手を内側に向かって回すと、お湯と水が出ます。

東京ステーションホテルのアメニティグッズ

洗面台上のトレーに入っているアメニティグッズ。

ボディタオル・ヘアーブラシ・カミソリ・シェービングジェル・歯ブラシセット・ENGLISH SPAのESローション(ボディローション)・綿棒・ヘアバンド・シャワーキャップ。

東京ステーションホテルのアメニティグッズにはイングリッシュスパのESソープもありました

良い香りに癒やされるENGLISH SPAのESソープ(化粧石けん)。

ラグジュアリーホテルに泊まる時は、シャンプーや石けんはどんなブランドでどんな香りがするのかな?って、行く前から想像するだけでも楽しいものです。

東京ステーションホテルのENGLISH SPAシリーズは好みの香りだったので、使わずにお土産としていただいてきました。

東京ステーションホテルのアメニティ

洗面台の下にはカゴ・ボックスに入ったドライヤー・バスタオルが置いてあります。

床の上に置いてあるのは、円形のヘルスメーター。

東京ステーションホテルのアメニティ

ガラスとシルバーカラーのスタイリッシュなヘルスメーター。

一瞬、体重を計ってみようと思いましたが、旅行で食べすぎて身体が重くなっていたので怖くて乗れませんでした。

東京ステーションホテルのお風呂

バスタブは大きめで、足をのばしてゆったりとお湯に浸かることができます。

洗い場も使いやすくて、自宅のように寛いて入浴することができました。

東京ステーションホテルのシャンプーのブランドはイングリッシュスパES

バスルームに置いてあるミニサイズのシャンプー・コンディショナー・ボディソープも、もちろんENGLISH SPAのESシリーズ。

それぞれ2個ずつ、2セットが置いてありました。

東京ステーションホテルのトイレはセパレートになっています

広すぎず狭すぎないトイレスペース。

もちろん、便座のフタは自動開閉タイプです。

地下のフィットネスに併設されたスパを利用可能

東京ステーションホテル地下のスパ

東京ステーションホテルには大浴場や温泉はありませんが、地下のフィットネスクラブに併設されたスパ(温浴施設)を利用することができます。

女性用スパには人工温泉・人口炭酸泉・サウナがあり、ブルーの照明でライトアップされた浴槽でゆったりと入浴すれば、日ごろの疲れも吹き飛ぶかも。

新陳代謝アップすると女性に人気の炭酸泉ですが、浴槽が小さく4人入ると窮屈に感じるサイズです。

ゆったりと炭酸泉に入りたいときは、夕方や早朝など空いていそうな時間に行くのがオススメ。

なお、スパを利用するのには2,000円(2017年6月現在)の利用料がかかります。

利用料金が高いなと感じるときは、部屋のお風呂にお気に入りの入浴剤を入れて入ってみてはいかがでしょうか。

セパレートのお風呂なので、ユニットバスのような使いにくさを感じずに長湯ができます。

東京駅と直結したホテルの入口でアクセス良好

東京ステーションホテルのアクセス

東京ステーションホテルの入口は、JR丸の内南側改札の前(ドームの中)と、建物方出た外側の丸の内中央口と南口の間にあります。

JR丸の内中央改札口を出ると、東京ステーションホテルの案内があるので、改札を出ずに手前を左に曲がりましょう。

東京ステーションホテルの東京駅からの行き方

JR丸の内南口改札を出ると、右側にホテル入口があります。

東京ステーションホテルのアクセス

丸の内中央口・丸の内北口の改札を出てしまった場合は、駅舎の外に出て左方向に進みます。

東京ステーションホテルのエントランス

しばらく歩くとホテルのエントランスが見えてきます。

羽田空港からのアクセスですが、モノレールで浜松町まで出て、浜松町でJR京浜東北線か山手線に乗り換えて東京駅で下車するのが一番楽に移動できます。

山手線と京浜東北線は丸の内改札に近いので、広い東京駅構内をあまり歩かずにホテルに行くことができます。

文豪セットや限定スイーツはお土産に最適

東京ステーションホテルの文豪セット

