奈良瑠璃絵に行った人のブログ

奈良瑠璃絵2019に行ってきました。

奈良瑠璃絵は、2019に初登場したスカイランタンのほか、春日大社・東大寺・と興福寺の三社寺を、ライトアップとイルミネーションの光でつなぐ冬のイベントです。

このページでは、奈良瑠璃絵の見どころや開催期間など感想を紹介します。

奈良瑠璃絵とは

奈良瑠璃絵の開催期間はいつからいつまで?

奈良絵とは、2019年で10回目の開催を迎えた、春日大社・興福寺・東大寺の3社寺と奈良公園を光でつなぐイベントです。

正式名称は「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」。

寺社仏閣の建物や中庭を囲む廊下を意味する「回廊」の言葉のように、イベントで幸せを感じられるよう、3社寺と奈良公園一帯をイルミネーションの光でつなぎます。

奈良瑠璃絵とは?

2019年は、奈良瑠璃絵10回目のアニバーサリー企画として、1,000個のスカイランタンを飛ばすイベントも開催。

現在では、奈良の冬の風物詩ともいえるイベントに成長しました。

奈良瑠璃絵の見どころ

奈良春日野国際フォーラム

奈良瑠璃絵のイルミネーションを見た感想

奈良春日野国際フォーラムでは、庭園イルミネーションに作られた「冬七夕ロード」を歩くことができます(有料)。

奈良瑠璃絵の花短冊は願い事が書くことができます

500円の入場料を支払うと、ツバキの花の裏にメッセージが書き込める花短冊をもらえます。

花短冊に願いを書き込んでから、イルミネーションエリアに入りましょう。

奈良瑠璃絵のイルミネーションメイン会場には鹿のオブジェが並んでいます

天の川のように無数のブルーの光が敷き詰められた庭園の中には、奈良のシンボルで神の遣いとされる鹿が点在。

奈良瑠璃絵の花短冊の画像

ブルーの光の川に佇むシカのイルミネーションを見ながら歩いていくと、花短冊を下げる棚に到着します。

願いが込められた可愛らしい花短冊が、所狭しと下げられていました。

奈良春日野国際フォーラムの無料イルミネーション

多くの観光客が訪れるイルミネーションイベントの奈良瑠璃絵

奈良春日野国際フォーラムのイルミネーションは、無料で楽しめるエリアもあります。

上の画像は、出口に向かう通路。

カーテン状に下げられた黄金色のイルミネーションの隙間から、光の庭園を見ることができます。

奈良瑠璃絵の無料イルミネーションエリアは大混雑していました

霧が噴射された水路は、少しずつ色が変化するライトに照らされて幻想的な雰囲気に。

奈良瑠璃絵の無料イルミネーションエリアはどこ?

