龍宮神社 小樽のご利益は?

北海道小樽に鎮座する龍宮神社に参拝して、御朱印帳・御朱印・御守を授かりました。

このページでは、龍宮神社の小樽駅や札幌駅からのアクセス・ご利益・御祭神・御朱印帳や御守りの初穂料(料金)などを紹介します。

札幌駅・新千歳空港から龍宮神社へのアクセス

龍宮神社 小樽の入口

龍宮神社の最寄り駅はJR小樽駅になります。

JR札幌駅・JR新千歳空港駅から小樽駅に行くには、乗り換えなしで移動できるJRが便利。

各駅停車だと時間がかかるので、快速エアポートを利用するのがオススメ。

龍宮神社 小樽のアクセス

JR小樽駅に着いたら、改札は1ヶ所だけなので、何も考えずに改札を出ましょう。

駅舎の出口も1方向のみなので、駅舎から出ると目の前にロータリーがあるはずです。

駅を出て、前の太い道を左に歩いて行くと左手に鳥居があるので、鳥居をくぐって坂を登れば神社に到着します。

御本殿と境内

龍宮神社 小樽の狛犬

龍宮神社は、小樽学園 いなほ幼稚園と幼稚園用の駐車場が境内と一緒になっています。

そのため、龍宮神社の境内はとても狭いのですが、こじんまりとした境内の中にも清々しい空気が流れているように感じました。

狛犬さんは、凛々しく誇りに満ちた表情をしているように見え、御本殿をしっかりと守っています。

龍宮神社 小樽は強力なパワースポットとして有名な神社です

参拝をしたあとで、ふと上を見上げると「龍宮神社」の文字の上に龍神さんを発見。

いかにも運気が上がりそうな龍神さんです。

龍宮神社 小樽に参拝した人のブログ

龍宮神社は、アイヌ民族の祭場に榎本武揚氏により建立されました。

境内には、榎本武揚氏の銅像や略歴が刻まれた石版が設置されています。

龍宮神社 小樽の境内には北海鎮護の石碑がありました

移民の安意を図るため龍宮神社が建立されたことから、御本殿の前には「北海鎮護」の石碑が設置されていました。

龍宮神社の御祭神とご利益

龍宮神社 小樽のご利益と口コミ

主祭神は、底津和田都美神(そこつわだつみのかみ)、中津和田都美神(なかつわだつみのかみ)、上津和田都美神(うわつわだつみのかみ)、和田都美三神(綿津見三神)。

配祀神は、豊受姫命(とようけひめのみこと)、大物主神(おおものぬしのかみ)、大毘古命(おおびこのかみ)、桓武天皇(かんむすめらみかど)、神社を建立した榎本武揚氏の遠祖です。

ご利益は、海上安全・大漁祈願・五穀豊穣・疫病除け・学力向上など。

海の底・中・上を守護する和田都美三神が祀られていることから、海上安全や大漁祈願で厚く信仰されていることが分かります。

強力なパワースポットと呼ばれる理由とは

龍宮神社 小樽の境内に麻生太郎氏が植樹したオンコの木

龍宮神社は、自民党幹事長だった麻生太郎氏が正式参拝し、オンコの木を植樹しました。

麻生太郎氏が正式参拝をした1ヶ月後に内閣総理大臣になったことから、昇り龍のような運気上昇の強力なご利益があると言われるように。

現在では、全国各地から運気上昇のご神徳をいただこうと参拝者が訪れる神社となっています。

御朱印と御守をいただける時間

龍宮神社 小樽に行ってきました

御朱印と御守は、境内の少し下にある社務所で授かることができます。

御朱印や御守をいただくことができる時間は、8時30分ごろから17時ごろまで。

きちんと決まっているわけではないようなので、心配な方は事前に神社に問い合わせてから参拝したほうが良いかもしれません。

龍宮神社の連絡先:0134-22-4268

龍神をイメージした御朱印と御守

龍宮神社 小樽の御朱印と御守

増えすぎてゴチャゴチャになると神様に申し訳ないと思うことから、普段は御守はあまり授からないようにしているのですが、龍宮神社の御守はピンときたので2種類授かりました。

龍宮神社 小樽の龍神守り

授かったのは、昇龍吉守と本水晶開運招福守り。

昇龍吉守は、黒いお守り袋に天に昇る龍が描かれていて、いかにも運気が上昇しそうなデザインに一目惚れ。

本水晶開運招福守りは、心身の浄化や厄を払う天然水晶を龍が持っている縁起の良い御守。ゴールドとシルバーの2種類があります。

小樽の龍宮神社の御朱印帳

運気上昇と立身出世を祈願して制作された、神社オリジナルの御朱印帳。

木の表紙には勇ましい「黒龍神」、裏表紙には榎本武揚が隕石から作った「流星刀」がデザインされています。

使っている御朱印帳があったのですが、素晴らしいデザインに一目惚れ。

これもご縁だと思い、御朱印帳をいただいて御朱印を書いていただきました。

御朱印帳のサイズは標準の横11cm×縦16cmです。

龍宮神社 小樽の御朱印は上り龍をイメージしたパワーあふれるもの

龍宮神社の御朱印は、昇り龍のように人生の運気が上昇する文字としての『言霊』を御朱印帳に書いていただけます。

龍の文字はパワーが溢れているようで、とても印象に残る御朱印は、社務所にいた上品な女性の方が書いてくださいました。

少しお話ししていただけたのですが、本当に参拝して御朱印と御守を頂戴してよかったとおもいます。

社務所の女性にお礼を行って神社を後にしたときには、なんともいえない清々しい気持ちになりました。

小樽に旅行する際には、また参拝したいと思います。

追記:これを書いている前日に北海道で地震が起こり大きな被害が出ました。ご無事をお祈りするとともに、被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。