ホテルピエナ神戸の評価は?

ホテルピエナ神戸に宿泊しました。

今回は、お部屋おまかせの一人旅応援2食付きプランで予約。

このページでは、アサインされた客室のアメニティやお風呂について紹介します。

なお、6年連続で全国1位になった朝食ビュッフェとディナーコースをいただいた感想は、下のリンクをタップしてご覧ください。

>>ホテルピエナ神戸の宿泊記-夕食と朝食ビュッフェを食べてみた

ロイヤルツインルームのインテリアと眺望

ホテルピエナ神戸に泊まって神戸旅行

今回アサインされたのは、広々としたロイヤルツインルーム。

ホテルピエナ神戸の客室はフロアごとにテーマカラーが異なり、9Fは淡い木目調のカラーがテーマのナチュラルな雰囲気のお部屋。

ホテルピエナ神戸に一人で宿泊しました

ベッドは幅120センチのシングルサイズが2台設置されています。

ホテルピエナ神戸の一人旅ブログ

淡いベージュの2人掛けソファと1人掛けソファ。

42.8平米~44平米のロイヤルツインルームは、ソファが2台設置しても広々としているので、2人でも余裕がある広さです。

ホテルピエナ神戸のインテリア

上の画像は、部屋の中から入り口ドアを撮影したもの。

楕円形のミニテーブル・ゆったりサイズのクローゼット・バゲージラックが並んでいます。

ホテルピエナ神戸の眺望は?

客室にはバルコニーがあり、自由に出入りすることが可能。

バルコニーからの眺望は上の画像のような感じ。

ホテルピエナは高台に位置するわけではないので、美しい神戸の夜景を楽しめるわけではありませんが、大きな窓があって開放感があるのが良いと思いました。

客室のアメニティ

ホテルピエナ神戸のロイヤルルームに宿泊してみた

2台のベッドの間に置いてあるナイトテーブル。

テーブルの上には、電話機・アラームクロック・メモセットが置いてあり、壁に3口のコンセントがあります。

USBで給電することはできません。

ホテルピエナ神戸の旅行記

ベッドの前に設置してある、テレビ・テレビ台・デスク。

ホテルピエナ神戸の客室冷蔵庫にドリンクは入っている?

冷蔵庫収納庫がテレビ台になっていて、収納庫の中には空の冷蔵庫とグラスが入っていました。

ホテルピエナ神戸の客室にコーヒーはある?

デスクの上には、バーミキュラの電気ポットのほか、お茶やと紅茶のセットが置いてあります。

ホテルピエナ神戸の備品はどんなものがあるの?

無料のドリンクは、ミネラルウォーター・KOBE TEAのロイヤルブレッド・ディンブラ・せん茶のティーバッグがそれぞれ2個ずつ。

コーヒーは置いてなかったので、部屋でコーヒーを飲みたい方は、ドリップパックなどを買って持っていくことをオススメします。

ホテルピエナ神戸のクローゼットの画像

クローゼットの中に入っていた備品は、ハンガー6本・セーフティボックス・消臭スプレー・靴べら・洋服ブラシ・シューズクロス・ナイトウェア・スリッパ。

ホテルピエナ神戸に泊まった人のブログ

客室用スリッパは袋に入っていて、履くとフカフカのタイプ。

スタンダードルームよりも良いスリッパを置いてあるようです。

パジャマやバスローブはある?

ホテルピエナ神戸のナイトウェアはパジャマ?

