小樽雪あかりの路の北海道旅行記

北海道の冬の人気イベントといえば「さっぽろ雪まつり」が代表的ですが、近年は札幌から電車で約40分の小樽で開催される「小樽雪あかりの路」が人気となっています。

雪や氷で作られた器の中にキャンドルが入れられ、ゆらゆらと揺れる灯火は優しい雰囲気。

さっぽろ雪まつりのダイナミックで迫力がある雪像とは、真逆のこじんまりとした温かさを感じる小樽雪あかりの路。

手作りの優しいキャンドルの灯火に魅了され、リピートする人が多い人気のイベントとして注目を集めています。

このページでは、小樽 雪あかりの路に行った感想と見どころを、撮影した画像と動画で紹介します。

[スポンサーリンク]

小樽雪あかりの路の会場はどこ?

小樽雪あかりの路 小樽運河メイン会場

小樽雪あかりの路は、いくつかの会場に分かれて開催されます。

メイン会場になるのは、一番上の写真の小樽運河。

小樽運河には、フロートに入ったキャンドルが浮かべられ、幻想的な雰囲気に。

運河脇の歩道には、雪や氷で作られた器の中にキャンドルが灯され、運河と雪あかりを見ながら歩くことができます。。

朝里スキー場がある『朝里川温泉会場』は、他の会場とだいぶ離れた場所になります。

すべての会場をまわるのは憑かれるので、できれば小樽のホテルで1泊して観光するのがオススメ。

下のYoutube動画は『小樽雪あかりの路2016』 メイン会場の小樽運河や、手宮線会場、運河プラザなどを見ながら撮影した動画を編集したものです。

【小樽雪あかりの路2016 小樽運河、手宮線などの動画】

ほのぼのとした雰囲気の手宮線会場

小樽雪あかりの路の手宮線会場

小樽雪あかりの路の手宮線会場は、小樽運河の幻想的な雰囲気と違い、ほのぼのとした手作り感が伝わる会場になっています。

雪あかりの路の逆立ち雪だるま

逆立ちをしたユーモラスな雪だるまは、たくさんの人が笑顔で撮影をしていました。

小樽雪あかりの路のアクセス

大きめのハートが重ねられた、雪のオブジェ。

小樽雪あかりの路の雪だるま

仲良しの雪だるま。寄り添う姿に癒やされます。

カボチャ大王のオブジェ

気分はハロウィン?カボチャ大王やお化けのオブジェ。

小樽雪あかりの路の口コミ

硝子のように見える、ドロップ型の氷のオブジェ。

透明な氷の中で燃えるキャンドルの炎が、ひときわ明るく輝いていました。

ハートモチーフが沢山の雪あかりの路

おたる雪あかりの路には、ハートモチーフがあちこちで見ることができます。

ハート型を見ているだけで、何だか良いことがありそうな気分になれるかも。

小樽雪あかりの路で撮影した雪だるまのカップル

こちらも雪だるまのカップル。

押し花が入った氷の器の灯で、優しい雰囲気たっぷりの作品です。

小樽雪あかりの路を見に行った感想

立体的な花型のオブジェ。

優しい光の中に、雪の花が咲き誇ります。

小樽雪あかりの路の旅行記

紅葉をあしらった氷の器。日本らしい雰囲気が漂います。

ビックリしたのは、雪や氷のオブジェの制作と、キャンドルの炎を灯しているのは、ボランティアの方々だったんです。

ボランティアの方のお陰で、美しい雪あかりを楽しむことができるのですね。

[スポンサーリンク]

開催期間が中国の春節と重なる年は混雑に注意

小樽雪あかりの路が春節の時期と重なるので、日本人だけではなく、中国人観光客が多く訪れます。

春節と重ならない年も、中国人観光客や韓国人観光客などの割合が、年々多くなっている印象。

小樽はホテルが少なく、数ヶ月前に予約をしないと、人気のホテルはすぐに満室に。

春節と重なる年は、ホテルの直前予約が難しく、会場は大混雑するため、できれば週末をさけるようにしましょう。

小樽雪あかりの路が空いている時間はいつ?

小樽にはホテルが少ないため、札幌などの周辺都市に宿泊して、バスや電車で小樽に来て観光するパターンが多くなっています。

バスツアーなどの団体客が多い17~18時半頃は、とても混雑する時間帯。

バスツアーで観光する人達は、19時頃には殆どいなくなるため、19時過ぎになると人が少なくなります。

札幌に宿泊していても、札幌-小樽の高速バスやJRが夜遅くまで運行。

小樽を20時頃に出ても21時頃には札幌に着くことができるので、できるだけ遅い時間に観光すれば、混雑を避けられます。

小樽の気温と雪の量はどのくらい?

小樽雪あかりの路の気温と服装は?

小樽は札幌よりも降雪量が多く、冷え込みます。

上の画像を撮影した日は、風がなくマイナス5度で、それほど冷え込むことはありませんでした。

ところが、何年か前に雪あかりの路を観光した時は、暴風雪という最悪のコンディションで、気温はマイナス12度という極寒に。

札幌で雪が降っていなくても、小樽は大雪ということもあるので、小樽の冬の観光は完全防備で出かけて下さいね。

小樽雪あかりの路2018の開催が決定

2018年の開催日程は、2018年2月9日(金)から18日(日)に決定しています。

2018年は、春節とずれているため、中国人観光客が大挙して押し寄せることはないかもしれません。

小樽雪あかりの路は、さっぽろ雪まつりの開催期間と重なります。

札幌や小樽で宿泊を予定している方は、早めにホテルを予約しましょう。

小樽駅周辺のホテル情報

小樽駅周辺は、運河の宿小樽ふる川やドーミーインプレミアム小樽など、人気のホテルがあります。

ところが、札幌のようにホテルが何軒もあるわけではありません。

雪あかりの路開催期間中は、早い時期から満室になるため、早めの予約をお勧めします。

>>小樽駅周辺のビジネスホテル・旅温泉館・シティホテル一覧はこちら

小樽運河が目の前に見えて、楽天トラベルなどの旅行サイトの口コミがとても良い「小樽ふる川」。

天然温泉大浴場があって食事がとても美味しくて、小樽雪あかりの路を観光するのにおすすめのホテルです。

宿泊記も投稿しているので、よかったらご覧くださいね。