クリスマス限定・東京タワーのハートイルミネーションを見に行ってきました
【クリスマス限定・東京タワーのハートイルミネーション】

東京タワーで人気のハートイルミネーション。

今年の12月もクリスマスシーズン限定の、ハートイルミネーションを見ることができます。

東京タワーの12月限定のライトアップは、一旦ライトダウンされた後で再びライトアップ。

ライトダウンされる時間に開催されるイルミネーションショーと、展望台に現れるハート型を見に行ってきました。

このページでは、東京タワーへのアクセスと、クリスマスイルミネーションを見た感想を紹介します。

[スポンサーリンク]

イルミネーションの点灯時間は何時?

東京タワーのクリスマスライトアップ

東京タワーの点灯時間(ライトアップが始まる時間)は、東京の日没の時刻。

日没直後はまだ明るいですが、点灯時刻は日没時に設定されています。

なお、点灯時刻から19時30分までの間は、ハート型のイルミネーションがない状態。

19時30分になると、一度ライトダウンされて東京タワーのライトアップの光が消えます

上の画像は12月6日の19時過ぎに撮影したので、通常の「ランドマーク」というライトアップ。

12月17日(土)から25日(日)までのクリスマス期間は、「ダイヤモンドヴェール」という特別なライトアップになり美しさも倍増します。

ライトアップが消える瞬間を見れば永遠の幸せが手に入る?

東京タワーの公式キャラクター・ノッポン兄弟
【東京タワーの公式キャラクター・ノッポン兄弟】

東京タワーでは2017年も「クリスマス・ライトダウンストーリー」を開催。

「午前0時にライトが消える瞬間を一緒に見つめたカップルは、永遠に幸せになれる」

こんな都市伝説があることから、2017年も12月1日から12月25日の間は、19時30分に一旦消灯する「クリスマス・ライトダウンストーリー」を実施。

一旦消灯した後は、イルミネーションショーが開催されます。

イルミネーションショーでは、展望台にハートマークが現れたり、タワーに取り付けられたフラッシュライトが、冬をイメージしたBGMに合わせて点灯。

東京タワークリスマス・ライトダウンストーリーを見に行った感想

ショーの初めは、音楽に合わせてフラッシュライトが点滅するだけで、大展望台のハート型は光っていません。

東京タワーのクリスマス限定ハートライトアップ

音楽の盛り上がりに合わせて、ショーの途中でハートが点灯します。

ハートが点灯した瞬間、ショーを見ていた人たちから、感動の声が上がりました。

動画】ハートが点滅!東京タワークリスマス・ライトダウンストーリー

ハートマークが見えるのは1方向のみ

東京タワーのハートライトアップが見えるのはどこ?

東京タワーのハートイルミネーションを見るためには、方向に注意しする必要があります。

ハートマークを見ることができるのは、4方向のうち1方向のみ。

大展望台を外から見ると四角形をしてます。

ハートマークが設置されている1面以外の、3面の方向からタワーを見ても、ハートマークを見ることができません。

東京タワーのハートが見える方向はどっち?
【東京タワーのハートが見える方向】

東京タワーの正面入口は、ハートのちょうど裏側になっていて全く見えません。

東京タワーの正面に着いてしまったら、反対側の駐車場側に行くようにしましょう。

ちなみに、雅美がこの投稿で使用している画像と動画を撮影したのは、上の地図の丸いピンクの場所になります。

一番歩く距離が少ないアクセス方法は路線バス

東京タワーへの東京駅からのアクセスはバスが便利

東京タワーのイルミネーションを見に行ったのは、東京駅の丸の内イルミネーションを見終わった後でした。

そこで、東京駅からのアクセスを調べてみたところ、一番アクセスが良く歩く距離が短いのは、路線バスだということが判明。

東京タワーへの東京駅からのアクセスはバスが便利

東京タワー方面行きのバス停は、丸の内イルミネーションが開催されている、東京駅の丸の内側にあります。

JRの丸の内南口の出入口から出て、道なりに左に向かって歩けば、すぐそばにバス停があって迷わずに到着できますよ。

東京タワー行きのバス

ここから「東京タワー・目黒駅経由 等々力操車所行き」のバスに乗車。

11個目のバス停「東京タワー」で降りれば、バス停からは徒歩1~2分で到着しま

また、路線バスの他のアクセスは、地下鉄やJRを利用する方法も。・地下鉄 赤羽橋駅:徒歩5分
・地下鉄 御成門駅:徒歩6分
・地下鉄 神谷町駅:徒歩7分
・JR浜松町駅 北口:徒歩15分

東京駅から地下鉄で行くと乗り換えが必要で、歩く距離も長くなるデメリットも。

東京駅から乗り換えなしで行くことができて、歩く距離が少ない行き方はバスになります。

展望台の料金はいくら?

