名古屋プリンスホテルスカイタワーの宿泊記
【名古屋プリンスホテルスカイタワーの客室】

名古屋プリンスホテルスカイタワーは、名古屋駅から1駅の「ささしまライブ駅」に直結した、2017年10月2日開業のホテル。

今回は、朝食ビュッフェ・ディナービュッフェの2食付きプランで宿泊しました。

このページでは、客室のインテリアやアメニティ、ホテルのシャトルバスやアクセスについて紹介します。

なお、レストラン天空のディナービュッフェ・モーニングビュッフェ・クラブラウンジについては、次の投稿をご覧ください。

>>名古屋プリンスホテルスカイタワーの宿泊記|天空の朝食・夕食ビュッフェとクラブラウンジ編

空の浮きふねをコンセプトにグローバルゲートに開業

グローバルゲート高速階に開業した名古屋プリンスホテルスカイタワー

「空の浮きふね」をコンセプトに、グローバルゲート高層タワーに開業した名古屋プリンスホテルスカイタワー。

名古屋駅から1駅の「ささしまライブ駅」に直結し、名古屋からも徒歩圏内という、アクセスの良さが魅力です。

客室の窓の向きによって異なる、4方向の名古屋の夜景を楽しむことができ、まるで天空に浮いているような感覚を味わえるラグジュアリーな空間。

ホテルの場所ですが、上の画像の点線より上が、名古屋プリンスホテルスカイタワーで、点線より下がオフィスフロアになります。

また、低層階には、レストランやコンビニなども入るショッピングフロアもあり、買い物や食事に困ることもありません。

客室の眺望と夜景

名古屋プリンスホテル客室からの眺望は?

今回、アサインされたのは「名古屋車両区方面」に窓がある客室。

窓から外を眺めると、中央に線路が通っている風景が広がります。

名古屋プリンスホテルスカイタワー客室からの眺め

もしかしたら、新幹線やドクターイエローも見えるかな?

なんて期待していたら、JRの在来線や近鉄の線路で、新幹線が見えるのは別の方向でした。

夜になると、窓の外は昼とはまったく違う雰囲気に。

名古屋プリンスホテルスカイタワーの客室からは夜景を見ることができます

線路と高速道路の光が美しい、名古屋の夜景を見ることができました。

少し気になったのは、電車と踏切の音。

口コミにもあったのですが、真下にある踏切の遮断器の音と電車が走る音が、思った以上に響きます。

遮断器や電車の音は、耳障り音に感じるかもしれません。

音に敏感な方は、線路側ではない部屋を指定したほうが良いと思いました。

客室のインテリア

スカイキングルームのインテリア

名古屋プリンスホテルスカイタワーの客室は、スカイキングルーム・スカイツインルーム・デラックスコーナーキング・デラックスコーナーツイン・プレミアムコーナールームの5種類。

スカイキングルームの広さは32.3平米あり、客室の中央にキングベッドが置いてあります。

名古屋プリンスホテルスカイタワーの滞在記

キングベッドのサイズは、幅1,800センチ・長さ2,030センチなので、2人で使っても余裕の大きさ。

今回は1人で泊まったので、ゆったり伸び伸びと眠ることができました。

名古屋プリンスホテルスカイタワーの口コミ

ベッドの前には、シンプルでモダンな雰囲気のテレビボードが置いてあります。

サークル状のライトが印象的な洗面台

サークル状のライトがついたミラーと洗面台。

洗面台の前は脱衣スペースになり、着替えをするときはミラー上のブラインドを下ろして、視界をシャットアウトすることができます。

名古屋の夜景が見えるホテル

窓側に置かれたソファは、名古屋の街並みや夜景を楽しむ特等席。

名古屋プリンスホテルスカイタワーの夜景

ホテルの客室は32階から36階にあるため、高所恐怖症の人は要注意です。

客室のアメニティは何がある?

名古屋プリンスホテルスカイタワーのアメニティ

ベッドの横に置いてあるナイトテーブル。

ナイトテーブルの上には、目覚まし時計・メモセット・電話機が。

目覚まし時計の後ろには、コンセントが2口とUSB差込口が1口ついています。

プリンスホテルのミネラルウォーター

テレビボードの上に置いてある、2本のミネラルウォーター。

ミネラルウォーターは、無料で飲むことができます。

コーヒーマシン ドルチェグストと電気ポット

テレビの下には、ポットや食器、コーヒーなどが入っています。

棚の上段には、電気ポットとコーヒーマシーン(ドルチェグスト)。

名古屋プリンスホテルスカイタワーの無料ドリンク

引き出しに入っている、カップ・ドルチェグストのカセットコーヒー・シュガー・ミルクパウダー・紅茶・緑茶。

カップは大きめで、使いやすいサイズです。

プリンスホテル名古屋の客室アメニティ

こちらの引出には、グラス・湯飲み茶碗・茶托が2セット。

ホテルの冷蔵庫

冷蔵庫には何も入っていません。

ソフトドリンクやアルコール類は、グローバルゲート1Fのコンビニ(ファミマ)で買うことができます。

名古屋プリンスホテルスカイタワーのクローゼット

客室に入ると、すぐの場所にあるクローゼット。

アイロン・シューズクロス・靴べら・消臭スプレー・アイロン・アイロン台・ランドリーバッグ・セーフティボックスが入っています。

ハンガーは8本かかっているので、2人で泊まっても足りないことはなさそう。

スカイキングルームの入り口ドア前

部屋の入口ドア前は広めのスペースがとってあり、バゲージラックも置いてあります。

荷物が多くても、ここに置いておけば邪魔になりません。

ナイトウエアはパジャマ?それともガウン?