ロイヤルツインルームのナイトウェアは、ガウン(ワンピースタイプ)デザインでした。

セパレートタイプ(パジャマ)やバスローブは置いてありません。

ナイトウェアの生地は厚手のワッフル生地で、丈が長めのデザイン。

男性が着ても短すぎることはないと思いますが、ワンピースの部屋着が苦手な方はパジャマやルームウェアを持参するようにしましょう。

洗面所にはブルガリのアメニティも

ホテルピエナ神戸の口コミ

独立した洗面台の上には、こだわりのアメニティグッズが並んでいます。

ホテルピエナ神戸のアメニティグッズは部屋のグレードによって違います

上の画像は、洗面台の上に並んでいるアメニティグッズ。

スタンダードルームの歯ブラシやブラシ類は箱に入っていませんが、ロイヤルツインルームの歯ブラシ類は箱入りのタイプでした。

箱入りのアメニティグッズは左から、歯ブラシセット・ヘアブラシ・カミソリになります。

ホテルピエナ神戸のアメニティ一覧

収納ボックスに入っていたアメニティグッズは、シェービングフォーム・コットンセット・ボディタオルが2個ずつ。

ホテルピエナ神戸のロイヤルルームにはブルガリのアメニティが揃っています

トレイの上には、ブルガリのシャンプー・コンディショナー・シャワージェルが2個ずつ。

雅美は香りと刺激が強い海外のシャンプー類は苦手だけど、義母は大好きなので1個ずつお土産にいただいて帰ることに。

ホテルピエナ神戸のロイヤルルームにはブルガリのアメニティが揃っています

ブルガリの石鹸も置いてありました。

ブランドのアメニティはステキだけど、個人的には香りが弱いナチュラルなものが良いなー。

ホテルピエナ神戸のパウダールーム

洗面台は2人で使うには狭いけれど、1人ずつ使えば余裕の広さだと思います。

独立したお風呂とトイレ

ホテルピエナ神戸の客室トイレの画像

ロイヤルツインルームのバスルームとトイレは完全に独立した設計です。

ほどよい広さのトイレはお風呂と完全に別の空間となっているので、同室の人がお風呂に入っていても気兼ねなく入れます。

ホテルピエナ神戸の客室はユニットバス?

上の画像の洗面台の左側がバスルーム。

洗面台の下にはバスタオルやバスマットが、ラタンのワゴンに収納してあります。

ホテルピエナ神戸のお風呂は独立している?

バスルームには、足を伸ばしてゆっくりと入れる大きめのバスタブがあり、広々とした洗い場が使いやすい。

自宅よりも広いバスルームで、入浴剤を入れてのんびりと入浴することができました。

客室の鍵はカードキーに

ホテルピエナ神戸のカードキー

以前宿泊したときは、クラシカルで重い金属製のルームキーでしたが、現在はカードキーに変更されています。

出かけるたびにルームキーを預ける煩わしさがなくなり、カードキータッチするだけで鍵を開けられるようになって便利になりました。

何回か宿泊していると、少しずつ変わっている場所を発見できて面白いなーと思います。

まとめ:久しぶりに宿泊した感想

【ホテルピエナ神戸の朝食ビュッフェ】

久しぶりにホテルピエナ神戸に宿泊しましたが、フロントの方の対応は相変わらず素晴らしく、ランクアップしてくださったロイヤルツインルームに泊まることができて気持ちの良い時間を過ごせました。

ロイヤルツインルームはアメニティが充実し、お風呂とトイレが独立した客室は、建物の古さを感じさせない過ごしやすいお部屋です。

また、美味しい朝食ビュッフェと夕食に大満足の宿泊となりました。

神戸に宿泊する際には、また利用させていただきたいと思う滞在となり大満足です。

ホテルピエナ神戸の詳細

>>ホテルピエナ神戸の予約と宿泊プランの詳細はこちらから

朝食ビュッフェの料金:
・大人:2,200円(税抜価格)
・小人:1,200円(税抜価格)

住所:神戸市中央区二宮町4-20-5

電話:078-241-1010

最寄駅:各線三宮駅から徒歩約6~10分

駐車場:あり(1泊2,500円・先着順)

チェックイン: 15:00-29:30
チェックアウト: 12:00

朝食の時間: 06:30-10:00
(繁忙日:06:00-10:00)

大浴場:なし

コインランドリー:なし

自動販売機:なし