東京タワー大展望台へ行くエレベーターの乗車口
【大展望台へ行くエレベーターの乗車口】

東京タワーには2つの展望台があります。

下の位置にあって、大きいのが大展望台。

高さ250mの高い位置にあり、別途料金が必要なのが特別展望台です。

東京タワー展望台の料金はいくら?

大展望台に登るには、大人900円・小中学生500円・4才以上の幼児400円の料金がかかります。

特別展望台トップデッキがリニューアルオープン

現在は特別展望台はリニューアル工事中で、2018年3月2日までは閉鎖されているため、高さ150mの大展望台のみの営業に

高さ250mの特別展望台は、新たに事前予約制・ツアー形式で案内してもらえる、新アトラクション「トップデッキツアー」として、2018年3月3日(土)にグランドオープンします。

「トップデッキツアー」の予約受付は、2018年1月23日に開始。

すでに、予約受付が始まっているので、行ってみたい方は公式サイトから申し込んでくださいね。

>>【公式サイト】東京タワートップデッキツアーの申込みページ

東京タワーの撮影スポット

東京タワーの上に立っている写真が撮影できる人気スポット
【東京タワーの上に立っている写真が撮れるスポット】

大展望台には、東京タワーの上に立っているような写真を撮れるスポットがあります。

床に東京タワーの夜景画像が投影されていて、足型のマークの上に立って撮影すれば、まるでタワーの上に立っているような写真のできあがり。

雅美は1人で行ったので、もちろん撮ることができませんでした。笑

誰かと一緒に行った時や、写真を撮ってくださいと声をかけることができるなら、記念に1枚撮影してはいかがでしょうか。

大展望台からの眺望

東京タワーの展望台に行ってきた人のブログ

高さ150mの大展望台は、高すぎず低すぎない、絶妙な距離感の夜景を楽しむことができます。

この日は、レインボーカラーにライトアップされたレインボーブリッジや、小さく見える東京スカイツリーを見ることができました。

東京タワーの大展望台からの眺望

また、晴れている日の日没前に展望台に登れば、富士山のシルエットや少しずつ灯る街の明かりを楽しめます。

日没後30分くらいが、一番夜景が美しく見える「マジックアワー」と言われているので、できたらこの時間にも行ってみてくださいね。

[スポンサーリンク]

日本人より中国人・韓国人観光客が多かった

東京タワーの撮影スポットはサザエさんパネルも

撮影をした12月6日(火)は平日ということもあるのか、日本人よりも韓国人と中国人観光客の割合が高かったです。

大展望台からエレベーターで降りると、目の前に設置されているサザエさんの看板や、ワンピースの看板で撮影をしている外国人観光客がが何人もいした。

ところが、記念撮影している日本人はゼロ。

下りのエレベーターの中も、日本語はまったく聞こえてこない状況で、聞こえてくるのは韓国語と中国語ばかりでした。

こんなところでも、外国人観光客が急増しているのを実感します。

東京タワー型ライト

上の画像は、サザエさん看板の近くに飾ってあったタワー型のライト。

よく見ると、1面だけにハートマークがデザインされているのがカワイイ♪

飾る場所がないのに、すごく欲しくなっちゃいました。

オススメの周辺グルメや観光スポット

東京タワーのクリスマス限定ハートライトアップ

東京タワーには、水族館やショッピングエリア・レストランエリアがあり、大人から子供まで楽しむことができます。

大展望台のレストランで夜景を見ながらディナーを食べて、まったりと過ごすのもオススメ。

観光スポットは、タワーからは少し歩きますが、増上寺や芝公園があります。

昼間は、緑が多い芝公園や増上寺で過ごして、日没後にタワーまで歩いていくのも、運動不足解消にもなって良さそう。

また、晴れている日なら、東京タワーをほどよい近さから見ることができる、浜松町駅 貿易センタービルの展望台や、レストランに行ってみてはいかがでしょう?

貿易センタービルの展望台は、美しい夜景とタワーのライトアップを見ながら、ロマンチックな時間を過ごせること間違いなしです。

まとめ

東京タワーのクリスマスイルミネーションを見に行った感想

東京スカイツリーができて、忘れられがちな東京タワーですが、カウントダウンストーリーを見たくて、二十数年ぶりくらいに行ってみました。汗

東京に住んでいると、わざわざ行くほどのこともないと思い、20年以上前に息子を連れて行ったのが最後です。

久しぶりに行ってみると、下から見上げるタワーの圧倒的な存在感に感動し、やっぱり東京タワーっていいなと思いました。

今度は、タワーを間近で見ることができる「ザ・プリンス パークタワー東京のパノラミックフロア」に宿泊して、のんびりとタワーの夜景を楽しんでみたいと思っています。

ザ・プリンス パークタワー東京のパノラミックフロアは、女の一人旅だと寂しい感じがするから、夫と行けたらいいなぁ。