さがみ湖イルミリオン

関東最大級のイルミネーション「さがみ湖イルミリオン2019-2020」が始まりました。

さがみ湖イルミリオンは600万球のLEDを利用した、体験型のアトラクションも楽しめるイルミネーションです。

この投稿では、さがみ湖イルミリオンの見どころ、電車と直通バスのアクセス、バスツアーの感想、宿泊施設と日帰り温泉施設「うるり」について紹介します。


さがみ湖イルミリオンのみどころ

さがみ湖イルミリオン

さがみ湖イルミリオン2019-2020は、毎年新しいエリアが登場し、何回行っても飽きない魅力があります。

各エリアによって、イルミネーションの雰囲気が変わるので、お気に入りのスポットを探しながら周りましょう(画像は過去のものになります)。

  • 光と音楽の街
  • 光の花畑
  • チューリップの小道
  • 光のアクアリウム
  • パディントンタウンイルミネーション
  • イルミリオン・ツリー
  • 光の海
  • 光の動物園
  • 虹のリフト

さがみ湖イルミリオン

山頂エリアを往復する「虹のリフト」は、往復700円の料金がかかりますが、下りのリフトからは「さがみ湖イルミリオン」の全景を眺めることができます。

光のリフト

眼下に広がるイルミネーションの美しさは、ここでしか味わえない風景。

リフトに乗って、光の絶景を楽しんではいかがでしょうか。

相模湖イルミリオン

「光と音楽の街」では、「光×音楽×炎×ドローン」を駆使した、大迫力のショーを楽しむことができます。

さがみ湖イルミリオン

光の動物園は、グリーンを中心にしたイルミネーションの中に、さまざまな動物が登場。

シロクマ、ペンギン、ゴリラなど、どんな動物がいるのかワクワクしながら周れるエリアです。

イルミネーションを見た感想

さがみ湖イルミリオン

私は2015年12月に、クラブツーリズムのバスツアーでさがみ湖イルミリオンを見に行きました。

斜面が多いイルミネーション会場は、奥行きや立体感を感じるデザインで、想像以上に見応えがあり、面積も広くてビックリ!

その後は、電車やバスでさがみ湖イルミリオンを見に行き、イルミネーションを楽しんでいます。

有料のリフトに乗れば眼下にイルミネーションが広がり、光があふれる景色は圧巻の一言です。

さがみ湖イルミリオン

リフトに乗って行く「山頂エリア」も含めると、広大な面積のイルミネーションなので、じっくりと楽しむことができました。


所要時間はどのくらい必要?

さがみ湖イルミリオン

さがみ湖イルミリオンの全エリアを見るための所要時間は、最低でも1時間30分くらいは必要です。

観覧車や絶叫マシン、パディントンの汽車、光の迷路など、アトラクションも楽しみたい場合は、見学する時間を2時間以上とれるようスケジュールを組むことをお勧めします。

光の海を見ながら食事ができるレストラン

相模湖イルミリオンのレストラン
【レストラン ワイルドダイニング】

プレジャーフォレストの入口近くにある、レストラン「ワイルドダイニング」は、光の海の横に位置しています。

美しいイルミネーションを見ながら食べる料理は、何倍も美味しく食べることができそう。

レストランのメニューは、ハンバーグ・パスタ・ラーメンなど、小さなお子さんも美味しく食べられるものが揃っています。

相模湖イルミリオンのレストラン

和食や定食を食べたいときは、イルミリオンを見終わった後で、日帰り温泉「うるり」の食事処でディナーを食べるのがオススメ。

ラーメン・うどん・そば・天麩羅・定食・軽食など、たくさんのメニューがあり大人も子供も楽しめる内容です。

※画像のメニューは現在のメニューとは異なります。

歩きやすい靴は必須

相模湖イルミリオン

デートでイルミネーション鑑賞をするのなら、思いっきりオシャレをしてロマンチックな夜にしたいですよね。

でも、さがみ湖イルミリオンに行く時はヒールは厳禁です。

なぜなら、会場の相模湖プレジャーフォレストは山の斜面に作られていて、園内のいたる所に急坂があるから。

歩きやすい靴でも、転びそうになりそうな急坂もあるので、履きなれたスニーカーや、ヒールが低めの歩きやすい靴を選びましょう。

車椅子でも見ることができる?

