長崎空港特製ちゃんぽんを食べてみた

長崎空港の中華レストラン牡丹で、長崎を代表するグルメの「ちゃんぽん」を食べました。

中華レストラン牡丹は、長崎空港で本格的なちゃんぽんを食べられる、芸能人もオススメのお店です。

このページでは、ちゃんぽんを食べた感想や牡丹のメニューを中心に紹介します。


中華レストラン牡丹の場所

長崎空港のおいしいちゃんぽんが食べられるレストラン

中華レストラン牡丹は、長崎空港到着フロアの1階にあります。

国内線到着出口から一般フロアに出て、左側に歩いていくと「ちゃんぽん」の赤い文字が目立つ看板がすぐに見えてきます。

長崎空港で人気の中華レストラン牡丹

ランチタイムや夕食時は混雑しますが、平日の13時30分くらいに行ったら3組待っているだけで、5分くらいで席に案内してもらえました。

客席数は70席くらいあるので、数組が待っているだけなら、それほど待たずに案内してもらえるみたいです。

牡丹のメニュー

長崎空港でオススメのちゃんぽん

  • 長崎空港特製ちゃんぽん 1,300円
    アサリ・エビ・イカなど海鮮たっぷりの長崎空港特製ちゃんぽん。
  • 野菜たっぷりちゃんぽ 1,200円
    麺少なめヘルシーなちゃんぽん(野菜450g)
  • 長崎ちゃんぽん 1,030円
    野菜220g
  • ミニちゃんぽん 850円
    野菜150g、女性やお子様にも食べやすいミニサイズです。
  • 長崎皿うどん 1,030円
    太麺または細麺から選べます。
  • ミニ皿うどん 850円
    女性やお子様にも食べやすいミニサイズです。
  • ねぎそば 850円
    しゃきしゃきねぎの食感の鶏ガラスープの醤油ラーメン。
  • 牡丹の黒豚ぎょうざ8個入り 720円
  • 鶏の唐揚げ 600円
  • ミニちゃんぽんセット 1,440円
    ミニ炒飯・餃子3個のセット
  • ミニ皿うどんセット 1,440円
    ミニ炒飯・餃子3個のセット

※メニューは2018年12月現在のものです。

長崎ちゃんぽんと皿うどんがメインのレストランですが、上記の他に、炒飯やラーメンのほか、定食などのメニューも揃っていました。


長崎空港特製ちゃんぽんを食べた感想

長崎空港のちゃんぽんが食べられるレストラン

長崎空港内にあるのに、本格的なちゃんぽんを食べられるお店として人気の牡丹。

今回は魚介がたっぷり入った、長崎空港特製ちゃんぽんを注文。

しばらく待つと、熱々のちゃんぽんが運ばれてきました。

長崎空港の中華レストラン牡丹でちゃんぽんを食べました

特製ちゃんぽんの具材は、アサリ・イカ・エビの魚介のほかに、肉団子も入っていました。

そういえば、長崎新地中華街の有名店「江山楼(こうざんろう)」で特上ちゃんぽんを食べたときも、肉団子や魚介が入っていたので、高いちゃんぽんには肉団子がお約束なのかもしれません。

【江山楼の過去記事】

>>長崎ちゃんぽんの有名店「江山楼」で特上を食べてみたら・・・

長崎ちゃんぽんの画像

スープは魚介や豚骨の旨味がギュッと詰まった、白濁スープ。

もっちりとした太麺に、スープの旨味が絡んで箸が止まらない美味しさです。

スープをぜんぶ飲み干して、最後まで美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

まとめ

以前は、長崎空港内にはおいしい長崎ちゃんぽんを食べられるレストランはないと、勝手に思いこんでいました。

今回は長崎で食べ歩きをする時間がほとんどなく、ちゃんぽんを食べてから飛行機に乗りたかったので、口コミが良かった牡丹で食べることに。

実際に食べてみると、思っていた以上に本格的な味で、値段もそれほど高くなくて良心的。

空港で美味しい長崎ちゃんぽんを食べられるはずはないと、思い込んでいたことを反省しました。

長崎空港でちゃんぽんを食べたいときは、牡丹はすごくオススメのレストランなので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。