ひたち海浜公園のコキアを見に行ってきました
【ひたち海浜公園のコキア】

旅行やホテルの宿泊がブームになり、女性の一人旅が増えているというニュースを見ました。

管理人の雅美も、昔から旅行が大好き。

母子家庭だった20代~30代の頃は、息子を連れて2人で旅行したり、息子が大きくなってからは1人で国内旅行をしています。

大阪の出張中、ホテルでテレビを見ていたら「ひたち海浜公園の紅葉が見頃」というニュースが流れました。

「そうだ!コキアを見に行こう!あしかがフラワーパークのイルミネーションが始まるから、ついでに見に行こう!」

翌日は自宅にもどる予定だったけれど、夫に連絡を入れて、水戸と佐野のホテルを急いで予約しました。

神戸空港から茨城空港のスカイマークの航空券も購入完了。

茨城空港から水戸駅までのアクセスも確認して、全旅程をシミュレーション。

気ままな一人旅を楽しみながら、紅葉とイルミネーションを鑑賞してきました。

[スポンサーリンク]

神戸へ出張:東横イン三宮2に宿泊

出張のため神戸で2泊しました。

今回の出張は、ホテルで過ごす時間が短いため、安い料金で泊まれる東横イン三宮2に宿泊。

東横インは会員になっていると割引料金で泊まれるほか、ポイントが貯まると無料宿泊券がもらえる、6ヶ月前から予約ができるという特典があり便利です。

ただ、アメニティや無料朝食はそれなりで、ベッドの寝心地も今ひとつなのが難点かも。

1日目:スカイマークで水戸へ移動してホテルメッツ水戸に宿泊

ホテルメッツ水戸の宿泊記

神戸空港からスカイマークで茨城空港へ移動。

茨城空港の周辺は、畑や民家がある辺ぴな場所ですが、茨城の中心地である水戸駅や周辺の地域へバスが出ています。

茨城空港からバスに乗って水戸駅へ。12時すぎに水戸駅に到着。

駅から徒歩1分の「ホテルメッツ水戸」でチェックイン手続きを済ませ、荷物を預けて1駅先の勝田駅へJRで移動。

勝田駅から、ひたち海浜公園への直行バスに乗ってコキアを見に行きました。

今年は暖かい日が続いたせいで、コキアが紅葉するのが遅くなり、色づきもイマイチだったそうです。

それでも、真っ赤なコキアはすごくキレイ!

もこもこのコキアのシルエットに癒され、みはらしの丘を真っ赤に染める紅葉したコキアの絶景に、来てよかった!と思いました。

2日目:水戸から佐野へ移動・あしかがフラワーパークのイルミネーション鑑賞

足利フラワーパークのアメジストセージ

ホテルメッツ水戸から佐野駅のビジネスホテル、セレクトイン佐野駅前へ。

水戸駅から佐野駅までのルートはこんな感じ。

13:00-13:13
水戸駅-友部駅(3駅)

13:19-14:20
友部駅-小山駅(15駅)

14:34-15:01
小山駅-佐野駅(5駅)

あしかがフラワーパークにアクセスが良い、最寄駅の「富田駅」にはホテルが全くなく、1駅となりの佐野駅か足利駅のどっちのホテルにしようか考えました。

(※2018年4月に入園口の目の前に、新駅「あしかがフラワーパーク駅」が開業します。)

