天王寺都ホテルの宿泊記

天王寺都ホテルに宿泊しました。

シングルルームで予約をしたら、ツインルームに無料でアップグレードしていたき広めの部屋でゆったりと過ごせてラッキー♪

このページでは、朝食バイキングを食べた感想やアメニティ・眺望・駅からのアクセスなど、実際に宿泊して分かったことを紹介します。

[スポンサーリンク]

部屋からの眺望

天王寺都ホテルのツインルームに泊まりました

泊まった部屋はJR天王寺駅側のツインルーム。

窓はそれほど大きくありませんが、大阪の夜景を楽しむことができます。

天王寺都ホテルの眺望はどんな感じ?

天王寺駅がわの部屋からの眺望は上の画像のような感じ。

目の前にJR天王寺駅のホームがある、発着する電車がよく見えました。

アメニティは何が揃っている?

天王寺都ホテルのアメニティ

部屋は木目調のシンプルな家具でまとめられています。

天王寺都ホテルの口コミ

デスク引出にはLANケーブルや宿泊約款、レストランやテレビ番組の案内など。

天王寺都ホテルのナイトウエアはガウンタイプでした

テレビ下にある、上の引出に入っているのは、ランドリーバッグ・伝票・聖書など。

下の引き出しには、ガウンタイプのナイトウエアが2着入っていました。

セパレートのパジャマじゃないのが残念です。

天王寺都ホテルのコーヒーメーカーは上島珈琲のドリップポットです

デスクの横には、無料のミネラルウォーター・コーヒーマシン・電気ポット・食器類。

天王寺都ホテルの客室にはコーヒーメーカーのドリップポッドとカプセルが置いてありました

UCCのコーヒーメーカー ドリップポッドには、いろいろなタイプのコーヒーカプセルがありますが、置いてあったのは一番ポピュラーなシティローストでした。

その他、煎茶とほうじ茶のティーバッグも揃っています。

天王寺都ホテルの冷蔵庫

冷蔵庫の中には何も入っていません。

天王寺都ホテルの備品はどんなものが揃っている?

サイドテーブルは昔ながらのスイッチがついているタイプ。

今の小洒落たビジネスホテルの設備と比べると、コンセントもないし古さを感じますが、3口のコンセントが後から付けられているので不便は感じません。

USB充電口はないけど、なくても困らないからいいかという感じ。

天王寺都ホテルのアメニティ

エアコンのスイッチもかなり古いタイプ。

これで大丈夫?と心配でしたが、スイッチを入れるとエアコンがちゃんときいていたので、見た目は古くても問題なし。

天王寺都ホテルのツインルームの滞在記

部屋の中から入口ドアを見ると、上の画像のような感じになります。

天王寺都ホテルのバゲージラックとズボンプレッサー

バゲージラックはそこそこの大きさがあり、小型スーツケースなら広げて荷物整理できるサイズ。

バゲージラックの横には、ズボンプレッサーも置いてあります。

天王寺都ホテルのツインルームの宿泊記

2人掛けのソファとイスが2脚、丸テーブルが窓際に並んでいます。

これに加えてデスクの椅子もあるので、3人で泊まっても椅子に困ることはありません。

[スポンサーリンク]

お風呂とトイレはセパレートになっている?

天王寺都ホテルのお風呂は独立している?

お風呂はトイレと一緒になっているユニットバスタイプ。

セパレートになったバスルームや洗い場はありません。

ユニットバスなのは残念ですが、淡いフラワーモチーフの壁がかわいらしい感じで、ホッコリとした気分になれます。

バスルームのアメニティ

天王寺都ホテルのシャンプーのブランドは何?

