神戸ルミナリエ2018の開催日と空いている日はいつ?
【神戸ルミナリエ2016・光の門】

神戸ルミナリエを見に行きました。

いつも大行列ができる神戸ルミナリエですが、今年も相変わらずで大行列ができています。

実際に行ってみたところ、ほとんど止まらずに行けた日とイルミネーション消灯時刻になっても行列が残っていた日がありました。

このページでは、ルミナリエが比較的すいている時間帯と混んでいた日、ルミナリエを見た前後の神戸観光を中心に紹介します。

[スポンサーリンク]

ルミナリエの行列が短い時間と曜日

神戸ルミナリエの三宮駅からの行き方は?

神戸ルミナリエは毎年おおくの人でにぎわい、大行列ができます。

金曜日や週末の早い時間帯ともなると、1時間以上待つこともザラ。

行列に並ばずに見る裏ワザがあれば良いのですが、東公園が並ばずに入れるだけで光の門やゲートの下と通るにはルート通りに並ぶ必要があります。

※並ばない裏技については過去記事で紹介しています。

>>神戸ルミナリエの開催期間が決定!開催場所や並ばずに見る方法はこれ!

月曜から木曜日の20時過ぎなら行列が短いことが多いため、ルミナリエを見る前に摩耶山掬星台の夜景を見に行くことにしました。

三宮から摩耶山掬星台へ行って日本三大夜景を鑑賞

日本三大夜景に選ばれた摩耶山から見る神戸の夜景
【摩耶山掬星台から見る神戸の夜景】

三宮周辺から摩耶山への行き方は、市バス18系統「摩耶ケーブル経由・六甲道行き」に乗るのが便利です。

バスの便数が少ないため、あらかじめ時刻表をチェックしておく必要がありますが、バスに乗って「まやケーブル下」バス停で降りればケーブルカー乗場の前に到着。

あとはケーブルカーとロープウェイを乗り継げば、摩耶山掬星台に行くことができます。

摩耶山への行き方は前の投稿で書いています。よかったらご覧ください。

>>神戸摩耶山掬星台で夜景を見た感想|ケーブルやロープウェイの営業時間と最終便には注意が必要

【動画】摩耶山掬星台の夜景&ケーブルカー・ロープウェイからの風景

夜景鑑賞のベストタイムは日没時刻の約30分後と言われています。

12月10日の神戸の日没時刻は、16時45分ころなので17時前に摩耶ケーブルに着くように移動しました。

摩耶山で神戸の夜景を眺めたあとは、再びロープウェイとケーブルカーを使って下山。

三宮に19時過ぎに到着しましたが、ルミナリエはまだ混んでいるため、神戸駅まで電車に乗ってハーバーランドへ。

ルミナリエ会場に行く前にハーバーランドへ

ハーバーランドの神戸ガス燈通りの画像
【神戸ガス燈通り】

神戸駅からハーバーランドへ行く途中に通る「神戸ガス燈通り」。

ガス燈通りのケヤキ約110本がLED昼白色電球でライトアップされ、ガス燈の柔らかな光と重なり、暖かみがあるイルミネーションとなっています。

奥にはハーバーランドの観覧車が写っています。

神戸ハーバーランドのキリンのオブジェは恋愛のパワースポット!?
【キリンの前で待ち合わせをすると恋が叶うジンクスも】

カルメニの前に立っている、高さ8mのキリンさん。

正式な名前はキリンではなく「蒼天の塔」という名前で、第7回神戸具象彫刻大賞展において”神戸市長賞”を受賞した作品です。

実は、ここは恋愛のパワースポットというウワサもあり、キリンの前で待ち合わせをすると恋が叶うとか。

待ち合わせのジンクスを信じて、意中のカレとの待ち合わせの場所にするのも良いかもしれません。

神戸ハーバーランドのカルメニとキリンのオブジェ

カルメニの壁には、キリンのオブジェ・ポートタワー・ホテルオークラ神戸・観覧車・ルミナスのイルミネーションも。

神戸ハーバーランドのシンボルが盛り込まれていて、ステキだと思いました。

結婚式場アニヴェルセル(ANNIVERSAIRE )神戸ハーバーランド

神戸モザイクの向かいにある、結婚式場のアニヴェルセル(ANNIVERSAIRE )神戸ハーバーランド。

神戸ハーバーランドの結婚式場アニヴェルセル

何気なく見ていたら、美しいイルミネーションの中をウエディングドレスを着た新婦と新郎が出てきて、なんだか幸せな気分に。

神戸ハーバーランドモザイクの運河とイルミネーション
【モザイクの運河】

モザイク1階の運河側をのんびり散策すると、ビーフシチューがお気に入りだった洋食店が閉店していてショック。

ポートタワーやカワサキワールドが見える夜景もキレイですが、運河側の夜景はノスタルジックな感じがして良いと思います。

神戸モザイクのクリスマスツリー

モザイクのクリスマスツリー。

2016年はランプシェードをオーナメントとして利用したクリスマスツリーでした。

神戸ハーバーランドとポートタワーの夜景の画像

神戸ハーバーランドの夜景といえば、やっぱりコレ!

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド、ポートタワー、ホテルオークラ神戸、カワサキワールドの色彩がそれぞれを引き立てています。

モザイクの前には特設のスケートリンクが営業していました。

>>神戸ハーバーランド周辺の観光スポット・イルミネーションスポット一覧はこちらからチェック

ハーバーランドから地下鉄でルミナリエ会場へ

ルミナリエは行列に並ばなくても見れる?

