小樽ふる川に一人旅で泊まりました

運河の宿 小樽ふる川のシングルルームに宿泊しました。

小樽ふる川のシングルルームは、一人旅や出張でのビジネス利用に人気の部屋です。

このページでは、客室のアメニティや間取り、眺望について紹介します。

なお、夕食と朝食バイキングのメニューと食べた感想は、下のリンクから次のページをご覧ください。

>>運河の宿 小樽ふる川の一人旅宿泊記-夕食と朝食ビュッフェを食べた感想

シングルルームの間取りとインテリア

小樽ふる川のシングルルーム宿泊記

小樽ふる川のシングルルームは、13平米の広さの客室にセミダブルベッドが設置されています。

狭めの客室ですが、1人での宿泊なら不便はない広さ。

運河の宿おたるふる川の口コミ

窓側にはデスクが置かれ、隅には24インチくらいのサイズのテレビが置いてあります。

運河の宿おたるふる川に泊まった人のブログ

ベッドの枕元は上の画像のような感じ。

決してゆとりがある空間ではないけれど、それほど狭さは感じませんでした。

客室のアメニティ

小樽古川の旅行記

テレビ下の冷蔵庫の中には、冷たいお水が入っています。

運河の宿小樽ふる川の旅行ブログ

こちらは、デスクの上に置かれた薄型の棚。

一番上から、ドライヤー・アメニティグッズセット・カップとお茶・ライトスタンドと電気ポットが置いてあります。

小樽ふる川のアメニティは何が揃っているの?

客室に置いてある無料ドリンクは、粉末タイプの緑茶とほうじ茶の2種類。

コーヒーなどはありませんが、1階のラウンジにはコーヒーなどのサービスがあり、2階には冷たいドリンクのサービスがあるので、特に困ることはありません。

小樽ふる川のアメニティグッズは女性に嬉しいフェイスマスクもあります

カゴにはアメニティグッズが入っています。

フェイスマスク・足指パッド・アイウォーマー。

小樽ふる川の客室の画像

上の画像は、廊下に設置された薄型の棚。

この棚にもアメニティが入っています。

小樽ふる川の客室に置いてある備品

一番上の段には、バスタオルとフェイスタオルが各1枚ずつ。

小樽ふる川の館内着はどんなデザインなの?

2段目には、大浴場へ行くときに便利な巾着袋・作務衣タイプの館内着・上着が入っています。

小樽ふる川のバスルーム用アメニティ

3段目には、トレイに入ったアメニティグッズが。

運河の宿おたるふる川のアメニティグッズ一覧

トレイの中には、歯ブラシセット・ヘアブラシ・固形せっけん・レディースセット・ヘアーバンド・綿棒・コップ。

最低限必要なアメニティグッズは揃っています。

部屋のお風呂とトイレはセパレートになってる?

小樽ふる川の客室のお風呂はユニットバス?

部屋のお風呂は、昔ながらのユニットバスタイプ。

狭い空間にトイレ・洗面台・バスタブがギュッと詰め込まれている印象。

小樽ふる川の部屋のバスルームはセパレートになっているの?

古いビジネスホテルに多いタイプの小さなユニットバスですが、キレイに掃除されているので、嫌な臭いやカビは気になりませんでした。

天然温泉の大浴場があるから、お風呂が狭くても気にならない人も多いんじゃないかな?

バスルームのアメニティ

小樽ふる川のシャンプーのブランドは何?

バスルームのシャンプー・コンディショナー・ボディソープは、壁に取り付けられた容器に入っています。

容器には「SHISEIDO」のロゴが入っていますが、実際のブランドはよく分からず。

部屋のお風呂のシャンプー類はこれだけですが、大浴場にはセグレタ・パンテーン・TSUBAKI・オレンジシャンプー・LUXなど8種類くらいのブランドが揃っているので、大浴場に行けば好みのシャンプーが見つかるかも。