相模湖イルミリオン

さがみ湖イルミリオンは、山の斜面に造成された「相模湖プレジャーフォレスト」の敷地内が会場になります。

上の項目でも書きましたが、エリア内は急坂が多く、広い園内を車椅子を押して周るのは大変な労力が必要。

また、駐車場からイルミネーション会場の入口までは、長く急な階段があります。

車椅子など介助が必要で、階段を登ることができない場合は、障がい者専用の駐車場を使えるよう、事前に連絡を入れておくことをお勧めします。


電車と路線バスのアクセス

相模湖駅

さがみ湖イルミリオンの最寄り駅は、JR中央線の相模湖駅になります。

相模湖駅に行く方法は、東京駅から中央線の特別快速に乗って高尾駅まで移動。

高尾駅で乗り換えると、次の駅が相模湖駅になります。

相模湖駅

相模湖駅の改札を出ると、目の前がロータリーになっているので、1番乗場から「湖21」か「湖22」系統の「三ケ木行」のバスに乗車。

「プレジャーフォレスト前」バス停で降りて、相模湖プレジャーフォレストの駐車場方向へ坂道を登りましょう。

坂道を登って行くと、車の入園口に到着します。

相模湖プレジャーフォレスト
【相模湖プレジャーフォレストの入口ゲート】

入園口の横を通って、さらに坂を登っていくと駐車場に到着。

駐車場の先に長い階段があり、階段を登りきったところがチケット売り場になります。

相模湖プレジャーフォレスト
【さがみ湖イルミリオンの急な階段】

バス停から15分ほど歩いて、ようやくチケット売り場の手前の階段に到着。

あまりの急な階段と段数の多さに、途中で休みながら登って、ようやくチケットを購入することができました。

ちなみに、チケット売り場の少し手前から駐車場を見ると、下の写真のような感じに見えます。

相模湖プレジャーフォレスト

めちゃくちゃ急坂なので、年配の方や足腰が弱い方が登るのは、かなりキツイかも。

なお、路線バスのバス停は、ツアーバスが停まっている駐車場のはるか下にあります。

ずっと坂を登ったあとで、急で長い階段を登るので、運動不足もあってイルミネーションを見る前に疲れてしまいました。

私は10月に行ったため、直通バスの運行が始まる前で、電車と路線バスを利用しました。

11月下旬からは、新宿から直通バスが運行しています。

直通バスのアクセス

往復割引運賃は、乗車日前日までに乗車券を購入した場合のみ適用され、当日に往復乗車券を購入することはできません。

  • 直通バスの運行期間
    2019年11月23日(土)~2020年1月5日(日)
    上記の期間は毎日運行
    2020年1月11日(土日)~2020年3月29日(日)
    上記の期間は土日祝日のみ運行
  • 時刻表(バスタ新宿発)
    15:45 バスタ新宿発・17:00 相模湖プレジャーフォレスト着
    19:30 相模湖プレジャーフォレスト発・20:45 バスタ新宿着
  • 時刻表(横浜駅西口発)
    15:00 横浜駅西口発・16:30 相模湖プレジャーフォレスト着
    19:30 相模湖プレジャーフォレスト発・21:00 横浜駅西口着
  • バス運賃
    片道:大人1,600円・小人800円
    往復:大人3,000円・小人1,500円
  • セット券
    往復バス乗車券+ナイトフリーパスセット
    往復:大人5,400円・小人3,400円
    往復バス乗車券+イルミリオン入場券セット
    往復:大人3,600円・小人2,100円

バスツアーのメリットとデメリット

私が、さがみ湖イルミリオンを初めて見に行ったのは、バスツアーを利用したときでした。

参加したバスツアーは、「さがみ湖イルミリオン」と「御殿場時之栖イルミネーション」の2つのイルミネーションを見る「ダブルイルミネーションバスツアー」。

想像していた以上に美しいイルミネーションを見て、良い時間を過ごせましたが、バスツアーの最大のデメリットが。

参加したバスツアーは、2ヶ所のイルミネーションを周ったため、鑑賞時間は約70分と短めでした。

メリットは、昼間はグルメを楽しんだり、箱根に行くツアーも多いこと。

≪さがみ湖イルミリオンバスツアー≫クラブツーリズム公式サイトはこちら

座っているだけで、さまざまな場所に連れていってもらえるので、1日に複数の観光スポットをめぐりたい場合は、バスツアーがおすすめです。

日帰り温泉施設うるり

日帰り天然温泉うるり

さがみ湖イルミリオンの駐車場横には、日帰り温泉施設「うるり」があります。

うるりでは、天然温泉や高濃度炭酸泉、岩盤浴などを楽しむことができて、レストランも併設。

日帰り天然温泉うるり

イルミネーション会場はレストランが少ないので、温泉に入りながら食事をするのも良さそうです。

相模湖プレジャーフォレストの宿泊施設

相模湖プレジャーフォレストの宿泊施設

相模湖プレジャーフォレストの隣には、宿泊施設「PICAさがみ湖」もあります。

建物はホテルではありませんが、ログキャビン・セットアップテントサイト・常設テントサイト・トレーラーハウスがあり、定員は4名~8名と広さのバリエーションも豊富。

また、電源はありませんが、オートキャンプサイトの利用もできます。

さがみ湖イルミリオンを見たあとに周辺に泊まりたい場合は、事前に予約をするようにしましょう。

>>相模湖プレジャーフォレストの宿泊施設「PICAさがみ湖」の予約はこちらから

PICAさがみ湖では、朝食とバーベキューの夕食、入園券2日分がついた「1泊2食付きプラン」も販売しています。


さがみ湖イルミリオンの開催期間

  • イルミネーション開催期間:
    2019年11月2日(土)から2020年4月5日(日)まで
  • イルミネーション営業時間:
    ・11月5日から12月20日の平日
    ・1月6日から1月10日の全日
    ・1月14日から4月5日の全日
    16:00~21:00
    ・11月2日から1月13日の土日祝日
    ・12月21日から1月5日
    16:00~21:30
  • イルミネーション点灯時刻:
    11月から1月まで: 17:00
    2月: 17:30
    3月: 18:00
    4月: 18:15
  • 休業日:
    1月:8・9・15・16・22・23・29・30日
    2月:5・6・12・13・19・20・26・27日
    3月:4・5・11・12日
  • 入場料:
  • 大人(中学生以上・シニア含む):1,800円
    小人(3歳~小学生):700円
    愛犬(体高50cm以下の小・中型犬に限る):700円
  • ナイトフリーパス:
    大人(中学生以上・シニア含む):2,600円
    小人(3歳~小学生):2,100円
  • 駐車料金:
    乗用車1,000円・大型バス2,000円・バイク500円

※このページの情報は掲載時のものになります。営業時間やアトラクションなどの内容が変更になっている可能性があります。