小樽雪あかりの路の北海道旅行記

12月に出歩きすぎて疲れてしまったので、2017年1月は自宅でおとなしくしていました。

2017年最初の旅行は、長崎ランタンフェスティバルと小樽雪あかりの路・さっぽろ雪まつりに行く予定。

このページでは、雅美がどんな感じで旅行のスケジュールを立てているかを紹介します。

[スポンサーリンク]

北海道・長崎旅行のスケジュール

小樽雪あかりの路で見つけた愛情運アップの雪だるま

2月の長崎旅行・札幌&小樽旅行は、下のようなスケジュールを組んでます。


自宅(ど田舎)

1日目:夜に神戸着
2日目:午前と午後に仕事の打ち合わせ
神戸で2泊

3日目:朝の便で神戸空港から長崎空港へ
ハウステンボスで1泊

4日目:ハウステンボスから長崎へ
4日目午後・5日目:長崎ランタンフェスティバル見学
長崎市街で2泊

6日目午前:朝の便で長崎空港から神戸空港へ
6日目午後:午後の便で神戸空港から新千歳空港へ
6日目夕方:札幌着・雪まつり見学
札幌すすきの付近で1泊

7日目午前:さっぽろ雪まつり観光
午後:札幌から小樽へ移動
夕方:小樽雪あかりの路見学
小樽築港付近で1泊

8日目午後:小樽雪あかりの路見学
小樽で1泊

9日目午後:小樽から新千歳へ移動
新千歳空港で1泊

10日目午前:朝の便で新千歳空港から関西空港へ移動
10日目午後:大阪ミナミで仕事の打ち合わせ
10日目夕方:大阪ミナミから神戸へ移動
神戸ハーバーランド付近で1泊

11日目午後:神戸から自宅に少し近い都市へ移動
夜:自宅に少し近い都市に到着して1泊

12日目:自宅に少し近い都市から自宅へ移動
夕方:自宅に到着

 


長距離移動も、飛行機に乗るのも、一人旅も慣れているから全く問題ありません。

ですが、今すご心配で気になって仕方がないことが。

それは、あまり雪が積もらない札幌で大雪が降り、今年は何度も新千歳空港の滑走路が閉鎖されていること。

新千歳発着便が欠航すると、本当にどうにもならないスケジュールです。

ホテルも航空券も個人で個別に手配してるから、キャンセルや変更手続きだけでも大変そう。

今まで何回か雪まつりに行っていますが、飛行機が欠航することはありませんでした。

予定通り飛行機に乗れるか雪まつりに行くたびに心配ですが、今年はいつもにも増して心配しています。

無事に飛行機が飛んでくれるよう、北海道行き10日前の今から祈るばかりです。

スケジュール通り、トラブルにあわず行って帰ってこれますように。

LCCよりも航空運賃が安いスカイマーク

今回、なぜ神戸空港経由かというと、スカイマークを利用するから。

かなり早い時期にスケジュールを組んで、スカイバーゲンで航空券を買うとLCCよりも安く飛行機に乗れることもあるのです。

神戸空港から長崎空港のチケットをスカイバーゲンで買っておいたから、片道4,500円・往復しても9,000円。

また、ピーチやジェットスターなどのLCCの一番安いプランだと、座席指定や荷物を預けるのに追加料金がかかります。

しかも、関西を発着するLCC国内線は関空しか発着便ありません。

関空に行くためには、大阪の中心部から交通費が1,000円以上かかって時間も1時間以上かかって意外に不便。

ところが、神戸空港は大阪駅(梅田)から交通費500円前後で三宮まで移動して、JRの新快速なら30分くらいで到着。

さらにスカイマークは15kgまで無料で荷物を預けられて、もちろん座席指定も無料です。

神戸空港からポートライナーに乗るだけで空港に着くから、アクセスがけっこう良くて使い勝手が良い空港だと思います。

神戸空港から新千歳空港までは、雪まつり開催期間中にもかかわらず片道5,900円

ジェットスターやピーチで、同じ日の関空→新千歳便を検索したら、最安値で1万円を超えてました

飛行機代が安くなる分、ホテルにお金をまわしています。

スカイマークなら神戸から長崎まで3,500円で行ける

神戸空港から長崎空港が3,500円になる、3月から5月までのチケットを販売するスカイバーゲンがもうすぐ開催。

ハウステンボスの光の天空カフェに行った人のブログ

ハウステンボスのバラ祭に合わせて、5月分のチケットを購入する予定です。

前回、宝塚歌劇団より身近に感じる、ハウステンボス歌劇団に妙にハマってハウステンボスの年間パスポートを買ってしまいました。

そんなワケで、今年は何回も長崎に行く予感♪今から楽しみです~!