ドーミーイン野乃なんばに宿泊した人のブログ

地下鉄日本橋駅からすぐの場所にある、御宿野乃なんばのクイーンルームに宿泊しました。

ドーミーインホテルチェーンの「御宿野乃なんば」は、天然温泉と朝食バイキングが評判のホテルです。

この投稿では、部屋とアメニティの感想を中心に紹介します。

[スポンサーリンク]

新大阪・梅田からのアクセスや天然温泉大浴場については、前の投稿で紹介しています。

前のページは、下のリンクをタップしてご覧ください。

>>ドーミーインホテル 御宿野乃なんばの宿泊記|畳敷きの和風ホテル館内とアクセス編

バスタブがついているクイーンルーム

御宿野乃なんばのクイーンルームに宿泊した感想

今回宿泊をした客室は、広さ22平米のクイーンルーム。

部屋の入口ドアを開けると2つの引き戸があります。

画像の右側がバスルーム・トイレ・洗面台の入口で、左側が寝室の入口になります。

部屋の入口の手前には、ミラーが壁に取り付けられ、向かい側の壁には花が飾ってあります。

ドーミーイン野乃なんばの滞在ブログ

廊下から部屋を見ると、上の画像のような感じに。

ベッドルームは扉で仕切ることができるので、自宅のように寛いで過ごすことができました。

御宿野乃なんばに宿泊した感想

畳敷きの部屋に入ると、入ってすぐの場所に和風ローベッドが置いてあります。

ベッドの手前に置いてあるのは、木製のタオルハンガーです。

ドーミーイン野乃なんばに泊まってきました

サータ社製クイーンベッドの幅は160cm。

2人でもゆったりと眠れる幅があり、寝心地が良いベッドです。

ドーミーインのホテルは、どの店舗もサータ社のベッドを採用しているので、初めて泊まる店舗でも寝心地の良さが分かっているのが良いですね♪

ドーミーイン野乃なんばクイーンルームのインテリアの画像

ベッドの横には、ミニサイズの丸テーブルと和風なデザインのローチェアが2脚。

ドーミーイン野乃なんばのテレビとアメニティ

ベッドの前のテレビ。テレビのサイズは40インチくらい(だったような曖昧な記憶です)。

テレビ台の下には、かごバッグに入った入浴セット・電気ポット・コーヒーセット・冷蔵庫が収納されています。

御宿野乃なんばの客室からの眺望

ベッドの上の障子をあけてみると、部屋からの眺望はこんな感じ。

繁華街のど真ん中に位置しているので、眺望を期待してなかったけど予想通りでした。

セパレートのバスルームとトイレ

御宿野乃なんばのクイーンルームのお風呂はトイレと別になったセパレート設計

境港の御宿野乃はバスタブなしの部屋が多いですが、御宿野乃なんばのお部屋にはバスタブがついています。

ドーミーイン野乃なんばの客室バスルームの画像

大浴場が苦手でも、部屋でゆっくりとお風呂に入れるのが良いと思います。

野乃なんばの客室にお風呂はあるの?

クイーンルームに設置されているバスタブは、長さあまりなくて横幅があるタイプ。

足を伸ばしてお風呂に入ることはできないけれど、洗い場があるから自宅のように入浴ができます。

ドーミーイン野乃なんばの客室トイレとお風呂は独立しています

トイレも和を意識していて、優しい木目のデザインのサニタリーボックスと、畳スリッパが置いてありました。

御宿野乃なんばの口コミ

洗面台は境港と同じタイプで、木目調の合成素材で作られています。

洗面台の下は引き出しがあり、上段にはアメニティグッズ、下段にはドライヤーを収納。

御宿野乃なんばのアメニティグッズは何があるの?

引き出しに入っていたアメニティグッズ。

歯ブラシセット・折りたたみクシが2個ずつ。ブラック綿棒が4本、コットン&ゴムのレディースセット・シャワーキャップ・カミソリセットが1個ずつ入っていました。

館内着とナイトウェアはどんなものがある?