部屋のデスク引出に入っているファイルには、オリジナルステッカー2種類やポストカードと一緒に、東京ステーションホテルオリジナルグッズのパンプレットが入っています。

東京ステーションホテルオリジナルの原稿用紙タイプのメモパッド

一番人気の「文豪セット」は、部屋に置いてあるステッカー2種類とホテルロゴがデザインされたボールペン・原稿用紙のマス目が印刷されたメモパッドのセット。

その他、ホテルオリジナルのドリップコーヒー3Pセット・東京駅丸の内駅舎イラストが印刷されたクッキーなどもオススメ。

ホテルオリジナルグッズは、JR丸の内改札を出て左側にある松屋(MATSUYA)で販売しているので、宿泊しなくても購入できます。

東京ステーションホテルとらやの限定スイーツ

また、ホテル2階には「とらや」があり、ランチを食べたり東京駅限定の羊羹などを買うことができます。

今回、オリジナルスイーツとスパの利用券付きプランで予約をしたら、虎屋の限定羊羹がついてきました。

>>東京ステーションホテルの宿泊プラン一覧とアメニティの詳細はこちらでチェック

館内ツアーガイドを片手にホテル内を探検

東京ステーションホテルの館内ツアーガイド

ホテルのチェックイン手続きをすると、東京ステーションホテルの館内ツアーガイドをもらえます。

ガイドを片手にホテルの中を探検したら、丸の内駅舎の歴史を知ることができて、他のホテルとは違う楽しみ方ができました。

すごく長い東京ステーションホテルの廊下

東京ステーションホテルは駅舎2階の一部と3階のほぼ全てが客室になっています。

東京駅の丸の内側を歩いたことがある方なら想像できると思いますが、駅舎となっている建物は横にすごく長い構造。

建物が長いから、もちろん廊下もとっても長くて、端っこの部屋になったら遠くて驚くかもしれません。

ちなみに、ホテルのフロント側(南口)から、今回アサインされた北口側の客室まで5分くらいかかりました。

東京ステーションホテルのクラシカルな螺旋階段

上の画像は、ホテルの中央付近にある螺旋階段。

ホテルの中心部にはビジネスセンターもあり、仕事に集中したい時には便利です。

東京ステーションホテルのエレベーター

上の画像は、2階の客室階専用エレベーター。

エレベーターの中は鏡張りで重厚な雰囲気です。

中心の2Fのエレベーターホール

上の画像は、2階のエレベーターホール。

エレベーターホールから客室前の廊下に入るためには、ルームキーのカードをかざして自動ドアを開ける必要があります。

セキュリティもしっかりしていて安心です。

まとめ・泊まった感想

東京ステーションホテルのドームサイドコンフォートキングルームの旅行ブログ

東京で生まれ育ったくせに、ずーっと存在を知らなかった東京ステーションホテル。

東京のホテルの口コミを見てから、いつかは泊まってみたいと思いつつ、ちょっと高いなーって躊躇していました。

今回、スパと限定スイーツ付きのプランでドームサイドのお部屋に宿泊。

ホテルの方のホスピタリティが素晴らしく、廊下ですれ違う時の絶妙なタイミングでの気持ち良い挨拶や、朝食時の対応など心から満足できる滞在となりました。

東京駅直結のレトロでクラシカルな空間で優雅に過ごすのは、自分へのご褒美にピッタリ。

もちろん、女性同士や夫婦・カップルにもオススメです。

最初は、宿泊料金がちょっと高いかもと思っていましたが、お値段以上に満足できるホテルでした。

ホテルの詳細情報

>>東京ステーションホテルの宿泊プラン一覧と予約はこちらから

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1

電話番号:03-5220-1112

アクセス:JR東京駅丸の内南口に直結

駐車場:あり 1拍2,000円(予約不可)

チェックイン: 15:00ー29:30
チェックイン: 12:00

朝食時間: 6:30-11:00(L.O.10:30)

大浴場:地下にあるスパの温浴施設を利用可能
※スパは別料金

無料Wi-Fi:あり

有線LAN接続:あり

ビジネスセンター:あり

自動販売機:なし

コインランドリー:なし