御殿場時之栖のイルミネーション

ひかりのすみか(御殿場時之栖)イルミネーションは、ホテル・温泉・レストランなどが集まった、御殿場高原のレジャー施設です。

毎年開催されるウィンターイルミネーション「ひかりのすみか」は、多くの観光客が訪れ、御殿場の冬の風物詩に。

この投稿では、ひかりのすみかイルミネーション2018-2019の開催期間・料金・おすすめのツアー・アクセス・グルメ情報を紹介します。

御殿場時之栖へのアクセスは車がないと不便

ひかりのすみかイルミネーションに行ってきた

御殿場高原 時之栖へのアクセスですが、どの駅からも遠いため車がないと不便な場所にあります。

ツアーを利用せず、個人旅行でひかりのすみかへ行くのなら、車で行くのが一番便利。

電車や高速バスを利用する場合は、JR御殿場駅もしくは東名高速道路の御殿場ICから、無料シャトルバスで時之栖まで行くことができます。

車でのアクセスと駐車場

・東名高速道路の御殿場ICから出て、一般道で約25分

・東名高速道路の裾野ICから出て、一般道で約10分

なお、駐車場の料金ですが、時之栖の利用者は施設内の駐車場は無料で利用可能。

午前中から御殿場周辺の観光スポットで楽しむのなら、御殿場ICからすぐのプレミアム・アウトレットで買い物をするのもオススメです。

電車・バスでのアクセス

東京駅から時之栖まで、乗り換えをできるだけ少なく楽に行けるのは高速バスです。

高速バスは、東京駅八重洲口から静岡・愛知方面へ行く東名ライナーに乗り、御殿場ICで降車。

御殿場ICから無料シャトルバスに乗れば、1回の乗り換えで時之栖に行くことが可能。

また、新宿からは小田急電鉄のロマンスカーに乗り、御殿場駅へ。

御殿場駅からは、無料シャトルバスに乗れば、1回の乗り換えだけで時之栖に行くことができます。

ひかりのすみかイルミネーションのツアー

御殿場時之栖のイルミネーションバスツアーのオススメは?

ひかりのすみかに立ち寄るバスツアーは、クラブツーリズム・はとバス・オリオンツアー・HISなどが発売しています。

イルミネーションをめぐるバスツアーの中でも、オススメなのがクラブツーリズムのダブルイルミネーションツアー。

【イルミネーションツアーの内容】

新宿出発

小田原で買い物(30分)

箱根ガラスの森美術館でクリスタルツリーやガラス工芸品を鑑賞(60分)

時之栖ひかりのすみかイルミネーション鑑賞(60分)

関東最大級のイルミネーション・さがみ湖イルミリオン(60分)

駅から遠く電車で行くと不便な、さがみ湖イルミリオンと御殿場時之栖のイルミネーションを2ヶ所まわるのは、このバスツアーだけ。

食事もないので、好き嫌いがあったりアレルギーがあっても好きなものを自由に食べられるし、イルミネーション鑑賞に没頭したいときは、オプションの金目鯛の炙りめし弁当(お茶つき)を注文すれば、移動中にバスで食事ができます。

なお、時之栖ひかりのすみか・さがみ湖イルミリオン・箱根ガラスの森美術館をまわるバスツアーは、ウェブ限定となっていて店舗やカタログでの申込はできません。

ツアー日程や料金などの詳細は、クラブツーリズム公式サイトにアクセスして、ページ上部にある「コース番号検索」に「KR055-923」と入力すれば見つけることができます。

クラブツーリズム時之栖バスツアーで女性に人気があるのは、大規模リニューアル工事で2年間休館する、箱根のクラシカルホテル「富士屋ホテル」でランチを食べて、パワースポットの箱根神社・九頭龍神社に参拝し、時之栖イルミネーションを見るツアー。

優雅なランチタイムとパワースポットとイルミネーションと、ゆったりとした行程のバスツアーになっています。

【クラブツーリズム公式サイト】

>>クラブツーリズム公式サイト・バスツアー一覧



クラブツーリズムのバスツアーがオススメの理由

さがみ湖イルミリオンの噴水ショー
【さがみ湖イルミリオンの噴水ショー】

雅美がクラブツーリズムを利用して、ここならオススメできると思った理由は、参加者の年代が40代・50代・60代が中心で、落ち着いた雰囲気でツアーを楽しめる点。

また、クラブツーリズムには、お一人様参加限定のツアーも多く揃っているのが特徴。

お一人様限定のツアーは、リーズナブルなプランから、最高の食事や宿をセレクトしたプレミアムステージ、1泊2日や2泊3日の宿泊ツアーなど、多彩なコースが揃っているからオススメできると思いました。

女性限定のツアーや、お一人様限定のツアーもあり、気兼ねなく参加することができるので、バスツアー初心者さんも安心して参加できますよ。

ひかりのすみかの開催期間・点灯時間・入場料

ひかりのすみか御殿場イルミネーション
開催期間:2018年10月27日(土)から2019年3月17日(日)まで

点灯時間:16:30~22:00(季節により変更)

入場料:無料(一部、有料エリアあり)

駐車場:無料(2,300台)

なお、雨天でもイルミネーションは点灯されますが、強風が吹いた場合など、噴水ショーなどが中止となる場合があります。

有料ゾーンの噴水ショーやアクアリウムはがっかりスポット?

