山さん寿司 本店

金沢近江町市場の行列ができるお寿司屋さん「山さん寿司本店」で海鮮丼を食べました。

このページでは、平日のランチタイムに山さん寿司本店に行ったときの待ち時間、営業時間、アクセス、海鮮丼を食べた感想を紹介します。


山さん寿司本店のアクセス

山さん寿司 本店

山さん寿司本店は、金沢の観光スポットとして有名な「近江町市場」の入口にあります。

近江町市場は金沢駅から徒歩約15~17分バスだと5分くらいの距離。

金沢駅からのバスは運行本数が多いので、駅からの移動はバスの利用がオススメ。

なお、山さん寿司本店 専用の駐車場はありません。

車で行く場合は、近江町市場の周辺にあるコインパーキングなどを利用することになります。

ランチタイムのメニュー

山さん寿司 本店

山さん寿司本店にはランチメニューはなく、開店から閉店まで同じメニューになります。

お店の一番人気は3,000円の海鮮丼。

そのほかのメニューは「特上にぎり3,000円」や「うにいくら丼3,500円」「上にぎり(9貫)2,200円」などがあります。


平日昼間の待ち時間

山さん寿司 本店

山さん寿司本店のツイッターや食べログなどの口コミを見ると「平日の11時に行ったのに40分待った」「1時間以上並んだ」など、行列ができていて待ち時間が長いという感想が何件も投稿されていました。

私が行ったのは6月の平日の12時40分ごろ。

12時台だからすごく待つかもしれないな。と覚悟してお店に行ったら、行列は全くできていません。

お店に入るとお客さんは3人くらい。

近江町市場の他のお寿司屋さんも空いているところが多かったので、たまたま空いている日に行けたようです。

観光シーズンや週末は混雑することが多いと思いますが、オフシーズンの平日なら空いている日に行けるかもしれません。

海鮮丼を食べた感想

山さん寿司 本店

席について迷わず「海鮮丼」を注文。

お寿司類にお味噌汁はついていないので、あおさの味噌汁200円も一緒に注文しました。

運ばれてきた海鮮丼を見て、あまりの美しさにビックリ。

器からはみ出るように盛り付けられたお刺身が、扇のように広がって美しいグラデーションを作り上げています。

山さん寿司 本店

海鮮丼の具は、マグロの赤身・中トロ・トロ・サーモン・イカ・サーモン・カンパチ・数の子・穴子・ウニ・いくら・エビ・カニ・ホタテなど。

イクラの上にあしらわれた金箔が金沢らしい、豪華な雰囲気を作り上げています。

肝心のお味ですが、もちろん美味です。

具材がすべて違うので、味や食感の違いを楽しみながら、最後まで飽きずに食べることができました。

山さん寿司 本店

海鮮丼を食べる合間に、あおさの海の香りいっぱいのお味噌汁をすすり、お腹いっぱい食べて大満足。

ごちそうさまでした。

まとめ

山さん寿司 本店

待ち時間が長いという口コミも多い山さん寿司本店。

シーズンオフのお昼に行ってみると、周辺のお店も空いていて、ゆっくりと食べることができました。

今回は魚介類の旬の時期からちょっと外れている6月中旬に行ったのが心残り。

次回は、味が一番良い魚介類が多い真冬の金沢で、お寿司屋さんめぐりをしたいと思います。