御堂筋イルミネーションの地図

大阪の冬の風物詩「御堂筋イルミネーション」と「OSAKA光のルネサンス」の2016年の開催期間が決定しました。

このページでは、御堂筋イルミネーションの歩行者開放と点灯時間、OSAKA光のルネサンスの会場と最寄駅などの詳細を紹介します。

[スポンサーリンク]

御堂筋イルミネーションの開催期間と開催場所

御堂筋イルミネーションは、下記の期間中51日間にわたり毎日イルミネーションを点灯。

【期間】
2016年11月20日(日)から2017年1月9日(月・祝日)まで

【点灯時間】
17:00頃から23:00まで

大阪のメインストリートの一つ「御堂筋」の梅田駅から難波まで、約4kmもの長さをイルミネーションが彩ります。

2015年から2016年は4つのエリアに分かれて「春・夏・秋・冬」のイメージでライトアップされましたが、2016年から2017年は8つの区間に分けられて更に豪華になりました。

8つのエリアとイメージカラー

御堂筋イルミネーションの画像

阪神前交差点から梅田新道交差点
水都ブルー:水の都と呼ばれる大阪をイメージ

梅田新道交差点から大江橋北詰交差点
御堂筋イエローミックス:華やかな北新地の煌めきをイエローをメインにした光で表現

淀屋橋交差点から瓦町3交差点
水都ブルー:水の都と呼ばれる商いの町大阪をブルーで爽やかに表現

瓦町3交差点から船場中央3交差点
シャンパンゴールドミックス:上等という言葉がぴったりな大阪船場を高級感あるシャンパンゴールドで電飾

久太郎町3交差点から博労町3交差点
ホワイト:実際には殆ど降らない雪をホワイトイルミネーションでイメージ

博労町3交差点から御堂筋清水町交差点
御堂筋コーラル:はんなりとした江戸の洒落たカラーで情緒ある演出を

御堂筋清水町交差点から難波交差点
シャイニーピンク:活気あふれるミナミをピンクでさらに明るく元気に

難波交差点から難波西口交差点
御堂筋パープル:なにわの祝祭を上品で気高いカラーのパープルで格調高く

御堂筋沿道のビルや寺社もライトアップ

大丸心斎橋店のライトアップ
【大丸心斎橋店のライトアップ】

御堂筋イルミネーションでは、沿道のビルや寺社もライトアップされます。

代表的なビルや寺社は南海ビルディング・梅田吸気塔・阪神百貨店前、石原ビルディング・ホテル日航大阪・ガスビル・損保ジャパン日本興亜大阪ビル・御堂ビル北御堂(本願寺津村別院)・難波神社・三津寺など。

4kmの距離を歩くのは大変ですが、何日かに分けて歩いたり、カフェで休憩しながら街歩きをすると楽しさが倍増しますね☆

歩行者に1日限りで開放される御堂筋

御堂筋イルミネーションの画像

御堂筋の車道を開放して歩行者が歩くイベントは、毎年多くの人が訪れます。

2016年も大阪光の饗宴の開園式の11月20日(日)に、一夜限りで御堂筋の車道を歩行者に開放。

車道から見るイルミネーションは、歩道から見るのと違った風景を楽しめます。

車道の両側にライトアップされた街路樹がつながり、4キロも続く風景は本当に美しいもの。

普段は車からしか見ることができない光の風景を、歩きながら見ることができる年に1度のチャンス。

このチャンスに出かければ感動すること間違いなし!

イルミネーションバスなら歩かず鑑賞が可能

イルミネーションバス 大阪駅の乗り場

大阪市交通局が毎年運行するイルミネーションバスは、カラーが次々と変化する御堂筋イルミネーションを、車内から鑑賞することができると大人気。

2016年も大阪光の饗宴の開催期間にあわせて、イルミネーションバスが運行されます。

【運行期間】
2016年11月21日(月)から2月25日(日)

【運行区間】
大阪駅前→淀屋橋→なんば→肥後橋→渡辺橋→大阪駅前

※なんばから大阪駅前までは御堂筋を通らないため、イルミネーション鑑賞はできません。
御堂筋イルミネーションは大阪駅前→淀屋橋→なんば区間で見ることができます。

また、2015年にイルミネーションバスに乗った際に、動画を撮影してYoutubeに投稿しました。

イルミネーションバスに乗れば、下のYoutube動画のようなイメージで、車窓からイルミネーション鑑賞ができます。

【イルミネーションバスの動画 Youtube】

【関連記事】

>>【動画あり】御堂筋イルミネーション2015-2016を道路の真ん中で鑑賞する方法

大阪市交通局のイルミネーションバスなら、4km続く御堂筋イルミネーションを歩くことなく、全区間の光の移り変わりを楽しむことができるのでオススメです。

OSAKA光のルネサンスのメイン会場からアクセスが良い「淀屋橋バス停」から乗車することもできますが、大阪駅でほぼ満員になる事も多いため、始発バス停の大阪駅から乗るようにして下さいね。

会場へのアクセスと最寄駅

梅田駅そばのイルミネーション

御堂筋イルミネーションは、大阪駅(梅田駅)から淀屋橋・心斎橋・難波の、大阪の中心ともいえる区間がライトアップされます。

電車を利用するなら、地下鉄御堂筋線がイルミネーション区間の真下を通っているので、見たい区間の近くの駅で降りると便利。

難波駅は、御堂筋線の他に千日前線・四つ橋線が乗り入れ、私鉄では南海・近鉄・阪神の駅があり各方面からアクセスが良いのですが、JRの難波駅はかなり離れています。

難波からイルミネーションを見に行く場合は、JR難波駅は離れているため、他の路線を利用するようにしましょう。

大阪駅(梅田駅)は様々な路線が乗り入れ、新幹線の大阪駅からもアクセスも良好。

街歩きをしないのなら、イルミネーションバスに乗ってライトアップされた街を車窓から眺めれば、御堂筋イルミネーションの全体をあますことなく楽しむことができます。

[スポンサーリンク]

まとめ

海遊館のイルミネーション
【海遊館のイルミネーション】

12月の大阪は、OSAKA光のルネサンスの他にも、ライトアップイベントが目白押し。

なんばパークスを中心とした「なんば光旅」や、水族館 海遊館の海と生物をモチーフにしたイルミネーション。

長居植物園のガーデンイルミネーション。

大阪城のプロジェクションマッピングや、天王寺動物園のイルミナージュなど、1日や2日では回りきれないほど、沢山の光で街が彩られます。

旅行で大阪に行くのなら、2~3日かけて色々な場所を鑑賞して、昼間は大阪グルメや観光をして楽しみましょう。