佐野駅はプレミアムアウトレットが近く、東京駅までの高速バスもあることから、佐野駅のホテルに決定。

夜景鑑賞士が選ぶ、2016年イルミネーションアワードで全国1位となった、あしかがフラワーパークのイルミ感動もの。

昨年見た2015-2016年バージョンよりも、さらにスケールアップして演出に工夫が見られました。

>>セレクトイン佐野駅前の滞在記

>>あしかがフラワーパークイルミネーション2016-2017の感想

3-4日目:佐野から東京へ移動・羽田空港から帰途につく

ミレニアム三井ガーデンホテル東京の宿泊記
【ミレニアム三井ガーデンホテル東京のセントラルダブル】

佐野駅前から路線バスに乗って、プレミアウトレットへ移動。

アウトレットで、高速バスの時間までショッピングを楽しみました。

JRで佐野駅から東京駅まで行くと、最短ルートでも乗り換えが1回必要で運賃は3,990円。

高速バスなら、必ず座れて東京駅まで乗り換えなしで約1,400円。

バスの移動時間も、渋滞がなければJRと10分多いだけの1時間40分。

高速バスって便利だなー♪と思いながら、アウトレットで買い物をしていると、東京で一人暮らしをしている母が入院したと妹から連絡が入りました。

東京駅から羽田空港に向かって帰途につく予定でしたが、あわてて飛行機をキャンセル。

実家に泊まると、母が入院している病院に行くのに不便なうえに仕事もしにくい。

そこで、銀座駅から徒歩3分のミレニアム三井ガーデンホテルに直前割で2泊の予約を入れました。

ミレニアム三井ガーデンホテルは、日本初のミレニアムホテルと三井ガーデンホテルのダブルブランドホテル。

和の雰囲気がただようホテルは、予想以上に良い感じ♪

>>ミレニアム三井ガーデンホテル東京の滞在記・部屋とアメニティ編

>>ミレニアム三井ガーデンホテル東京の滞在記・ランチ編

5-6日目:さらに東京で連泊

三井ガーデンホテル京橋のスーペリアダブルルームの滞在記
【三井ガーデンホテル京橋のスーペリアダブルルーム】

母の状態があまり良くないため、新規オープンして気になっていた、三井ガーデンホテル京橋を直前割で予約。

東京駅から徒歩5分という立地の良さが魅力です。

部屋や食事ですが、雅美的にはミレニアム三井ガーデンホテル東京の方が良かったなと思い、ちょっとガッカリ。

>>三井ガーデンホテル京橋の滞在記・部屋とアメニティ編

>>三井ガーデンホテル京橋の滞在記・朝食編

7日目:さらに東京で連泊

相模湖イルミリオンを見に行った人のブログ
【さがみ湖イルミリオン入口のビッグツリー】

母の容態が安定し、退院のめどもついたため、帰りの飛行機を手配。

留守を頼んでいる夫に悪いと思いつつ、さがみ湖イルミリオンを見てから帰ることにして、さらに東京で1泊することにしました。

さがみ湖イルミリオンから戻ったあとで、池袋で同級生と飲み会の予定がはいったため、センチュリオンホテル池袋を予約。

レイトチェックインプランで、安く泊まることができました。

>>関東最大級のさがみ湖イルミリオンを見に行った感想

>>センチュリオンホテル池袋の滞在記

結局10日間以上家を空けることに

神戸ルミナリエを見に行ってきました

神戸出張から、突然コキアが見たくなって茨城へ。

母が入院したため予定変更で東京に連泊し、さらにイルミリオンと飲み会で1泊追加。汗

出張を含めると10日以上家を空けるスケジュールとなりました。

会社員だった頃は、こんなスケジュールは組めませんでしたが、自営業だと全責任を負う代わりに自由に動けるのが最大の利点。

子供が小さかったらできないことですが、子供が社会人になって独立してくれると、自由に生活することができます。

その代わり、20代前半から30代半ばまでは子育てに追われました。今では懐かしい思い出です。

また、ここまで自由に行動することができるのは、嫌な顔をしないで送り出してくれる夫のおかげ。

自宅にいる間は、きちんと料理や家事をして仕事も頑張って、次の旅行の活力を蓄えたいと思います。

[スポンサーリンク]

12月初旬には、私の東京の実家と夫の湘南の実家に立ち寄った後で、神戸ルミナリエを見て、長崎へ行ってハウステンボスへ夫婦で旅行する予定。

夫婦旅行をしたあとは、ハウステンボスの感想やホテルの宿泊記をあらためて書きますね。