ガーデンテラス長崎のガーデンスイートルーム
【ガーデンテラス長崎ホテル&リゾートの客室専用テラス】

ガーデンテラス長崎は稲佐山の中腹に位置し、客室から夜景を楽しめる全室がスイートルームのリゾートホテルです。

このページでは、長崎ガーデンテラス本館のガーデンスイートルームのアメニティと眺望、夜景が見えるビューバスについて紹介します。

なお、レストラン「フォレスト」のビーフステーキディナーと、レストラン「秋月」の朝食セットを食べた感想は、次のページをご覧ください。


ガーデンスイートのインテリア

ガーデンテラス長崎の本館ガーデンスイートルーム

ガーデンテラス長崎は、全室が50平米以上の広さのスイートルームになっています。

予約をした部屋は、本館グランドテラスのガーデンスイートルーム。

最初は新館のプレミアムハーバースイートに泊まろうとしましたが、新館が満室で予約できなかったので本館を選びました。

ガーデンテラス長崎の本館ガーデンスイートルーム
【ガーデンテラス長崎本館ガーデンスイートルーム】

ガーデンスイートルームは、客室の面積が53.47平米~59.04平米で、ベッドルームが仕切られていない大きなワンルームタイプになります。

上の画像の右側がリビングスペースで、左側の奥にある洗面台・クローゼット・脱衣所を兼ねたスペースです。

ガーデンテラス長崎の本館ガーデンスイートルーム

ガーデンテラス長崎の客室は、自宅のように寛げる部屋をコンセプトにしているため、インテリアはとてもシンプル。

ソファは角が多い変わったデザインで、かなり固めの座り心地が少しザンネンかも。座り心地よりもデザイン性を重視しているみたいです。

ガーデンテラス長崎の本館ガーデンスイートルーム

上の画像は客室の入口です。

入口ドアの向かって右手前が、食器と冷蔵庫の収納庫。左側には小さな収納庫とデスクが置いてあります。

ガーデンテラス長崎の本館ガーデンスイートルーム

どこまでもシンプルなデザインに徹した、テーブルセットとデスク。

2台並んでいるセミダブルベッドも、すべての無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインです。セミダブルベッドの幅は140センチあり、ゆったりと眠れました。

セパレートのトイレ

ガーデンテラス長崎の客室トイレ

完全に独立しているトイレも、シンプルで機能的な空間です。

自動開閉式の便座と横幅がある白いシンク台が設置された、広めで明るいトイレになっています。


客室のアメニティ

ガーデンテラス長崎のアメニティ

入口近くの食器類や冷蔵庫が入っているキャビネットの上には、コーヒー類が並んでいます。

食器と飲み物リスト
  • ドリップコーヒー
  • 紅茶のティーバッグ(アップル・キャラメル・ストロベリー・アプリコット)
  • 煎茶のティーバッグ
  • ミネラルウォーター
  • カップ&ソーサー(IITTALA製)
  • 急須
  • ティーバッグ用トレイ