地下鉄湾岸線の神戸旧居留地・大丸前駅を出ると、ちょうどルミナリエを見る人の行列の最後尾でした。

まずは、夕食に食べたい「RF1アジアンサラダ融合」の「蒸し鶏とパクチーのやみつきサラダ」を買いに地下一階の食品売場へ。

大丸に入ろうとしたら「店内からルミナリエ会場へ通り抜けできません」の貼り紙が。

そりゃ通り抜けは無理でしょ。

大丸を通り抜けできないのは当たり前だと思うけど、通り抜けようとする人がいるんだろうな。

アジアンサラダ融合の蒸し鶏とパクチーのやみつきサラダ

蒸し鶏とパクチーのやみつきサラダを手に入れて外に出ると、大丸神戸店の前まで行列ができていますが、みな立ち止まることなく前に進んでいます。

これなら、あまり並ばずにルミナリエを見ることができそうだと思い、指定されたルートを進みます。

神戸セントモルガン教会

大丸神戸店前を通り過ぎると、反対側に見えてくるのが結婚式場の神戸セントモルガン教会(KOBE St. MORGAN CHURCH)。

結婚式を挙げることができるセントモルガン教会は、毎年ロマンティックなイルミネーション装飾がほどこされるので楽しみにしています。

ホテルケーニヒスクローネの外観

進んで行くと、ランチバイキングで人気のくまポチ亭があるホテルケーニヒスクローネの前を通過。

ライトアップされた大丸神戸店

歩行者を通すための停止以外は、途中で止まることなく神戸大丸店の正面の前も通過。

行列のルートは大丸神戸店の横を通ってルミナリエ会場へ

大丸神戸店1階にあるカフェラのテラス席を横目に見ながら、こちらもスムーズに通過。

カフェラの可愛いラテアートを楽しみながら、少し休憩したいと思いつつ、ここはガマンです。

神戸ルミナリエ2018の開催期間と画像

人は多いですが、15分かからずにルミナリエの最初のオブジェに到着。

ルミナリエに並ばないで見れる日はいつ?

とてもスムーズに進み、手前で待つこともなく光の門をくぐることができました。

神戸ルミナリエを見に行った人のブログ

光のゲートを進んで、東公園の広場へ。

ルミナリエはほぼ毎年訪れていますが、震災で犠牲になった方々への鎮魂という意味も含め、何回見ても感動します。

神戸ルミナリエは100円募金をしないと開催中止になってしまいます

東公園には100円募金の大きな募金箱が。

ルミナリエは協賛企業の減少に歯止めがかからず、開催が危ぶまれています。

ゲートの下ではボランティアの方々が募金を呼びかけていたので、そちらで募金させていただきました。

神戸ルミナリエのブログ

今年は神戸港開港150年周年を祝うオブジェも登場。

噴水広場では、ちょどジャズシンガーの方のライブが行われていました。

イルミネーションを見ながら、クリスマスソングやスタンダード・ジャズに酔いしれます。

神戸ルミナリエの感想

噴水広場の光のオブジェは、光の門や東公園とは違って、点滅するタイプのLEDライトが併用されて輝きが強いのが特徴。

キラキラと輝くオブジェは光が強く、すごくキレイでした。

[スポンサーリンク]

神戸市役所の展望室からルミナリエを見る

神戸市役所の展望室から見た神戸ルミナリエ会場
【神戸市役所の展望室から見た神戸ルミナリエ会場】

ルミナリエ会場を出て三宮駅方向に歩いていくと、左手に神戸市役所があります。

ルミナリエ期間中はイルミネーションの点灯時刻に合わせて、夜遅くまで展望室を開放。

無料で夜景を楽しめるスポットとして人気です。

展望室からルミナリエ会場を見ると、上の画像のように会場全体を見ることができます。

神戸市役所の展望室から見た神戸の夜景

元町方向の夜景。山肌に設置されたイカリマークと神戸市のマークを見ることができます。

神戸市役所の展望室から見た神戸の夜景

こちらは三宮駅方向の夜景。山の「KOBE」の文字がキレイに見えます。

神戸市役所の展望室から見た神戸ハーバーランド
【神戸市役所の展望室から見た神戸ハーバーランド】

神戸ハーバーランド方向をズームで撮影。

メリケンパークオリエンタルホテル・カワサキワールド・モザイク・大観覧車などもハッキリと撮影できました♪

まとめ:空いている日と時間

神戸ルミナリエで募金をするとカードがもらえます
【神戸ルミナリエの募金カード】

必ずスムーズに見ることができるわけではありませんが、平日の20時過ぎは行列の進むスピードが早いことがわかりました。

雅美は木曜日の20時過ぎに大丸前から行列に並びましたが、15分もかからずルミナリエ会場に到着。

夫が金曜日に神戸にやってきたので、再び行ってみると20時30分過ぎなのに45分以上待つということで、並ぶのを諦めました。

やはり、金曜日・土曜日・日曜日は大行列ができます。

日本三大夜景に選ばれている摩耶山掬星台も一緒に行きたい方も多いようですが、ルミナリエを先に見ると確実に摩耶ケーブルカーとロープウェイの営業が終了しています。

摩耶山で神戸の夜景を見たいときは、必ず先に行くようにしてくださいね。

>>神戸ルミナリエ会場周辺の観光スポット・ライトアップ一覧はこちらでチェック

来年もまたルミナリエが開催されるよう願いながら、今年も募金をさせていただきました。

観光客がお金を落とさないため売上が下がる商店が多く、協賛企業のメリットも少ないなど反対意見もあるようですが、できるだけ神戸でお金を使いたいと思います。

2017年も2018年も、どうか存続されますように。