シタールランチセット
【シタールランチセットのカレー】

千葉県の検見川駅近くにある、インドカレーの名店シタールが大好きで、何回も通っています。

シタールの古くてレトロな雰囲気の店舗が好きでしたが、2017年9月に建て替えのための仮店舗の建設が始まりました。

この投稿では、シタールのランチメニュー・オススメのカレー・千葉県検見川駅からのアクセス・通販情報を紹介します。

2種類のランチメニューはどっちがオススメ?

シタールランチセット
【シタールランチセット】

ランチタイムのメニューは、「シタールランチセット」と「タンドリーランチセット」の2種類になります。

ランチタイムは、11:30から15:30(ラストオーダー15:00)まで。

土日祝日は大行列ができて、15時までにお店に入れない場合も。

週末や祝日にランチを食べたいときは、11時前に行って受付用紙に名前を書いて待つのが、一番確実にランチを食べられる方法です。

ランチについてくるラッサムスープ
【ランチについてくるラッサムスープ】

シタールランチセットは、カレー2種類・ラッサムスープ・ライス(プラス料金がかかりますが、ナンに変更可能)・デザートのセット。

ラッサムスープは、トマトベースのスープにニンニクと独自のスパイスがきいて、ほどよい辛さが病みつきになる味です。

このときは、妹と夫と3人で行き、シタールランチセットを2つと、タンドリーランチセット1つを注文。

カレーはキーマを2つ・激辛のチキンを1つ・定番のバターチキン1つを選びました。

シタールランチセットのカレーの量は多めなので、カレーをがっつり食べたいときには、シタールランチセットがオススメです。

タンドリーチキンランチ

上の画像は、タンドリーランチセット。

タンドリーランチセットは、カレー1種類・ハーフナン・ライス・タンドリーチキン3個・デザートのセットになります。

このときは、ライスをなしにしてナンだけにしていただきました。

シタールのランチを食べた感想
【タンドリーチキンランチのカレー】

選べるカレーは、シタールの定番「バターチキンカレー」を注文。

他のインドカレー屋さんでは食べたことがない、独特で不思議な風味のスパイスに病みつきになる人続出のバターチキン。

かくいう私も、1度食べたら忘れられなくなり、何度もリピートするようになりました。

なお、カレーの量は「シタールランチセット」のカレーの半分弱くらいで、かなり少なめです。

シタールのランチを食べてきました
【タンドリーチキンランチ】

タンドリーチキンは、大きめのサイズが3個もついてくるので、肉をガッツリ食べたい時にオススメ。

この時は、夫・妹・私の3人で、タンドリーチキンを1個ずつ食べて、カレーをシェアしながら食べました。

ランチのデザート
【ランチのデザート・マンゴームース】

ランチのデザートは、マンゴームース。

インドの濃厚なアルフォンソマンゴーピューレを使った、フワフワのマンゴームースは、まるでマンゴーを食べているような味の濃さ。

マンゴー好きにはたまらない美味しさです。

一番人気はバターチキンとキーマカレーだけど・・・

シタールのチキン・ド・ピアイザーカレー
【シタールのチキン・ド・ピアイザーカレー】

シタールの定番といえば、バターチキンカレーとキーマカレーですよね。

でも、バターチキンは辛さがほとんどなく、キーマカレーは辛すぎる。

バターチキンとキーマカレーの中間の味を楽しみたいときは、骨なしチキン・タマネギ・香味野菜がたっぷり入った、「チキン・ド・ピアイザーカレー」を注文します。

チキン・ド・ピアイザーはセットのカレーに選べないので、単品で注文するしかないのですが、程よい辛さとバターチキンのような独特の香辛料が、たまらなく美味しい。

シタールのラッサムスープの口コミ
【ラッサムスープ・Lサイズ】

この時のディナーは、チキン・ド・ピアイザーカレーのほかに、ランチにもついてくるラッサムスープ・ナン・タンドリーチキンを注文しました。

ラッサムスープのLサイズは、香り付けのパクチーが多めに散りばめられ、とっても美味しく飲むことができます。

初めて食べるならトリプルカレーがオススメ

トリプルカレーセット
【シタールのトリプルカレーセット】

初めてシタールに行って、何を注文して良いのか分からないときは、トリプルカレーセットがオススメです。

定番のキーマ・バターチキンの他に、シーフードの3種類のカレーを味わうことができ、ハーフナン(またはバトラ)とクミンライスがついてきます。

チキンやシーフードが苦手な人は、ベジタブルカレーに変更もできるので、まずは色々なカレーを試したいときに注文してはいかがでしょうか。

持ち帰りのカレー弁当も大人気

シタール千葉検見川本店の店内
【シタールの店内】

シタールのカレーは、お弁当形式で持ち帰ることができて予約も可能。

好みのカレー・イエロークミンライス・アチャール(印度風のタマネギの辛い漬物)が入ったお弁当です。

サモサかサブジ付きか、タンドリーチキンとタンドリーティッカがついたお弁当があり、カレー2種類のスペシャル弁当も。

夫が仕事で来ることができず、私1人でシタールで食事をするときは、いつもお弁当を買って帰っていました。

シタールの通販ショップは楽天に


厳選素材のインドカレー選べる5カレー&ナンセット

シタールに行くには遠すぎる方には、シタールの公式通販ショップで販売しているカレーセットもあります。

現在、販売しているカレーの種類は、人気のバターチキン・キーマカレー・パラクパニール(ほうれん草とチーズのカレー)の3種類ですが、シタールを代表する味なので、注文する価値はあると言えるでしょう。

また、ナンとカレーのセットや、店舗でも使われているアルフォンソマンゴーのピューレやジュースもあるので、プレゼントしても喜んでもらえそう。

送料無料のカレーセットや、ギフトセットなど、用途に合わせたセットも充実しているので、詳しくは公式ショップを見てくださいね。

>>印度料理シタール 公式ネットショップはこちらから

検見川駅からのアクセス

シタールの店内
【シタールの店内】

シタールは、京成線の検見川駅から徒歩4分ほどの場所にあります。

検見川駅は各駅停車の電車しか停まらないため、東京方面から検見川駅に行く場合は、津田沼駅で乗り換えるようにしましょう。

検見川駅の改札(1ヶ所のみ)を出たら、細い道を右方向へ歩き、2車線の道路に出たら左へ曲がって約1分歩きます。

すると、信号がある交差点があるので、左に曲がって30秒くらい歩くと、シタールの前に到着するはずです。

なお、シタールの本店が老朽化したため、2017年9月より仮店舗の建築が始まっています。

仮店舗が完成したあとは、現在の店舗は改築工事に入るため、行く前に営業時間や店舗の場所は公式サイトでチェックしてくださいね。

まとめ・食べログのクチコミにも納得のレストラン

アルフォンソマンゴージュース
【アルフォンソマンゴージュース】

シタールのカレーは、良くも悪くもスパイスの使い方に強いクセがあります。

雅美はカレーが大好きで、インド・スリランカ・ネパールなど、色々なカレー屋さんを食べ歩きましたが、シタールは他にはない独特なスパイスの使い方をしていて衝撃を受けました。

このスパイスは、ハマる人には病みつきになる味ですが、苦手だと感じる人がいることも事実。

食べログのクチコミを見ても、クセがあってイマイチという投稿がいくつもあります。

シタールのすぐ近くに実家がある、義弟(妹の夫)に連れていってもらい、私は病みつきになりましたが、母は苦手で殆ど食べることができませんでした。

スパイスがきついカレーが苦手な人は、まずはカレーが少ないタンドリーランチセットなどを注文して、ご自身の口に合うか確かめると良いでしょう。