金沢彩の庭ホテルのダブルルーム

金沢 彩の庭ホテルのスモールダブルルームに朝食ビュッフェ付きプランで宿泊しました。

このページでは客室のアメニティと金沢駅からの送迎バス、宿泊者専用ロッカーについて紹介しています。

なお、彩の庭ホテルの宿泊者専用ラウンジの無料サービスと、「朝食のおいしいホテルランキング」に何年も連続で選ばれた、朝食ビュッフェを食べた感想は次のページをご覧ください。

【スポンサーリンク】

2人でも宿泊できるスモールダブルルーム

金沢彩の庭ホテルのダブルルーム

スモールダブルルームは金沢彩の庭ホテルで一番狭い部屋で、シモンズのダブルベッド(幅140センチ・長さ200センチ)が1台設置されています。

部屋の広さは19平米なので、今回のように一人旅で泊まるには快適に使える部屋でした。

2人で宿泊すると狭く感じると思いますが、2人で最安値で泊まりたいときには、スモールダブルルームを利用すると宿泊費を安く抑えることもできます。

客室のインテリア

金沢彩の庭ホテルのアメニティ

スモールダブルルームには、ベッドの他に横幅が広いデスク・1人がけチェアが2脚・ミニテーブルが設置されています。

ベッド横のデスクとチェアは、木のぬくもりを感じるナチュラルなデザイン。

金沢彩の庭ホテルのアメニティ

窓辺には1人がけチェアとラウンドテーブルが並べられています。

金沢彩の庭ホテルのアメニティ

チェアの横には、縦長デザインの空気清浄機とバゲッジラックが。

決して広くはない空間を無駄なく使っていると思いました。

充実したアメニティ

金沢彩の庭ホテルのアメニティ

ヘッドボード(ベッドの枕元)には、ライトのスイッチに他にコンセントが2口。

USBで充電することはできませんが、コンセントが2口あれば困ることはなさそうです。

デスクの引き出しの中に入っていた備品は、LANケーブル・紙袋・絵葉書。

金沢彩の庭ホテルのアメニティ

絵葉書はペーパーではなく、石川産の木にもなっている能登ヒバを薄く切ったもの。

手作業で作られた木製のハガキは、彩の庭ホテルと上越新幹線がデザインされたもの2種類。

細かいところまで地産地消にこだわっているのを感じます。

金沢彩の庭ホテルのアメニティ

上の画像は、部屋の入口ドア正面に備え付けれた収納庫。

ハンガー6本・洋服ブラシ・消臭スプレー・電気ケトル・紅茶・使い捨てスリッパ・冷蔵庫・かごバッグなどが収納されています。

金沢彩の庭ホテルのアメニティ

大浴場に行くときに使うかごバッグ。

かごバッグの中には、不織布の巾着袋と医王石配合石鹸が入っていました。

金沢彩の庭ホテルのアメニティ

館内用のサンダルに貼り付けるネームシール。

ネームシールをサンダルに貼っておけば、大浴場で脱いだときに間違う心配がありません。

金沢彩の庭ホテルのアメニティ

ちなみに、彩の庭ホテルの客室は玄関で靴を脱ぐようになっていて、部屋では自宅のように寛げます。

無料ドリンクの種類

金沢彩の庭ホテルのアメニティ

収納庫の中には、ドリンクセットが入っていました。

部屋の無料ドリンクは、紅茶・緑茶・ほうじ茶・コーヒーとミネラルウォーター「白山の水」。

客室のドリンクだけでは足りないときは、宿泊者専用ラウンジにコーヒーや金沢棒茶などのホットドリンクのほか、冷たいソフトドリンクが揃っています。

館内の自動販売機では、炭酸類やアルコール類のほかパンなどの軽食を販売していました。

金沢彩の庭ホテルのアメニティ<

テーブルの上には、金沢の伝統野菜を使ったお茶菓子が。

この日のお茶菓子は、加賀太きゅうりと五郎島金時芋の2種類。

優しい甘さで野菜のおいしさを感じるヘルシーなお菓子にホッコリした気分になりました。

独立したお風呂とトイレ

お茶菓子

彩の庭ホテルの客室は、全室バス・トイレがセパレート設計になっています。

金沢彩の庭ホテルのシャワーブース

スモールダブルルームはシャワーブースのみでバスタブはありません。

男女別の大浴場があるので部屋で、部屋でお風呂に入れなくても困りませんでした。

なお、スモールダブルルーム以外の部屋は、独立した洗い場付きのバスルームが設置されています。

シャンプーのブランドとバスアメニティ

金沢彩の庭ホテルのシャンプー

シャンプー・コンディショナー・ボディソープのブランドはポーラの「ひととき(HITTOTOKI)」。

こだわりの国産原材料5種類、ゆず・酒粕・生姜・豆乳・ハマナスのエキスを加えたホテルアメニティ専用ブランドです。

金沢彩の庭ホテルの基礎化粧品

洗面台にはフェイス&ハンドソープのほか、リキッドクレンジング・洗顔料・化粧水・乳液の4種類の基礎化粧品が。

基礎化粧品のブランドは、ポーラのエステロワイエです。

金沢彩の庭ホテルのバスアメニティ

洗面台には、医王石配合石鹸も。

かごバッグの中にも同じ石鹸が入っていたので、旅の記念に持ち帰って使うのも良いかもしれません。

