中村藤吉本店の抹茶まるとパフェ

中村藤吉本店 京都駅店で、春限定メニューの「季節のまるとパフェ」を食べました。

このページでは、中村藤吉本店 京都駅店で人気の「まると抹茶パフェ」を食べた感想とメニューについて紹介します。

なお、通常の「まると抹茶パフェ」を食べた感想は過去の投稿で紹介しています。

>>中村藤吉本店 京都駅店でまると抹茶パフェと茶そばを食べてみたら・・・


春のまると抹茶パフェ

中村藤吉本店の季節のまrとパフェを食べてみた

店頭のおすすめメニューになっていた、季節のまるとパフェ(春)。

通常のまると抹茶パフェは抹茶づくしのパフェですが、季節のまるとパフェ(春)は抹茶とイチゴなどで作られています。

京都駅店限定/季節限定

季節のまるとパフェ[春]

  • 甘酸っぱいイチゴクリーム
  • ふんわり抹茶シフォンケーキ&抹茶アイスクリーム
  • 上品な甘さの栗甘露
  • 優しい甘さと酸味のイチゴ
  • 当店オリジナルの桜餡・春を感じる桜の塩漬けがアクセント
  • 当店1番人気商品 特殊なぷるぷる食感が楽しい抹茶ゼリイ
  • ひんやりイチゴシャーベット

季節のまるとパフェの価格は1,301円(税込)で、通常のまると抹茶パフェより少し高くなります。

抹茶とイチゴや桜餡の春らしい色合いが素敵だと思い、季節のまるとパフェを注文してみました。

きつね茶そば

中村藤吉本店京都駅店のメニューは?

この日は花冷えをした、4月の肌寒い1日。

平日の20時40分ごろにお店に行ったら満席で、まだ6人くらいが並んでいました。

中村藤吉本店 伊勢丹京都駅店で茶そばとパフェを食べた感想

パフェだけ食べるとお腹が冷えそうなので、お気に入りの「きつね茶そば」も注文。

茶そばは炊き込みご飯のセットもありますが、まるとパフェを食べることを考えて単品で注文しました。

中村藤吉本店 京都駅伊勢丹店のきつね茶そばの画像

甘めの味付がしてある、ふっくらとした大きなお揚げさん。

茶そばち優しい甘さのおいしいお揚げさんと一緒に、出汁がきいた温かな御汁を全部いただいて、冷えた身体が温まりました。

東京の蕎麦よりも、京都や大阪の蕎麦は上品な味で大好きです。


春限定 季節のまるとパフェ

中村藤吉本店 京都駅伊勢丹店のブログ

茶そばを食べ終わって少しすると、本日のメインだと思っている「季節のまるとパフェ」が運ばれてきました。

テーブルに置かれた瞬間「あれ?????何かが違う?????」と頭の中は?でいっぱいに。

メニューの画像は、鮮やかなピンク色のクリームに鮮やかな緑のまると(○十)のマークで華やかな色合い。

中村藤吉本店 京都駅店で季節限定のまるとパフェを食べた感想

実際に運ばれてきたパフェは、ほんのりと薄いイチゴ色のクリームに、少しくすんだ抹茶の文字が。

店内の照明でくすんで見えるせいもあるのですが、クリームはメニューのような鮮やかなピンクではなく、白に近い薄いイチゴ色でした。

中村藤吉本店の季節のまるとパフェの写真

食べてみると、イチゴの味がほんのりとついたクリームなので、抹茶の味とぶつからず食べやすく仕上がっています。

これが、イチゴの甘みや酸味が濃いクリームだと、抹茶の味とぶつかってしまうと思いました。

メニューの写真を見て想像していたパフェと色合いが違っていましたが、クリームや桜餡などは味を主張しすぎず、抹茶の美味しさを感じることができるパフェでした。

まとめ

中村藤吉本店の季節のまるとパフェの画像

中村藤吉本店のカフェでは、宇治本店・鳳凰堂店・京都駅・銀座店でメニューが異なり、季節ごとに限定メニューを楽しむことができます。

今回は、春らしい色合いに惹かれて季節のまるとパフェを注文。

個人的な感想としては、通常の「まると抹茶パフェ」のほうが、抹茶づくしで味のバランスが良いと思いましたが、そのときしか食べられない限定メニューも良いなと思いました。

次に中村藤吉本店のパフェを食べるときは、宇治本店か銀座シックス店に行ってみたいと思います。