小樽ふる川のバスルームのアメニティ

水タンクの上には無香料と桜の香りのトイレットペーパーが1個ずつと、トイレ用の消臭スプレーが置いてあります。

ファブリーズもあるので、臭いが気になるときに助かります。

無香料と桜の香りのトイレットペーパー

トイレットペーパーは、無香料と桜の香りの2種類で、どちらもダブルタイプでした。

作務衣タイプの館内着

小樽ふる川の館内着はグレーの作務衣

館内着はグレーの作務衣タイプになります。

ポケットとズボンの裾の、波の刺繍が良い感じ。

館内着はレストランや大浴場など、ホテル内のどこにでも着ていくことが可能。

ただし、パジャマやガウンなどはないため、ずっと館内着を着ているのがイヤな方は、パジャマやルームウェアを荷物に入れるようにしてくださいね。

客室(シングルルーム)からの眺望

小樽ふる川のシングルルームの眺望

最上階の市街地側だけにシングルルームがあります。

部屋の窓からの眺望は、上の画像のような感じ。

小樽運河側の客室はツインルームやトリプルルームのみとなりますが、小樽運河側の広い部屋に1人で泊まるプランもあるので、小樽運河側の部屋が良いときは眺望指定のプランを申し込んでくださいね。

以前、運河側のツインルームに泊まったときの感想を書いています。運河側の部屋の画像などは下のリンクからご覧ください。

>>運河の宿 小樽ふる川の宿泊プラン一覧と客室の書斎はこちらでチェック

>>小樽ふる川の宿泊記-運河側ツインルームとアメニティ編

看板犬のカナル君

小樽ふる川の看板犬カナル君

2017年の初夏に、運河の宿 小樽ふる川の看板犬としてデビューしたカナル君。

まだ見習い中とのことでしたが、声をかけたら寄ってきてくれて、ペロペロしてくれました。

可愛すぎて癒やされまくりです。

次に行くときにも、カナル君に会えるといいなぁ。

小樽運河で夕暮れと夜景を楽しむ

小樽運河の浅草橋から撮影した夕暮れ

ホテルの目の前の小樽運河で、夕暮れの写真を撮影しました。

キレイな夕焼けが撮れるといいなと思いながら、何回か夕暮れ時の小樽運河で撮影していますが、未だにキレイな夕焼けに出会えず。

小樽運河の浅草橋から撮影した夜景画像

キレイな夕焼けは無理だなーと思っていたら、あっという間に空の色がブルーになってきます。

小樽運河のライトアップ画像

こちらは日没後35分くらいの写真。

日没前から待ちましたが、空が赤く染まることはありませんでした。ザンネン。

小樽運河に行ってきました

運河沿いの道を歩いて、浅草橋から中央橋に向けて歩きます。

これぞ小樽!という小樽運河の風景は、季節に寄って雰囲気が変わるのも魅力の一つ。

小樽運河の中央橋から撮影した夜景とクルーズ船

中央橋に着いて、小樽運河クルーズ船に乗る人たちを見ていたら、あっという間に真っ暗になってしまいました。

宿泊者専用ラウンジと充実したサービス

小樽ふる川の宿泊者専用ラウンジの画像

宿泊者のみが利用できる「光ラウンジ」には、コーヒーなどの無料ドリンクサービスがあります。

宿泊者専用ラウンジの無料ドリンクサービス
【ラウンジの無料ドリンクサービス】

夜にはワインのサービスもあり、小樽や北海道旅行に関連する書籍を読むことも可能。

ゆったりとしたクラシック音楽が流れるラウンジで、お気に入りのソファに座ってまったりと過ごすのもオススメです。

小樽ふる川の無料サービスは充実しています

2階の大浴場出口近くには、フルーツビネガードリンクと冷たい牛乳のサービスが。

隣の冷凍庫には、日替わりのフローズンフルーツが入っています。

この日のビネガードリンクは、美容に良さそうなザクロ酢のドリンク。フルーツはパイナップルでした。

まとめ:一人旅でも楽しめるホテル

小樽ふる川の入り口と外観
【運河の宿 小樽ふる川の入り口】

今回は一人旅で泊まりました。

以前泊まったときは、「小樽雪あかりの路」の開催期間中だということもあり、夫婦やカップルが多く、一人で泊まっている人は見かけないなーと思っていました。

2食付きで予約をすると、さすがに寂しいかもと少しだけ心配していましたが、食事も美味しくて快適に過ごすことができました。

一人で泊まって、温泉でまったりとして、おいしい食事をしたいときに、オススメできるホテルだと思います。

運河の宿おたるふる川の詳細

>>運河の宿 小樽ふる川の予約と宿泊プラン一覧はこちらから

住所:北海道小樽市色内1-2-15

電話番号:0134-29-2345

最寄駅:JR小樽駅から徒歩約13分

駐車場:あり(20台・1台につき500円)

チェックイン: 15:00-24:00
チェックアウト: 12:00

大浴場:あり(天然温泉)

貸切風呂:あり(天然温泉・有料)

宿泊者専用ラウンジ:あり

コインランドリー:あり

自動販売機:あり