バスタブの縁に置いてあるシャンプー・コンディショナー・ボディソープを移動して撮影。

シャンプーのブランドは、ポーラの生ローヤルゼリー配合シャワーブレイクプラスシリーズ。

天王寺都ホテルのバスルームと洗面所

洗面台は古い感じもしますが、きちんと掃除されていてカビや水垢などはありません。

天王寺都ホテルのアメニティグッズ

壁の棚に並んでいたアメニティグッズ。

コットンセット・ボディスポンジ・カミソリ・歯ブラシセット・シャワーキャップ・折りたたみヘアブラシがそれぞれ2個ずつ置いてありました。

>>天王寺都ホテルのアメニティの詳細と客室一覧はこちらでチェック

スカイレストラン エトワールの朝食バイキング

天王寺都ホテルの朝食バイキングを食べました

朝食はホテル最上階のスカイレストラン エトワールでの朝食バイキング。

天王寺都ホテルの朝食ビュッフェの口コミ

大阪の風景を見ながら、ゆっくりと朝食をいただくことができます。

窓側のカウンター席は眺めが良く人気があるようで、雅美がレストランに入った時には満席でした。

天王寺都ホテルの朝食ビュッフェを食べた人のブログ

和食と洋食がそろう朝食バイキングですが、お料理の種類はやや少ないかなという印象。

基本的なお料理は全てそろい、たこ焼きなどの地元グルメもあるので、物足りないということはありません。

お料理はいたって普通のお味でした。

朝食をレストランで食べるまでもないという時は、駅に早朝から営業しているカフェもあるので、そちらを利用するのもオススメです。

また、地下道でつながっている「あべのハルカス」の近鉄百貨店のデパ地下でパンやお惣菜を買っておいて、朝食べるというのも良いかも。

ホテルの横にはコンビニも

天王寺都ホテルに自動販売機とコンビニはあるの?

客室階のエレベーター横にはソフトドリンクとアルコール類の自動販売機がありますが、お菓子などを買いたい時はコンビニに行きたいですよね。

1階の出入口からホテルを出ると、すぐ右側にセブンイレブンがあります。

また、天王寺駅周辺は、あべのハルカスやショッピングモール、駅ビルなど買い物できる施設や飲食店が充実しているので、困ることはありません。

梅田・難波・天王寺駅からのアクセス

JR天王寺駅東口改札から見た、天王寺都ホテル
【JR天王寺駅東口改札から見た、天王寺都ホテル】

天王寺駅は大阪の主要駅までアクセスが良く、梅田などに比べてホテル料金も安めなのが魅力。

大阪(梅田)駅・心斎橋・なんば駅からは、地下鉄御堂筋線をつかえば乗り換えなしで移動できます。

また、高速バスターミナルがある「なんばOCAT」からは、OCATと同じビルの地下にあるJR難波駅から3駅で天王寺駅に到着。

JR天王寺駅東口を出ると、通りをはさんで左斜め前にホテルが見えるため、迷わずにホテルに行けます。

まとめ・口コミで人気なのも納得

天王寺都ホテルの口コミを見ると、星4個前後になっています。

泊まってみると、建物や設備は古さを感じるものがありますが、清潔に保たれていて安いビジネスホテルとはやっぱり違うなという印象。

フロントの方の接客も良く、朝食バイキングも普通に食べることができて、何よりもアクセスが良いのにリーズナブルな価格なのが嬉しいです。

隣にある、大阪マリオット都ホテルに比べるとグレードは落ちますが、宿泊料金を考えるとコスパはかなり良いホテルだと思いました。

天王寺都ホテルの詳細

>>天王寺都ホテルの宿泊プラン一覧と予約はこちらから

住所:大阪府大阪市阿倍野区松崎町1-2-8

電話番号:06-6628-3200

最寄駅:
・JR天王寺駅東口 徒歩1分
・地下鉄御堂筋線天王寺駅3番出口 すぐ横

駐車場:なし
※近鉄パーキングビル(1泊2,100円で利用可能)

チェックイン: 14:00-26:00
チェックアウト: 12:00

自動販売機:あり

大浴場:なし

コインランドリー:なし

【関連記事】
>>ホテルトラスティ阿倍野の宿泊記|リーズナブルな料金で宿泊できる朝食付きプランの感想

>>【決定版】女性の国内旅行に必ず持って行きたい22の持ち物リスト