金沢彩の庭ホテルのバスアメニティ

上の画像はカゴに入っていたアメニティグッズを並べたもの。

アメニティグッズは、歯磨きセット・カミソリ・コットン・綿棒・ヘアゴム・シャワーキャップ・折りたたみヘアブラシ・ボディタオルが揃っていました。

ナイトウェアと館内着

金沢彩の庭ホテルの館内着

ベッドの上にはナイトウェアと館内着が並べて置いてありました。

作務衣タイプの館内着は、男性用が紺色で女性用が朱色です。

館内着は大浴場や宿泊者専用ラウンジ、レストランなどロビー以外の場所すべてに着ていくことが可能。

なお、ワンピース(ガウンタイプ)のナイトウェアは客室内のみの着用になります。

自動販売機と電子レンジ

金沢彩の庭ホテル

上の画像は、自動販売機と貸出品コーナー。

画像には写っていませんが、スナック類やパンの自動販売機もありました。

奥に写っている白い網のようなものは、洗濯物やタオルを干せる折りたたみの洗濯干し。

金沢彩の庭ホテル

電子レンジもあるので、外で買ってきたものを温めて食べることができます。

そのほか、ウォーターサーバー、アイロン、子供用のおもちゃ、サイズ違いの館内着、コップなどが揃っていました。

ランドリーコーナー

金沢彩の庭ホテル

ランドリーコーナーにはドラム式の洗濯乾燥機が並んでいて、液体洗剤も用意されています。

宿泊者は無料で使うことができるので、館内着を着てホテルで過ごしている間に洗濯をすれば、着替えがなくても大丈夫そう。

連泊のときにも便利だと思いました。

もちろん、ランドリーコーナーも無料で利用することができます。

金沢駅からの送迎バス時刻表

金沢彩の庭ホテル

彩の庭ホテルは金沢駅から歩いて行くこともできますが、15分ほどかかる距離で荷物が多いと大変です。

そんなときは、金沢駅から発着する送迎バスに乗るのがオススメ。

送迎バス乗り場は、フォトスポットにもなっている木製の「鼓門」がない側の「金沢港口(西口)」。

金沢港口を出て右斜め前方向に進んだ場所にある「団体用のバス乗り場」が送迎バスの発着場になります。

金沢駅発 送迎バス時刻表

  • 09:25・09:55
  • 10:25・10:55
  • 10:25
  • 13:55
  • 14:25・14:55
  • 15:25・15:55
  • 16:25・16:55
  • 17:25
  • 18:00・18:30
  • 19:00・19:30
  • 20:00・20:30
  • 21:00・21:30

※時刻表は投稿時のものです。変更されている可能性もあるので、送迎バス利用時は公式サイトで確認してください。

金沢駅の宿泊者専用ロッカー

金沢彩の庭ホテルのロッカー
【ホテル専用ロッカー】

金沢駅にはホテル宿泊者が無料で使える専用ロッカーが用意されています。

ホテル専用ロッカーの場所は「ロータス楽ノリレンタカー」の建物内。

金沢駅 金沢港口のアパホテルとABホテルの裏側にあり、ホテルを9:10~11:10に出発する送迎バスは専用ロッカーに立ち寄ってくれます。

チェックアウト前後に金沢観光をしたいとき、ホテル専用ロッカーに荷物を預ければ、手ぶらで観光することができます。

【スポンサーリンク】

まとめ

金沢 彩の庭ホテルに泊まってみて、四季折々の美しさを堪能できる庭と、かゆいところに手が届くようなサービスが素晴らしいと思いました。

金沢駅で送迎バスに乗ったときから、チャックアウト後のお見送りのときまで心のこもった接客で、アメニティなど細部にまで心配りがされているのを感じます。

金沢駅から歩くと少し遠く感じる距離ですが、送迎バスとホテル専用ロッカーを利用すれば、チェックイン前後に手ぶらで金沢観光もできるのも魅力。

観光をしたあとはホテルでゆったりと過ごしたいときに最適なホテルだと思いました。

金沢 彩の庭ホテルの詳細


>>金沢 彩の庭ホテルの詳細と予約はこちらから

  • 住所:石川県金沢市長田2-4-8
  • 電話番号:076-235-3128
  • 最寄駅:金沢駅から徒歩約15分
  • 無料送迎バス:あり(金沢駅西口から発着)
  • 駐車場:あり(20台・予約不要)
  • チェックイン: 14:00-24:00
    チェックアウト: 11:00
  • 大浴場:あり(温泉ではない)
  • 宿泊者専用ラウンジ:あり
  • 自動販売機:あり
  • コインランドリー:あり(無料)
  • 電子レンジ:あり
  • 宿泊者専用コインロッカー:金沢駅近くにあり(無料)

金沢彩の庭ホテルの宿泊記|朝食のメニューとフリードリンクの宿泊者専用ラウンジを利用した感想

※このページの内容は投稿時のものです。現在はアメニティや設備の仕様などが変更されている場合があるため、予約をする際は金沢 彩の庭ホテルの公式サイトなどで詳細をご確認ください。

【スポンサーリンク】