彩香の里ラベンダー園でウエディングフォトを撮影

中富良野にある、彩香の里佐々木ファームのラベンダー園へ、歩いて行ってきました。

この投稿では、彩香の里佐々木ファームへの行き方や、山の中で道に迷わないための注意点、ラベンダー畑を見た感想を紹介します。

[スポンサーリンク]

彩香の里へ徒歩で行くには注意が必要

彩香の里ラベンダー園への行き方

ラベンダー畑駅でノロッコ号を降りてファーム富田へ行き、歩いて中富良野町営ラベンダー園へ行きました。

観光マップでは、中富良野町営ラベンダー園から、彩香の里佐々木ファームまで歩いて行けるとなっているので、ヘロヘロになりながらも歩いて行くことに。

中富良野町営ラベンダー園前の道を歩いて行くと、歩道に「菜花の里」と書いてあるラベンダー色の看板が立っています。

彩香の里佐々木ファームへの徒歩ルート

矢印の方向を見ると、住宅街から山へ向かう1本の道。

ここを行けばいいんだなと思い、素直に矢印の方向へ歩いて行きました。

彩香の里佐々木ファームのアクセス

住宅街の舗装された道路を登っていくと、道が突き当たりになり未舗装になります。

道の突き当りには「彩香の里」「ガンビの道:「ペンションやま山」の3つの看板が。

矢印に従って左の方向へ歩きます。

彩香の里佐々木ファームへ歩いて行ってきた

車2台がすれ違うのは少し厳しそうな道幅の道路をひたすら歩きます。

少し歩くと、ペンションやま山が左側に見えてきて、さらに前に進みますが、何もない山道で少しずつ不安な状態に。

彩香の里ラベンダー園への徒歩ルートは山道を通ります

数分歩くと、ラベンダー色の「菜花の里」の看板が見えました!

矢印に従って、左に曲がると・・・

ぬかるんだ山道を歩いて彩香の里へ

車があまり通らないような道で、雨が降ったあとだったため、ぬかるみがあちこちに。

さらに、大きなハチが頭の周りを飛びながらついてきて、冷や汗をかきながら必死で歩きました。

「本当にこの道でいいの?」と不安に思いながら、やっとの思いでハチを振り切ったところで、急に視界がひらけて、アスファルト舗装された2車線の道路が。

彩香の里ラベンダー園へ歩いて行った人のブログ

道路の向こう側には、斜面に広がるラベンダー畑と彩香の里駐車場の看板が見え、やっと安心することができました。

一人旅には慣れていますが、一人で山道を歩くのは初めてかも。

久しぶりに不安で心細くなり、ドキドキした道のりでした。

歩いたルートは、急坂がない代わりに未舗装で何もない山道の距離が長く、雨の後はぬかるみも多くあります

また、ハチもいたので、歩きやすい服装と靴・帽子は必須だと思いました。

何種類もの品種が植えられたラベンダー園

彩香の里佐々木ファームの口コミ

彩香の里佐々木ファームのラベンダー園には、沢山の品種が植えられています。

北海道の彩香の里ラベンダー園の口コミ

濃紫・薄いラベンダー色・ピンク・白のラベンダーの見頃時期が少しずつずれているので、富良野にある他のラベンダー園よりも彩りがゆたかなラベンダー畑を楽しむことができます。

