ベッセルイン札幌中島公園のスーペリアツインルーム
【ベッセルイン札幌中島公園のスーペリアツインルーム】

ベッセルイン札幌中島公園のスーペリアツインルームに宿泊しました。

今回は、母と夫と3人で行った北海道旅行の初日に宿泊。

この投稿では、ベッセルイン札幌中島公園のスーペリアツインルームのアメニティを中心に紹介します。

なお、朝食バイキングを食べた感想は下のリンクからご覧ください。

>>ベッセルイン札幌中島公園の宿泊記-朝食バイキング編

※今回の北海道旅行の旅程と旅行記は、下のリンクからご覧いただけます。

>>函館山夜景鑑賞は激混みだった!札幌・富良野・函館をめぐる北海道旅行に行った感想

広めのスーペリアツインルーム

ベッセルイン札幌中島公園のスーペリアツイン
【スーペリアツインルームに入れたエキストラベッド】

今回、宿泊した日が土曜日で、札幌の人気ホテルは空室が少なくなっていました。

半年前に予約をしないと、すぐに満室になってしまう、フラノ寶亭留などは早い時期から予約。

札幌のスケジュールが定まらず、なんとなく後回しにしているうちに、空室があまりない状態に。

母を連れて夫と3人で旅行したため、ツインとシングルルームの2部屋を予約する予定が、同じホテルでツインとシングルの空室がありません。

仕方がないから、3人でも泊まれるスーペリアトリプルルームを予約。

スーペリアトリプルルームは、広さ27平米のスーペリアツインルームに、エキストラベッド1台を入れた部屋になります。

27m平米のスーペリアツインに2人で泊まれば、余裕がある広さですが、エキストラベッドを入れて3人で泊まると窮屈な感じ。

上の画像がエキストラベッドで、奥のソファと小さな丸テーブルとの間は、30cmくらいの隙間しかありません。

客室のアメニティ

ベッセルイン札幌中島公園の宿泊記

部屋の奥には大きめのデスクが。

デスクの上には、電気スタンド・灰皿・ティッシュ・電話機・メモ用紙と筆記具・ミラーが置いてあります。

ベッセルイン札幌中島公園のデスク

デスクの横幅と奥行きもある大きなサイズで、パソコンなどを広げて仕事をする際も、余裕の広さがあります。

ベッセルイン札幌中島公園のデスクとアメニティ

デスクの下の引き出しに入っている物は、ケーブル類・ホテルインフォメーション・ランドリー袋・非常用の懐中電灯。

ベッセルイン札幌中島公園に宿泊した感想

テレビボードの下は食器棚になっていて、カップ・お茶類・湯沸しケトル・冷蔵庫が入っています。

ベッセルイン札幌中島公園のアメニティ

食器棚の隣は、冷蔵庫の収納スペース。

扉を開けてみると、ハイアール製の白い冷蔵庫が入ってました。

エコのため冷蔵庫のスイッチはオフになっています。使う時はオンにするのを忘れずに。

ベッセルイン札幌中島公園の無料ドリンク

スライド式の棚を引き出した状態が、上の画像です。

棚に入っているものは、マグカップ・グラス・緑茶のティーバッグ・電気ポット。

部屋に置いてある飲み物はティーバッグのみですが、1階のフロントには無料のコーヒーマシーンの利用が可能。

なお、コーヒーは、部屋に持ち帰ることができます。

ベッセルイン札幌中島公園のスーペリアツインルームに泊まった人のブログ

部屋の中から、入口ドアの方向を撮影したのが上の画像。

ドアに向かって左側にクローゼットがあり、扉には全身ミラーがついています。

ドアに向かって右側のドアは、お風呂の入り口。

部屋の通路は、それなりに幅があり、狭さを感じない広さです。

ベッセルイン札幌中島公園の口コミ

ほどよい奥行きと、たっぷりとした幅があるクローゼット。

3人分の衣類や荷物も余裕で入る大きさで。ハンガー・スリッパ・消臭スプレーなど、最低限のアメニティが履いています。

ナイトウェアはパジャマ?

ベッセルイン札幌中島公園のナイトウェアはパジャマ?

テレビ台の横にあるバゲージ台の引き出しには、ナイトウェアが入っています。

セパレートになっているパジャマだといいな。

広げてみたら、柔らかな綿の生地で作られた、ワンピース(ガウン)タイプのナイトウェアでした。

ワンピースのナイトウェアは足やお腹が冷えるから、荷物に入れておいた部屋着で寝ることに。

うーん残念。

お風呂とトイレはセパレートタイプ?