御宿野乃なんばのインテリアとアメニティ

クローゼットに入っていたのは、消臭スプレー・作務衣・セーフティボックス。

御宿野乃なんばの館内着はナイトウェアも兼ねたツーピースの作務衣タイプ

作務衣はトロンとした柔らかな感触で、サラサラしている素材で作られたゆったりとしたデザイン。

温泉で汗をかいても気持ちよく着ることができます。

客室にはMサイズとLサイズが、それぞれ1着ずつ置いてありました。

館内着は奈良・境港も同じだったので、野乃の店舗共通となっているようです。

天然温泉花風の湯 御宿野乃なんば(ドーミーインチェーン)のアメニティの詳細と宿泊プラン一覧はこちらから

客室のアメニティ

ドーミーイン野乃なんばのアメニティ

ベッドの枕元には、照明のスイッチとコンセント・USB充電口が。

画像には写っていませんが、スイッチパネルの下にはマルチタイプの充電器も置いてありました。

上の画像は円柱形の加湿器。畳の部屋にマッチしたデザインです。

ドーミーイン野乃なんばの入浴セット

テレビボードの下にはタオルや足袋ソックス、服などを入れるビニール袋が入った入浴カゴが2セット。

このカゴを見ると、ドーミーインにいるんだな~って感覚になるのは私だけかも。

ドーミーイン野乃なんばの客室アメニティとオリジナルドリップコーヒー

テレビボードの引き出しに入っているマルチカップ・グラス・コーヒー・お茶類。

ドリップコーヒーはシュガー・クリーミーパウダー・マドラーと一緒に袋に入っています。

お茶はパウダータイプの煎茶と焙茶が2袋ずつ。

食器とコーヒーが入っていた引き出しの下には、電気ポットが入っています。

洗面台の上が広いので、洗面台の上でお湯を沸かし、コーヒーをいただきました♪

[スポンサーリンク]

大阪グルメを楽しめる朝食バイキング

御宿野乃なんばの朝食バイキングを食べた人のブログ

御宿野乃なんばの朝食バイキングは、大阪ならではのご当地グルメも楽しむことができます。

上の画像は夫が盛り付けた朝食。シャケ・お好み焼き・塩辛・和物・串かつ・うどん・ご飯・うどんと、炭水化物が多いような。笑

夫が選んだ串かつは、豚ヒレとレンコンの2本。

ドーミーイン野乃なんばの朝食ビュッフェには串カツもあります

串かつとお好み焼きコーナー。もちろん、ソースは二度づけ禁止です。

御宿野乃なんばの朝食バイキングのメニューは?

洋風おかずコーナー。

スクランブルエッグ・ウインナー・野菜のソテー・唐揚げ・フライドポテトの温かいおかずが並びます。

ドーミーインホテル御宿野乃なんばの朝食バイキングを食べた人のブログ

ヘルシーなサラダコーナー横は、冷たいおかずコーナー。

上の段にはスモークサーモン・パストラミポーク・ハム。下の段にはポテトサラダ・ソフトサラミが並んでいました。

ドーミーイン野乃なんばの朝食ビュッフェを食べた感想

デザートはチョコレートケーキ・抹茶わらび餅・セサミケーキ。

フレッシュフルーツはパイナップル・リンゴ・オレンジ・グレープフルーツの4種類が揃っていました。

御宿野乃なんばの朝食つきプラン滞在記

雅美が選んだ朝ごはん。

お味噌汁・栗ご飯・うどん・唐揚げ・天ぷら・鴨ロースのスモークを盛り付けました。

トシのせいか昔のように量を食べられなくなっているので、うどんもご飯も超少なめによそっています。

朝はパン派ですが、ご飯とうどんを食べたらパンまで食べることができず、少し悔しい気持ちになりました。

若い頃はたくさん食べられたのになぁ・・・。

天然温泉花風の湯 御宿野乃なんば(ドーミーインチェーン)の朝食バイキングの詳細と宿泊プラン一覧はこちらから

まとめ:宿泊した感想

北海道や海が近いドーミーインホテル・御宿野乃に泊まることが多かったせいか、海鮮が少なく地元グルメがそろう朝食バイキングが新鮮に感じました。

料理の種類もそれなりに多く、和食をメインにバランス良くそろっているので、どんな方でも美味しく食べられる内容だと思います。

繁華街の真ん中にあるため、夜中に外で大声で喋っている声やバイクの大きな音が気になりましたが、なんば・日本橋界隈にしては落ち着いて過ごせるホテルでした。

外国人が多いホテルが苦手なため、リピートするかは微妙ですが、一度泊まってみるのは良いと思います。

宿泊日:2016年12月

【関連記事】

>>【決定版】女性の国内旅行に必ず持って行きたい22の持ち物リスト

>>ドーミーイン初の和風プレミアムホテルが誕生!境港夕凪の湯 御宿野乃の宿泊記

天然温泉 花風の湯 御宿野乃なんばの詳細

天然温泉花風の湯 御宿野乃なんば(ドーミーインチェーン)の予約はこちらから

住所:大阪府大阪市中央区日本橋1-4-18

電話番号:06-6211-5489

最寄駅:地下鉄日本橋駅6番出口より徒歩約1分

駐車場:提携立体駐車場あり・1泊2,500円(先着順・サイズ制限あり)

チェックイン: 15:00~29:00
チェックアウト: 11:00

朝食の提供時間: 6:30~10:30(L.O.10:00)

無料Wi-Fi:全室利用可能

大浴場;あり(天然温泉・泉質;ラドン泉)

コインランドリー:あり

自動販売機:あり

電子レンジ:あり