上野ファームの開花状況

今年の夏も北海道に旅行をして、旭川駅からバスで上野ファームに行ってきました。

バスでのアクセスは昨年と変わっていないので、アクセスとランチ、上野ファームが開花状況を公開しない理由については以前の投稿を御覧ください。

>>上野ファームに旭川駅からバスで行ってみた|アクセスや開花情報がない理由など行って分かったこと

気候変動で開花も大幅に遅れた2018年

上野ファームに行ってきました

2017年は暑い日が続き、上野ファームの花も富良野のラベンダーも開花が進みました。

富良野のラベンダーは見頃を迎えるのが例年より10日以上も早くなり、上野ファームに8月中旬に行ったときには、初秋の花が咲き始めている状態。

上野ファームで一番人気のノームの庭

2018年も2017年と同じ時期に上野ファームに行きましたが、咲いている花が昨年とまったく違っていて驚きました。

昨年、ほぼ同じ日に上野ファームで咲いていた花は下のリンクからご覧いただけます。

>>北海道の上野ファームにはどんな花が咲いている?|公式サイトに開花状況がないので写真で紹介

上野ファームの画像

2018年の北海道は、6月下旬から記録的な長雨が続いたため、日照不足と低温の影響で開花がとても遅れていました。

7月中旬だというのに、6月末ごろに見ごろを迎える花もキレイに咲いています。

上野ファームの旅行記

昨年は沢山咲いていたエリンジウムは、開花前で小さな蕾の状態で昨年とはまったく違う雰囲気。

一人旅で上野ファームに行ってきました

春っぽい色彩のノームの庭。

優しい雰囲気で癒やされるけれど、ガーデナーさんは植物の手入れが大変だろうなと思いました。

8月中旬に夏の花が見ごろを迎えました

上野ファームに咲いている花

淡いピンクや白い花が多いノームの庭の夏。

黄色やオレンジの花が増えて夏本番を迎えたのは、2018年は7月末から8月中旬となりました。

上野ファームのバラ

7月中旬なのに、まだまだ蕾が多いバラ(多分ツルバラのアンジェラ)。

北海道のミラーボーダーガーデン

サークルボーダーガーデンは、開花が遅れていて花が少ない状態。

6月に見ごろを迎えるはずのバラが、美しく咲いていました。

上野ファームの口コミ

上野ファームさんのインスタを拝見していると、サークルボーダーガーデンは8月下旬から9月に花が多くなり、見頃となりました。

上野ファームに行った感想

花は少ないけれど、絵になるのは流石としか言いようがありません。

自然に咲いているように見えるけれど、丁寧にお手入れされているのが分かります。

蝦夷梅雨と呼ばれる北海道の7月

北海道にも梅雨はあります

北海道に梅雨はないと言われていますが、実は7月の北海道は雨が降りやすく、ぐずついた天気が続きます。

現地では「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」と呼ばれ、蝦夷(北海道)の梅雨と認識している方も多いとか。

北海道ガーデンの旅行記

とりわけ2018年は雨が多く、雅美が北海道旅行をした7月11日から7月18日も、ほとんどが曇りで時おり雨が降る今ひとつなお天気に。

青い空に映える、とんがり帽子と花が美しいノームの庭の写真を撮りたいと思いつつ、2017年も2018年も晴れた日に行くことができませんでした。

7月に北海道旅行をして、晴れた日に写真を撮りたい方は、天気が悪い日が多いことを頭に入れて、撮影する日を何日かとったほうが良いと思います。

夏を象徴するホリーホック

上野ファームのホリーホック

上野ファームの入口や庭に植えられているホリーホック(立葵)。

これぞ夏の花!というイメージのホリーホックですが、蕾が多くて開花が進んでいませんでした。

花房の一番上のツボミまで咲ききると、夏本番という話もあるようで、2018年の7月は夏本番の手前だったようです。

上野ファームのクレマチス

クレマチスは美しく咲いていましたが、昨年とは違ってツボミが多い状態。

上野ファームのクレマチス

上野ファームのガーデンには、いろいろな種類のクレマチスが植えられています。

上野ファームのクレマチス

品種はわかりませんが、濃いピンクの小さな花を咲かせるクレマチスが一番かわいいと思いました。

上野ファームの小屋と切り花

小屋の前には、間引いた花や折れた花などが、さりげなく飾られています。

ナチュラルな雰囲気がいい感じ。

上野ファームの青いベンチ

上野ファームでは、温室やライトを使った開花調整は行っていないため、実際にガーデンを見るまでは、どんな花が咲いているかワクワクドキドキ。

2018年は花が少なかったですが、次回もどんな花が咲いているか期待しながら訪れようと思います。