彩香の里佐々木ファームのラベンダー畑の画像

撮影した7月19日は、早咲き品種の「濃紫早咲」が見ごろの終わりにさしかかった頃で、次に咲く「おかむらさき」が満開に。

富良野の彩香の里に女性一人旅で行った旅行記

純白と紫色のラベンダーの両方が織りなす風景を、じっくりと楽しむことができました。

北海道富良野の彩香の里でラベンダー畑を見た感想

彩香の里ラベンダー園は駅から遠いこともあり、ファーム富田に比べると人が少なめです。

彩香の里のラベンダーに一人旅した人のブログ

また、ファーム富田では行っていない「ラベンダー摘み」を楽しむことができて、申込みをした観光客は自分が気に入った花を思い思いにハサミで切っていました。

山の斜面に植えられたラベンダー

ラベンダー摘みを楽しみたいときや、大混雑するファーム富田には行きたくない時は、彩香の里はオススメです。

ラベンダー園でウエディングフォトを撮影

富良野の富良野のラベンダー園で結婚写真

彩香の里には「縁」と書かれた小さな建物があり、ウエディング写真を撮るための着替えやメイクに使用することができます。

ラベンダーを見ていたら、彩香の里でウエディングフォトを撮影していたカップルに遭遇。

ラベンダーパープルの中に純白のウエディングドレスを着て立つと、ドレスの美しさが際立ちます。

お二人ともとても幸せそうで、思わずパシャリ☆末永くお幸せに。

お幸せにと思う反面、バツイチ再婚の雅美は「別れるときは別れるんだけどね」と思ってしまい、「いけないいけない」と反省です。

ラベンダーの見頃を過ぎると花畑が見頃に

彩香の里ラベンダー園の開花情報

彩香の里にはラベンダー以外の花を植えた花畑もあります。

彩香の里佐々木ファームのラベンダー畑に一人旅で行った感想

サルビア・ダリア・マリーゴールドなど、カラフルなお花が植えられていますが、まだ咲き始めといった感じ。

彩香の里佐々木ファームの花畑

ラベンダーの見頃を過ぎて、ラベンダー畑が寂しくなったころに、花畑が満開になるよう植えられているみたいです。

富良野の彩香の里で撮影したルピナスの花

上の画像を撮影した翌日に行った、旭川の北海道ガーデン「上野ファーム」では、全てが実になっていたルピナスですが、彩香の里では、まだ咲いている株もありました。

標高が高いぶんだけ、上野ファームよりも開花が遅いのかもしれません。

彩香の里でオススメのランチはある?

彩香の里佐々木ファームのラベンダー園

彩香の里でランチを食べたいときは注意が必要です。

お蕎麦を食べられる小さなレストランが1軒と、小さなお土産屋さん、軽食の販売店が2~3軒あるだけ。

ファーム富田のように、メロンやメロンスイーツ・ハンバーガー・パン・カレーなどを食べられる飲食施設が何軒もあるわけではありません。

ランチは彩香の里ではなく、他で食べるほうが良さそうです。

帰りは最短ルートで中富良野駅へ

彩香の里へのアクセス

中富良野町営ラベンダー園から歩いたルートは距離が長かったため、帰りは中富良野駅までの最短ルートを歩きました。

彩香の里の前を通る道路をわたると、「徒歩直進 中富良野駅」と書いてある案内板があります。

彩香の里ラベンダー園から中富良野駅方向へ行く案内板

最短ルートは、途中から道幅が狭くなり、急勾配のルートなので、車・バイク・自転車での通り抜けは禁止。

中富良野駅に向かう山道

案内板の矢印の方向を見ると、道はまっすぐですが、急に坂がキツくなっているのが分かります。

舗装されていないかなり急な坂を降りていくと、住宅街の塗装された広い道になり、2車線の太い道にぶつかります。

彩香の里の案内板

太い道とぶつかった交差点には「彩香の里」の看板があり、太い道を左に曲がると中富良野駅はすぐそこに。

中富良野駅の案内板

道路を渡って「JR中富良野駅・花人箸(跨線橋)・フラワー通り線」と書いてある案内板の方向へ。

中富良野駅の花人橋

「はなびとばし」と書いてある、跨線橋を渡れば中富良野駅舎の横に到着です。

中富良野駅の駅舎

最短の徒歩ルートを使うと、彩香の里から中富良野駅までの距離はそれほどありませんでした。

このルートは急勾配の坂があるため、足腰が弱い方や年配の方には厳しいと思いました。

まとめ・彩香の里に行った感想

彩香の里のラベンダー園の見頃は7月中旬ごろ

ファーム富田から中富良野町営ラベンダー園へ歩いて行き、さらに彩香の里まで歩いて周った感想は「坂が多い」です。

ラベンダー園は山の斜面に作られているため、ラベンダー畑を見るだけでも坂の登り降りが多くて足がガクガクに。

その上、歩いて周ったため、中富良野駅に到着した頃にはフラフラになってしまいました。

また、舗装されていない山道を歩くため、ハチがきても大丈夫な服装と歩きやすい靴に帽子は必須です。

彩香の里は、富良野のラベンダー園の中でも、ラベンダーの種類が多く人が少なめ。

来年も、彩香の里のラベンダー園を見に行きたいと思いました。