ひかりのすみかには有料のイルミネーションもあります

ひかりのすみかイルミネーションは入園料は無料で楽しめますが、一部のエリアは有料となっています。

無料で鑑賞できるのは、光のトンネルや、参加型イルミネーションの「富士山ヒカリの国フェスティバル」など。

有料となるのは、噴水ショー「ヴェルサイユの光」を見ることができる「光の王国」や、水中楽園アクアリウム。

一度、噴水ショー「ヴェルサイユの光」を観ましたが、美しく迫力満点のショーですが、正直な感想は「お金を払って見るほどのことではなかった」です。

ところが、2018年はプログラム内容をリニューアルし、最大で国内最高の150メートルの高さまで水を噴き上げる、迫力満点の内容になったとか。

有料のイルミネーション噴水ショーなので、「がっかり」にならない内容になっていることを期待します。

また、水中楽園アクアリウムは、日本一とも言われる金魚の水族館で、ライトアップされた水槽を泳ぐ珍しい金魚は必見。

時之栖イルミネーション「ひかりのすみか」は、規模がそれほど大きくなく、無料エリアだけだと期待はずれで、がっかりする可能性が高いので、見に行くなら有料ゾーンにも入ってくださいね。

ご当地グルメとレストラン

御殿場時之栖のイルミネーションは無料で楽しめる

時之栖には、いくつかのレストランがあり、ご当地グルメを楽しむことができます。

なかでも、おすすめのレストランは御殿場高原ビール。

御殿場高原ビールは4つのレストランの集合体で、御殿場高原ビール・グランテーブル・麦畑・GKBカフェと、それぞれ違う雰囲気を楽しめます。

食べ放題・飲み放題のバイキングレストラン麦畑や、地ビールレストラングランテーブルなど、ビール好きにはたまらないメニューがいっぱい。

ここでしか味わえないご当地グルメを、ぜひ楽しんでくださいね。

時之栖には日帰り入浴ができる温泉もある

御殿場時之栖イルミネーションの光のトンネル

時之栖には、日帰り入浴もできる温泉施設が2つあります。

天然温泉 気楽坊は、露天風呂・内風呂・炭酸泉・薬草泉・死海の塩風呂・麦飯石サウナ・貸切露天風呂など、さまざまな効用のお風呂が揃う温泉好きのパラダイス。

もう1つの温泉施設は、源泉 茶目湯殿。

源泉 茶目湯殿は18歳未満は入場することができない、大人のために作られた極上の温泉施設です。

お風呂は、室内大浴場・露天風呂・天空の湯露天風呂・備長炭釜風呂の4種類。

なお、どちらの温泉施設もバスタオル・フェイスタオル・館内着・浴衣などがついているため、手ぶらで入浴できるのが嬉しいですよね♪

ツアーでは入浴する時間がありませんが、車で時之栖に行くときには、運転の疲れを癒やすためにも、温泉でまったりしてはいかがでしょうか。

天然温泉 気楽坊の入浴料金

・1日券(10:30~24:00)
大人:平日1,500円・土日祝日2,000円
子ども:平日700円・土日祝日1,000円

・行水券(60分)
大人:平日800円・土日祝日1,000円
子ども:平日400円・土日祝日500円

・夜間券(18:00~24:00)
大人:平日1,300円・土日祝日1,500円
子ども:平日600円・土日祝日800円

※大人は中学生以上・子どもは5歳から小学校6年生まで。

源泉 茶目湯殿の入浴料金

・1日券(10:00~22:00)
大人:平日1,500円・土日祝日2,000円

※18歳未満は入場不可。

まとめ

イルミネーションだけではなく、ご当地グルメを楽しめるレストランや温泉施設・フットサルコートやサッカーコートなどのスポーツアクティビティ施設、宿泊施設までが揃っている時之栖。

2016年までは、期待していくと「がっかり」する人が多かったのが残念ですが、2018年以降はパワーアップした内容に期待できそうです。

>>御殿場時之栖イルミネーション周辺のレジャー施設・観光スポット一覧

また、バスツアーでイルミネーションとグルメだけを楽しんだり、車で行って温泉やグルメ・イルミネーションなど1日中楽しむこともできる施設。

電車だとアクセスが不便な場所なので、移動が楽なバスツアーや車で時之栖に行って、目的に合った楽しみかたをしてくださいね。