名古屋プリンスホテルスカイタワーのガウン

ナイトウェアは、クローゼットの中にある引き出しに入っています。

下の引き出しには、ワッフル地のガウン。

柔らかくて着心地が良いガウンです。

名古屋プリンスホテルスカイタワーのナイトウェア

上の引き出しには、ガウンと同じ生地で作られたパジャマ(セパレートタイプのナイトウェア)が。

襟がないデザインで、寝ているときに首元がごわつかず、ぐっすり眠れそう。

プリンスホテルのセパレートタイプになっているパジャマ

ガウンタイプだとお腹や足が冷えてしまうので、セパレートタイプだとラッキー!って心の中で叫びます。

持ってきたパジャマを使わずにすみました。

セパレートのバスルームとトイレ

名古屋プリンスホテルスカイタワーのトイレとお風呂入り口

名古屋プリンスホテルスカイタワーの客室は、すべてお風呂とトイレが独立した設計に。

洗面台横の木目扉がトイレの入口で、後ろの半透明のドアがお風呂の入口です。

名古屋プリンスホテルスカイタワーのバスルーム

独立したバスルームは、洗い場があり自宅のような感覚で入浴が可能。

名古屋プリンスホテルスカイタワーはレインシャワーも完備

シャワーはレインタイプとハンドタイプの2種類。

高層階にある客室ですが、シャワーとお風呂の蛇口ともに、水圧は高くストレスを感じません。

独立したトイレ

トイレは狭さを感じず、広すぎないスペース。

落ち着いたカラーの床と壁が良い感じ。

バスルーム・洗面所のアメニティグッズ

名古屋プリンスホテルスカイタワーのシャンプーはポーラのエステロワイエ

バスルームに置いてあるシャンプー・コンディショナー・ボディソープは、ポーラのエステロワイエ(ESTHE ROYER)シリーズ。

ポーラのエステロワイエは、保湿うるおい成分のシーラベンダーエキス・マリンコラーゲン・オリーブスクワランを配合。

香り成分は、グレープフルーツ・ベルガモット・ラベンダー・ジャスミンの香りをブレンドした、ホテルアメニティーとしては上位のブランドになります。

名古屋プリンスホテルスカイタワーのアメニティグッズ

洗面台の上に置いてあるアメニティグッズ。

トレイの上には、ヘアゴムやコットンが入ったレディースアメニティセット・ヘアーブラシ・シャワーキャップ・ハンディレザー・歯ブラシセット・ミキモトの入浴剤が置いてあります。

>>名古屋プリンスホテル スカイタワーの客室間取り・アメニティなどの詳細はこちら

レセプションとロビーの行き方は?

名古屋プリンスホテルスカイタワーの入り口とロビーへの行き方

ホテルのロビーとレセプションは、グローバルゲート高層タワーの31階にあります。

高層タワー2階には、オフィス・ショッピングフロアの入り口とホテルの入り口が。

「Prince Hoteru Nagoya Sky Tower」と書いてある自動ドアから中に入りましょう。

奥の直通エレベーターに乗れば、31階までノンストップで到着します。

ささしまライブ駅と直結していて便利

あおなみ線ささしまライブ駅の時刻表

ホテルの最寄駅は、あおなみ線で名古屋から1駅の、ささしまライブ駅に直結しています。

ささしまライブ駅と直結した歩道

ささしまライブ駅とホテルは、屋根つきの歩道で直結。

雨が降っていても濡れずに移動できます。

なお、ささしまライブ駅にはエスカレーターはありませんが、エレベーターが1基あります。

重い荷物を持っていても楽に移動できました。

アクセスとシャトルバス情報

あおなみ線の名古屋駅改札口
【あおなみ線の名古屋駅改札口】

名古屋プリンスホテルスカイタワーの最寄り駅は、あおなみ線のささしまライブ駅ですが、名古屋駅からも徒歩圏内となっています。

グローバルゲートと名古屋駅を結ぶ、有料のシャトルバスは運行していますが、ホテル専用の無料シャトルバスは運行していません。

シャトルバス(ささしまウェルカムバス)は、名古屋駅ミッドランドスクエア前からささしまライブ24を往復。

平日は81往復、休日は51往復していて、片道運賃は大人210円・小人100円になります。

まとめ

名古屋プリンスホテルスカイタワーのエレベーターホール
【客室階のエレベーターホール】

空の浮きふねをコンセプトにした名古屋プリンスホテル。

まさしく空に浮かんでいるような客室で、美しい夜景やセンスの良いインテリアで、ゆったりと寛ぐことができました。

また、チェックアウトは12時と遅めなので、モーニングビュッフェをいただいた後も、ゆっくりと過ごすことができて大満足。

次は、夫と一緒にコーナールームを予約して、クラブラウンジを利用してみたいと思います。

名古屋プリンスホテルスカイタワーの詳細

名古屋プリンスホテルスカイタワーのスカイキングルーム

>>名古屋プリンスホテル スカイタワーのアクセス・駐車場・宿泊プランなどの詳細はこちら

住所:名古屋市中村区平池町4-60-12 グローバルゲート31階

電話番号:052-565-1110

最寄り駅:あおなみ線 ささしまライブ駅直結

駐車場:あり(1泊2,000円)

チェックイン: 15:00
チェックアウト: 12:00

朝食ビュッフェの提供時間: 6:00-10:30(L.O.10:00)

大浴場:なし

クラブラウンジ:あり

フィットネスクラブ:あり

自動販売機:あり

コインランドリー:なし