食器は全てシンプルでスタイリッシュなデザインです。カップ&ソーサーが素敵なデザインなので、ブランドを見たらIITTALA製でした。

ガーデンテラス長崎のアメニティ

キャビネットの右側の扉を空けると、上の段にはスプーンやおつまみのスナック類が入っていました。

下の段に並んでいる、グラスや湯飲み茶碗もシンプルかつスタイリッシュなデザインです。全てにこだわりを感じます。

ガーデンテラス長崎のアメニティ

冷蔵庫の中には、アルコールやソフトドリンクが入っています。冷蔵庫内のドリンクは、ミネラルウォーター以外は有料でした。

ガーデンテラス長崎のアメニティ

デスクの上には、必要最低限の備品しか置いてありません。さりげなく1輪だけ飾ってある、サーモンピンクのカーネーションが粋だと思いました。

デスク上に並んでいる備品は、ティッシュ・ミラー・電話機・メモ用紙とペン・レストランの案内などのパンフレットです。

ガーデンテラス長崎のアメニティ

デスク上段の引き出しのに入っていた備品は、ホテルの宿泊約款とホテル内の地図などが入ったファイル。

黒いケーブルはLANケーブルです(無料Wi-Fiはありません)。一番下の段にはセーフティボックスが収納してありました。

ガーデンテラス長崎のアメニティ

部屋の入口ドアのすぐ横の収納庫に入っていた備品は、室内用の使い捨てスリッパや靴のお手入れ用品など。

シンプルなスリッパは、クッションが厚めでフワフワの履き心地です。

バスアメニティ

ガーデンテラス長崎の客室

仕切り壁には、2人で並んで使える大きな洗面台が。

洗面台が設置されている壁の裏側は、テレビ台が置いてあるリビングスペースになります。

ガーデンテラス長崎のアメニティ

洗面台の左側に置いてあった備品は、アメニティグッズが入ったボックス。

アメニティグッズボックスの蓋には、「Garden Terrace NAGASAKI」の文字とロゴが刻印されています。

どんなアメニティグッズが入っているか、ワクワクしながら蓋を開けてみました。2段になったボックスには、アメニティグッズがギュッと詰まっています。

ガーデンテラス長崎のアメニティ

上の画像は、上の段に入っているアメニティアメニティです。

ガーデンテラス長崎のアメニティ

こちらは、下の段に入っているアメニティグッズ。

ボックスのアメニティグッズ
  • ボディタオル
  • ヘアバンド
  • 石けん(オムニサンス グリーンソープ)
  • バスソルト
  • ヘアブラシ
  • 綿棒
  • 爪やすり
  • 歯みがきセット
  • 資生堂エリクシールの基礎化粧品セット
  • コットンセット
  • カミソリ

上質なアメニティグッズが多いので、ボックスから出して並べてみました。

本物のローズとユリを配合したバスソルトは、天然香料の優しい香りに癒やされます。

ガーデンテラス長崎のアメニティのオムニサンス

好きなブランドの、オムニサンスのアメニティグッズが揃っていると、見ているだけでテンションアップします。

私がテンションアップして喜んでいるのを、夫は意味不明な顔をして見ていました。

ガーデンテラス長崎のアメニティのオムニサンス

洗面台の上に並んでいたミニサイズの容器は、オムニサンスのシャンプー類。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ボディローションの4点セットで、これがあればヘアケアもボディケアもバッチリです。


>>オムニサンス スターターセット(グリーンソープ・ハンドクリーム入り)