ベッセルイン札幌中島公園のバスルーム

スーペリアツインルームは広さがあるから、お風呂とトイレはセパレートかな?

ドアを開けてみたら、お風呂とトイレが一緒のユニットバスでした。

ユニットバスは、オフホワイトとブラウンを基調にした空間。

ベッセルイン札幌中島公園のお風呂は独立してる?

ユニットバスなのは残念ですが、バスタブは足を伸ばしてもゆとりがあるサイズ。

男性でも足を伸ばして入れるので、夫は入浴剤を入れてのんびり入浴。旅の疲れを取っていました。

>>ベッセルイン札幌中島公園のアメニティの詳細と客室一覧はこちらからチェック

バスルームのアメニティ

ベッセルイン札幌中島公園のバスルーム

上の段にかかっている、縞状の織り目のタオルはボディタオル。

バスタオルは上の棚の上に、たたんで置いてあります。

ベッセルイン札幌中島公園のアメニティグッズ

洗面台の上にあったアメニティを並べてみました。

バスルームには、コップ・ブラシ・カミソリ・歯ブラシセット・綿棒と、最低限のアメニティのみが置いてある印象。

なお、1階フロント横に行けば、無料のアメニティグッズが並んでいます。

フロントの横に置いてあるのはは、入浴剤・洗顔フォーム・化粧水・乳液・フェイスマスク(CoQ10)などのレディースアメニティが中心。

ブランドにこだわらないのであれば、化粧品を持って行かなくても大丈夫です。

ベッセルイン札幌中島公園のバスルームの鏡

バスルームの中が湯気で充満しても、ミラーの一部が曇らないように加工してあります。

他のホテルでも見ることがありますが、なぜか、夫と母が「すごいから写真撮ったほうがいいよ♪」と大喜び。

というわけで、一応ブログにも掲載しました。汗

中島公園駅から徒歩1分でアクセス良好

札幌市民のオアシス中島公園
【札幌駅近くのオアシス・中島公園】

ベッセルイン札幌中島公園は、札幌から地下鉄で3駅目になる中島公園駅が最寄り駅。

中島公園駅からは、歩いて1~2分の場所にあります。

札幌駅から遠いと感じるかもしれませんが、札幌駅から徒歩10~15分以上ホテルはかなり不便なもの。

また、札幌駅から1時間に2~4本の送迎バスに乗るホテルもあり、こちらも意外に時間がかかります。

ベッセルイン札幌中島公園は、札幌駅から電車に5分乗って、1~2分歩くだけ。

実際に泊まってみると、意外に近くて便利だということが分かりました。

さらに、新千歳空港からは、ホテルのすぐ近くまでバスが運行しています。

本数は少なめですが、「新千歳空港から中島公園駅行きのバス」に乗れば、必ず座れて荷物をトランクに入れられるから、楽に移動できてオススメ。

中島公園駅周辺は、札幌駅周辺よりホテルの料金が安いので、ホテル代を安くした分で美味しいものを食べることもできちゃいます。

また、隣接する中島公園の中には、ボートに乗れる池があり、国の重要文化財に指定されている歴史的建造物の「豊平館」や「八窓庵」もあります。

その他、北海道立文学館や天文台などの文化施設が点在し、札幌市民の憩いの場の公演を散策してはいかがでしょうか。

宿泊日:2016年7月

まとめ:朝食バイキングや客室の感想

ベッセルイン札幌中島公園は、オフシーズンなら1人3,000円前後で宿泊できます。

札幌駅周辺ホテルに比べると、リーズナブルな宿泊料金が魅力。

楽天トラベルや、じゃらんの口コミを見ると、良いクチコミが多く、どの旅行サイトでも4点以上と高得点。

種類が豊富な朝食バイキングも、ゆったりとして食べられるのが良いと思いました。

豪華なラグジュアリーホテルとは違いますが、札幌で安くてそれなりに美味しい朝食が食べられるホテルを探しているのなら、オススメできるホテルです。

ベッセルイン札幌中島公園の詳細

>>ベッセルイン札幌中島公園の客室一覧と予約はこちらから

住所:札幌市中央区南九条西4丁目1-2

電話:011-513-0700

最寄駅:地下鉄 中島公園駅 徒歩1分

※新千歳空港から中島公園行きの直通バスの終点で下車。バス停から徒歩2分

チェックイン: 14:00-24:00
チェックアウト: 11:00

朝食の時間:06:30-09:30

駐車場:あり(1泊・税込1,200円・先着順)

レンタサイクル:あり(1日500円)

自動販売機:あり

コインランドリー:あり(有料)

大浴場:なし