松や石が印象に残る日本庭園も、ブルーをメインにライトアップされて、水の中に浮かぶ日本庭園のようでした。

Anniversaryスカイランタン

奈良瑠璃絵2019スカイランタンの画像

奈良瑠璃絵10周年を記念した、Anniversaryスカイランタンイベントを開催。

1,000個ものスカイランタンが、澄んだ冬の夜空を彩ります。

スカイランタンの参加費は、前売りが2,500円で当日申込みが3,000円。

けっこうなお値段なので、どうしようかと思いつつ、結局ランタンを飛ばすエリアの外から見ることにしました。

奈良瑠璃絵2019スカイランタンの感想

ランタンを持った人だけが入るエリアには、紫・オレンジ・赤にぼんやりと輝くランタンを持った人が集合。

カウントダウンに合わせてランタンを飛ばします。

ゆっくりと夜空に上がっていくランタンはとても綺麗。

奈良瑠璃絵2019ではスカイランタンイベントが実施されました

塔の上のラプンツェルみたいに、見えなくなるまで空高く上がっていくのだろうと思っていたら、上空約15メートルほどの場所でランタンが停止。

あれ?ランタンが飛んで行くんじゃないの?と思っていたら、ランタンは糸で繋がれていて遠くまで飛ばないようになっていました。

上空は飛行機やヘリコプターも飛んでいるし、ゴミの問題もあるので、自由に飛ばすことができないのかもしれません。

塔の上のラプンツェルのような光景をすごく期待していたので、綺麗だけど少しガッカリしたスカイランタンイベントでした。

興福寺の夜間拝観

奈良瑠璃絵では興福寺と国宝館の夜間参拝ができます

奈良瑠璃絵開催中は、東金堂がライトアップされ、国宝館とともに夜間拝観を実施。

国宝館では阿修羅像をはじめとする、貴重な仏像などを拝観できます。

奈良瑠璃絵では阿修羅像の夜間拝観もできます

前回参拝したときは、他の美術展で展示されるため阿修羅像を拝観することができませんでしたが、今回、はじめて阿修羅像を拝観。

少年のような幼さが残るお顔には憂いが満ちる阿修羅像に感激。

次に参拝する機会には、また拝観したいと思います。

東大寺の夜間拝観

奈良瑠璃絵で東大寺の大仏殿を見てきました

東大寺では大仏殿中門と観相窓が開扉され、3連休中は光による演出が。

雅美が行ったときは受付時間が過ぎていましたが、外門隙間から美しい光に彩られた大仏殿を見ることができました。

ライトアップされた奈良東大寺の大仏殿

間近で拝観することは叶いませんでしたが、大仏殿の窓からは大仏様のお顔も。

中に入ることはできなかったけれど、ライトアップ消灯前ギリギリに行くことができてよかったです。

春日大社の万灯籠

春日大社の節分万燈籠の画像

春日大社の参道入口には、「春日大社 節分万燈籠」の掲示が。

節分万燈籠は終わっていますが、奈良瑠璃絵でも灯籠に灯りが灯されるため、節分万燈籠の文字を残しているのかもしれません。

奈良瑠璃絵で春日大社に行ってきました

上の画像は、春日大社の参道からイルミネーションメイン会場となる春日野フォーラムに続く道。

カラフルなライトで照らされています。

奈良瑠璃絵では春日大社の参道に光のオブジェが展示されていました

春日大社本殿に向かう参道のところどころには、数個の光のオブジェが。

神社と雰囲気が合わないという声が聞こえてきましたが、何人もの方が撮影をしていました。

春日大社の夜間参拝ができる日は回廊の釣燈籠に灯りが灯されています

万灯籠を見ることができる回廊は、500円で拝観することができます。

奈良に旅行して春日大社の万灯籠に行った人のブログ

光に照らされた本殿は、万灯籠のときしか見ることができません。

春日大社の万灯籠のブログ

回廊に吊るされた灯籠に灯りが灯されると、昼間とはまったく違う幽玄な雰囲気に。

春日大社の万灯籠に行ってきました

灯籠の柄がそれぞれ違うので、一つ一つ見て回るのも楽しみの一つです。

春日大社の万灯籠に行った人のブログ

金色の灯籠に明かりが灯ると、さらに華やかな雰囲気に。

春日大社で灯りがついた灯籠が見れるのはいつ?

建物の軒にずらっと吊り下げられた灯籠は、春日大社ならではの光景です。

春日大社の釣燈籠の中にはハート型に見える猪目のデザインも

かなり古そうな灯籠の中に、ハート型とフクロウのような柄を発見。

ハート型に見えるのは、吉祥文様とされる猪目だろうなと想像しながらパシャリ。

春日大社の万灯籠の開催期間はいつ?

昔は職人さんが手で柄を抜いていたけれど、現在はレーザーで抜けるから手間がかからない分コストが安くなるのでは?と話していた方がいました。

春日大社の万灯籠はいつからいつまで見れるの?

そう言われてみればそうかもと、新しそうな灯籠を見ると、かなり精巧な柄になっています。

けっこう古そうな灯籠は、比較的簡単な柄が多いのは、手作業に限界があるからかもしれません。

奈良瑠璃絵で春日大社に夜間参拝してきました

万灯籠は見たい人がたくさんいるから混雑しているだろうなと思っていたら、思いのほか人が少なくて、ゆっくりと拝観することができました。

お守りや御朱印を授かるだけで帰る人もけっこういるみたいで、有料の回廊は配管しないみたいです。

イルミネーションメイン会場の春日野国際フォーラムは大混雑でしたが、春日大社は人が少なくて拍子抜け。

人が少なかったのは偶然かもしれませんが、ゆっくりと万灯籠を見たい方は、節分万燈籠や中元万燈籠よりも人が少なそうなので、奈良瑠璃絵で拝観するのがオススメかも。

戦国武将が奉納した春日大社の灯籠

春日大社では戦国武将が奉納した釣燈籠を見ることができます

春日大社では、戦国武将が奉納した釣燈籠を今も当時のままの姿で見ることができます。

上の画像は直江兼続が奉納した釣燈籠。

直江兼続が奉納した春日大社の釣燈籠

釣燈籠には「[春日]社[奉]寄進 御立願成就如意處也 慶長五年庚子極月吉日 越後国直江山城守息女敬白」の文字が。

内容を考えると、直江兼続の娘おまつが奉納者となりますが、説明文を読むと、兼続が名を伏せて奉納されたようです。

春日大社では戦国武将が奉納した釣燈籠を見ることができます

上の画像の左側が、宇喜多秀家が奉納した釣燈籠。

直江兼続が奉納した釣燈籠の向かって左側に、宇喜多秀家が奉納した釣燈籠が吊り下げられています。

宇喜多秀家が奉納した春日大社の釣燈籠

灯籠には「「[春日社]奉寄進 灯籠為國家安全 [武]運長久也 備前中納言秀家敬白 慶長三年戊戌」の文字が刻まれています。

春日大社では戦国武将が奉納した釣燈籠を見ることができます

こちらは、三代将軍家光の子である徳川綱吉が奉納した釣燈籠。

徳川家の家紋である三つ葉葵と、裏側には鷹司家の家紋である牡丹がデザインされています。

春日大社の徳川綱吉の灯籠

灯籠刻まれた文字は「春日社 奉寄進 諸願成就祈所 寛文七年丁未十一月吉日 館林宰相正三位 源 綱吉卿 室」。

室とは、徳川綱吉の正室で鷹司教平の娘の信子を指します。

そのほか、宇喜多秀家、藤堂高虎も見ることができて、戦国武将にあまり興味がなくても歴史の重みを感じることができる時間となりました。

春日大社の回廊を拝観する際には、戦国武将が奉納した釣燈籠を探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

春日大社の万灯籠の画像

奈良瑠璃絵は、昼とは全く異なる奈良と寺社の魅力を感じることができるイベントでした。

一番感動したのは、春日大社の万灯籠。

節分万燈籠と中元万灯籠のどちらかで参拝しようと思っていましたが、いつもスケジュールが合わず、奈良瑠璃絵でやっと明かりが灯った釣燈籠を見ることができて大満足。

節分と中元の万灯籠にスケジュールが合わない方は、奈良瑠璃絵の開催期間中に参拝してはいかがでしょうか。