ガーデンテラス長崎のバスルーム

洗面台の後ろはクローゼットスペースになっていて、右側のガラス扉がバスルームの入口になります。

オープンタイプのクローゼットスペースは、余分なものを一切置いていない、スッキリとしたスペースです。

こんな家に住めたら素敵だろうなと想像しながら、どう考えても物が溢れて無理っぽいと思いました。

ガーデンテラス長崎のバスローブ

クローゼットスペースの低い棚には、厚手のワッフル生地で作られたバスローブが2着と、バスタオルが4枚並んでいます。

ガーデンテラス長崎のアメニティ

下の段には洋服用のブラシ・消臭剤・ランドリーバッグ・テラスなどで使うためのブランケットが。

テラスで夜景を見る時に寒くないようにブランケットが用意されているのは、さすが上質のリゾートホテルだなと思いました。

ナイトウェアのデザイン

ガーデンテラス長崎のナイトウェア

ナイトウェアのデザインは、ツーピース(パジャマ)になります。

パジャマは、洗面台後ろに設置された2段チェストの上の段に収納してありました。

サイズはLサイズとMサイズが1着ずつになりますが、サイズが合わない場合はSサイズとXLサイズを持ってきてもらうことができます。

パジャマを着てみると、柔らかなコットン素材で作られていて、ふんわりとした着心地で締めつけ感はありません。

上質なパジャマを着て、気持ちよく眠ることができました。

>>ガーデンテラス長崎ホテルのアメニティの詳細と客室タイプ一覧はこちらから

夜景を楽しめるビューバス

ガーデンテラス長崎のビューバス

ガーデンテラス長崎には、大浴場や温泉はありません(有料ですが、大きな浴槽にシャワーブース3台とサウナがついた貸切風呂はあります)。

そのかわりと言ってよいか分かりませんが、客室のバスルームは、夜は美しい夜景を見ながら入浴を楽しめるビューバスになっています。

ガーデンスイートのバスルームは、壁や床に天然石を使用した優しい雰囲気の空間。

12月の16時ころにバスルームを撮影したのが上の写真で、まだ明るいため眺望は良くないです。

ガーデンテラス長崎のビューバス

暗くなるとガラッと雰囲気が変わり、バスルームの照明を落とすと、長崎の美しい夜景をブラインド越しに眺めることができました。

バスソルトに入っている天然アロマの香りに癒やされながら、長崎の夜景を見ていたら、つい長湯をしてしまいました。

貸切風呂を利用しなくても、美しい夜景を楽しめるビューバスで充分満足できました。


客室テラスの眺望

ガーデンテラス長崎の眺望

日本三大夜景のうちの一つである長崎の夜景は、稲佐山の展望台から見ることができます。

ガーデンテラス長崎は展望台がある稲佐山の中腹に位置するため、山頂の展望台よりも対岸の街が近い夜景をいることができます。

16時過ぎにチェックインした時は雨が降っていましたが、薄暗くなるころには雨が止んでくれました。上の画像は17時過ぎに撮影したものです。

ガーデンテラス長崎の眺望

本館のガーデンスイートルームの前は、ホテルの庭になっています。庭の向こう側に、長崎の街の灯りがゆらめく夜景を見ることができます。

日没後30分くらい経過すると、庭・海・対岸の街の灯りのコントラストが美しくなってきます。

ガーデンテラス長崎の眺望

時間の経過とともに霞がうすくなってきて、クリアな視界になりました。

ディナーを食べ終わって部屋に戻ったときには、思いがけず美しい夜景を楽しめました。

上の写真の右手に写っている大きなクレーンは、世界遺産の「ジャイアント・カンチレバークレーン」。

高さ75mある三菱重工業のジャイアント・カンチレバークレーンは、1909年(明治42年)に竣工されてから100年以上経った現在も使われています。

ガーデンテラス長崎の眺望

テラスの左方向に見えるの灯りは、海の玄関口となっている大波止。ひときわ輝いていて、とても美しく見えました。

シャトルバス乗り場と時刻表

ガーデンテラス長崎シャトルバス乗り場

ガーデンテラス長崎へのアクセスは、長崎駅から無料のシャトルバスかタクシーを利用するか、車で行くのが便利です。

長崎駅のシャトルバス乗り場は、JR長崎駅の改札口を出て左に進み、ロータリーに出たら交番の方向に進むと、コインロッカーの前にバス停があります。

シャトルバス時刻表
  • 【長崎駅発】
    10:30・11:30・12:30・13:30・16:00・17:00・18:00・19:00
  • 【ホテル発】
    10:00・11:00・12:00・13:00・14:00・14:30・16:30・17:30・18:30

ガーデンテラス長崎まで路線バスで行くこともできますが、バスの本数も少ないため、路線バスの利用はオススメできません。

なお、最寄りバス停は「鶴舞苑バス停」になり、バス停からは坂を200mほど歩く必要があります。

まとめ

ガーデンテラス長崎の本館ガーデンスイートルーム

総客室数36室のガーデンテラス長崎は、大人のための静かに過ごすリゾートホテルです。

騒がしいホテルが苦手な夫は、ゆったりと過ごすことができて喜んでいました。

ガーデンテラス長崎は子供の宿泊も可能ですが、満室の日に泊まっても子供の姿を一度も見ることがなく、レストランや敷地内はとても静か。

客室数が少なく、基本的には部屋の中でゆったりと過ごすホテルなので、落ち着いた雰囲気のホテルを探している方にはオススメです。

次回は早めに予約を入れて、人気のプレミアムハーバースイートに泊まりたいと思います。

ガーデンテラス長崎ホテル&リゾートの宿泊記|レストラン フォレストのディナーと秋月の朝食バイキング編

ガーデンテラス長崎の詳細


>>ガーデンテラス長崎ホテルの客室タイプ一覧と予約はこちらから

  • 住所:長崎県長崎市秋月町2-3
  • 電話番号:095-864-7776
  • 最寄駅:
    ・長崎駅より車で約10分
    ・16:00~19:00は長崎駅より無料シャトルバスあり
  • 駐車場:あり
  • チェックイン: 16:00~24:00
    チェックアウト: 12:00
  • 大浴場:なし
  • 自動販売機:あり
  • 電子レンジ:なし
  • コンビニ:施設周辺にはなし
  • インターネット接続:有線LAN接続(LANケーブルあり)
  • Wi-Fi:なし

※このページの内容は宿泊時のものです。現在は客室のアメニティやサービスなどが異なっている場合もあるので、予約をする際はガーデンテラス長崎&リゾートの公式サイトなどで詳細をご確認ください。